dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


寒さにふるえた者ほど太陽を暖かく感じる。

人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。


(ホイットマン)


今日の名言は、ネギやアーニャを意識して選んでみました。


アンナ・ユーリエウナ・ココロウァ


通称アーニャ。

う~ん、良いですね~。
彼女こそ、究極の長馴染みツンデレ!!(クワッ)

しかし、惜しむべきはもう少し成長してくれれば、と言うところですか(お

正直、性格はもの凄いタイプな筈なんですけど
どうも個人的には弱かったですね~。

でも、キャラとしてはかなり好きな方です。
仲間の判定基準とか、可愛すぎです、ハイ(笑)

今回の内容はアーニャ編というに相応しい感じでしたね。
全編、彼女の魅力満載です。

以下、他に面白いと思ったシーンをピックアップ
(この他にも好きなシーンはありますが、とりあえず二つだけ。)

『夏休みの思い出⑤』
楓さんと真名さん……そんな節約の仕方してたんですね。
もっとも、楓さんの場合、『策士策に溺れる』になってましたが(超爆)

後、『世界最強クラスの魔法使いか あるいは人間じゃないわね』との台詞。

ええ~、彼女たち人間じゃないのですか!?(激爆)

まあ、あんな凄いクラスのメンバーですから
宇宙人や未来人や超能力者がいてもおかしくないかもしれませんな(ニヤリ)

これは、SOS団の出番ですねっ!(マテ

作品のキャラでは、今のところアスナが一番好きかも(爆)
でも、千雨も良い感じです♪

ちなみに、魔法世界の感想は千雨さんと同じでした(何

○ターウォーズの1~3の世界観に近いかな~。
アレを、魔法世界に見えるようカスタマイズした感じでしたね。


高度に発達した科学は魔法と見分けがつかない。

(一応、A.C.クラークの名言だそうですが、言い方が色々あるようで間違ってるかもしれません)

この言葉こそ相応しいのかなぁ~と思ったり。

そして、物語は衝撃の展開へ!!

という所で終わった20巻でしたね。

次巻が楽しみです♪(コミックスでしか読んでないので)

以上、『魔法先生 ネギま! 20巻感想。』でした♪

【追記】
本文に、少し追記・修正しました。
『初音ミクについて。』(2007/10/16付記事)でも追記しましたが
改めまして拍手ボタンをクリックして頂き、ありがとうございました。

美少女ゲームバトンでも拍手を頂きました。
クリックして頂き、感謝いたします。(2007/10/20付)

テーマ : 魔法先生ネギま! - ジャンル : アニメ・コミック

:作品中のネタバレ他、Fate、コードギアス等

ネタバレがあるかもしれませんので、ご注意!}


適当にシリアス、適当にバラエティー、惜しみないサービスショット
何事も行き過ぎない、絶妙なバランスで組み立てられてる作品には
感嘆しつつ、楽しむ他ありませんね(爆)

上に書いた通り、本編は万人に勧められるほどバランスよく
面白い作品ですので、今回は違った切り口で書いてみようかと。

ネギま!主人公、ネギ・スプリングフィールド君。

幼い頃に凄惨な過去を経て、父親の影を追い続ける
天才少年。

もっとも、その才能が開花したのは血のにじむような
努力があってこそ。

片や、Fate主人公、衛宮士郎

ネギ君と同じく、幼い頃に凄惨な過去を経て、亡き義父の意思を継ぐために
血のにじむ努力と、命に関わる修行を納めてきた努力家。

この二人、結構、似てるとは前々から思ってました。

生き方とか、自分の為ではなく、人のために力を使うことを良しと
する所とか、ある意味、歪な在り方をしてる所とか。

自分以外の誰かが傷つくことが、我慢できない質(たち)も
共通点な気がします。
(逆を言えば、自分が傷つく事に関しては許容してしまう所とか)

もっとも、二人の決定的な違いは、生まれ持った才能の差。

同じ努力家でも、若く才気溢れ、今以上の成長が見込める
ネギと、才能はないに等しく、ただ努力によってのみ
達人と渡り合える時点に辿り着いた衛宮士郎。
(もっとも、衛宮士郎には他にない特質を一つ持っていますが)

いうなれば、遠坂の才気と士郎の努力と根性を足した、ハイブリットが
ネギ・スプリングフィールドだと思ったり。

だからこそ、歩む道も違うのだろうな~、と思ったり。

何より、パーティーの質と量が圧倒的に違います(超爆)

でも、どちらも、他者のために何かを行う意思があって
それが、彼らを気に入っている理由だったりします。

彼らの行く道には、多くの人が救われる未来がある気がします。
(そして、それは、彼ら自身を救う道でもあるでしょう)

無論、途中様々な困難や生涯はあるだろうけど
それを乗り越えるだけの素質が彼らにはありますから。
(もっとも、衛宮士郎の場合、周囲に中々理解されがたい性質を持ってしまってますが)


{束縛があるからこそ私は飛べるのだ

 悲しみがあるからこそ高く舞い上がれるのだ

 逆境があるからこそ私は走れるのだ

 涙があるからこそ私は前に進めるのだ}


(マハトマ・ガンジー)


上記の言葉は、彼らに相応しい言葉だと思います。


ちなみに、コードギアスの『枢木 スザク』も彼らに近い性質を
持ち合わせてたりしますよね。

スザクは、どちらかと言えば、ネギ君に近いかな。

また、行動原理の切っ掛けの一つが『父親』、という点では
ルルーシュ・ランペルージも同じですが。

なんとなく、『父親』が最近の作品のキーワードの一つになってる傾向が
あるのかな~? などと漠然と思ったりしました。

【追記】
記事の一部を修正しました。

テーマ : 魔法先生ネギま! - ジャンル : アニメ・コミック

 | ホーム |