dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男は強くなければ生きていけない、優しくなければ生きる資格がない。

(レイモンド・チャンドラー)


ども、皆様、こんばんは。
只今、絶賛、ネタ枯渇中のT×2です(爆)

ネタに困るあまり、ネタ活でもしなければならないかなぁ~なんて
ふと思ったり(←オイ

てっとり早いのは、ガンダムカフェとかに行くことなんですけど
今月下旬頃に旅行を予定しているので、その前後になるかも、です。

それで、本日のネタは、『ハードボイルドとか、私立探偵とか』に
なりました。

こんなタイトルを付けてるんだから、さぞや、ハードボイルドテイストな作品を
見まくってるのだろうと思いかもしれませんが、そんなんことは
露もありませんでして、結構、浅かったりします。

みなさん、ハードボイルドというと、どんなイメージが思い浮かびますか?
自分は、煙草・バーボン・ウィスキー・渋い・私立探偵などのキーワードが思い浮かびます。

こういうイメージが強いのは、昔やったゲーム、『EVE burst error』(SS版)とかの影響かと
思われますね。

もっとも、この作品の主人公の一人である、天城小次郎(CV:子安武人)は
煙草が苦手だったりするんですけど(爆)

まあ、お酒は飲めるようですけど、彼は
ハードボイルドとは、少しイメージの違う男でしたね。
(でも、個人的に、一番好きな私立探偵です)

ちなみに、この主人公が好きになったことが切っ掛けで
子安武人さんを知ることになったりしました。

後、自分の『私立探偵』のイメージを形成するに、影響があった作品としては
『野々村病院の人々』(SS版)とか、でしょうか(笑)

どっちも、セガサターンのゲームとして出ていて(原作はPCです)、それに巡り会ったのことで
私立探偵、カッコイイ! というイメージが形成されることになったのだと思います。
(セガサターンに出会わなかったら、こんなイメージを持つことはなかったかもしれませんね)

多分、はっきり覚えてないだけで、他のいろいろな作品の影響もあると思います。
(例えば、シャーロック・ホームズとか)

最初の方にあげたキーワードのうち、煙草なんですけど
当時、上記の作品の影響からか、カッコイイ!とか、渋い!みたいなイメージがありましたけど
最近は、禁煙の広がりから、そういったイメージは
なくなりつつある気がして、それが、少しだけ残念だったりします。
(酒も煙草も、あまりやらない自分が言うのもなんですが…)

現実には、健康に与える影響とか、無視できないでしょうけど
非実在世界(笑)では、煙草をくゆらせ、バーボンやウィスキーを嗜みながら
思索に耽る探偵の活躍を、まだ見てみたいモノだと、ふと思ったり。
(後、『EVE burst error』の桂木 弥生というキャラクターがいるんですけど
煙草を吸う仕草とか、ときめくモノがあった記憶があります)


とはいえ、『私立探偵』というイメージも、時代と共に変遷していくのでしょうから
当時の流行も、今や、懐古趣味でしょうけどね(苦笑)


とまあ、思ったり考えたりしたことを、とりとめなく
書いてみたり。
(これこそ、まさに、雑記ですな!)


以上、ハードボイルドとか、私立探偵とか(2010/05/11付)』でした♪

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : ブログ

tag : ハードボイルド 私立探偵

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
NERGAL ND-001 NADESICO

色んなアニメに登場する戦艦の中で、最も美しいと
思う戦艦が、機動戦艦ナデシコだったりします。
(人型ロボットだと、リアル系のガンダムシリーズですが)

このアニメ、OPからして好きなんですよね。

ちなみに、一番好きなキャラは「昴リョーコ」

何故かは言うまでもないですよね?(爆)

ツンデレというか、強気娘が好きになったのって
新世紀エヴァンゲリオンの惣流・アスカ・ラングレーから
だった気がします。

ちょうど、この前後から、萌えなんて言葉が流行りだした
と記憶してたり。

で、エヴァで盛り上がった後に、機動戦艦ナデシコに
ハマった訳で。

この頃から無口キャラ(綾波レイ→星野ルリ)が流行りだしたと思ってます。
(もっとも、自分はこの頃からツンデレ好きになってますが)

主人公が熱血系なのも好きな要素の一つですけど
「ダイゴウジ・ガイ」の熱さには参ります(笑)

「ダイゴウジ・ガイは魂の名前、真実の名前なんだよっ!」
みたいな事言ってましたからね~。

もっとも、瓜畑星矢が「山田二郎」って呼んで
ずっこけるあたり、面白い人です。

瓜畑星矢の「こんな事もあろうかと」とか
イネス・フレサンジュの「説明しましょう」とか
好きだったな~。

劇場版での


「ご都合主義とわらわば笑え、だが見よ!

この燃える展開! 見よっ!、このメカニックぅぅっ!!」



とか、結構なお気に入りセリフです♪
(後、「なぜなにナデシコ」はお勧め)


多彩なキャラクターと、面白い世界観、そして美しいメカニック♪

見たことない人には、お勧めの一品です。

機動戦艦ナデシコ、みんなで見よう!(超爆)

以上、機動戦艦ナデシコ他でした♪

追記
つよきす、霧夜エリカ→佐藤良美でクリアしました。
後は、大江山祈と近衛素奈緒ですね。

テーマ : アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

{サウンドトラックは、元来はトーキーが実用化された際、フィルムの
 
 長手方向に画像コマとは独立に設けた音声用トラックを指した技術用語
 
 である。台詞・効果音・BGMなどが含まれ、上映に際して再生される。}


(ウィキペディアより)

なんの気なしに、サウンドトラックで検索かけてみたら
こんなものがでました。

なるほど、元々の由来は、コレなんですね。

などと、クロノトリガー『時の回廊』を聞きながら
思ったり。

『皆集萌え』では、何度か書いてるし、自分の別ブログでも
色々書いてますが、サービス停止で、消えた(バックアップはありますが)のも
良い機会かなぁ~と、思って、サントラについて
書いてみようかなと、思い立ちました。

自分は、普段、ゲームのサントラを良く聞いてたりします。
(現に今も、『時の回廊』に癒されてます)

一般的な歌とは、違って、思考の妨げに
さほど、ならない気がして、そこが気に入ってて
家でも、外でも、聞いてる時が多いです。

サントラは、自分の生活に潤いを与えてくれる存在で
まあ、これは、サントラに限らず
音楽全般に言える事なんですが、本当、最初に音楽を作った人には
感謝したいですね、ハイ。

日常に、彩りを添え、ゲームをプレイする人には
ゲーム中の世界の雰囲気を体感させてくれる、サントラは
本当に素晴らしいモノです。

特に、かつて冒険した(ゲームの中で)世界の記憶を
呼び覚まし、懐かしさを喚起する所が、ゲーム系サウンドトラック
特徴ではないでしょうか?

ゲームというものは、絵、BGM、シナリオ等が組み合わさって
出来てるモノですが、その中でも特に記憶を鮮やかに
蘇らせるのは、BGMな気がします。

時には癒され、時には奮い立ち、時には頬を濡らした記憶。

あの時の感動が、鮮やかに蘇る瞬間、それは本当に至福なる時です(微笑)

貴方の好きだったゲームの、サントラ・おぼえてますか?
(元ネタ、『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』)

以上、ゲームのサウンドトラック感想でした♪
もうまもなく、『皆集萌え』が、サービス停止になるので
今夜、また幾つか、記事の移行を行います。

過去の記事の移動ですので
興味のある方は、遡って読むか、右側のカテゴリーから
『懐かし or お気に入り』をクリックして、読んでみて下さいませ。

では、開始します。

【追記】
また、幾つか、移行するかもしれませんが
今夜の移行予定分は、完了しました。
サントラの感想は長くなる感じなので
これからは、個別に書いてみようと思います。

個別化の第一弾サントラは、『AIR』
アニメ化、劇場版もでた、Keyの人気作品です。

本編のネタバレになる可能性があるので、深くは
突っ込まないつもりですが、ご注意を。

トラック03 鳥の歌
{あの鳥はまだうまく飛べないけど
 いつかは風を切って知る}
{届かない場所がまだ遠くにある
 願いだけ秘めて見つめてる}
本編、観鈴ルートの後半の展開を唄ってる感じも
する曲です。

AIRで使われてる曲は、心安らぐモノが多い気がします。

トラック06 水たまり
タイトル通り、水たまりで遊ぶ子供達がイメージされる曲
だと思います。

トラック11 川
悲しいイベントでよく使われてる曲。
曲単体だと、綺麗で癒される曲な気がしますが
この曲が使われてるシーンを考えた場合、うーって
なりやすいかもしれません(爆)

トラック13 双星
この曲を聴くと、遠野 美凪ルートの後半が思い浮かぶ感じです。
タイトル名も、美凪とみちるをイメージしてる気がします。

トラック17 神薙
AIRの曲の中で、唯一違う色を感じる曲。
柳也の戦闘シーンで使われた曲ですが、いやー良い意味で
予想外な展開でした。
戦闘描写が非常に上手く、手に汗握る感じで
Keyも、こういうシーンが出来るのか?! と思わされたシーンでした。
戦闘シーンを書くのが上手い、他のゲームに
負けず劣らず、ドキドキさせる描写は、この曲と
あいまって、もの凄く格好良く感じたのを、覚えてます。

Keyの曲は、どれも透き通る美しさ、瑞々しさを
感じれる名曲揃いなんですが、書いてて困ったことは
クリアしてだいぶ時間がたってるので、使われてたイベントとか
シーンが思い出せなくなってる事でした(汗

なまじ曲単体で名曲揃いなモノで、サントラは頻繁に
聞いてますが、再プレイには至らない所があって
FFとは、別の意味で、感想を書く難しさを味わいましたね。

以上、AIRサントラ感想でした♪
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。