dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


愛は喪失であり、断念である。愛はすべてを人に与えてしまったときに、

最も富んでいる。


(グッコー)


ライトノベルでさえ、積んでしまってるT×2ですが
なんとか、ゼロの使い魔本編だけは
読み進めることができております(汗

一巻からすると、よくもまあ、こんなに展開が二転三転するなぁ~と
思いつつも、後、何巻で終わるんだろう~、とか、思っちゃう
ヘタレです(爆)

涼宮ハルヒシリーズは、今でも続きを待っていますけど
あまりに続き過ぎても、息切れしそうになるんですよね~。
(健康面の問題かもしれませんけど)

いや、読み始めると、面白いんですけどね(笑)


実際、先の読めない展開や、魅力ある新キャラ登場
才人争奪戦の行方等、まだまだ見所に溢れてるので
お勧めできるライトノベルであることに変わりはないんですけどねっ!


それでは、前置きは此処までにして(←前置き長っ!)
『追記』に感想を書いてみます。

ご興味があれば、ドゾ~♪

続きを読む »

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

tag : ゼロの使い魔 涼宮ハルヒ ライトノベル

我々の間には、チームプレーなどという都合のよい言い訳は存在せん。

有るとすればスタンドプレーから生じる、チームワークだけだ。


(荒巻大輔)


皆様、本日も当ブログにお越し下さり、誠にありがとうございます♪

さて、以前、『貴方の人生に、大きな影響を与えたと思われる作品は何ですか?(2009/04/04付)』にて
「凄く心に響くコメントがあったら、その方が語って下さった作品を読んでみようと思っています。」と
書いたのを覚えてらっしゃるでしょうか?


投稿して頂いた中で、一番心に響いたのは、まとさんのコメントだったのですが
その時、ご紹介頂いた作品は攻殻機動隊で、自分も知ってる作品だったり
しました。

見返してみるかもしれません~、などと、書いた手前もあり
以前、録画してたモノを見返してたら
記事にして書いてみようかと思ったので、今回、記事にて書かせて頂くことになりました。


ちなみに、ご紹介している動画は、攻殻機動隊アニメシリーズで自分が見た中で
一番好きなOPです(笑)

このOP、めちゃくちゃクールで格好良くて
アニマックスで録画したモノを何度も見返した記憶があったりします。

もともと、GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊をレンタルビデオで見て
日本のアニメーション技術も、此処まで来たか! と感動したのが
ファーストインプレッション

ただ、その時アニメーションに感動したモノの、後は漫画版を少し読んでみたぐらいで
思い出の彼方になりつつあったんですが、ある日、アニマックスのCMで目にとまり
興味を惹かれるモノを感じました。
(それでも、見たのはかなり後でだったりしますが)

それから幾月かたった後、とある方の感想というかお勧めというか
そういうモノの影響もあり、アニマックスで見てみたら、やっぱり面白かったですね~。


このアニメの魅力、人によって違うと思いますが
個人的には、多様な題材を詰め込みながらも、上手く纏まってることと
美麗なアニメーション、そして、魅力あるキャラクター達ではないかと思っています。


特に、メインヒロインである、草薙素子
かっこよくて美しく、セクシーで、そして強いという
とても、魅力的なヒロインだと思っています。

そんな彼女が時折見せる、意外な表情や言動が
萌え要素の一つ『ギャップ萌え』を引き出してたりして
こういうヒロインが好きな人にはたまらないかと(爆)

わりかし、ツンデレヒロインに惹かれる傾向がある自分ですが
草薙素子のように、強くて美しいヒロインも大好きだったりするんですよね~♪
三賢者物語『フェイレン』などは、ここら辺の趣味が反映されてる部分があったりします)


もっとも、このシリーズでは、公安9課のメンバーもまた良い味を出してると思います。

熱血で情の深いバトーや、トグサもさることながら
冷静沈着なサイトー、ハードボイルドなパズ
やたらに無邪気で、興味津々な子供のような人工知能を搭載する
多脚戦車のタチコマ達等、これでもかっ!? っていうほど
魅力あるキャラクター揃いなので、かなりカバー率(←なんの?)が
広い作品ではないでしょうか?
バトータチコマ達の絆も見所です)

特に、ガイノイドのオペレーターが全員ポニーテールなのは
もの凄い、ポイント高いんですよ! T×2的にはっ!!(←そこかよっ!)


題材とするモノも、電脳ネットワークやら難民問題やら少子高齢化やらと
実に幅広く、もの凄く考えさせられる話題揃いです。


上記にあげたキーワードの内、一つでも惹かれるモノがありましたら
是非、見て頂きたいと思います。

きっと、後悔はしないと思いますよ♪


以上、攻殻機動隊について』、でした♪
(ゼロの使い魔16巻の感想は追記にて)

続きを読む »

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 草薙素子 バトー トグサ タチコマ

恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである。

(アルフレッド・テニスン)

皆様、こんばんは(ぺこり)
ゼロの使い魔を読み終えて、あるキャラに贈りたい言葉を選んでみました。

感想は、追記に書くので、ラノベ感想がさっさと読みたいのだよ!
という方は、追記からどうぞ~♪


では、まずは、近況報告をば。

以前も書いたかも知れませんが、とある魔術の禁書目録の16巻(多分、現在出てる最新刊)を
読み終えました。

今回は、遂に『神裂 火織』が大活躍! する回でしたね~(いろんな意味で)

とある魔術の禁書目録』のキャラ、というか好きになった作品のキャラは
大抵、全てのキャラが好きなるのですが、神裂 火織は、自分の好きなポニテキャラなので
一番好きな『御坂 美琴』の次に好きなキャラだったりします。

『土御門 元春』にからかわれた時の反応は、素晴らしい! の一言なので
ポニテキャラ好きな方は、チェックしてみて下さい♪

漫画ではとらドラ!を取り寄せてみたりしました。

このヒロインが、良いツンデレキャラになりそうで
ワクワクしてるんですよね~。
{お前、どれだけツンデレ好きなんだよ!! と、突っ込みが来そうですが(笑)}

キャラとしては、ルイズにかなり似てる感じなので、ルイズ好きな貴方!
是非、ご覧になってみてくださいな♪
{お前は、どこの回し者かと、小一時間(以下略)}

アニメ版も録画しといたので、どんな感じなのか楽しみです♪

あ~、そう言えば、『とある魔術の禁書目録』アニメ版の第一話
見逃してしまったんですよ~。

なんてこった! いや、この場合、上条当麻にならって
不幸だ~!! なんて、叫ぶべきなのだろうか?(爆)

というか、なんで、CSがAT-Xなんでしょう?

アニマックスと違って、高いんですよ~、月1500円とか
え~、って感じですよ。
(まあ、アニマックスもキッズステーションも最近値上がりしやがりまして
最近、値上げニュースばっかだなぁ~と、遠い目をしてみたり)

くぅ~、マジで一話だけ見るために、加入するかどうか悩みます!
マテ、これは、孔明の…(以下略)


あ、後、 『セガサターン筐体のPCが来週からデモ、改造品』(AKIBA PC Hotline!より)
なんて、記事がありましたね~。

元セガファンにとってはたまらない感じですが、非売品だそうで、ちょっぴり残念です(笑)



ありゃりゃ、気がついたら、ゼロの使い魔感想レベルで近況報告が長文になってしまったような(汗


で、では、気を取り直して、ゼロの使い魔感想、いってみましょう~♪


【拍手お礼】

{近況報告(2008/09/01付)}
{『看板娘の指定バトン』} (2008/09/06付 記事)
{メインPCの調子がおかしくなりました(汗}
{近況報告(2008/09/27付)}


以上の記事に拍手クリックを頂きました。
どうも、ありがとうございます(2008/10/08付)

上記に、補足を加えました。


過去記事、{三賢者物語 メイナ物語前夜 其の四}(2007/09/25付記事)
拍手クリックを頂きました。

『三賢者物語企画』へ、関心を示して下さり
心より感謝致します。

これからも、どうぞ、『三賢者物語企画』をよろしくお願いします(2008/10/08付)

続きを読む »

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

tag : とある魔術の禁書目録 ゼロの使い魔 とらドラ!

ゼロの使い魔を含めた幾つかの作品の
 
 ネタバレが含まれる可能性があります}



ほんとう~に、久しぶりのゼロの使い魔感想です。

というか、ライトノベルの感想自体、ここ最近書けてなかったので
書く気にさせてくれた、ゼロの使い魔には感謝してます。


今回、一番面白いと思った台詞は、コレです!


『地球ナメんな。 ファンタジー』

どんな状況で、誰が口にした台詞かは、本編を見てのお楽しみです♪

それと、今回、新たに登場した人物の一人、サーシャ。
…ツンデレですか?(爆)

ツンデレエルフ…なんて素晴らしいんだっ!!(お

というか、作中でも触れられてますが、虚無とガンダールヴの関係って
素敵ですね~(え

自分もなりたいモノです、ガンダールヴ(爆)


そうそう、アニメ第三シリーズ、七月より放送決定だそうで
どんな内容になるのか、楽しみですね~。

前作のエンディングみたいなのは、少し勘弁ですが。


閑話休題。


さて、毎度恒例のお気に入りシーンピックアップです♪

続きを見たい方は、追記からどうぞ~♪

続きを読む »

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

tag : ゼロの使い魔 ライトノベル

ある一人の人間のそばにいると、

他の人間の存在など全く問題でなくなることがある。

それが恋というものである。


(ツルゲーネフ)


久しぶりの『ゼロの使い魔』感想です。


アニメ第3シリーズ決定!! 累計300万部突破!!

(帯紙より)


アニメ第3シリーズ…う~ん、それだったらやっぱり才人君を前回の最終話で
行方不明にした方が、話的には感動出来たと思うんですが。

まあ、期待はしてます。

特に、OPなどは、毎回素晴らしい出来映えですしね♪

閑話休題。

さて、では、本編の感想を。

全体的には、『愛』というよりは『哀』な話だったかな~と。

特定のキャラがどうこうではなく、今までの話の中では、暗雲たれ込める感じで
少し、スッキリ度が足りないかな~なんて思ったり。

前回が学園モノ(?)な話だったので、なおさら、そう感じるのかも。

では、恒例のお気に入りシーンを、ちぇっきらう~♪

{続きを読みたい人は『続きを読む』をクリック!}

続きを読む »

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

二人のうちどちらかがいるところには、いつも二人ともいるんだよ。

(へミングウェイ)



注:ゼロの使い魔、原作(ライトノベル)のネタバレが含まれています。

原作を読んでから、この記事を読むことをお勧めします。



ゼロの使い魔 ~双月の騎士~感想。

全体的に見ると、原作(ライトノベル)より萌えが三倍になった変わりに
燃えが三割減な気がしました(意味不明)

明らかに萌え比率が上がってる点そのものは、ルイズ可愛い過ぎ!
済む話ではあったんですが、最終話は個人的に不満の残る展開でした。

他者様のブログで、どんな感じか既に読んだり
友人に最終話がどうなったか聞いたりして、見る前に知ってた部分があったから
多少、マシな気持ちで見れた気がしないでもありません。

ああいう終わり方するぐらいなら、今回で才人君を行方不明にして
第三のアニメ化に繋げる方が、感動が大きかったような(無茶言うな)

原作だと、才人君が七万の大軍に突っ込む前に凄く葛藤していて
恐怖と戦いながら、最終的に勇気を出して突っ込んでいくから
盛り上がりがあったのですが、アニメ版だと、名台詞が削られて少々味気ない展開でした。
(上で書いた通り、事前に知ってはいたんですが)

そしてその後、才人君が生死不明&行方不明になった後の、絶望を抱えて落ち込むルイズと
才人君を悼む仲間達(特にギーシュ)のシーンがあって、結構胸が熱くなる展開
繋がっていく訳なんですが……。

そして、色んな人に励まされ、絶望の淵から立ち上がったルイズが
才人を捜しに旅に出る辺りなんかも、中々の感動シーンなのです。

それだけではなく、実のところ、才人君の活躍はそれを認めたくない軍部によって隠され
姫様も知らない所で闇に葬られようとしていたのに、敗れた敵将が
姫様に直接、勇敢に戦った彼に報いる何かを与えるべき、と告げることによって
彼の活躍が表に出る辺りのシーンも、胸に来るモノがありました。

七巻の終わりから八巻への展開は、原作でももっとも感動的な展開になる部分故に
どうしても記事が愚痴っぽくなってしまいました。

でも、総じてOPやED曲の出来は素晴らしいモノでしたし
萌えの比率は、原作より高めでしたので個人的には良作の範囲に入る気がします。

ふ~、さて次はらきすた を消化しますかね(遅っ!

ひょっとしたら、マヴラブも始めるかも。
なんだかんだいっても、自分にとっては萌えやる気の原動力になりますからね。

萌え分が不足している! 状態になると色々と支障を来す訳で
ここら辺で、少し休んで英気を養おうかと思ってます。

以上、ゼロの使い魔 ~双月の騎士~ 最終話までを見ての総括感想。』でした♪

続きを読む »

テーマ : ゼロの使い魔~双月の騎士~ - ジャンル : アニメ・コミック

人生を恐れてはいけない。

人生は生きるに値すると信じなさい。

その思いが、事実を作り出す手助けとなろう。


(ウィリアム・ジェームズ)

底なしにヌケてる才人君は、まあいつもの事です。
ルイズ嬢が可愛いのも、天地開闢以来の真理です(お

しかし今回、少し感動したのは、なんとギーシュ!

彼を見てると、ダイの大冒険のポップ君に似てる気がしてきました。

最初はヘタレ。
でも、成長すると共にパーティーのムードメーカーにっ!
とまでは、いってるかどうかは別として(苦笑)

では、恒例のお気に入りシーンをいくつかピックアップ!

見たい方は追記をクリック!

続きを読む »

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

 | ホーム |  次のページ»»