dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


私たちが愛する人々の幸福を願うのは当然である。

だが、自分達の幸福を棄ててまでこれを願うべきではない。


(バートランド・ラッセル)



 真の知恵、真のアイデアとは、複数の問題を一挙に解決に導くものだという。
 あちらを立てればこちらが立たずという状況に置かれた時、何らかの犠牲を伴う決断を
下すのは勇気ある判断と評されることもあるが実際には知恵のないやり方だ。
 何かを犠牲にして問題を解決するという選択を繰り返しているうちに、犠牲を払うこと
が当然になってしまい、それ以外の道を模索することを忘れてしまう。
 これは一般論ではなく俺自身のことだ。
 つまり『俺自身が戦えば解決すること』については、招かれる結果を考えずにそれを選
択してしまう。自分が背負うリスクについては度外視する思考が染みついているのだ。む
しろ自分がリスクを負うという犠牲を払うことで責任を果たしたと思い込みたいだけなの
かも知れない。たとえ問題が根本的には解決していないとしてもだ。
 これは本当の知恵からはほど遠い。
 第三の選択を放棄した人間の判断は、それが英断に見えたとしても多くは過ちであり、
結果的には人を幸福にしないものだ。
 俺がそれを繰り返してきたように――


(リアルバウトハイスクールより)


いつものように、記事にあった名台詞を探しに『漢語録。漢の残した名言集』
見ていたら、リアルバウトハイスクールの欄がなくて、ちょっと驚いたT×2です。

コードギアスR2、終わりましたね。
一つの作品としては、名作と呼ぶに相応しい出来映えでしたし
エンディングも、まあこうなるよなぁ~なんて思ったりはしました。

予想外の展開の連続に、本当に楽しく見ることができました。
その点においては、ありがとう、と言いたいです。

もっとも、誰かを犠牲に(生け贄に)した選択が、正しいか否か?
それによって、本当に皆が幸福になれるのか? などと思うどころがあって
そんな時に思い浮かんだのが、リアルバウトハイスクールの上記の名言(?)でした。
(Fateシリーズのアンリ・マユのエピソードも浮かびましたが)


なんとなく、ルルーシュが歩んできた道も、上記の名言に近いモノが
あったような気がします。

結局、ルルーシュもスザクも、『自分の幸福』という所が抜け落ちていたせいで
最後があんな感じになってしまったのだと思ったりしました。


Fate/Zeroでも、何かを犠牲にするやり方では、最終的にどうなるか、について知った
衛宮切嗣が、愕然としてしまうシーンがありましたが、自分もそういうやり方では
誰も幸福にはなれないと思います。

歴史にifはない、とはよく言われますが、それでもルルーシュやスザクが
別の道を選択したらもしかしたら…とは考えてしまいますね。


争いを止めたかったら、争ってはならない。
誰かを守りたければ、誰かを傷つけてはならない。

因果応報の概念からすると、人への行いは結局、自分に返るもの。


ルルーシュもスザクも、『戦う』という選択以外の道を
見つけてほしかったですね、個人的には。

幸せになるために大切なのは、『愛と許し』だと
自分は思いますので。


こんなこと書きたくなるのも、コードギアスが名作だったから
でしょうね。

うん、何はともあれ、お疲れ様でした♪

また、こんな名作に出会えることを願いつつ
今回は〆させて頂きます。

続きを読む »

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : コードギアスR2

人間は他人を信じないからさ。

信じないから疑い、疑うから他人を悪いと思い始める。

人間を間違わせるのさ。


(クワトロ・バジーナ)



:コードギアスとFateのネタバレが含まれています。}


『コードギアス反逆のルルーシュ―STAGE-0-ENTRANCE』では
本編(アニメ)では語られなかった、ルルーシュスザクの過去(日本に来るまでの経緯から開戦まで)が
語られてましたが、STAGE-1-からはおおよそ本編の流れに基づいています。

原作が別にあるのに、ラノベを読む点としては
本編では表現されなかった、いろんなキャラの心情や舞台背景などが
より詳しく描写されてる点が上げられると思います。


今回は、ナリタ攻防戦後のお話でした。

ナナリーとC.C.の会話シーンは必見!(ごく一部を後述)

本編では触れられなかったC.C.とマオとのかつての日常シーンと
マオが能力を持ってしまった事で、起きた事件が語られたり。

ダールトン自らがスザクを事情聴取した時の会話シーンでは
将軍の切れ者っぷりが光ってましたね。

ではラノベ版二巻で、面白いと思ったシーンを幾つかピックアップ♪

以下、スザクの事情聴取後のダールトンギルフォードの会話シーン。



「将軍がお好きなタイプではありませんか」

「気に食わんよ。自分が死んだあとに、実は俺は間違っていたんじゃないか、などと
あの世で後悔するような男は。 ――それはそうと」




この台詞を見た時思わず……アーチャーかよっ!
と、ツッコミを入れてしまいました(爆)

まあ、深読みし過ぎかもしれませんが。


もう一つは、クラブハウスの中に迷い込んだ犬の名前を
知ろうとナナリーがスノウ? と呼び、わふん!と返事をしたのを見て
何を思ったか、別の呼び方を試した時のC.C.の台詞。


「スポット」
「わふん!」
「タイガー」
「わふん!」
「ヘタレ」
「わふん!」
「シスコン」
「わふん!」
「ルルーシュ」
「わふん!」


ようは呼べば返事をするタイプの犬だったようですが
後半の台詞がやばいです(超爆)

花言葉に詳しい二人。

花言葉に込められた意味を推測するC.C.や
ナナリーが他の人のイメージに当てはまると思う花を選ぶシーンも
なんとなく好きなシーンですね。

全シリーズに言えることは、アニメでは見れなかった途中経過の間に起きたいろんな出来事が
主なので、アニメを見た人にも楽しめる内容になってると思います。
(本編の内容まんま、ではないということです)

特に、STAGE-0-ENTRANCEの内容を知ってるのと知ってないのでは
スザクに対する見方にも影響があると思うので、アニメの「コードギアス反逆のルルーシュ」
見た方で、興味を持った方は是非一度読んでみてはいかがでしょうか?

以上、『コードギアス反逆のルルーシュ―STAGE-2- KNIGHT感想。』でした♪


【追記】
記事の冒頭の台詞は、『漢語録。漢の残した名言集』からZガンダムでの
クワトロ・バジーナの台詞を選んでみました。

一部修正・追記しました。(2007/11/03付)

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

問おう、貴方が私のゼロか?(by カレン)

(ちなみに、タイトル元ネタは、まんまゼロの使い魔
 カレンとはカレン・シュタットフェルトで、上の台詞は
 Fateでの、セイバーの台詞です)


実の所、コードギアス見てたりするんですが、なんか
途中から見てるのもあって、感想書いてませんでした。

ところが、ふとタイトルのネタが
思いついてしまい、う~ん、書いておくか!
などと、思いついたので、ネタを書いてみたりします。

ゼロの使い魔パターン

魔法が使えず、ゼロのルルーシュなどと、呼ばれていた
主人公は、ある日、カレン・シュタットフェルトを
召喚する・・・みたいな(爆)


カレンの使い魔パターン

上記の設定のルルーシュと、カレンを変えただけ(超爆)


Fateの使い魔(サーヴァント)パターン

地元の名門貴族、シュタットフェルト家の現当主
カレン・シュタットフェルトは、来るべき聖杯戦争に
備え、サーヴァントを召喚する。

彼女の前に現れたのは、アサシンのサーヴァント
ルルーシュ・ランペルージであった・・・みたいな?(檄爆)

う~ん、これで何か書けそうな気がしてきました(苦笑)

ちなみに、先週のコードギアスを見て一言。
『ラクス様、ご乱心(爆)』

以上、ゼロの使い魔(サーヴァント) カレン、でした♪

テーマ : コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル : アニメ・コミック

 | ホーム |