dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー





涼宮ハルヒの戸惑が届きました。

でも、しばらく積んでおきますが(えー

涼宮ハルヒの約束も積んでるし、他にも積んでるゲームが一杯な上に
録画してそのまま見てないアニメも、かなり。

…二十四時間戦えますか?(爆)

このまま、まごまごしてると、ToHeart2 AnotherDaysが先に来てしまう!

優先順位では、現在、いくのんがぶっちぎりなので(←マテ
さらに、しばらくの間、涼宮ハルヒシリーズを積んでおくことにっ!!

そんなの許さないんだからねっ!(by 某団長)

団長が、青い巨人を発動する前になんとかしたい所です(お

で世界を焼き尽くす、悪夢の巨人…ハルヒ、恐ろしい子!!(←作品が違います)

まあ、しばらく、休養優先にしようと思ってるので
これから一週間程は、充電週間にしようかと。

『機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威』も興味あるんですけど、どうしようかな~なんて思ったり(マテ

以上、『涼宮ハルヒの戸惑が届きました♪』でした。

【追伸】
現在公開中の物語前夜に登場する主要キャラは、本編に登場予定のキャラクターです。

物語前夜は、かれらが本編に至るまでの過程が書かれています。

本編に組み込むかどうか未定、というのは、ゲーム本編に入れるかどうか(物語前夜をゲーム化するかどうか)であって
登場しないという意味合いではありません。

次章までしばらく間が空くと思いますが、ご了承下さいませ。

追伸の内容に、誤りがありましたので訂正しました。

×物語前夜に登場する全てのキャラ、ではなく
物語前夜に登場する主要キャラ、です。

記事『雑記(拍手お礼機能と三国志)』{2008/01/24付}
拍手クリック頂きました。

どうも、ありがとうございました(ペコリ)
{2008/02/01付}

続きを読む »

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

フェイレン


皆様、こんばんは(ペコリ)

本日は、三賢者物語に登場予定で、現在『物語前夜 第一章』を公開している『フェイレン』
イラストを公開します。

今回も、イラストは、萌黄さんにご協力頂いております。
いつも、ご協力ありがとうございます。


『フェイレン』

大の美少女好きな、女槍主。

男嫌いという訳ではなく、単に、彼女にとって愛でる対象が美少女というだけである。

彼女の槍術はしなやかで、流麗な動きが特徴である。

気まぐれな野良猫のような性格故、かならずしも一つの場所、人に留まる事がなく
泣かせた美少女は一人、二人ではない。

その反省もあってか、最近は比較的大人しめにしてるがいつまで続くやら、である。

 


以上が、簡単なフェイレンの紹介文です。

ブログ上で公開しているキャラクター絵デザイン・色等は、まだのものです。

まだ、今公開中の物語前夜は、ブログに公開する事を意識して書いてますので
本編に組み込む事になった場合、(絵を含めて)色々変更する可能性があります。
(そういう意味で、お色気シーンも抑えめにしてたりします)

実際に、ゲームになってる時は、より魅力的になってるだろうと
希望的観測を書いてみたり(爆)

予定としては、できれば来月末、遅くても三月上旬までには
物語前夜の最終話を公開するつもりです。

徐々に見えてくる、この『世界』(三賢者物語の舞台を含む)を楽しんで頂ければ
幸いです。

以上、『三賢者物語 『フェイレン』(仮) イラスト。』でした。


【追記】

それと、まだ変更の可能性がなくもないんですが
以後、彼女の名を『フェイレン』で決定したいと思います。

彼女を含め、『三賢者物語』をどうぞ、よろしくお願いします。

本文等を修正しました(2008/01/30付)


【お知らせ】
ひょっとすると、誤解が生ずるかもしれないと思ったので
補足説明を少し書き加えます。

当ブログでは、『三賢者物語企画』を推進中です。

この企画は、最終的にゲームとして完成させる事を目指しています。

これに合わせて、現在までに、『三賢者物語 メイナ物語前夜 其の一~其の五』
『三賢者物語 フェイレン物語前夜 第一章』を公開中です。

この『物語前夜』で、誤解が生ずるかも、と思ったので補足しますが
これは、『三賢者物語 本編』が始まる前の話、という意味で付けています。

本編に組み込むかは、まだ未定となっておりますので
ご理解の程をお願いします。

以上、【お知らせ】でした(2008/01/30付)


【さらに追記】
拍手&コメント頂きました。
どうも、ありがとうございました(2008/01/30付)

今宵も、拍手を頂きました。
皆様の拍手コメント、共に励みになってます。
どうも、ありがとうございます(2008/01/31付)

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

フェイレン(AMAZAKI)



フェイレンの章


 そよ風が木の葉を揺らしている。
 それを気持ちよさげに眺める、一人の女性がいた。

 名をフェイレンという。

 大木の枝に抱かれるように、の上で寝転びながら
彼女は、を感じていた。

 自然はいい。

 自然はこうも『自由』で溢れてるというのに、どうして人は妙な決まり事を作って
進んで『不自由』になろうとするのかわからないなぁ~、と、彼女は思う。

 そんな事を考えながら、少し物憂げな表情で、その綺麗な睫毛を揺らす。

 そんな木陰の隙間から空を見つめてた彼女の思案の時間を、一つの声が
終わりを告げる。


「おおーい、フェイレン。 またお前に挑戦者だとよ!」


 そんな声を掛けてきた悪友のヤンを一瞥し、やれやれなどと呟きながら
ひらりと地面に降り立つ。

 その流麗な動きと、チャイナドレスのスリットから見える美しい脚線美に
見とれているヤンに、彼女は気やすく声をかける。


「どう、今度のは強そう?」
「んにゃ、先々週来たヤツの方が強そうだったぜ」
「ふ~ん」


 などと、雑談を交わしながら、ロンシェン広場に足を運んだ。 


 ロンシェンの広場には、今日も大勢の人だかりが出来ていた。
 見物人のお目当ては、もちろん、フェイレンである。

 凄腕の槍使い、フェイレンの名は今や有名である。

 故に彼女に挑もうとする挑戦者が、ちょくちょく来るので
この町の名物になっている。

 試合の日は、ちょっとしたお祭り状態で露店が並ぶ程だ。

 フェイレンとの対戦を望むモノは、予約金を払い、指定された日に
この町に来る必要がある。

 最初の頃は、誰も彼も挑戦しようとしていたので、段々と対戦の為に支払う予約金を
高くしていった結果、最近は挑戦者がかなり減少してはいる。

 しかし、それでも彼女の腕前を見ようとやってくる観光客は多い。

 フェイレンは己の身を賭け、挑戦者は金を賭ける。
彼女にとっては趣味と実益を兼ねたモノだ。


「噂通りの美人じゃねぇか! こりゃ腕が鳴るぜ!!」
「あら、どうも」


 フェイレンはウィンクをして魅せ、余裕を見せた。

 彼女に挑戦してくる人間には二つのタイプがある。

 一つは、腕に覚えがあり、彼女の噂を聞きつけ
腕試しをしてみようという硬派な武術家

 そして、もう一つは、目の前の男のようにフェイレン色香に血迷い挑戦してくる
少し腕に覚えのあるタイプだ。


 双方、得物を構える。
 
 互いに槍を構えた時から、既に試合は始まっている。
 男は、裂帛の気合いを持ってフェイレンの間合いに踏み込む!

 それを見越していたのか、フェイレンは相手よりさらに速く、疾風の如く踏み込むと
相手の得物を払い、そのまま反転した槍の石突で胴に一撃を食らわせる。

 攻守を一手で行う達人の技である。

 衝撃と痛みで、くの字になった男の背後にフェイレンが回り込む。


「ハッ!」
「ぐえっ?!」

 
 足を払われ、情けない声を出しもんどり打ってひっくり返った男は、フェイレンの顔を見上げる格好に
なっている。

 たちまち、拍手喝采がフェイレンを包んだ。

 戦意を失った対戦相手の表情を見て取ったフェイレンが、手を差し伸べ、微笑みながら大丈夫? と問うと
倒れていた男は赤面し、ああ、すまねぇ、と言うのが精一杯であった。


「はいはい、見物料はこっちだ!掛け金はそこで支払いをしているぜ」


 仕切り屋のヤンが、ほくほくした表情で本日の見物料と掛け金を回収する。


「じゃ、後よろしくね~」


 細かな雑事はヤンに任せて、フェイレンは颯爽と広場を後にした。


 
 その夜、果たし合いを終えたフェイレンは、お気に入りの美少女イェンと夜を共にしていた。
 部屋には甘ったるい香が焚かれ、ベットの上で二人はじゃれ合っている。


「そういえば、近々、風撃槍の主選定が行われるそうですけど、お姉様は行かないんですか?」
「ああ、そういえば、そんなのがあったっけ~。めんどいから行くつもりないけど」
「ふふ、良いんですかぁ~?噂じゃ、もし見事選ばれた槍主には第三皇女様との婚姻が約束されてるとか」
「え、ほんと?」


 第三皇女といば、その可愛さはこの国で随一との噂だ。

 何度募集しても、中々、槍主に認められる強者が現れないことに業を煮やした皇帝
愛娘との婚姻を約束する事で、より多くの武術家を集めようとしたのであった。

 美少女好きフェイレンにとって、それは非常に心惹かれるモノである。


「う~ん、行ってみよっかな?」
「あー、私を差し置いて、浮気者ぉ~」


 ぽかぽかと叩いくるモノの、その仕草からは、あまり本気さは感じられない。

 というのも、気まぐれな彼女は、特定の一人に拘る事がないことを知っているからである。

 可愛らしい怒り方をする子猫を宥めながら、どうしよっかなぁ~などと
呑気に思うフェイレンであった。


―――次章に続く。

続きを読む »

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

今日の名言[ 1月24日 ]

仁義礼智忠信孝梯 胆勇


仁 (誰それと隔たりなくいつくしむ心)

義 (義理人情を尽くす心)

礼 (礼儀を重んじ感謝する心)

智 (善悪を見分ける心)

忠 (まごころで仕える心)

信 (信じる心)

孝 (先祖を大切にする心)

梯 (仲良くする心)


胆 (動じない心)

勇 (やり遂げんとする心



(儒教)


(『名言集_com - 名言・ことわざ・格言集めました』より)


その日書く名言を探すときに、参考にしてるサイトの一つの今日の名言が
気に入ってしまったので、此処に掲載してみたり。

横山光輝氏の『三国志』の主人公とも言うべき存在、『劉備玄徳』は
上記の『仁義礼智忠信孝梯 胆勇』を体現してる存在として
描かれてるな~などと、改めて思ったり。

つい最近、何故か気が向いて『孔子伝』を取り寄せてみたのですが
冒頭の出だしの文章が気に入っちゃいました。

{聖人孔子を語る人は多い。また『論語』の深遠な哲理を説く人も少なくない。しか
しもし、それがキリストを語り、聖書を説くように説かれるとすれば、それは孔子の志
ではないように思う。孔子自身は、神秘主義者たることを欲しなかった人である。みず
から光背を欲しなかった人である。つねに弟子たちとともに行動し、弟子た
ちの目の前に自己のすべてをさらけ出しながら、「これ丘なり」[論語・述而]というを
はばからぬ人であった。}

(孔子伝より 白川 静 (著))

中々、惹き付けられる内容なので、しばらく読んでみようと思ってますが
感想を書くかどうかは、まだ、わかりませんです。
(自分も、今まで『聖人君子』の一人、ぐらいにしか分かってなかったので)

上の文で、興味のある方は、読んでみてはいかがでしょう?


閑話休題


拍手のお礼機能なるモノがあると言うことを知って、どうやれば
いいのかアレコレ試している最中、自分で拍手を押したりして、でも違ったりで
凹んだりしてました(爆)

ブログ拍手に、『お礼』なる欄(機能)があったのに気が付いたのは
ついさっきだったり。

これからは、自分も使ってみようかな、と思いました(まる)

【追伸】
昨日ぐらいから、調子が戻ってきてる感じです。

まだ、どうなるか分かりませんが、これからもコツコツとやっていきますので
どうぞ、よろしくお願いします。


【追記】
記事を修正しました。
さらに、修正を加えました(2008/01/24付)

拍手クリック拍手コメントを頂きました、ありがとうございました(2008/01/24付)

昨日、拍手クリックを頂きました、どうもありがとうございます(2008/01/28付)

テーマ : 雑記 - ジャンル : ブログ

塩の辛さ、砂糖の甘さは学問では理解できない

だが、なめてみればすぐ分かる。


(松下幸之助)


只、養生してる、というのも芸がないので
分析もどきなどしてみた。

そう考えると、何かしら得るモノがあった気がする。


ブラックホール。

{ブラックホール (Black hole) は、重力が強く、光さえも抜け出せない領域のことを指す。
大質量の恒星が超新星爆発した後、自己重力によって極限まで収縮することによって
生成したり、巨大なガス雲が収縮することで生成すると考えられている。}

(ウィキペディアより)

なんとなく、体のリハビリと同じで何度も動かそうとしてると
たいぶマシになってきたと思ったら、今度は、感情の起伏が激しくなってきた。
(不定期に気分が滅入るだけだが)

主にプレッシャーを受けつつける部分は、心の重さである。

人によっては、圧迫感とでも言うべきか。

日増しにとまではいかないが、少しずつ重さも増してる感じで
心(実際は脳なのかもしれないが、なんとなく心臓の位置に近い部分に感じる違和感)が
重くなってくる様が、ブラックホールに似ているな~などと思った次第だ。

自分の自重(自己重力)に耐えられず、星の形を失ってしまう(壊れる)というのが
気の重さに耐えられなければ、自らの器(精神)を破壊してしまいそうな
圧迫感というか、重さを表現するに相応しい気がする。

などと、思い浮かんだのもそうだが、この状態になって普段より
想像力アイディアに恵まれる感じがしてるのは、『魂の震えが必要かも。』
『人の心を動かす為には、何より作者の心が動く必要がある』という考えの裏付けになってる気がしたりする。

まあ、ある程度の年月をかけて、自らを前向きな思考にしてきたのが
良い影響を与えてる、とでも言うべきか。

どのような状態であろうと、学ぼうとする限り、得るモノはある
みたいなニュアンスの名言があった気がするが、さもありなん、である。

{"気の持ちよう" "努力"などで変えられるものではない}
(ウィキペディアより)

なんとなく、やる気を出そうとするだけでは、どうも上の表現通りになりそうだ。

しかし、アイディアの思いつきなど、プラスの効果が出てきてる事を考えると
しばらく、このままでも良いかもと思ったりもする。

もっとも、気持ちの揺らぎには波があり、ひどい時はそういう風に
考えるだけの余裕はなくなるのだが。

どちらにしろ、この経験が、創作に役に立つ気がしてきたのは
嬉しい出来事であった。

自己肯定と自己否定(こっちはなんとか抑えてるが)の狭間で、今日も
私は生きている。

かの作家曰く

『「最悪」の積み重ねが小説になるのだ』

まあ、実のところ、かの作家の作品を読んだ事はなかったりするのだが(←オチ)

【追記】
タイトルと本文を一部修正しました。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

われらの最大の栄光は、一度も失敗しないことではなく、

倒れるごとに起きることにある


(ゴールドスミス)


皆様、こんばんは(ペコリ)

立て、立つんだT×2!とりあえず、バトンをやってから沈め!!
なんて声が聞こえて来た気がするので、リハビリがてらバトンをやってみる事に。


[魅力キャラバトン]

・コピペしてお持ち帰り下さい。

<ルール>
1. アニメ、コミック、ゲーム、ラノベなどあらゆる作品で特に魅力を感じた
キャラクターのマイリストを作ってみましょう。
2. カリスマ系、お笑い系、萌え系など主に個性的で印象深かったキャラをメインに。
3. 項目作品はお好みに合わせて追加、削除、変更OKです。

(AMAZAKI氏の『ゲーム・アニメ・萌え系イラストブログ』より)



{魅力キャラバトン・T×2回答バージョン}

AIR : 神尾 観鈴、神尾 晴子、霧島 聖
Fate/stay night : 衛宮 士郎、遠坂 凜、間桐 桜
Fate/hollow ataraxia : バゼット・フラガ・マクレミッツ、カレン・オルテンシア、アヴェンジャー
Fate/Zero : ライダー、アーチャー、衛宮 切嗣
GS美神 : 横島 忠夫、美神 令子、ルシオラ
Kanon : 沢渡 真琴、美坂 香里、水瀬 秋子(謎ジャムは勘弁してください)
ToHeart2 : 十波 由真、笹森 花梨、向坂 環(まだ全クリアしてな…割れる割れる割れるー!!)
こみっくパーティ : 大庭 詠美(というか、ちゃん様)
シスタープリンセス : 千影(というか千影さん以外のキャラは、ほどんどわからない)
スパイラル~推理の絆~ : 結崎 ひよの
ゼノサーガ : KOS-MOS(彼女に惹かれて買ったようなモノです)
ゼロの使い魔 : ルイズ(長いので略称)、平賀 才人、タバサ、ギーシュ・ド・グラモン(え、ティファニア・ウエストウッド
ドラゴンクエストⅤ : ビアンカ(一度しかクリアしてないのでフローラを選択した事がなかったです、でも、ゲームブックではアリ)
ファイナルファンタジーⅦ : ティファ・ロックハート、ユフィ・キサラギ、クラウド・ストライフ
ボーカロイド : 初音ミク(みっくみくにしてやんよ~♪)
メルティブラッド : シオン・エルトナム・アトラシア、白レン(つ、ツンデレじゃないんだからっ!)
らき☆すた : 柊 かがみ、小神 あきら、泉 こなた
リアルバウトハイスクール : 御剣 涼子、烈 飛鈴
機動戦艦ナデシコ : スバル・リョーコ、エリナ・キンジョウ・ウォン
空の境界 : 両儀式、蒼崎橙子、荒耶宗蓮
月姫 : シエル先輩、七夜志貴(極彩と散れ)
新世紀エヴァンゲリオン : 惣流・アスカ・ラングレー(あんた、バカぁ?)、葛城 ミサト
涼宮ハルヒの憂鬱 : 涼宮ハルヒ、長門 有希、佐々木
神秘の世界エルハザード(OVA版、コミック版) : イフリータ
神秘の世界エルハザード(TV版) : シェーラ・シェーラ、アフラ・マーン
(キャラというより続編という事で『神秘の世界エルハザード2』 『異次元の世界エルハザード』も)



リハビリがてらなので、知ってる作品でも量を減らしてます。
かつ、今、思いつく範囲内なので、他にもお気に入りはあると思います。

全てに、一言コメントを付けたいぐらいですが、気力が足りません(爆)

キチンとしたモノは、AMAZAKI氏のブログ(当ブログのリンク欄参照の事)を
見て下さいませ。

以上、『リハビリがてら、バトンを(魅力キャラバトン)』でした♪

【追記】
本文を、修正・追記しました(2008/01/20付)

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

その日その日を最高の日にしよう。

毎日がこの世の最後の日だと思わないうちは

何一つ正しく見ることが出来ない。


(エマーソン)


皆様、こんばんは。

しばらく、ネットから離れようと思ってたら、暖かいコメントや励まし
素敵な絵等を拝見してる内に、なんとか少し気分が上向きになってきた気がするので
離れるまでには、至らずに日々を過ごせております。

暖かい言葉を贈って下さいました方々に、心より感謝を。

どうも、ありがとうございました。

どうも、調子が出ない感じが続いてるので、何かしら補充が必要と思い立ち
とりあえず『空の境界 第二章』でも見に行こうかな~と
思ったり。

ブログの更新ペースも、今までよりのんびりした感じになるかも、です。

月末公開予定の、あるキャラの、『物語前夜 第一章』には
それ程影響はないかもしれませんが、『第二章』以降は間隔が
かなり空いてしまうかもしれませんので、ご理解の程をお願いします。

人の心を動かす為には、何より作者の心が動く必要があるんじゃないかと
ふと、思ったりしました。

感情の起伏というか、何かしら、作者個人の感情を動かすようなモノが
多分、受け手側の心も動かす事に伝わるんじゃないかと。

そういう意味で、感情の起伏が激しい人ってクリエイター向きかも
しれませんね。

もっとも、多分、その感情をコントロール出来ないと
本人自身が凄く疲れるでしょうが。

逆に、感情の起伏が少ないと、安定はするけど創作に対する情熱
湧きにくくて、平坦な感じになる気がします。

なんて事を考えたりした、一日でありました(まる)


【追記】
タイトルが抜けてたので、追加しました。
記事のテーマ・ジャンルを変更、記事内容を修正しました。

拍手ボタンクリック、ありがとうございました。

コメント欄の自分のコメントを一度削除して、再投稿し
それに合わせて、誤解のないように修正・追記を加えました。(2008/01/17付)

今宵も、拍手ボタンクリック頂きました。
どうも、ありがとうございます(2008/01/18付)

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : 日記

当ブログでは、ある程度、相互リンク様が増えたときに纏めて
紹介文を書いてたりします。

さて、今回も、最近相互リンクして下さいました方々のご紹介を。



{ノベルゲーム制作日記}


名の通り、ノベルゲーム制作を目指して、活動していらっしゃる
PlasticCaseさんのブログです。

暖かみのある可愛いらしいイラストに惹かれて、コメントさせて頂いたりしてます。

個人サイト、チハノテにそんなイラストの数々があるので
絵を見て、感性を刺激された方は、是非御覧あれ♪




{あさみやの落書き部屋}


あさみやさんのイラストを中心としたブログです。
主に版権物で気に入った女の子を描いてらっしゃるとのこと。

前々から、ちょくちょく見てたりしてたんですが、昨年のクリスマス絵に
惹かれて、コメントさせて頂きました♪

ちょっと、どこか幻想的な雰囲気の絵が良い感じだと、個人的には思ってます。




{Yajilshi}


シカクさんのブログです。
確か、アイマス関連の絵に惹かれて見始めたかな~と。

多分、結構前からちょくちょく見させて頂いてたのですが
年明けを切っ掛けに、拍手コメントで挨拶をさせて頂きました。

アイマスは知らないのですが、何故か、シカクさんの描く
漫画イラストに惹かれてしまったんですね~(爆)





皆様、改めまして、この度は相互リンクして頂きありがとうございました。




暖かい対応をして下さったり、コメント頂いたりと
勇気を出して、相互リンク申請を申し込んで良かった~と思ってます(笑)


不束者ですが(お どうぞ、これからも、よろしくお願いします(ペコリ)



【追記】
うちのブログの紹介はちょっと……という方や、うちのブログ(HP)の目玉は違うんだからっ!
という方は、一報頂ければ修正しますので、どうぞご遠慮なくお申し付け下さいませ。

{ノベルゲーム制作日記}さんのブログについて
記述に誤りがありましたので、訂正しました。

失礼しました。(2008/01/14付)

管理人のみ閲覧コメント含む、コメントして頂いた方々へ
どうも、ありがとうございました。(2008/01/15付)
一人の男だけ見つめている女と

一人の男からいつも目をそらす女は、

結局似たようなものである。


(ラ・ブリュイエール)


昨日、ゼロの使い魔感想を書いてた時に、アニメ版について少し触れてたので
予想みたいなモノを書いてみようかな~と書いてみたり。

ちなみに上記の名言は、ゼロの使い魔ファンならピンとくるかもしれませんが
ルイズのイメージで選んでみました。

ちなみに、ルイズの本名に似た名だと思うのは気のせいかな~なんて思ったり(爆)

『ゼロの使い魔 ~双月の騎士~ 最終話までを見ての総括感想。』(2007/09/30付記事)
でも、書いたんですが、まあエンディングが少し不満だった訳です。

しかし、久しぶりに、たまたま8巻を読み返したら
『夢オチ』に近いな~なんて思って、ひょっとしたら!?などと思ったわけです。

つまり、あのエンディングでの再開は、才人を失って
悲しみにくれるルイズが見た夢オチというところから
3作目はスタートするのではないか、と、思ったり。

むむ、確かに、この展開だと、才人君が行方不明で落ち込むルイズと仲間達→立ち直るルイズ
→しかし、召喚失敗で落ち込む→しかし、シエスタの励ましで再び立ち上がるという
原作の感動展開を再現できるのでは!? などと思って少し燃えたりしました(爆)

まあ、どちらにしろ、おかしい胸(本編参照の事)などと才人君に思われたりした
ティファニアが出ることは間違いない、と思われますが(超爆)

そうか、ティファニアがアニメで見れるんですね~。
こ、これは、革命だっ!! などと感動する人が増えそうな予感~(笑)

う~ん、最近、不調気味だったりしてるんですが、コレ書いてる内に
少し気分がマシになりました。

さすが、ティファニア
自然界の法則を無視したいけない…(以下略)

ま、それはおいても、綺麗な金髪とかその美しい容姿に期待してます。

絵にも、描けない美しさ~なんてね♪(←ノリノリである)

とにかく、ファンの期待を裏切らない出来になることを願います。

話は変わりまして。

涼宮ハルヒシリーズ、アニメ第2期の製作はどうなってるんでしょうかね…。
原作の方も、今だ不明のようなので、少し不安な所です。

などなど、雑記と書きつつ、ゼロの使い魔アニメ版の話題で埋まりましたね。
う~ん、他にも、何か書こうとしてたような…?

まあ、いっか!(お

以上、『雑記(ゼロの使い魔等、ネタバレ注意!)』 でした♪

続きを読む »

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

ある一人の人間のそばにいると、

他の人間の存在など全く問題でなくなることがある。

それが恋というものである。


(ツルゲーネフ)


久しぶりの『ゼロの使い魔』感想です。


アニメ第3シリーズ決定!! 累計300万部突破!!

(帯紙より)


アニメ第3シリーズ…う~ん、それだったらやっぱり才人君を前回の最終話で
行方不明にした方が、話的には感動出来たと思うんですが。

まあ、期待はしてます。

特に、OPなどは、毎回素晴らしい出来映えですしね♪

閑話休題。

さて、では、本編の感想を。

全体的には、『愛』というよりは『哀』な話だったかな~と。

特定のキャラがどうこうではなく、今までの話の中では、暗雲たれ込める感じで
少し、スッキリ度が足りないかな~なんて思ったり。

前回が学園モノ(?)な話だったので、なおさら、そう感じるのかも。

では、恒例のお気に入りシーンを、ちぇっきらう~♪

{続きを読みたい人は『続きを読む』をクリック!}

続きを読む »

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

何かいい物語があって、それを語る相手がいる。

それだけで人生は捨てたもんじゃない。


(出典:海の上のピアニスト)


昨年の冬コミに委託先で、当サークル『諸魚無常』の本を見て下さいました方々
手にとって下さいました方々に、心より感謝の念を捧げます。

どうも、ありがとうございました。

また、わざわざ、委託先のサークルスペースに足を運んで
挨拶をして下さったサークル様にも、感謝しております。


さて、今後の予定ですが、夏コミには申し込むつもりです。

また、昨年、『三賢者物語企画』がスタートした事に合わせ
予定が変更になってますので、お知らせします。

当初、今年の夏コミに発行予定だった『Nagato/stay night』ですが
発売延期にさせて頂く事になります。


{『Nagato/stay night ~prologue~』購入の皆様へ。

 2007/08/20付記事の、『コミケ72 三日目(後日談)』に
 おまけの裏設定を公開中です。

 ご興味のある方は、御覧になって見て下さい。}



その代わり、新作でページ数の短い挿絵付きSSモノを出すか
もしくは、年末の冬コミに出す予定で進めている
『三賢者物語』関連の『何か』を出せれば、と思ってます。

その他のイベントへの参加の予定は、今のところありません。

なお、上記は夏コミに受かった場合であり、抽選漏れした場合は
また、対応を変えると思いますので、ご理解の程をお願いします。

以上、{サークル『諸魚無常』の今後の予定。}でした。

続きを読む »

テーマ : お知らせ - ジャンル : ブログ

―――――そして全ては業火に消える

(帯紙より)


皆様、こんばんは。

何か、昨年末ぐらいの記事にキチンと読み終わったら感想を書くと
書いてたのですが、うっかり忘れてました(汗

これを、書く前に、前回の感想を見直してみたら感想が2巻からでした。
また、三巻飛ばして、4巻からの感想になります。

偶数なのは、何か意味でもあるのか?
などと、無意識に語りかけてみたり(爆)


―――閑話休題。

以下、追記に感想を書いてますので、興味のある方はどうぞ~♪

続きを読む »

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

人生において、万巻の書をよむより、

優れた人物に一人でも多く会うほうがどれだけ勉強になるか。


(小泉信三)



『コンティニュー Vol.37』について。


昨日の深夜に『コンティニュー Vol.37』に、奈須きのこ氏のインタビュー
載ってると知りまして、注文して本日夜に届きました。

コンティニューという雑誌、今の今まで知らなかったんですけど
検索してすぐに出て、その足で注文できる。

つくつく、時代は便利になったモノだな~などと思ったり。

『月姫』以前の歩みなどが書かれていて、凄く興味深く
奈須きのこ氏本人のコメントも面白くて、注文してよかったな~なんて思いました。

読んでみて思ったことは、やはり、『月姫』とは二人の間の『信頼関係(絆)』が
あればこそ出来た作品だったのだな~と。

月姫を創る時に、借金抱えてたって話、どこかで聞いてましたが
コレ読んで、やっぱりホントだったんだ~なんて思ったり。

実際、本人達は創りたいモノを創ることに情熱を賭けてて、成功するか否かではなく
それこそ、後先は考えない、ぐらいの熱意を持って創ってたんだろうな~というのが
感じられました。

そして、うん、やっぱり自分はこの『TYPE-MOON』が好きなんだ、ということも再確認。

志も、新たに、『三賢者物語』に取り組もうと思えた一時でしたね。
ほんと、このような優れた人物に出会えた事は、凄く勉強になります。



『三賢者物語』について。



ひとりで見る夢は夢でしかない。

しかし誰かと見る夢は現実だ。


(オノ・ヨーコ)



正直、一人ではゴールの見えないマラソンのようなモノでしたが
良きに出会えた事で、ようやくゴール(目指す場所)が見えてきている感じです。

実際、ようやく目指すべき地平線が見えて来たって感じで、その地平線を見えるようにしてくれた
萌黄さんには、ほんと、感謝しています(ペコリ)

目指す所が見えてる以上、それは決して届かぬ『夢』などではなく
『現実』なのだと、そう思ってます。

とはいえ、道はまだ開いたばかり。
コツコツと目標に向けて、焦ることなく着実に進んで行きたいと思ってます。

とりあえず、今月末ぐらいに、もう一キャラの物語前夜を公開開始できれば
良いなぁ~と思いながら、計画を立ててます。



その他、近況報告。

え~、『ゼロの使い魔』最新刊が発売されてて、それに気が付くのが年明け以降とは

―――ふ、不覚(爆)

その内読んでから、感想をアップしようと思ってます。

『涼宮ハルヒ』シリーズと違って、次巻までの間隔が一定してるのは素晴らしいですね。
おかげで、気が付くのが遅れたりしますが(爆)

次巻までの間隔が長いモノは、ついついチェックしそこなったりします。

『マブラヴ』はまだプレイ出来てなかったりしますが、とりあえず優先的に
『三賢者物語企画関連』に時間を割く予定である以上、ひょっとしたら当面できないかも、なんて考えたりしました。

でも、創作活動を支える意欲に繋がるので、プレイするべきかな~なんて考えたりも
してます。


以上、『近況報告(2008/01/06付)』でした。

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

昨日の思想によって子供を縛るのは教育ではなく訓練である。

明日の思想によって子供を縛るのもまた教育ではなくて訓練である。

教育は訓練ではない。創造である。


(野村芳兵衛)


皆様、こんばんは。
今回は、ブログの方針について、です。

とはいえ、その時々の状況で柔軟に変えていくので
当面の方針、ということになります。

コメントは以前の状態に戻してますが、トラックバックについては
当分、承認後表示のままにする予定です。

それと、訪問者履歴を残して頂いた方に対する返礼の意味もある
巡回ですが、今の所、大体二時間ぐらいかかるようになってます。(相互リンク様含む)
(基本的に新着記事は、読むようにしてるので)

年明けでは、しばらく巡回してなかったので、多くの新着記事があって
三時間以上かかったりしました(汗

さすがに、これ以上、訪問先が増えると活動に支障をきたしかねないので
巡回先を少しずつ絞っておりますので、ご理解の程をお願いします。

ちなみに、本日の巡回は、相互リンク様と
新着訪問者履歴を残して頂いた方以外は、お休みさせて頂きます。

以上、『今後の方針他。』でした。


【追記】
前の記事に、さらにブログ拍手&拍手コメントを頂きました。
どうも、ありがとうございました。

記事を一部修正・追記しました(2007/01/04付)

さらに前回の記事に拍手を頂きました。
拍手ボタンクリック、ありがとうございます(2007/01/05付)
思うに希望とは、もともとあるものとも言えぬし、ないものとも言えない。

それは地上の道のようなものである。

もともと地上には道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。


(魯迅 出典:故郷)


皆様、明けましておめでとうございます。

2008年を始めるに当たって、最初に選ぶ名言
希望に関連するモノにしてみました。

今年は、多分、自分にとっては『道』を創っていく年になる気がします。


『合縁奇縁』


様々なで、色んな人と出会い、協力し合いながら一つの作品を完成させるまでの
『道程』、2008年はそういう年であってほしいと思ったりしました。


また、昨年の漢字が『偽』であったのは残念でしたが
だからこそ、今年選ばれる漢字は『誠』であってほしいと願っております。


人々に希望を与えられる人達が表に出てきて活躍するような、そんな希望に満ちた
年であってほしいと祈ってます。


{ ト ・ フ ィ ロ テ ィ モ
『彼方にこそ栄えあり』

――届かぬからこそ挑むのだ。覇道を謳い、覇道を示す。
この背中を見守る臣下のために。}


(Fate/Zero4巻 「煉獄の炎」より)


今、この世界に必要なのは、何より輝かんばかりの『希望(ひかり)』

世界に渦巻く『絶望』を吹き飛ばして余りあって、人々に『自分にも何かが出来る』、と
信じさせる事のできる『何か』


―――それはきっと、『人類』を導くには至らなかった、『国』や『宗教』や『民族』などではなく。

―――――それらでは届かなかった、遥か彼方を目指そうとする者達の背中(生き様)であると
信じています。




森の分かれ道では人の通らぬ道を選ぼう。すべてが変わる

(フロスト)


今年が、良い年でありますように。


以上、『謹賀新年(2008年を始めるにあたって)』でした。

続きを読む »

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

 | ホーム |