dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回で、ツグミ・ルリを庇って、剣に変化したクロツバキ
貫かれた綾崎ハヤテ君

大丈夫かな~と思ってたら
死んではいない様子。

しかし、なんとなく雰囲気が違ってると
思ったら、ナギに執事を辞めるとか言いだして
去って行く。

…え~、って感じですが
どうも、別人っぽい。

強がるナギ様可愛い(爆)

そして、たまたま拾ってしまったクロツバキが引き起こしたと思われる
不幸によって、事故るナギ様御一行。

なるほど、こうして第一話のOP前に至るのですね~。

サボテンに逆切れして、何故か不幸が重なって
涙目なナギ様、超可愛い(超爆)

でも、さすがにハヤテを想って悲痛な声をあげる
ナギ様は可哀想…。

だが、しかし、ナギ様は一人ではなかった!
頼れる(?)仲間たちがいるのだった!

彼女らとの会話で、何かに気が付いた
ナギ

…あれ、ナギ様って推理力高かったっけ?(爆)


ナギから、クロツバキを奪って不幸になるツグミ・ルリ可愛い!(激爆)


というか、ナギ様の特別機ってブラックバード(SR-71)じゃないですか!?

大富豪ってスゲー!(笑)

というか、クラウスさん、操縦できるんですね…。
三千院の執事はスペック高いな~(苦笑)


水連寺ルカとは、結局、会話シーンがなかったのが
少し残念な感じでしたが…。


そして明かされる、ハヤテ豹変の真実。


まさか、ナギのお父さんが死んでなかったとは…。


というか、女装でないと奇跡が起こせないとか
誰の趣味だよ!(爆)


あ、そういえば、ハヤテ君はよく女装させられてたっけ(確信に至る)


桂ヒナギクをヘリに乗せたのは失策でしたね~。

そのまま、白桜を持って戦って貰えばよかったのに
高所恐怖症なもんだから
高く持ち上げられただけで戦闘不能に…。

そして訪れる、親子別れの時。

なかなか感動的なシーンでしたね~。
それにしても、確かにイケメンでした(爆)


そして、ナギハヤテへの告白。


原作より未来っぽいですけど、最終的に
ハヤテ君は、ナギを選んだのかな~なんて思ったり。


ナギのお父さんは消えてしまったけど、最後に
ゆっきゅんに会えて、よかったですね…。


そして、ドリにも、与えられる
一つの救いの形。


畑健二郎先生も、HappyEndが好きなようで
嬉しかった気がします。


そして、ED。



いや~、なかなか面白くてよかったです。


というか、既に、次回作が放送予定とか
物凄い人気ぶりですね~。

次回作も、楽しみです♪


というか、このアニメの前の話らしい
去年の年末頃に放送された劇場版も
そのうち見ないといけませんな~(笑)


以上、アニメハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU (第十夜~最終夜)』感想でした!

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 見たアニメの感想 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ ハヤテのごとく!

どうも、T×2です。

この間(去年)、たまたまPCのパーツを取り付ける為に
久々にメインPCのケースを開けて
とりあえず、中の埃を拭いたりしていたら
電源の周りを拭いた時に、謎の液体がべったり。

…なんだ、この液体? と思いつつ
そのときは、気にせずに蓋を閉じて、PC稼働して
ちゃんと動くことを確認して安心したのですが
その後、しばらくたって、ふと
アレはひょっとして、PCの電源から漏れ出した電解液なのでは?
と、思い至ったり。

しかし、一見正常に動いてるように見えるし
このままで問題ないだろう、と数日を過ごしてみるも
やはり気になり、ちょっと調べてみたら
電解液が他のパーツに触れると、腐食させるとか
最悪、火災がどうのこうの、というお話が。

今、ただでさえPCパーツ関連は、円安で値上がりし続けてる
真っ最中だというのに、なんてこった!

だからといって、ほっとくと、まずいことがわかった以上
このまま使い続けるのも不安なので、しょうがなく
新たに電源を買うことにしました。
(予備の電源はあったんですけど、サブPC用にとっといてるので)


で、購入した電源ユニットがコレ。

『GX 450W Bronze』


決め手は、いくつかあって
五年保証ということと、値段の安さ。
(ほかの理由としては、80PLUS認証:Bronzeとか)

去年から、値段がそんなに変わってないというのも
決めてでした。

で、届いたので、とりつけることに。

電源ユニットの交換は、既に配線したものを取り外さなければならないし
取り付けてあるモノを覚える必要もあるので、少し面倒くさいんですけど
背に腹は代えられないので、愚痴らず、せっせと取り付け。

とりあえず、チェックの為、蓋は開けっ放しで
配線して、電源のスイッチをオン!

ピッピピとか、音がなるが
起動はしました。

でも、画面が映らない。

ピッという音はどうも、このエラーを知らせるモノらしいということが
判明。

消して、もう一度つけても結果は同じ。

よくみたら、ビデオカードの電源が入ってないことが判明。


慌てて、電源を消してから、線を入れようとするも
HDDのケーブルが邪魔だったので、とってから、入れて
スイッチオン!

BIOSの画面で止まるので、中を見たらそういや
HDDのケーブル抜いてたっけ…で、またケーブルを入れて
スイッチをオン。

今度は、無事に起動しました!
よかったね!(笑)


後は、電源を切って、配線を確認した後
取り外してたケーブルを全部、入れ直して
電源を入れ、負荷テスト。
(と、いっても、単にベンチマークをいくつか走らせるだけ)

特に、問題はないようなので
このまま、当面は様子をみるつもりです。

気になる点は、以前の電源だとスイッチ入れてすぐに起動したのですけど
今度の電源ユニットは、一拍間をおいてから起動すること。
(コンデンサが105℃かどうかわからないのも少し気になりますが)

…まあ、最近の電源ユニットはこんなものなんだろうと思うことに(←オイ

画面をスクロールするときに、少し引っかかりを感じることも
ありましたけど…ま、気のせいでしょう!(←オイオイ
{音が少しよくなった気もしますが…以下略}


あ、そうそう、自分が電源ユニットを購入するとき
各系統の出力を知りたかったのですが
メーカーの製品情報ページには、記載がなくて
ちょっと不安に思ってたんですけど、箱と
電源本体には、ちゃんと記載がありました。

他にも、知りたい方もおられるかもしれないので
一応、記載しておきますね。


+3.3V|+5V|+12V|-12V|+5Vsb|
24A  |15A|35A |0.3A|2.5A|
  120W| 420W|3.6W|12.5W|
        450W      


と、まあ、こんな感じ。


+3.3Vは、多めなのに
+5Vの出力が前の電源より、10Aぐらい低くて
ここが、少し不安材料ですね~。

+12Vの出力は、前より増えてるので
ここは安心ですけど、-12Vの出力は少し低め。

+5Vsbは、同じぐらいです。


最近の電源は、+5Vの出力が低めという話もありましたが
そんな感じですね。


効率はかなりよくなってるはずだし、メーカーの製品ページには
よさげなことたくさん書いてあるので、5年ぐらい普通に使えると
いいな~と思っとります(笑)



以上、『PCの電源から、液漏れ…。 {2012/01/21付}』でした。

続きを読む »

テーマ : 雑記 - ジャンル : ブログ

tag : 電源ユニット

アニメお兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ
最終話までみました~。

十話で、猿渡銀兵衛春臣の姫小路秋人の出会いが
十一話~十二話で、那須原アナスタシア
姫小路秋子との出会いと、その兄である姫小路秋人との出会いが
それぞれ描かれてましたね~。

猿渡銀兵衛春臣との出会いに関しては、いろいろ意外だった気がします。

最初の頃は、猿渡銀兵衛春臣が嫌がってたのに
秋人の方から積極的に友人になろうとしてたんですね~。

というか、ケンカになるとは思いもしませんでした。

二人とも、格闘技の心得がある風に見えて
ここら辺は、育ちが関係あるのかな~と思ったり。

ケンカして仲が深まるとか、子供の頃から
漢の素質があったのか、この二人(爆)


那須原アナスタシア姫小路秋子との出会いも
結構、意外でした。

ていうか、二人、幼いころから知った仲だったんかい!(苦笑)

アニメ版じゃ、そんなそぶりが見えてなかった気がするんですけど
那須原アナスタシアさん、子供のころから女の子もいける口だったんですかね~。
(彼女のロリ好きは、秋子が原点だったのか…)

今の今迄、(アニメ版で見る限り秋子に対しては)そんなそぶりがまったく
なかった気がするので、これも、ほんと意外でしたよ~。


那須原アナスタシア姫小路秋人との出会いは
さもありなん、って感じでしたけど(爆)

でも、那須原アナスタシアって、緊張すると毒舌になるんですね…。
素でそうなのかと思ってましたよ(苦笑)

てことは、デレ期に入ると毒舌がなくなる?
そ、そんな! 魅力が減ってしまうじゃないですか!(←オイ

まあ、慣れたであろう現在も毒舌ですから
その心配はないと思いますけどね~。


そういうや、アニメ版で登場したヒロイン、全員が幽霊とかお化けが
苦手みたいで、ちょっと意外でした。

特に意外だったのが、生徒会長の、二階堂嵐さん。

豪快な性格なので、平気なのかと思いきや
他のヒロインに劣らず、結構な怖がりなので
面白い意外性だな~と。

看病で勝っちゃって、二人きりになったとき
お淑やかになったのは、そこまで意外性は感じなかったのですけど(爆)

右目は結局、本当に中二病的力があるのかどうかは
わからなかったのは、ちょっと惜しかったですね。


エンディング近くの、秋子秋人
告白は、いい話でしたね~。


そして秋人によって語られる衝撃の事実。

二人は、血が繋がってない、なんて!(驚愕)


こ、これでは、二人がくっつくことは
決定されたようなものじゃないか!(超爆)

まあ、秋子も好きなキャラだから
全然、問題ないというか、逆に
ちょっと安心してしまいそうです(苦笑)


那須原アナスタシア秋子は、好きさで一、二位を争うので
悩ましいどころですけど、秋子があそこまで一途で
長年想い続けたのに、報われないのは可哀想な気がしますしね~。
{最初はぶっちぎり気味で那須原アナスタシアだったんですけど
後半、秋子が盛り返しましたね~。 特に看病が効きました(笑)}

まあ、ToLoveる-ダークネス-モモちゃんの台詞じゃないけど
ハーレムエンドもアリといえば、アリなんですけど(激爆)


なかなか、楽しいお話でした。
続編が作られることを期待したい作品の一つでしたね。


以上、アニメお兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ感想でした♪

続きを読む »

テーマ : お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ

どうも、調子がよくなくて、アニメ感想含めて
ブログ記事があんまり書けなくなってる、T×2です。

このペースだと、今期のアニメ
前期みたいにほぼ毎日更新なんてことは
到底無理そうなので、今期のアニメ
気が向いたとき、(出来ればですけど)適当更新という方針にすることにしました。

前期のアニメで、前期で終わったアニメについては
時間がかかっても、なんとか、感想を書き終えたいと
思っとります。

とりあえず、今期は無理せずに
空いた時間を、積んでるラノベやアニメ(感想なし)、ゲームなどに
費やそうかと考えてます。

なんとか、4月スタートの俺妹第二期までには、調子を戻したいと
思ってますけど、まあ、変に悩んでも仕方ないので
気を楽に、適当に、やってみる予定ですので
ご理解の程、よろしくお願いします。


以上、お知らせ、でした。

続きを読む »

テーマ : お知らせ - ジャンル : ブログ

tag : アニメ

友達を作ると人間強度が下がるから、とか、痛いことを公言していたお兄ちゃんに
好きな相手が出来ただなんて…。


猫物語(黒) by 阿良々木月火


阿良々木君だが、高度な変態だと思ったら、実は優しいナイスガイだった。
な…何を言ってるのかわからねーと思うが(以下略)


OPで、いきなり月火ちゃんがヤンデレ(というより狂人)化してて
笑いました。

そこまでキャラがたってなかったっけ?

偽物語見てから時間立ってたので、はっきりとは思いだせませんけど
そんなに、無個性ということもなかった気がします。

しかし、阿良々木君、化物語の前の時期に
既に、をしていたんですね~。

胸を揉みたいとか言わなかったら、月火ちゃんが勘違いすることも
なかったと思うのですけど。

とはいえ、変に自分に制約を課してるせいで
結局、告白することもなく、その後
羽川も告白しないでいたら、戦場ヶ原ひたぎ
先に告白して付き合ってしまい、更なる猫物語が発生することになったわけですか。


今回の話の時点で付き合ってたら、戦場ヶ原
どうしてたんでしょうね~。

困ってる人をほっておけない、阿良々木君のこと
なんだかんだ言いつつ、彼女に関わることは必然だったような気もしますけど。

羽川を畏怖してるところから、相手が付き合ってると知った時点で
付き合うのを諦めたのかな~。

まあ、歴史にifはないんですけどね~。
(でも、考えるのは楽しい)


なんでもいうこと聞くから、とか羽川翼が言いだして
阿良々木君がどう反応するかと思いきや、めちゃテンション高くで
意外でしたけど、見てて面白かったですね。

お前の傷を嘗め回したいとか、言いだしたときは
高度な変態だと思いましたけど、実は、自分の体液で
傷を治してあがるというナイスガイでした。

だったら、変にアレコレ気を揉ませないで
ストレートにそう言えば、とも思わないでもないですけど
多分、恥ずかしがり屋なんでしょう、きっと(苦笑)


その後、猫を見つけて埋めてあげる羽川
ブラック羽川のフラグが立ちましたね~。


しかし、初期のブラック羽川、容赦ないですね。
(いや、あれでも、命まではとってないという意味では加減してるのか)

容赦なくスプラッターなシーンがでてくるのは
化物語シリーズの特徴ではある気がします。

あれでも、その場で腕がくっつくあたり
阿良々木暦の不死性はぱねぇですな。


忍野メメVSブラック羽川は、忍野の全敗。

20戦ぐらいしたようですけど、どんな戦いが繰り広げられたのか
気になりますね~。
(原作では、描かれてるのだろうか?)


学校で、羽川の机を舐める阿良々木君。

…優しいナイスガイと思ったら、やっぱりただの変態だった。
な…何を言ってるのかわからねーと(以下略)


忍野メメが、羽川に勝てないと知ると
結局、自分で解決する為に、忍野忍(旧キスショット)
三顧の礼ならぬ、三顧の土下座で、秘剣を手に入れる。


あれ? 最終的には、忍野忍にトレインされて消えるんじゃなかったけ?
ってことは、一回やりあって負けるのかな、これ。

とか、思ったのですけど、実際は
想像の斜め上をいってました(爆)

自分の体内に刀を仕込んで、攻撃させるとか
予想できるわけないじゃないか!
(いや、忍野忍が口から刀をだしてたのがヒントだったのかもしれまんけど)

マジで、羽川の為に死ぬ気でしたね、阿良々木君。

ただし、相手のためではなく、自分がそうしたいがために…みたいなニュアンスも
阿良々木君は言ってましたけど
の場合、ちょっと捻くれてるところがあるから、言葉通りとは限らない気もしますけどね。


しかし、ブラック羽川、中身
ほどんど羽川のままだったのは意外でした。

化物語の、ブラック羽川は、もっとネコよりな
感じだった気がしますけど、あれも羽川のフェイクだったのかな?


あ、話は前後しますけど、忍野忍
ドーナツ大好きになったのは、この話の頃
だったんですね~。

食べたくて、屈辱的な命令にも
なんなく従うところとか、なんか、可愛かったです。

まあ、その後、土下座した阿良々木君を踏んづけて意趣返ししてましたけど
あれは、自分以外の女の為に、そこまでする阿良々木君にムカついたからなのかもしれませんな。


そして、ED。

羽川翼は記憶を失ったけど、阿良々木君は
その記憶を大事に持つことになった…という感じですか。


ほんとは両想いだったのだから、阿良々木君が
自分の想いを抑え込まなければ、二人はくっついてた可能性は高かったんでしょうけど
その場合、化物語から先の物語が今のモノとは違い、変質してたのでしょうな~。



まあ、いろいろ書きましたけど
今回も、西尾維新先生とアニメ制作スタッフ様には
楽しませて頂きました。

あまり意味のないキャラは登場させない(故に背景に登場するキャラがほどんどいない)、妙な哲学や
一見なんでもないようなシーンが、後半の伏線になってるとか
ほんと、西尾維新ワールドは、見てて飽きることがありません。


全物語シリーズアニメ化するらしいので、これからの展開にも
大変、期待が持てますな!

個人的には、劇場版の予定の、傷物語を凄く楽しみにしてます。



以上、アニメ猫物語(黒)感想でした♪

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 猫物語(黒) 化物語 偽物語 西尾維新 傷物語

呪いよ。 貴方が途中でへたれたら、死ぬ呪い。
私の願いを果たすまで、解呪することは叶わない。


俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第1期「TRUE ROUTEスペシャル版」 (第十三話、というか最終話)』
by 黒猫


クソゲーに認定されて、ご立腹な赤城瀬菜
というか、もう、仲がよい友達になってますね~。

この二人は、今後、面白いコンビになりそうです。
今年の四月から始まる第二期、期待できそうですな!(笑)


次の日の放課後。

またもや、一人で掃除してるかと思いきや
赤城瀬菜と一緒で、ホッとする田村麻奈美

うん、よかったね~、って感じですね。
京介君の努力、報われて何よりです。


黒猫からメールが来たと思ったら
桐乃からも連絡がきて、驚く京介。

しかし、電話にでないので新垣あやせ
電話したら、着信拒否。


というか、半年前から着拒って
ひどいなあやせちゃん(苦笑)


その後、黒猫との待ち合わせ場所に向かうのだが。


桐乃のことがなければ、告白フラグ立ってたかも
しれませんな~。

う~ん、実に、惜しい。


黒猫京介をボロクソに言いながらも
状況が改善したこと、京介のお節介が嬉しかったことを
告げる。

そして、決意して立ち去ろうとするの頬に
キスする黒猫


ああ、せっかくフラグが立ってるのに~(泣)


アメリカにとエロゲーしに行く京介(爆)

そして語られる、桐乃がみんなに連絡できなかった理由。
そんな妹に、帰ろうと告げるシスコンな兄貴


黒猫あやせのことは、おまけみたいなものとか言われては
黒猫様が報われませぬな(苦笑)

というか、シスコン通り越して
に告白してる気が(超爆)


そして、大団円。

結局は、俺の妹EDでしたな(笑)
黒猫萌えな自分にとっては、少し残念ですが、桐乃ツンデレッ娘だからいいかなって感じです}

いや~、なかなか面白かったです。
第二期も、ほんと楽しみですな♪


以上、アニメ俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第1期「TRUE ROUTEスペシャル版」 (第十三話、というか最終話)』感想でした!


追記は、ToLOVEるダークネス(第十一話+第十二話)』の感想です。

お読みになられたい場合は、続きを読むをクリックして下さいませ。

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ToLOVEるダークネス

新年の訪れを見るために真夜中まで起きているのが楽天家。
今年がちゃんと去ったか確かめるために起きているが悲観主義者。


An optimist stays up until midnight to see the new year in. A pessimist stays up to
make sure the old year leaves.


{ビル・ボーン(Bill Vaughan)}


新年、明けましておめでとうございます。

自分は、除夜の鐘を聞く為に起きていたのですけど
その場合は、どっちに入るんでしょうね?(爆)

治療を始めてから、今月で五年目。

もう少し、体調が良くなってると思えるような
実感がほしいですが、焦らず
治療を続けていこうと思います。

体の状態がよくなるまでは、無理をせず
できそうなことだけをして、回復を待ちながら
スローペースで活動していきたいですね。

ギネス企画も三賢者物語企画も、もう一年続けてみて
その間に、なんとか、希望の芽を見出したいところです。

まだまだ、活発に活動することはできませんが
マイペースに同人活動もできれば、と思っておりますので
2013年も、『諸魚無常(誤字にあらず)』
よろしくお願いします。


2013年が、人類にとって良い年になりますように。

続きを読む »

テーマ : 年末年始のご挨拶 - ジャンル : ブログ

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。