dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
進撃の巨人 (第八話)』

アルミンの提案にのって
巨人を利用することにした二人。

一方、ジャン・キルシュタイン率いる
生き残り達は、味方に犠牲を出しつつも
なんとか、目標地点に辿り着いていた。


アルミンの策が成功するわけですけど
ここら辺、後半の活躍フラグでもあるんだろうな~などと思ったり。

彼は実戦より、戦略・戦術を考える方が向いてるっぽいですし。

補給の生き残りは、その後、結局どうなったんだろう?
彼らは立体機動を扱えないのかな?


その後も、アルミンの考えた作戦で
補給室(地下)の巨人を仕留めることに。

OPの銃の一斉射が、ようやく出てきましたね~。


七体の巨人のうち、二体を打ちもらすも
なんとか、仕留められる。


お気に入りの女の子を食った巨人もくたばったようで
何よりでした。


イモ娘も助かってよかった。
貴重なポニテっ娘ですし(笑)


その後、すぐに逃げ出さずに巨人を殺す巨人を
観察するミカサ達。


ついに倒れる巨人だが、その首の後ろからでてきたのは
エレン・イェーガーだった。


ここ、驚くポイントなんですけど
自分、ネタバレ見たせいで知ってたんですよね~。

自分も驚きたかった。
実に残念です。


でも、ミカサよかったね~とは思いましたが。


しかし、エレンがどうして巨人になったのかとか
これからどうなるのか、とか、いろいろ気になりますな。
(此処から先のネタバレは見てない気が…)


来週、そこら辺を楽しみにしたいと思います。




以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『進撃の巨人 (第八話)』 {2013/05/29付}】でした。

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 進撃の巨人 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 進撃の巨人

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 <第二期> (第八話)』


冒頭は、ブラコンなとシスコンなの実にほのぼのシーン。
桐乃は可愛いな~(デレデレ)}

京介のあの傷はなんでついたんだろう?


一方、その頃、我らが黒猫様は…。

黒猫様的には、リア充になると
聖天使にクラスチェンジしちゃうんですね(苦笑)

黒猫の妹に、補導されないか心配されるシーンとか
の苦労がしのばれますな。
(一番下の妹さんにとっては、かっこよかったっぽいですけど)


翌日、デートの待ち合わせに来た京介が目にしたのは
聖天使になった黒猫様のお姿だった…。


ア、イタダ!
なかなかの痛さですね、これは(良い意味で)


初デートにコスプレかぁ~、京介君の度量が試されますが
で慣れたおかげか、なんとか上手くこなす京介君。


黒猫「参考までに、どのあたりに色気を感じたか、言って御覧なさい」
京介「昨日より、あきらかに胸がでかい気がする」

最初、京介君のHな感想にむかっときたのかと思ったんですけど
ちょっとして、あ、胸パットを増量したのが見破られて恥ずかしかったのかな? なんて思ったり。


その後の二人のデートシーンは、思ってたのとは少し違いましたけど
なかなか微笑ましく眺めることができましたね~。

普段は高飛車だけど、二人でデートしてると自信がないのか
つまらなかった? とか聞く黒猫さん。

うん、初々しくて可愛い。
素晴らしい黒猫さんだ。


京介も、うまくフォローできて好印象。


しかし、ディスティニーノートの最後に桐乃京介が笑顔で向き合う姿が!

…このとき、自分の中にいや~な予感が…。


あたらないといいな~と、思いつつ
その後も、二人のイチャラブを見てましたが…。

黒猫の家に呼ばれるが、他の家族はいなくて
二人きりということに気が付いた京介君の態度と
黒猫さんの挙動とか、実に初々しくかったですね。

シャワーを浴びてたときは、どうなるかと思いきや
帰ってきた二人の妹に遭遇。

妹よ、いくらなんでも、「てっきり脳内彼氏か、二次元彼氏かと思ってたのに、まさか実在するなんて!」は
言い過ぎだろう(苦笑)


それにしても、おませな妹だな(爆)


おかげで、黒猫の教育的指導を受ける羽目に。
いい家族だな、うん。


別の日、京介の家にお呼ばれした黒猫。

でも、桐乃がエロいことだと錯覚するのも
無理ない会話でしたな、アレ(苦笑)


またまた別の日。

浴衣姿の黒猫と、花火を見に行く京介君。



へ~、和服も似合うな~。
可愛い子はなに着ても似合うってほんとなんですね!

儚く消える花火を見て何を思ったのだろう…。


そして、次はどうするんだ?という京介君に
黒猫が指し示したものは、「先輩と別れる」だった!


嫌な予感はしてたんですよ。
黒猫が描いたディスティニーノートの最後に、桐乃京介が笑顔で向き合う姿を見た時から!

ぐあ~、そうきたか?!


せっかく、黒猫京介のイチャイチャな日々を見るのを楽しみにしてたのに
いろんな意味でがっかりですよ。

はぁ~、友達想い過ぎるだろう…。


というか、黒猫もダメージを受けるだろうが
京介君の方が、知らなかったら多大なダメージを受けるぞ、これ。

とんでもないことを考えやがる。


ていうか、桐乃が知ったら烈火の如く怒りそう。



モチベーションがただ下がりそうですけど
来週、なんとかみんながハッピーになる方向になってほしいですね。



それと、原作全てアニメ化するそうで
その点は期待したいと思います。





以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 <第二期> (第八話)』 {2013/05/27付}】でした!

続きを読む »

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

とある科学の超電磁砲S (第七話)』

シスターズの犠牲を止めるために
研究所を潰して回る御坂美琴。

私服姿(ポニテ)なかなか可愛かったな~。

連日連夜、潰しまわってるせいか
疲労が伺えますね。

安心堂の水饅頭を買ってきたのに
断られた黒子、ちょっと可哀想。

しかし、前回、予告で爆笑ものの
安心堂の水饅頭ってこれのことだったんですね~。


その水饅頭はジャッジメントと佐天さんが食べることに。
(初春の水饅頭をかすめとって食べる佐天さん、マジ鬼畜w)

というか、毎回、初春のパンツ見てる佐天さんは
百合の気でもあるんだろうか?


久しぶりに自室で寝てる御坂美琴を見て
ホッとする黒子だが、よく見てみると悪夢を見てるのか
うなされてる様子。

う~ん、例の映像がフラッシュバックでもしてるんでしょうかね~。


まあ、レベル5とはいえ、中学生ですからね~。
背負うものが重過ぎますな。


離れ離れになる友達の為に
幸運のカードを探してる子供の相談を受け
ジャッジメント+佐天さん達は、四葉のクローバーを探すことに。

佐天さんが面白生物化してる。
佐天さんは可愛いな~(ニヤニヤ)


幸運のカードから、四葉のクローバーをイメージできる
固法美偉先輩はロマンチックですね。

お姉さまの為に気負ってる黒子に
暖かい言葉をかける、初春と佐天さん。

良い友情ですな~。


その気持ちは、御坂にも届いたみていです。



しかし、御坂は一人で背負い過ぎですな。

まあ、あれだけ凄惨な事実を言うことができないのは無理もないですけど
結果的に、彼女は彼女自身を追い詰めていくことに。


来週も、彼女の孤独な戦いは続くのか?


次回の展開が気になりますね。




以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『とある科学の超電磁砲S (第七話)』 {2013/05/26付}】でした。




【追記】

記事のテーマを間違えたので
テーマを変更しました。
(2013/05/26付)

続きを読む »

テーマ : とある科学の超電磁砲S - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ とある科学の超電磁砲S

はたらく魔王さま! (第八話) ~勇者、修羅場に突入する~』

ちーちゃんの懸念に付き合う
勇者エミリアさん。

毒入りかも、というちーちゃんに
エミリアは杞憂だというニュアンスで答えるのだが
今回は、ちーちゃんの方が正しかったっぽいですね。

しかし、異端審問官(丁教審議会かぁ~。

あんまり、いい印象ないですけど
鎌月鈴乃ちゃんはほんと可愛い(爆)

割烹着姿の彼女は、なかなか萌えました♪

今のところ、エミリアが一番好きだけど
今後の展開次第では、鎌月鈴乃になるやもしれないですね。
(サイドポニーなのも、好感度上昇ポイントかもしれぬ)

毒入りの懸念ですけど、エミリアとかちーちゃんも食べてて
大丈夫なら、その点は問題なかったかも。


というか、ルシフェルの扱いが酷い(苦笑)

まあ、魔王城に住むことになる経緯が経緯ですからね~。

でも、登場したときとのギャップが激し過ぎるような…かつての四天王も
いまや形無しですな。


鎌月鈴乃が働く場所を探してる、というので
自分が働いてる場所を勧める、我らが魔王さま。

彼と鎌月鈴乃以外、全員がちーちゃんの気持ちに気づいてるのに
気づけないあたり、唐変木(主人公属性)だなぁ~としみじみ思ったり。


ちーちゃんとエミリアの顔芸が素晴らしい。
(ニヤニヤしながら見てましたw)


和服しか持ってないという鎌月鈴乃に
いろいろと教える為に付き合う勇者エミリアさん。

魔王達以外には、人付き合いいいんですね~。


一方、アルシエルに家まで送るように言われた魔王さまは
ちーちゃんと二人で行動することに。


鎌月鈴乃の登場で、やきもきしてた彼女だったけど
自分の目でいろいろ見たことで、ある程度
不安は払拭できたようですね。


二人のほのぼの会話シーン。


ちーちゃん、マジヒロイン。

ひた向きで真っ直ぐで、実にいじらしい。


しかし、傍から見るとモテモテの魔王さまだけど
今のところ、本当に好意を向けてるのは
ちーちゃんだけなんですよね~。


個人的には、エミリアのデレがみたいんだけど
ひょっとすると、あのポジションから変わらないかも。
(そうなると、モチベーションがだだ下がっちゃいますけどね…)


鎌月鈴乃が見てたことに気が付いて
魔王さまの自転車に乗って、どこかに行ってしまうちーちゃん。

ぬすんだ自転車で走り出す~♪(爆)


ところで、なんであんなところに居たのかな?
やっぱり監視か?

魔王のみせる、思いやりや誠実さに
ちょっと驚く、鎌月鈴乃。


まあ、魔族の王があんなに人間味溢れると
誰だって意外に思いますよね…。


その後、エミリアと電車に乗ることに。


このとき、鎌月鈴乃とエミリアの間に認識の齟齬があることが
判明し、二人とも驚きの声を上げる。


まあ、確かに、どっちの認識も
そうとるよな~なんて思えるから面白い。


鎌月鈴乃「おかしいとは思わなかったのか? 引っ越してきたばかりの私のようないたいけな少女が…」
エミリア「自分でそれ言う!?」

うん、素晴らしいやり取りでした。
ごちそうさまでした(笑)


キャラクターが実に生き生きしていて好感がもてます。



切符の使い方がわからなかったり、エスカレーターの降り方を知らなかったり
液晶テレビの仕組みがわからなかったり。

ここ、萌えるどころですね! わかります!


でも、時代劇を見て学んだとか言ってるのに
液晶テレビを知らないのは不思議でしたね。

何で時代劇を見てたんだろう?



私と一緒に魔王を倒し、エンテ・イスラに帰ってほしいという
鎌月鈴乃の提案に、にべもなく断る勇者エミリアさん。


まあ、その提案に乗るくらいなら、とっくに自力で倒してますよね~。
(いまや、ホーリビタンβもあるし)


一方、マグロナルドでは。


センタッキーに客を奪われ、怖い笑顔を浮かべる店長に
ビビる魔王さま。

グリーンランドに飛ばされた者がいるって
飛ばすほうがコストかかる気が(爆)


センタッキーの店長に、実にマニュアル通りな対応する魔王さん。


猿江 三月かぁ~。
この人も、エンテ・イスラの関係者ってことはないですよね?
(というか、あの世界の異世界って、他にもあるのかな?)


なかなか、ユーモア溢れるキャラで
今後が楽しみです。
(最初、引き抜きにきたのかと思いましたぜ)


鎌月鈴乃見てて、機械が苦手って一つの萌え属性だな~としみじみ思ったり。


エミリアの帰りを待ってた彼女を見て、よからぬ誤解をしてしまった友人によって
来週は、修羅場が拝めそうです。
(今回は、それほど修羅場じゃなくて少し残念かも)


次回が楽しみですね♪



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『はたらく魔王さま! (第八話) ~勇者、修羅場に突入する~』 {2013/05/25付}】でした~。

続きを読む »

テーマ : はたらく魔王さま! - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ はたらく魔王さま!

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 <第二期> (第七話)』

こっちも、少しネタバレを食らいましたけど
進撃の巨人ほど、ひどいものではなかっただめ
今後も、継続して感想書けそうです。

良かったね!(獏)


というか、OP後に黒猫が涙目になるから
まさかと思いましたが、とりあえず保留で、ホッと。

しかし、あのシスコンぶりから
振る可能性を捨てきれず…。


そんな京介を正座させて、自分の良い所を必死にアピールするところとか
ほんと、いじらしくて、けなげで可愛いな~と思いましたね。
(中二病だけど、そこも彼女のチャームポイント♪)

すぐに返答できずに、考えさせてくれ、とか言い出す京介君。
…まあ、らしいといえば、らしいですね。


家に帰ったらにも、正座させられる京介君。

なんか、いい雰囲気だから、黒猫危うし…と思ったら
まさか、友達を優先するとは。

桐乃も、良い子だね~。


その後、田村麻奈美にも、似たようなことを言われたり。

麻奈美もいい子、いい子。



再開された打ち上げで、携帯に貼ったシールと
待ち受けに桐乃の写真を入れてることを見せつける
京介。

いや、マジで黒猫危うしかと思いましたよ、ええ。


帰り、沙織・バジーナと別れて
一緒に帰る、黒猫京介
沙織とのお別れシーンで、なんとなく
 彼女だけかやの外だな~なんて思って
 それが、ちょっぴり切なかったです。}


どうなるかと思いきや、付き合うことになりましたとさ!
めでたし、めでたし!

ネタバレっぽいの見てたので、凄く嬉しいというよりは
ほっとした、って感じですね~。


ほんと、良かった。

もし、京介が振ってたら
やり方を十数通り書いて、どれで死にたい?って京介君に突きつける、という
ネタをしようかと思ってたので、やらずにすんでよかったです、ほんと。
(あ、ネタですよ? 本気でないのであしからず)

もっとも、それでも不安はぬぐえません。
だって、原作は、もっと先があるんですよ?

実は、とはが繋がってないってことが
後で判明して、京介黒猫を振って
桐乃を選ぶ、という可能性があると思うんですよ。
(CMで…いや、やめときます)


家に帰った後の黒猫、初々しくて最高!(笑)


京介も初々しくて、笑えました(←オイ
(いいな~、こっちも実に初々しくて)

しかし、以前、<第五話>の感想で

{見られてるってのは言い訳で
 兄貴とデートしたかっただけだったりして(笑)}

なんて、冗談半分で書いたんですけど
まさか、マジモンだったとは…。

桐乃の台詞から推測ですけど。
桐乃もほんとブラコンだな~。

この雰囲気が、実に危険だ。
桐乃も可愛いと思うけど、黒猫推しな自分としては。


翌朝、黒猫のことを考えてたせいで眠れなかった京介君。

『やべぇ~、完全に徹夜なのに、全然眠くねぇ~。
 これが、彼女ができた男子高校生のテンションですよ!』



…くっ、なんというリア充圧だ!
気を抜くと、ふっとびそうだぜ…(超爆)

これが、本物のリア充というものか!


あ、ちなみに、リア重圧ってのは
トラウマ量子結晶っていう、作品から引用してみました。


デレデレな京介君家に黒猫がきたのかと思いきや
桐乃の偽彼氏が登場とは思いませんでした。

というか、いきなり偽彼氏に
いつからおっぱい触っていいの? とか
聞くなよ…、まあ、気持ちはわかるが(苦笑)


部活に集合した、黒猫京介
赤城は、イケメンを見て
腐女子パワーを発揮。
(どう見てもいつもの赤城さんです、ありがとうございました!w)

その後、黒猫との交際を話すかしまいか考える二人だが
他のみんなは付き合ってる思っていたことが判明。

まあ、京介君の黒猫への肩入れを見れば
そう思うのはある意味、自然ですよね~。


おっぱい相談の件がばれて、どうなるかと思いきや
黒猫もいろいろと考えていたので、お互い様、とか言う黒猫

黒猫可愛いな~、大人だな~。


京介は、自分の方が黒猫のことを考えてたと言うが
黒猫は、の方が考えてたということを、ディスティニーノートを見せることで
示唆する。


あ~、早速、バカップルぶりを見せつけてくれるんですね~。
いいな~、幸せで、死にたくなるな~(爆)


ま、冗談ですけど。
(でも、思わずうるっときました)


幸せそうで何より。
京介、羨ましいぞ! コノヤロー!!

幸せに…なれよ。

黒猫泣かしたら、今回使おうと思ってたネタを
披露することになるんだからなっ!


来週から、二人のイチャイチャぶりを楽しみにしたいと思います。



以上、【アニメ感想 ネタバレ注意! 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 <第二期> (第七話)』 {2013/05/23}】でした♪

続きを読む »

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない - ジャンル : アニメ・コミック

『進撃の巨人 (第七話)』

こんな素晴らしいアニメで、これから先
どれだけワクワクできるのか期待してたのに
まったく関係のない場所で、ネタバレの嵐を見て
気力が萎えるとは、無念です。

ひょっとすると、今後、このアニメの感想を書かないかもしれません。


まあ、そうはいっても
今回は、ネタバレを見てなければ
十分、燃える展開でしたよね~。

前回の終わりから、ミカサがどうなるのかな? と思ってましたけど
自暴自棄になるかと思いきや、みんなに発破をかけて
巨人に突っ込みをかけるとは。
(まあ、別の意味で自暴自棄でしたけど)

その後、ジャン・キルシュタインがさらに発破をかけて
みんなが奮起するところは、ほんと、燃える展開でした。


でも、もし、エレン・イェーガーが生きてたら
みんなを奮起させる役は、彼が担ってたんだろうな~と思うと
少し寂しいですね。


だけど、ミカサの立体起動装置のガスが切れ
刃も折れ、彼女は死を覚悟して、これまたどうなるのか?


一方、ジャン率いる味方の生き残りは
ガスが切れて、巨人に食われ
減っていく。


そして、またミカサ。

これまたどうなるかと思ったら
心は折れても、何かが彼女の体を突き動かし
その何かとは、かつてエレンが彼女に言った言葉だったとか
うるっとくる展開ですよね~。
(ネタバレを見てなければw)

決死の突撃、しかし、彼女を救ったのは
仲間ではなく、巨人だった。

ネタバレ見てなかったら、素直に驚けたんですけど
実に、残念ですね。

アルミンは、自分のガスと刃を
ミカサに渡して、みんなの為に…と言いながら
死を覚悟するが、ミカサは彼にここに置いて行ったりはしない、と告げる。


うん、ミカサはもう大丈夫そうですね。


彼女の力量なら、後半まで生き残れるでしょう。



来週、どうなるか、楽しみ…にしたかったな~。
こうなるなら、原作読んどきゃ良かった。


次回から、進撃の巨人の感想かけるかどうかわかりませんが
復帰できるといいな~と思っとります。


以上、【アニメ感想 ネタバレ注意! 『進撃の巨人 (第七話)』 {2013/05/23付}】でした。

テーマ : 進撃の巨人 - ジャンル : アニメ・コミック

はたらく魔王さま! (第七話) ~魔王、近所付き合いで家計を助けられる~』


階段の君か?(笑)

おそらく、異端審問官である可愛い和服女性ですが
ちっちゃくて礼儀正しくて、ほんと萌えますな~。

そして、OP

何気に、第一話から変わってますよね~。

どうしても、OPでネタバレしてしまうところがありますから
こんな感じで、情報のコントロールをしてくれることには
非常に好感が持てます。

他のアニメも、みならってほしいものですな。

まあ、でも、第一話のCMでネタバレするのを
やめてもらえるとなおいいんですけど(他のアニメ含めて)


OP後、間延びした声のエメラダから
エミリアに電話が。

ほんとに、どこにいるんでしょうね?
(というか、どうやって携帯に電話してんだ?)


ていうか、聖法気って異世界でも飲み物で補充できるんかい!
(ホーリビタンβって、聖法気どうやって注入してんでしょうね?)

一日最大二本まで。
午前一本、午後一本。

午前飲まなかったからって、午後二本飲んではいけない。


…これって、界王拳フラグなのでは!?(爆)


エメラダ「一日二本までです。 それ以上は体が持ちませんよ?」


とある戦場。
エミリアピンチに陥る。


エミリア「体がぶっ壊れても死ぬよかいいわ、ホーリビタンβ三倍(三本)よ!」


とある戦場。
さらに、ピンチに。

エミリア「50%のパワーだというあいつの言葉がハッタリだろうとそうでなかろうと、20倍(20本)
ホーリビタンβにかけるしかないわ!」



…みたいな、熱い展開になるフラグですねっ! わかります!!



しかし、これで、エミリアが聖法気を補充できるようになると
魔王陣営は不利ですな~。

どうなるんだろう、力関係。


そして、今日もいつものストーカーに精を出す
我らが勇者、エミリアさま。

自分のやっていることにいろいろと思うことがあるのか
ぶつぶつ独り言を話してると思いきや、魔王城から聞こえてくる
聞き覚えの無い声。

気になった彼女は、さっそくストーキング開始。

ファンデーション? の コンパクト? についてる鏡で
中の様子を見る勇者エミリア。

ストーカーのスキルばかりがどんどん上達してる気が…。
なんというか、勇者エミリアの勇姿を知っている人間からすると泣けてきそうですな(笑)


バレそうになって、階段を駆け下りようとするが
いつものようにこけて、魔王に助けられるエミリアさん。

というか、魔王さまに助けられたのに関わらずパンチに
膝蹴りを食らわすとは、ひどい女だ(苦笑)

今回は、彼女の表情変化よりも声変化にクスッと笑ってしまいました。

顔芸勇者と呼ばれてるようですけど
声芸勇者でも通用しそうです(超爆)


しかし、鎌月鈴乃ちゃん、可愛いな~。


でも、自分は彼女黒幕説を唱えてみる。


まず、芦屋四郎の体調の変化は、彼女のうどんが原因。

これはきっと、悪魔大元帥アルシエルが食べると体調がわるくなるものを
選択した可能性が一つ。
(うどんに、毒を入れてる可能性も)

魔王や漆原半蔵が大丈夫なのは、当てが外れたか
最初から、アルシエルだけを狙ったものである可能性が微レ存。


後、前回、話の終わり頃に、階段でコソコソしてたのは
すべりやすくしてた可能性。

今回、いくらなんでも、エミリアが階段でコケすぎてたが
上で書いたことが事実なら、納得できなくもない(←できなくもないのかよっ!)


エミリアがその後の襲撃されたのは
鎌月鈴乃が魔王を狙ってるのを知られてしまったから。
(個人的には、鎌月鈴乃がエミリアを襲撃したと思ってる。 鎌だけにw)


魔王に弁当を作ったのは、毒を盛ったとしか思えん。



とまあ、こんな感じで考えてみたが、どうだろう?(笑)


ツンデレ枠はエミリアがいるので、鎌月鈴乃には
ヤンデレになって頂きたいところ。
(今のままだと、クーデレになりそうだが)


またエメラダと通話する勇者エミリアさん。


敵対云々というところ、フラグですかね~。


間違ったことはしないと誓うわ、と言ってましたけど
言葉通りだとすると、魔王が正しい場合は協力することがありそうですね~。
(それで、敵対してしまう展開がくるかも?)


場面が変わって、魔王に指導する店長。

マグロナルドのライバル
センタッキーフライドチキン……まずそうですね(爆)

マジで洗剤の味がしそうで、自分なんかは足が遠のきそうです(笑)


休憩に入る、魔王さん。
弁当を食べようとしたら、ちーちゃんが
なんかのセンサーが働いたのか
執拗に弁当について、問いただす。

恋する女の子ってこわ~い(笑)


今回は、顔芸はちーちゃんに軍配が上がったような…。


中身はおせち。
しかし、下の段に何かを感じるちーちゃん。

彼女の心の中の葛藤を示す台詞。
「嫌な予感がしてたまらない。勢いで此処まできたけど、引き返せるのならば引き返したほうがいいのかも~」

という台詞の、引き返したほうがいいのかも~ってところで
笑っちゃいました。

声芸でも軍配が上がった気が…(多分、気のせい)


そして、現れるハートマーク弁当。
凄いね、ちーちゃん、ビンゴだ!(爆)


あ、でも、異端審問官と思わせて(ミスリード)
実は、魔王を慕う魔族の女の子、という可能性もあるかな~なんて思ったり。


夜、コンビニ。

エミリア「はぁ~、今日も地味にストーカーしてしまったわぁ~」


勇者としてどうなんだその台詞(苦笑)


そこに現れる闖入者。

自動扉がわからずに突っ込んでぶつかるあたり
どう見ても、異世界の人ですな~。

個人的には、鎌月鈴乃なんじゃないかと思ってるのですが。


聖法気を無効化する謎の攻撃で追い詰められたエミリアを助けたのは
ボブキャラの店員さんだった!

店員に剣を見られてたら話がややこしくなるどころでしたね~。


警察に店員が事情を話してる最中、エミリアはいろいろ回想するのだが
そこにちーちゃんからの電話が。


次回、嵐の予感!(ラブコメ的にw)
楽しみ、楽しみ♪


P・S

エミリアのデレが早くみたくなって、全巻揃えてしまった…。
でも、アニメ見終わるまでは、封印の予定。

我慢できるのだろうか…(苦笑)



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『はたらく魔王さま! (第七話) ~魔王、近所付き合いで家計を助けられる~』 {2013/05/21付}】でした!

続きを読む »

テーマ : はたらく魔王さま! - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ はたらく魔王さま!

とある科学の超電磁砲S

予想はしていはいましたが
一方通行(アクセラレータ)に対して
御坂美琴の攻撃は、悲しいほど、まったく歯が立ちませんでしたね~。

それでも、もうちょい、燃える戦闘シーンになるかな~と思いましたけど
哀しいかな、御坂の無力さを痛感する展開になるとは。

この戦闘で、彼女は一方通行には勝てないと思い込んでしまったんですけど
(まあ、あの結果では仕方ないんですけど)
しばらく後の、一方通行とシスターズの戦闘で
粉塵爆発によって周囲の酸素を奪われて苦しい、みたいな展開になってて
そのことを知っていれば、あるいは、御坂にも勝機があったのかもしれませんけど
(但し、殺る覚悟が必要になると思いますけど)
まあ、歴史にifはないですから、しょうがないですね。

なにせ、相手は、この時点では核攻撃さえ耐える(だったかな?)というふれ込みの
学園都市最強の能力者、レベル5の第一位、一方通行(アクセラレータ)ですからね~。


得意の超電磁砲も、微妙に位置をずらして跳ね返されるし
その力の差に絶望するのも無理はありません。

ともかく、正面から倒すのは不可能ということで
彼女は、研究施設を一つ一つ潰していく作戦に切替えることにしたようですね。


布束砥信との共闘はあるのか?
それとも、単独でやるのか?

仲間達に打ち明けることはあるのか?


こっからの展開は(とある科学の超電磁砲S)知りませんから
頭空っぽで見ていこうと思ってます。
{とか書きつつ、ネタバレを聞いたせいで少し展開を知ってますけどね~(苦笑)}


それにしても、ほんと、シスターズはどの子も可愛くて良い子だな~。


「外の空気は甘いのでしょうか、辛いのでしょうか~」

の所で、もじもじしながら喋る姿に、結構萌えてしまいました。


と、まあ、この感想はこんな感じで。


以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『とある科学の超電磁砲S (第六話)』 {2013/05/21付}】でした。

テーマ : とある科学の超電磁砲S - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ とある科学の超電磁砲S

進撃の巨人(第六話)』


前回の最後を見ても、あの後
仲間が巨人を仕留めて、腹から救出してくれるんじゃないかと
淡い期待をしてましたが…。

この世界では、『主人公』ですら死ぬときは死ぬんですね。

確かに、漫画・ゲーム・アニメを見続けてる人間こそ
主人公は死なないと無意識に思い込んでるところはあるでしょうから
絶望をより深く演出するなら、主人公ですら志半ばで敵を一人も倒すことなく死ぬシーンを描くのは
道理にかなってる気はしますね。

こうなってくると、この作品
特定の主人公が物語を進めるというより
いろんなキャラの人生を、物語を終えるまでに描くという
群像劇に近いものになるのかも。

と、いうことは、今回メインに映ってたミカサでさえも
途中で戦死する可能性があるとうことですかね?

物語が進めば進むほど、その都度に視聴者が感情移入するキャラが
次々と死んでいきそうですな。


まあ、でも、自分は諦めがわるいので
アルミンが茫然自失としている間に
助かった可能性を期待してしまうのですけど(苦笑)


しかし、ミカサとエレンは
巨人に出会う前に既に死線を越えてきてるんですね~。


どうりで、巨人を目にしてもいたずらにパニックにならないわけだ。


それにしても、ミカサの戦闘力は凄まじいですね。

彼女は、どこか雰囲気が違うところがあったので
驚きはそこまでないですけど、エレン達が
ふいをうたれたといっても、一体も倒せず壊滅したのに比べ
一人でゆうに何体も倒してしまうとは…そこまでとは思いませんでした。


強さだけなら最後まで生き残りそうですけど
エレンを失ったことで、彼女がどうなるのか
興味深いどころです。


そういえば、アルミンが助かったのは
巨人の唾液が体中に付着してたからなのかな?


これがあるいは、巨人に対抗する何かになったり
するんですかね~。



とある科学の超電磁砲S(第五話)』


進撃の巨人」ほどではないですけど、こっちもダークになってきましたね。

まあ、「とある魔術の禁書目録」の原作読んでるから(最新刊と一つ前はまだ読んでませんが)
シスターズがどうなるのかも、一応、知ってはいたんですけどね…。
{ただ、とある科学の方の今後の展開がどうなるかは知りませんけど}


ダークなシーンに入る前に、クローンとのほのぼのシーンがあっただけに
落差が大きかった気がします。
(ここら辺も、効果的な演出、というべきですかな?)


アニメのとある科学の超電磁砲(第一期)から入ってきた人は
それまでのライトなストーリーからの落差が大きくて
ショックを受けるんじゃないかな~。

第一期は、漫画版とも違って
文句なしのハッピーエンドでしたし。


御坂美琴が気が付いたときには既に
9982人のシスターズが、実験によって殺されてるという現実に
はたして、美琴はどう立ち向かうのか?
(まあ、とある魔術の原作通りなら、先の展開は知ってますけど)


来週、学園都市最強のレベル5の一方通行(第一位)超電磁砲(第三位)との戦い
どんな戦闘シーンが描かれるのか、漫画版の方は
そこから先を見てなかった気がするので、楽しみですね。




【+α】

進撃の巨人の後のCMで思わず吹きました(爆)

なんかおどおどろしいというか、あの作品を知るものからすれば
ちょっと雰囲気の違うBGMで、何のCMかと思いきや
まさか、『中二病でもがしたい!』第二期製作決定! とは…。

進撃の巨人のダークな話の後だったので、余計落差があって
吹いちまった気がします(苦笑)


まあ、なんにせよ、前作は物語の終盤あたりで変にシリアスが入ったところ以外は
気に入ってる作品なので、こっちも期待したいところです。



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『進撃の巨人(第六話)』+『とある科学の超電磁砲S(第五話)』+α {2013/05/14付}】でした。

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 進撃の巨人 とある科学の超電磁砲S

勘違いしちまうぞ?

か、構わないわ。 


俺の妹がこんなに可愛いわけがない。<第二期> 高坂 京介 黒猫


黒猫ルート、キターーーーーー!

待ってた!
待ってました!!

とうとう、今回の話の最後に黒猫が告白してくれましたーーーー!

よくやった、黒猫!!
○校生は最高だぜ!


苦節ウン十年(←いや、そんなに古くないし)
待ったかいがあったわ…(満面の笑み)

しかし、T×2的にもっとも可愛かったのは
告白の前の上記の台詞だったりしますけど(爆)
{黒猫、いじらしくてマジ可愛いっスな~}


ていうか、今の今まで何度も告白めいたこと言ってるのに
気づかない京介はニブ過ぎでした…。

結果的に、皮肉っぽいですけど
桐乃京介の仲が深まってしまったことが
黒猫の背中を押してしまった気がしますね~。


あ~、でも、あのシスコンぶりからすると
断るか、あるいは付き合った後に別れるか、みたいな展開になるんじゃないかと
不安です。


京介黒猫振ったら殺す。
マジ殺す。

呪い殺す。


ま、半分冗談ですけど(←半分は本気なのかよ!)


でも、今回のやり取り見て、京介桐乃とくっついても
黒猫とくっついても、沙織がせっかく作った人間関係が変わっちまいそうなので
沙織・バジーナが可哀相かも、なんて、思ったりしました。


というか、個人的に、もう一人気に入ってた(いや、全員気に入ってますが)
あやせは、ずっとあのポジションっぽいですね~。

京介のこと毛嫌いしてたから、デレになったら
結構なギャップ萌えできるかと思ってたのに
それに関しては少し残念です。

というか、なんで手錠持ってんだあやせ(苦笑)

桐乃を監禁しようとするまでに思いつめたことがあったのか?
(ヤンデレ的にw)

あれだけ毛嫌いされてるのに、あやせに告白されるとか
勘違いできる京介氏は、超ツンデレ好きとお見受けしました(爆)


とりあえず、来週の展開次第で
自分の幸不幸が決まりそうです(大袈裟)


いや、桐乃も好きですけどね?
最近の桐乃は凄く可愛いな~なんて思ったりしてましたし。

しかし、第二期入っての黒猫の可愛さは異常。

第一期の頃から好きだったのに
第二期から更に惚れ直した。


マジで、黒猫エンドを願い奉る。



次週、刮目して待て!



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。<第二期>  (第六話) ~俺の妹が家に彼氏をつれてくるわけがない~』  {2013/05/14付}】でした♪

続きを読む »

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。<第二期>

俺はロリコンじゃねぇ~、シスコンだぁぁぁああ~!

(『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。<第二期>』 by 高坂 京介


第四話。


とうとう、京介君、シスコンだと認めましたね~。
(あれ? もっと以前に認めたような気も??)

自分は実の妹だと思ってましたけど、とある友人は実は血が繋がってない説を言ってたので
今回の四話と五話を見て、自分もひょっとすると義妹エンドあるかも? なんて思ったりしましたね。

四話は、新キャラ登場か? と思ったら
桐乃の留学してたときの友達とは…。

○学生は最高だぜ! (by ロウきゅーぶ!)

すみません、言ってみたかっただけです(ロリ属性はそれほどないので)
CMであんまりに最高そうに言うもんだから…(爆)


というか、愛の力は偉大ですね~。

兄貴の応援のお陰で、天才に後一歩というところまで
迫ってましたね~。

こりゃ、実妹エンドもありうるで(笑)


第五話。

黒猫が可愛らし過ぎて生きるのが辛い(超爆)

あたしの彼氏になって、とか言い出すもんで
どうなるかと思いきや、偽装デートですか
定番ですね(笑)

見られてるってのは言い訳で
兄貴とデートしたかっただけだったりして(笑)

二人のデートを目撃して
衝撃を受けてる黒猫、可愛かったな~。
(田村麻奈美も、なかなか可愛かったです)

本当の彼氏に頼むとか、言われて
おろおろする京介君。

…おいおい、こりゃマジもんか?

マジで妹エンドあるで?(爆)


黒猫の感想は、ほどんど告白みたいなものなのに
妹の彼氏が気になってなのか、ただの唐変木(主人公属性)なのか
黒猫の気持ちに気づかなかったっぽいです。
(黒猫エンドを待望する身としては、残念なお話)

コミケでみんなで作った本が完売して
喜んでる黒猫は、ほんと、可愛かったですね~。


彼女の恋が成就することを願いたいものです。



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。<第二期> (第四話~第五話)』 {2013/05/10}】でした♪

続きを読む »

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。<第二期>

アニメ感想、いっちゃうよ~。


はたらく魔王さま!(第六話)』

勇者エミリアへの愛が、回が進むごとに増していって生きるのが辛い(←知らねーよ)

そういえば、「はたらく魔王さま!」のOP曲を歌ってるの
栗林みな実さんなんですよね~。

なんかどっかで聞いたことあるな~と思ったら
アニメ版めだかボックスのOP曲を歌ってたのも栗林みな実さんでした、ありがとうございました(爆)

特徴的なので気がつきましたけど、声優さんで気づくのはままあるのですけど
歌手さんで気づくのはちょっと、めずらしいんですよね~。

なんとなく、昔の林原めぐみさんっぽい気がします。


閑話休題。


さて、感想ですけど
冒頭での、焼肉を前にした魔王さまの台詞
面白かったです(笑)

肉を食ってるのだろうなとは、アルシエルの表情と台詞からすぐ気づきましたけど
魔王さまは、結構、おちゃめなところがあって好感が持てますね~。

ウケてしまったので、今度、焼肉を食べるときにでも
あの台詞を言ってみようかな~(←やめとけw)

ルシフェルは、なんというか面白キャラで定着しそうな雰囲気ですね。

エミリアもいい迷惑でしたな(笑)

でも、怒りにぶるぶる震える彼女を見てると
可愛くてしかたがないのですが、自分は変態でしょうか?(←何を今更)

もう、毎回、エミリアがツンツンするたびに
(自分の中での)萌え度が増していくので、今期一番のお気に入りキャラになるのは
ほぼ間違いないかも、です♪

表情豊かで、一部の巷じゃ顔芸勇者と呼ばれてるようでけど
そこがいいんじゃないですか!

自分のエミリアへの愛は変わりませんです、ハイ(笑)

魔王にぶちのめされて改心(?)したルシフェルが
ネットで見つけた心霊スポットに行ったら
ちーちゃんがいた、とか、どんだけ狭いんですかこの世界(激爆)

というか、学校の階段を上るとかタイトルがあったから
てっきり学校に通うのかと思いましたけど、単に
学校に行くだけでしたね。

学園ラブコメに転進するのかと思ってただけに
少し残念です(苦笑)

しかし、勇者エミリアの、魔王さまストーカーぶりも
旧校舎の探索途中で彼女が現れてもまったく驚かないぐらいには
板についてきた気がしますね~(←嫌な板の付きつきかただなw)

で、結局、怪談の主はルシフェル達だったことが判明。
あの後、全員で魔王城に帰ってルシフェルフルボッコの流れかと思いましたが
違って残念。
(みんな丸くなったものだ…え? 違うって?)

そして、現れる謎の新キャラ。

…これは実に可愛い異端審問官ですな(爆)


来週、どんなトラブルが起こるのか、楽しみにしたいと思います。



以上、はたらく魔王さま!(第六話)感想でした♪

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ はたらく魔王さま!

いつものアニメ感想で~す。


『とある科学の超電磁砲(第三話~第四話)』

黒子が変態過ぎて生きるのが辛い(爆)

気のせいか、とある魔術の禁書目録より
こっちの黒子の方が変態度が上がってるような…。

佐天さんの三つ編み(?)姿、可愛いかったな~。
可愛さで言うならレベル5だね!(意味不明)

無敵の超電磁娘も、突っ込みには弱いのか
謎の白衣娘(布束砥信)には突っ込みを入れられまくりましたね~。
{ローリングソバットかまされたときは、思わず笑っちゃいましたw}

布束砥信は、結構ビジュアル的に好みですけど
原作だと微妙らしいです、残念!(←何が?)

御坂美琴、ゲコ太(?)のバッチをとるのに
一つ丸々空にするとか、大人買い過ぎて
苦笑せざるをえませんでした。

そして、ついに明らかになる、シスターズ計画。


今まで学園ほのぼのストーリーだったものが
場合によっては、ダークな雰囲気に…なるのかな~?

とある魔術とは、どうもストーリーが違ってるらしいので
予測は難しいですね。
(前期も、オリジナルエンドでしたし)


まあ、自分はダークな話も面白ければ好きですから
どちらにしろ、楽しみですけど。


というわけで(?)次回からの展開にも、期待したいと思います。


P・S

HP上だと、御坂達しか名前が書いてないので
白衣娘を検索で探すことに…。

ネタバレ見る危険があるので、主要キャラはちゃんと
記載してほしいものです。



『進撃の巨人』

あの後、どうなるやらと思いましたが…。

冒頭から中盤までは、なんとか仲間が死ぬことはなくて
ひょっとしたら、そこそこ生き残るかもなんて思った自分が
甘かったです。

まさか、仲間がほどんど食われた上に
主人公も、足を食われ、その状態でもなんとか友達を助けるものの
巨人に食われてしまうとはね~。

絶望感、ぱねぇっすね~。


というか、主人公が食われるとか予想外過ぎるやろ。
巨人、一体も倒してないのに。
{動きが直線的過ぎて巨人に予測でもされたんですかね~}


ていうか、砲弾では食らっても再生するとか
どんだけ無敵なんですか…。
(…何人生き残れるのやら)

あそこから、どうやって反撃するのか想像し難いですけど
一縷の希望が残されてると信じたいですね~。


P・S

主人公の仲間だった女の子
ちょっとお気に入りだったのに
食われたっぽい。

せつね~。


以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『とある科学の超電磁砲(第三話~第四話)』+『進撃の巨人(第五話)』 {2013/05/08付}】でした。

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ

待ってました!

勇者魔王の夢の共闘シーン。
なかなか、燃えるモノがありますね~。

というか、マジで魔王さま何があったんだ…いい人過ぎる。

しかし、ルシフェルはともかく
まさか勇者エミリアのかつての仲間である
大神官が勇者魔王の抹殺を企てるとは…予想外でしたね~。

魔王さまはB級といってたけど
(特に大神官が)確かに、悪役としてはB級でしたな。

ていうか、人間形態でも腹を貫かれても
すぐには死なないとは、さすがは魔王さまですな!

勇者エミリアは、思ったより力を残してたようですけど
最終的には魔王さまにいいとこを持ってかれましたね。

今回の共闘が、二人の和解の切っ掛けになるといいな~と
思っとります。
(そして、早く、フラグを立ててエミリア『デレ』を見せて下さい魔王さま!)

他の目撃者は、全員記憶を消されたようですけど
ちーちゃんエミリアの意向により、魔王と勇者の正体を知ってしまいましたね~。

記憶を消そうか? って魔王さまに言われて
怒るちーちゃんは可愛かったな~。


戦闘が終わった頃にかけつける、エミリアの仲間達。
魔王さまじゃなくとも、おせーよ、と突っ込みを入れたくなりますな(爆)

ソナー(イデアリンク?)を、ちーちゃんが受信したのは
魔王への想いの強さが、エミリアを上回ったせいということが判明。

いや~、恋する女の子の想いは
勇者魔王に対する憎しみを上回ってたんですな~。


来週、魔王さまが学校の階段を上るそうで
これは、魔王さまがちーちゃんの学校に転向して
学園ラブコメ化する展開がキターーー! …のですかね?(笑)


エミリアは年齢を上にサバ読みしてるせいで
魔王の監視ができず、歯軋りする展開が思い浮かびますな!


魔王さまが今になって学校へ行くとしたら
やっぱり、もっと、人間について知るべきと思ったから…なんですかね~。
{あるいはエミリアに、「あんたこの世界にちゃんと住むきなら学校ぐらい行きなさいよ!」
 …とか説教を食らった可能性もあるやもしれませんね~}


勇者エミリア好きとしては、早く、『ツンツン』から『デレ』に移行してほしいですけど
まあ、現状でも見てて十分面白いので、気長に待ちたいと思います。


あ~、来週がほんと、楽しみだな~!




以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『はたらく魔王さま!(第五話)~魔王と勇者、笹塚を救う~』】でした!!

続きを読む »

テーマ : はたらく魔王さま! - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ はたらく魔王さま!

アニメ漫画の感想、いっくよ~。


『進撃の巨人(第四話)』

いや~、主人公のエレン、凄いですね。
第五位ですか。

ミカサの一位は驚く程のことではありませんでしたけど
エレンはほんと、血のにじむような努力をしたんでしょうね~。

意外といえば、コニー・スプリンガーが第八位に入ってることですか。

ただのモブキャラかと思ったんですけど(爆)

エレンの熱い演説に感化されて、上位陣の何人かが調査兵団に志願したようですね~。

イモ娘こと、サシャ・ブラウスですけど
また食べ物盗んじゃいましたね~。

いや~、本物の馬鹿で凄いですね。

話の流れから、彼女もどういうわけか
調査兵団に入っちゃったみたいですけど
逆に良かったんじゃないかと、見てて思いました。

王の食料盗んだら、独房入りどころか
極刑でしょうからね~。


そして、またまた登場の超巨人。

雷みたいな光の後に登場するところをみると
他の巨人とは、なんか違う感じですね。

第二の壁を破ったのは、また鎧の巨人ですかね~。


重いストーリーから、なんとなく最後の壁が破られるところまでは
いくんじゃないかと思ってましたけど、思ったより早く
絶体絶命のピンチに追い込まれそうですな~。
(第二の壁が破られたのは、ほんと、思ったより早かったです)

憲兵も死力を尽くす日が、すぐに来そうですね。

というか、第一の壁が破られた時点で
絶対絶命の気がしますが。

なのに、未だに志願で兵を集めてるのは
ちょっと危機感が足りない気がしますね。

食料生産と、武器生産に必要な人員以外は
全員、兵士にするぐらいじゃないと
どうにもならないんじゃないでしょうか。


まあ、OPの最後に、凄い数の兵士が飛んでましたから
最終的には、人類総特攻になりそうですけど。
(王は最後まで戦わないんですかね~)


次回は、いよいよエレン初陣ですが
彼の心意気は別として、第二の壁の中を放棄するまで
追い込まれそうですよね~。

でも、そんな危機的状況で
主人公達がどんな戦いを見せてくれるのか
楽しみにしたいと思います。



『はたらく魔王さま!(第四話)』

崩落の危機的状況の中、全員を(バリアで?)守るのを見て
ダークシュナイダーを連想しました。

魔王さま、凄くいい奴じゃないですか。


でも、だからこそ、勇者的には
大変複雑な気持ちになるんでしょうね~。

タイトルの、心の温かさにふれるってので
てっきり、魔王さまのことかと思ったんですけど
友人の女性のことだったんですね~。


その後の、魔王さまとのやりとりで
勇者エミリアがなぜ、あそこまで
魔王達を憎むのかが判明しましたね。


しかし、魔王さまも、まだまだ人の気持ちに疎い。


ごめんの一言じゃ、エミリアを激昂させかねないですよ。
(実際、歯を剥き出しにしてましたし)


そこにきてしまう、佐々木千穂ちゃん。
なんというお約束!
(ある意味、ナイスタイミング?)


そんな場面を目撃して大家さんが何を言うかと思いきや
魔法に関することや、魔王様達に起こっている状況を
理解してる様子。

OPで出てるのにそんなに意味はないかと思いきや
まさかキーキャラとは…、予想外でした。


ちーちゃんの絶望を糧に、力を得たルシフェル。


なるほど、魔王や勇者がほどんど力を失う世界で
どうやって力を維持してるのかと思ったら
人間の負の感情を糧に魔力を生成できるんですね~。


次回は、いよいよ(?)魔王さまと勇者さまが
共闘する熱い展開になるようで
燃える展開が大好きな自分にとっては
期待度マックスです、ハイ(笑)



漫画版 めだかボックス(第一巻~第二十巻)』


アニメめだかボックスの、最終話で出てきた安心院なじみさんが
(T×2的に)好み過ぎて、結局原作を(ほどんど中古ですけど)揃えてしまいました。

安心院(あんしんいん)さん、恐るべし!(笑)


というか、TV版って、原作的には大して進んでなかったんですね~。
読んで初めて知りましたよ。

「BTOOOM!」なんか、TV版の十三話だけで
原作の9巻の冒頭辺りまで行ってましたから
もう少しはいってるのかと思いました。


というか、球磨川禊って、まさか敗れた後は
あんなに面白いキャラになるとは思いませんでしたぜ。


特に、女子全員裸エプロンとか言い出したときは
マジで球磨川の旦那を応援してしまいました。
(まさか、球磨川禊を応援する日がくるとはw)


人気では、ぶっちぎりの一位で
なるほど、納得です。


まあ、でも、自分は人吉善吉君を推しますけどね!(爆)


特に球磨川を道連れに、毒蛇の大群に噛まれるシーンとか
すげえ感動しましたし、黒衣の花嫁(?)編で
槍で貫かれて死ぬってのに、めだかちゃんが悲しまないように
振舞うところも、凄く感動的でした。


宝探しのときは、ちょっと大人気なかったけど
自分は、それでも、善吉君支持に変わりはありませんでしたし。


三勢力に分かれたときも、善吉君支持でした。


しかし、まさか、バトルからラブコメに
勝ち方を変えるのは予想外でしたが。


めだかちゃんにバトルで勝つってのは
最高に燃える展開だと思っただけに
ちょっと肩透かしを食らった気がしましたね~。

でも、この感じ、偽物語の貝木泥舟との対決でも
すでに食らったことがありましたので
西尾維新先生らしいかも、などと思ったりしました。


話は少し変わりますが、安心院さんの
一京超のスキルって、単にインパクト的に出したものかと
最初は思ってたんですけど、その後のスキル名の記載っぷりをみると
マジで、一京超のスキル全部、考えたっぽいですね。

さすがは西尾維新先生です、圧巻されました。


その(女キャラでは)一番のお気に入り安心院さんが死んじゃって少しモチベーションが下がりましたが
後で復活すると信じてます!(というか復活してくれないと、モチベーションの低下が少しどころではなくなります)


あと、女性キャラとしては、腐食系女子の江迎怒江が
結構、気に入ってます。

後半の健気さは、マジヒロインでしたね~。

個人的には、彼女の恋が叶った方がいいと思ったぐらいですよ。
(腹を刺して、男気溢れる振り方をした善吉君もかっこよかった)


でも、最初の頃の超ヤンデレヒロイン江迎怒江も、結構気に入ってましたけどね~(超爆)
{ヤンデレな言葉の羅列とかご褒美でした}

T×2はヤンデレ(も)好きですから!!



ちなみに本編で一番笑ったのは、第133箱の
道徳クエストをプレイする黒神めだかの後継者候補生達のシーン。

めだかちゃんが製作したクソゲー(?)に対するリアクションが
素晴らしかったですね。

抱腹絶倒ものでしたよ、ええ。



先の展開が気になりますので、早く次巻がでてほしいですね。

六月が待ち遠しいです。


【加筆】

善吉君の師匠、名瀬妖花も
後半になって、凄く変わった人ですよね~。

すっかりツンデレな上、善吉君に肩入れしてくれるので
結構、好感度高めです。

恋愛状態には発展しそうではないですけど
今後も、善吉君と一緒に頑張って行ってほしいですな。


以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『進撃の巨人(第四話)』+『はたらく魔王さま!(第四話)』+α {2013/05/01付}】でした!

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 漫画 めだかボックス

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。