dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


【はたらく魔王さま(第十二話~第十三話)】


感想書くのが遅れて二話纏めてになりました(苦笑)

さて、感想ですけど、十二話までは文句無く
素晴らしい出来映えでしたけど、最後の十三話が
ちょっと残念なデキでしたね~。

実は、十二話見た後に、原作読み始めて
十三話見る前に、七巻まで読み進めてたんですけど
個人的に不満だったのは、一巻の最後で傘のエピソードがあって
そこのエミリアが非常にいい感じにデレていて(しかも挿絵付き!)
なんで、このエピソードを入れなかったんだぁ~!! と思ってたんですけど
そのエピソードが、ほんの少しだけ、十三話に入ってて
しかも、残念なことに、あんまりエミリアがデレてないという
ところが、ほんと、残念無念でした。

原作のエミリアは顔芸勇者じゃなく、普通に可愛いところも見せてたぞ! と
原作のネタバレを少ししてみたり(爆)

まあ、原作は原作で、顔芸がない上に
アニメ版でのちーちゃんの口癖、「ですよねー、わかってました」が七巻までで
一度か二度ぐらいしかないので、その点で面白さに欠けるところがありましたけど(超爆)

十二話まではエミリアのデレがほどんどなかった以外は
文句なく、アニメ版の方が面白かっただけに
最終話がほんと、残念でした。
(十二話を最終話にしても良かったんじゃない? と思うほど)

まあ、でも、なかなか楽しめた作品でしたし
楽しませて頂き、ほんとにありがとうございました!


なお、原作の感想は、改めて追記にちょっぴり書いときます。



【俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 (第十二話)】


自分は、今回ほど、京介君が羨ましくなった日はない!
…という感じの回でした(まる)

妹への献身的な態度だけでなく、妹の周囲の相談も一生懸命にのってあげてた
京介君だからこそ、辿り着いた境地でしたね~。

まさか、ラブリーエンジェルあやせにまで告白されてしまうとは!

アニメ版だとちょっとアレでしたけど、きっと、原作では
より丁寧にその過程が描かれてたたんだろうな~と
思いながら見てました。

しかし、来栖加奈子は一体いつフラグがたってたんだ(苦笑)


多分、こっちも原作だともっとエピソードがあった気がしますね~。


でも、あやせを振る京介氏。

まあ、予想はしてましたけど、好きなやつがいるって桐乃かな~?
それとも黒猫かな~?


あ、そうそう、何気にA判定とってて
凄いな~と思いました。

志望校はどこなんだろう?


だけと、これで、あやせは確実に脱落してしまいましたね~。
やっぱり、最後は桐乃とくっつくんだろうか?


今回のアニメは、十六話までの予定だそうですけど
どこまでいくんでしょうね~?

原作、全巻揃えようかな~。

でも、アニメ版、原作の最後までやるらしいから
悩みどころですよね~。
(実は、読んでないけど、四巻までは揃えてたりします)


ハーレム状態の京介君見て、二次元の世界に行きて~! と思ったりもするけど
どうせ行っても、主人公と彼女達のラブラブをみせつけられるだけだろう~なんて
結論に辿り着くのはいつものことです(笑)



【とある科学の超電磁砲(第十一話)】


ようやく絶望を食い止めたと思った御坂美琴は
久しぶりにツンツン頭に遭遇するし
いつもの日常を取り戻すのだった。

上条当麻の様子を見る限り、どうも、記憶喪失になった後っぽいですね~。

なるほど、あの時のエピソードの御坂美琴って
実は、絶望的な戦いの後のちょっと一息ついたころだったんだな~と
思ったりしてました。

まあ、でも、実はレベル6シフト計画は
潰れてなかったんですけどね~。

ようやく全部潰したと思ったら、二百近くまで
関連施設が増えてたとか、美琴の絶望は
とても深かったでしょうね。

とある魔術の原作読んでるんで先の展開は知ってますけど
とある科学の方ではどんな風に描かれるんでしょうね~。

そこら辺、興味深く見ていきたいと思います。



【進撃の巨人(第十二話)】


前回は、ちょっといらないエピソードがついたかな~って感じでしたけど
今回は、そんなことはなくて、普通にいい感じでした。

原作読んで先の展開は知ってますが、此処から先
どう描かれるか、興味深く拝見しようと思っとります。




【お知らせ】

当ブログでは、基本的に、最新記事の追記に
最新記事や過去記事に頂いた、拍手クリックのお礼を述べさせて頂いておりますが
昨日、当ブログの複数の記事に多数の拍手クリックを頂いて驚きましたが
大変、有難いと思いまして、追記だけではなく
記事の表でもお礼を申し上げようと思い、お知らせさせて頂きます。


たくさんの拍手、ほんとに、どうもありがとうございました。

続きを読む »

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ

メニュー


魔王サタンのA級クルーのハンバーガーセット



どうも、T×2です。

この前、とある友人達と「はたらく魔王さま! カフェ」に行って来たので
感想+写真などを掲載してみようかと。

上の写真はメニューと、自分が注文した
「魔王サタンのA級クルーのハンバーガーセット」

下が、バーガーを開けてみたところ。


魔王サタンのA級クルーのハンバーガーセット- コピー


野菜少なめですが、なかなか美味しかったです。

ようやく、マグロナルドバーガーが食えて
満足満足♪(笑)


メニューの勇者エミリアのOL晩ごはんが
野菜がまったくなくて、恵美さんが栄養不足にならないか心配です(爆)


注文したドリンクは、キャラクタードリンク「遊佐恵美」
ええ、エミリア大好き人間ですから、当然の選択ですよ!
(エミリアの次に好きな鎌月鈴乃ちゃんのドリンクと迷ったのは、此処だけの秘密ですw)

という訳で、下がその写真。


キャラクタードリンク「遊佐恵美」


個人的に、ほどよい甘さでおいしゅうございました♪


缶パッチ


で、上のは缶パッチ。
友人の分も一緒にとらせて頂きました。


店内には、他にもいろいろ展示してあって
下に掲載したものは、その一部の写真です。


ちーちゃん01


エミリア01


エメラダ アルバート


エミリア可愛いよエミリア。

でも、エメルダもなかなかイケル(爆)



実は、コラボは「はたらく魔王さま!」だけではなく
「翠星のガルガンティア」と「這いよれ!ニャル子さん」も
やってましたけど、自分はどちらも見てないのでスルー(←オイw)

…というのはさびしいので、追記の方にいくつか
写真をアップしておきますね♪
(見たい方は、続きを読むをクリックして下さいませ)

あと、カフェとは関係ないですけど、秋葉原散策したついでに写真も撮りましたので
それも、追記にのせておきますね~。


なかなか楽しい食事ができで満足できましたけど
店員さんが、作品のコスプレしてないのが
唯一、残念なところでした。

エミリアのコスプレとか、ちーちゃんのコスプレとか
鎌月ちゃんのコスプレとか期待してたのに!(爆)


まあ、でも、「はたらく魔王さま!」や「這いよれ!ニャル子さん」や
「翠星のガルガンティア」好きなら、一度は行ってみて損はないと思います。
(ちなみに、「這いよれ!ニャル子さん」と「翠星のガルガンティア」は別メニューでした)

続きを読む »

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : はたらく魔王さま! カフェ

どうも、個別にアニメ感想書くだけの
気力がわかないので、今回もやや短めで。


【俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 (第十一話)】

思えば、ほんと遠くまできたものだ。

最初の頃は、かなり険悪(主に妹の方が)な感じだったのに
今や、二人の仲が良くなり過ぎて、親に変な心配されるまでに
なったとは。

京介君の努力が実ってほんと良かった。

一人暮らしとか前回の予告で出てたから
なんでだろう? って思ってたけど
こういう理由でしたか~。

今回、最後まで見た感想は
今までで一番いいかも、だったり。

京介をめぐって修羅場とか、最高でした(満面の笑み)

まあ、あやせの方は認めてないけど
どうも、好感度がかなり上がってる様子。

着信拒否されてたときのことを考えると
これも、ほんと感慨深いものがありますな。

あと、意外だったのは、来栖加奈子。

TV版見てただけだと、どうしてあそこまで
好感度が上がったのか、いまいちピンときませんが
周りの女の子全てから、好意を向けられる
京介氏は凄い。
(妹への態度で好きになったわけではなさそうなのは
田村麻奈美だけかと思ってましたが、来栖加奈子も、とは)

もう、ハーレムエンドでもいい気がしてきた(爆)


黒猫VSあやせとか、意外な組み合わせだったけど
修羅場はご褒美です(笑)

黒猫は、ほんと、ズバリとものを言うので
そこら辺も可愛い。

エロいことを堂々と言い放ちながらも
指摘されるとデレるとか、妙な純情さがあって
不思議な魅力がありますね。

今回の雰囲気を見るに、あやせにもフラグが立ちそうで
凄く期待してしまう。

ツンツンしてる娘がデレるかと思うと
もう、悶えてしまいますね(爆)


次回も楽しみです♪


【はたらく魔王さま(第十一話)】


天使(?)にそそのかされて、鎌月鈴乃が魔王を倒す気に
なってしまったようで、ちょっと残念ですね。

しかし、ちーちゃんに、全ての人が幸せにすることが勇者とか
言えてしまう、エミリア、マジ勇者!

殺したいとか物騒なこと言ってた時期もあった気がするけど
こっちの世界の魔王さまの振る舞いと
ちーちゃんとの交流が、良い影響を与えてるみたいで
何よりですな~。

だというのに、天使(?)ときたら人をそそのかして
魔王と勇者を倒そうとするとは、天使というより悪魔(堕天使)と
言った方がいい気がしますね。

まあ、鎌月鈴乃ちゃんも、いろいろ複雑そうではありますが。

意外だと思ったのは、ルシフェルかな~。

抜け目なく、エミリアにGPS仕込んでたり
鎌月鈴乃にも、さりげなく仕込んだりと
大活躍してましたね。

でも、相方(?)が脱走するっぽいから
次で裏切るかもしれませんけど。
(まあ、今までの扱いも酷かったし、しょうがないか?)

次回、このシリアスな展開に、どんな決着がつくのか
楽しみです。



【とある科学の超電磁砲(第十話)】

連戦で消耗してる超電磁砲(レールガン)と
原子崩し(メルトダウナー)では、どっちが勝つかと思いましたが
御坂美琴は勝つつもりで戦ってなかったので
目的を果たして、そのまま逃げちゃいましたね~。

万全な状態での対決も見てみたいものですけど
まあ、無理かな~。

フレンダがどんなおしおきされるかには
多大な興味がありますけど(爆)

最後に残った研究所が廃業(?)したニュースを見て
ようやく、ホッとした御坂美琴。

そんなときに、ふと、ツンツン頭の少年が目に入る…なるほど
とある魔術のあのシーンには、こんな裏話が仕込んであったんですか~。

とある魔術の禁書目録を知ってると、少しだけニヤリとできるシーンを
入れてくるとは、サービス精神旺盛だな~(笑)

次回、いつもの二人の会合で面白いシーンが見れることを
期待したいです、ハイ。



【進撃の巨人(第十一話)】

今回、原作より追加されたシーンは
ほどんど、なかった原作の方がよかったと思うんですけど
唯一、良かったと心から思ったのは、立体機動装置を巧みに使って
移動するシーンが見れたことですかね~。

原作より、明らかに迫力があってかっこよくて
素敵でした。

やっぱり、動きがあるって素晴らしいですね。
(なんでも動きゃーいいってものでもないですけどね~)

正直、立体機動装置を使ってるところに関しては
アニメ版は、原作を上手く補完した完全版と言っていいかも。

原作は、八巻まで読みましたけど
最初の頃より、キャラクターの心情描写も上手くなってた気がして
いい感じです。

予想外の展開の連続も、ワクワクしますし
原作は、予定通り、最新刊まで揃えてしまいそうです。



とまあ、アニメ感想はこんな感じで。
思ったより、書けて、ちょっぴりだけど
良かったと思いました(まる)


以上、【週間 アニメ感想 ネタバレ注意! {2013/06/16付}】でした♪

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ

アニメ感想が、溜まってしまったので
短めで纏めて書いてみます。


【進撃の巨人(第十話)】

いやはや、どうなるかと思いましたが
アルミンの説得が功を奏して
ドット・ピクシス司令が話を聞くことに。

よっ! ピクシス司令!
男前~♪

なかなかハラハラする展開でしたね~。
アルミンが漢になってて
成長したな~としみじみ思ったり。


実はこの回見た後に、原作読んでみましたけど
なるほど、微妙に違うんですね。

アニメ版は、原作よりキャラクターの表情が読み取りやすいのと
立体機動の動きが、実際動くアニメ版の方が
戦闘に迫力があってかっこよくて、いいな~といった感じ。

残酷描写も、アニメ版はかなりカットされてると思ってましたけど
原作見た限り(四巻まで)、そこまでカットはされてないかな~って感じでしたね。

原作も気に入ったので、最新刊まで読む予定。

原作読む関係で、アニメ版の感想を書くのをやめるかもしれませんけど
あしからず。




【とある科学の超電磁砲(第九話)】

学園都市第三位の超電磁砲(レールガン)と
学園都市第四位の原子崩し(メルトダウナー)の戦い。

いや~、なかなか見ごたえのある戦闘ですよね~。

まあ、麦野沈利側は、Itemの面々が支援にまわってますから
一対一ってわけではないですけど。

いろいろな攻撃・防御に応用できる分
一対一なら、御坂美琴の方が勝ちそうですけど
今の疲労した美琴じゃあ、勝てるかどうかは微妙なところですな。


アニメ版お気に入りの美少女、布束砥信は計画失敗で
捕まっちゃったので残念です。


次回の展開が楽しみですね♪




【はたらく魔王さま(第十話)】


まーくん一人で大丈夫と言った店長。

それは、ほんとに魔王さまだけで十分なのか
「優秀」なクルーにちーちゃんが該当しなかったのか
気になりますね(爆)


今回は、水着回。

一体全体、エミリアがなぜ水着になるのか
気になってましたが、単に、ちーちゃんに付き合っただけとは(苦笑)


魔王さま達の会話に
聞く耳を立てていた、鎌月鈴乃ちゃん。

魔王さまのストーカーが二人に増えた!(超爆)


プールに海女さんのかっこでくるとか
超爆笑ものですな!


胸にコンプレックスもつエミリアは
可愛いな~。

しかし、最近の傾向として
ツンデレ=貧乳という様式があるんですけど
自分はこう言いたい、ツンデレ=巨乳でもいいじゃない! と(笑)


お化け屋敷にビビる我らがヒロイン達。

う~ん、可愛い。


大爬虫類展。

爬虫類で、浮かべるイメージが
ちーちゃんとエミリアで違い過ぎて笑えましたね♪

名前をネタにされる魔王さま可哀相~。


魔王さまがせっかく集めた魔力を
人間の為につかっちゃったことで
戸惑う鎌月鈴乃。

今のところ、フラグはたってないけど
この先、どうなるのかな~?

次回が楽しみです♪



【俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 (第十話)】


知らなかった。

高坂京介君、新垣あやせにあんなこと
言いまくってたのか~。

てっきり、京介君はツンデレ好きだと思ったのに
ちょっと違って、残念です(笑)

だけど、まあ、京介君
あやせに対する好感度、めちゃくちゃ高かったんですね~。

冷たいければ、冷たいほど燃えちゃうタイプですかね?(爆)
{やっぱりツンデレ好きジャンw}


はっ!? ひょっとして、黒猫の告白にすぐに返事しなかったのはあやせの為?
ゆ、許せんぞ! 京介ぇぇぇええ!(劇爆)


ま、でも、あやせも可愛いけど(←オイw


しかし、今回の話を見る限り
立ち位置固定だと思ったあやせにも
フラグが立ちそうで、オラちょっとワクワクしてきたぞ!


妹のピンチ(?)に、痛車(四輪車)で駆けつける
我らが兄貴様。

現実だと、二人乗り禁止だけど
やっぱり、男の子と女の子の二人乗りは
萌えるわ~。


黒猫が出なかったのは残念だったけど
次回も楽しみだな~。


ワクワクドキドキ!




以上、【週間 アニメ感想 ネタバレ注意! {2013/06/13付}】でした♪

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ

進撃の巨人 (第九話)』


前回の最後から、どんな展開になるかと思いましたが
冒頭は、調査兵団の派兵と、彼らの活躍が描かれましたね。


リヴァイ兵士長って、一個旅団に匹敵するって言われるだけあって
なかなか強そうでしたね。

ミカサが並みの兵士百人と等価ですって言われてたから
それ以上ですか。

でも、ミカサも、最終的にはかなり強くなりそうですが
さてさて、どうなることやら。


リヴァイ兵士長「約束しよう。 俺は必ず巨人を絶滅させる!」


エレンみたいな台詞ですね。

てっきり、冷静な皮肉屋かと思いきや
なかなか熱い漢みたいで、好感が持てます。
(でも、エレンを殺す任務を担うことになったりして)


巨人の胃袋で、兵士達の亡骸を眺めながらも巨人を駆逐すると
吼えるエレン・イェーガー。


果たして、何がきっかけとなったのか
彼は、巨人へ変貌をとげる。
(後に、彼の父が、エレンに投与したなんらかの物質が影響を与えたっぽい描写がありましたね)


そして、時は流れ
あの壮絶な戦いの後へ。


巨人の中から出てきたエレンを脅威とみなした
駐屯兵団に囲まれ、絶体絶命の危機に陥る
エレン達。


ほんと、ハラハラする展開ですね。

まあ、人間は知らないものを恐れる生き物ですし
異質な物を排除しようとするモノでもありますから
無理からぬことではありますが、エレン達の活躍を見てきた視聴者視点からすると
エレン達に感情移入してしまいますよね~。


ミカサとアルミンは、エレンを庇ってるけど
他の仲間はどうするんだろう?

ハンネスさんとか、今後の動向が気になりますね。


エレンは、状況を不完全ながら理解し
ミカサとアルミンを助ける為にも
人間であると告げるが、駐屯兵団の隊長は
彼らを処刑する為、手をあげる。


駐屯兵団の隊長は、補給隊を置き去りにして
逃げてる姿を見せてましたから、この件で
更に印象が悪くなりましたね。


しかし、悪魔の証明ですか。

確かに、本人もよくわかってないことを
証明するのは不可能ですね。


友人を守るため、巨人に変貌するエレン。


ここからの展開がどうなるか予想が難しくて
面白いですね。


かつて訓練を共にしていた仲間達のなかでも
反応はわかれるかも、ですね。


調査兵団のハンジ・ゾエあたりは
面白がりそうだけど、他の兵士は
どう思うんだろう?


誤解がとけて、仲間とまた一緒に戦うのか
あるいは、追われる身となって、壁の外に向かうのか
来週の展開が、とても気になります!



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『進撃の巨人 (第九話)』 {2013/06/03付}】でした。

続きを読む »

テーマ : 進撃の巨人 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 進撃の巨人

俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 (第九話) ~俺の妹がこんなに可愛いわけがない!~』


「桐乃さん、かっけぇ~。 惚れてしまいそうだ」

(by 高坂 京介)


黒猫のこと大好きだけど、今回ばかりは京介君の方を持ちますね。

なんの前触れもなく、別れた上に、引っ越してどっかいっちゃうとか
下手したらトラウマものですよ。

男だって傷つくときは傷つくし、深く傷ついたらトラウマになって
何年たっても苦しむかもしれないってのに、黒猫はもう少し
相手のこと考えるべきだと思う。

好きな相手ならなおさらです。


どうしようもなく追い詰められた京介の相談に
ちゃんと乗ってあげて、なぐさめてあげる桐乃の好感度は
相対的にあがりましたね。


前回の終わりを見て、京介君はすげぇ~落ち込むだろうな
桐乃は怒るだろうな~と思ったけど、最初の反応こそ予想外だったけど
だいたいそんな感じでしたね~。


あっちこっち探して、ようやく黒猫を見つけ出したと思ったら
黒猫さんは桐乃の本音を引き出そうとする。

黒猫の鋭い指摘に追い詰められた桐乃は、とうとう溜め込んだ本音をぶちまける。


いい話ですね~。
桐乃デレが見れて嬉しい(爆)


見てて、黒猫より好きになりそうになりました。

多分、無意識的に黒猫の評価が下がって
意識的に桐乃への好感度がアップしたからでしょうね~。
(まあ、もともと、桐乃は好きでしたけど。 いや、他のヒロインも好きですけどね?)


「あたしは京介に彼女ができるなんて絶対にいや!」

この台詞の前に、拳を胸にぶつけるんですけど
そのシーンを見て、進撃の巨人の「心臓を捧げよ!」を思い出したのは
自分だけではないはずだ!(爆)


桐乃の告白に、声なく涙を流す京介


見てて、こっちも、うるうるしてました。
ほんと、いい兄妹だな~と。


いや、桐乃が惚れるのも無理ないですよね~(本人は大嫌いって言ってましたけど)
今までの為に、数々の献身的な行いをしてきた京介君を見ていれば。

黒猫も、そんな京介君を見て惚れたんでしょうし。


黒猫「儀式の続きをしましょう」

ここで、京介の気持ちを聞こうとする黒猫ですけど
京介の声色で察したのか、戦略的な撤退をする黒猫さん。

はぁ~、失神するぐらいショックを受けるだけ
自分もダメージを受けるのに、京介君にはひどいことして
謝りもしないんだから、しょうがない子だな~(苦笑)


でも、黒猫的には、京介のことを諦めたわけではないみたい。


まあ、でも、黒猫がスケッチした未来が実現するといいですよね~。
ハーレムルート!(←違っ!
{というか、あのスケッチに描かれてない沙織・バジーナに同情すべき?)


桐乃好感度が結構あがりましたけど、作者の思う通りの展開だったのかな~?
さすがは、伏見つかさ先生! ですな(笑)


そういえば、転向したことで黒猫の京介への呼び方が
まだ変わるのかな? ああ~でも、別れたとはいえ、京介のままな気がしますね。


今回は、実にいい話でした。
来週からの展開にも期待したいと思います。
沙織にもフラグを立てて、目指せハレームルート!w)



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 (第九話) ~俺の妹がこんなに可愛いわけがない!~』 {2013/06/02付}】でした♪



【追伸】


本文に、追記を加えました。
(2013/06/03付)

テーマ : 俺の妹がこんなに可愛いわけがない - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

とある科学の超電磁砲S (第八話) ~Item<アイテム>~』


学園暗部組織の一つ、Itemキターーー!

以前、自分はてっきり、彼女達と戦うのはもう少し後だと思ってましたけど
この辺で、既に交戦が始まるんですね~。


そして、フレンダ・セイヴェルン登場。

原作だと、出番が少なくていまいち性格とか能力とか
掴み辛かったんですけど、なるほど、小悪魔的性格の能力者でしたか~。

うん、なかなか可愛いですね(性格含めて)


でも、能力はちょっとわかりづらいですね。
ぬいぐるみを爆弾に変える能力?

プラス発火能力も?


…という感じですかね~。


ていうか、彼女のスカートは四次元ポケットなんかい!(笑)
あれこそが能力なんですかね~。


女の子のスカートの中は異次元ですな(爆)


戦闘シーンは、なかなか面白い展開で
ちょっとわくわくしました。

来週の、戦闘シーンも楽しみですね。



麦野沈利は、ほぼイメージどおりでしたけど
絹旗最愛が、ちょっとイメージと違う感じでした。

滝壺理后は、もうちょっと電波さを感じさせる声だとよかったかな~。


御坂美琴にやられて、危うく仲間のことを話しそうになった
フレンダさん。

話してたら、きっと、麦野沈利に文字通り悲惨な目に
あわされただろうことを考えると、舌がしびれてよかったね!(爆)


次週、さらにわくわくさせてくれることを期待したいと思います。



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『とある科学の超電磁砲S (第八話) ~Item<アイテム>~』 {2013/06/02付}】でした♪

続きを読む »

テーマ : とある科学の超電磁砲S - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ とある科学の超電磁砲S

はたらく魔王さま! (第九話) ~勇者、修羅場を経験する~』


……ど、ど、どこが修羅場なんだぁぁぁあああ!

前回からこっち、修羅場っていうから
女のキャラ同士の揉め事を期待したっていうのに
全然、修羅場ってないじゃないか!?

確かに、事実上好意を持ってるのは
ちーちゃんだけとはいえ、修羅場っていったら
そういう展開を期待しちゃうじゃないか!

…はぁ、タイトルに騙されたぜ。


まあ、話自体はそこそこ面白かったので
ま、いいけど(←いいのかよ!)


それにしても、アルシエルと魔王の関係はちょっと不思議。


そもそも、魔王サタンはどうやって魔王になったのだろう?
何代目? アルシエルがあそこまで魔王に心酔してるのはどういう理由?


原作読めばそこら辺わかるのかなぁ~?


鈴木梨香に真奥貞夫のことを聞かれて、かつて会社を経営していたとか
のたまうアルシエル。

真奥組とか言ってたけど、もと魔族の王だったことを
会社に例えたのかな~なんて思ったり。


というか、アルシエル、げっそりしてるけど
夏バテはまだ治りきってないのかな~。


ていうか、鈴木梨香とアルシエル、くっつくのか?(爆)


猿江 三月、なんか意味深なことを言ってたけど
やっぱりエンテ・イスラ関係なのか?

そういや、香水つけてるところみると
ひょっとして、ペイントボールの匂い消し?


アルシエル「オーガニック、有機栽培のことです」
魔王「なるほど、勇気を出したオーガか」

どういう勘違いだよ…(笑)


あ、今更ながらに気づいたけど
ちーちゃんアホ毛がないですよね。

エミリアにはアホ毛があるところみると
真のヒロインはエミリアってことに!?


…まあ、定石とは違う場合もあるから
一概にはいえませんよね。

今までの流れからすると、ちーちゃんとくっつきそうなので
その辺は、エミリア推しな自分としては残念ですけど。


鈴木梨香「恵美の周りの人間って逸材多過ぎない?」


梨香さん、梨香さん、エミリアの周り…じゃなくて
魔王さまの周り、の間違いですよ(爆)

そういや、ちーちゃん以前、二日にいっぺん
ポテトこぼしてるっていってたけど、最近はどうなんだろう?


センタッキーに対抗する為、いろいろ試すも失敗続きのときは
どうなるかと思いましたが、笹を飾り付けてから
客がめちゃくちゃ集まってましたよね~。

でも、なんか魔力みたいな霧があったけど
あれなんでしょうね?

魔王さん、魔力つかったのかな?
それとも、別の何か?


エミリアと、鎌月鈴乃が厳しい目してたけど
どういう意味なんだろう?



次週、はたらく魔王さま!にも、水着回がやってくるみたいなので
今度こそ、いろいろ期待したいところです。
エミリアが、魔王と一緒のところに行く理由が気になります)


以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『はたらく魔王さま! (第九話) ~勇者、修羅場を経験する~』 {2013/06/01付}】でした!

続きを読む »

テーマ : はたらく魔王さま! - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ はたらく魔王さま!

 | ホーム |