dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


撫子ちゃんのお話は、本当にあれで
終わりだった。

な、何を言ってるのかわからねーと思うが(以下略


時系列が行ったり来たりしてて
ちょっと、消化不良を感じなくもないですけど
とりあえず、戦場ヶ原さんと羽川翼が白い寅に出会った
あたりなのだろうか?

あの辺で、阿良々木君がやっかいごとに巻き込まれてるかも、とか
戦場ヶ原さんが言ってたのは、これのことなんですかね~?


今回は、鬼物語。
つまり、忍野忍のお話。

見た目はロリ、中身はBBA。

ロリはあんまり触手…じゃなかったw
食指が動かないんだけど
ロリBBAは好きだったりする。

でも、過去の話込みだから
単に吸血鬼(大人バージョン)の話に
なるのかな?

というか、傷物語はいつ劇場で
見れますか?
(マチクタビレターw)

もう、中古で手に入れた原作読もうかな~(チラチラ←何処見てるん?


閑話休題。


以前、ブロ友さんが阿良々木暦ロリコン説をとなえてましたが
今話を見て確信しました。

こいつ、できる!(←何ーw


阿良々木君の将来が心配です(笑)

まあ、幽霊だから合法ロリと言えなくもないけど
間違いがあったら、戦場ヶ原さんに刺されるのではなかろうか。
(ん? 以前も似たようなこと書いたっけ?)


シリアスの時は、○女を守るカッコイイヒーローって感じだったのに
一息付くと、変質者に化ける、阿良々木君が好きです(まる)

うん、一部(?)のお茶目な行動は別として
何としても、八九寺だけは助けるって感じの
ヒーローしてた阿良々木君は、ほんと、かっこよかったですね~。


それもあってなのか、式神の娘にまでキスされるとは
ほんと、エロゲーの主人公並にモテモテですね、阿良々木君は。

文句言う忍を、キスで黙らせるとか
何、このイケメンって感じでした、ハイ(笑)


あの闇は何なのか、忍の過去に何があったのか
次回が気になりますね!



この話、始まる前は撫子ちゃんが、救われるのか否か、の方が
一番気になっていましたが、忍野忍の物語も
楽しみになって参りました!!
(撫子ちゃんの話は、下手したら、来シーズン以降になりそうですね。 そっちはそっちで待ち遠しいです)




以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『<物語>シリーズセカンドシーズン (第十七話)』 {2013/10/30付}】でした♪

続きを読む »

テーマ : 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ <物語>シリーズセカンドシーズン

【境界の彼方(第三話~第四話)】

三話目にして、ちょっと
栗山未来の好感度がアップ。

しかし、以前、名瀬美月様が
最上位なのは、揺ぎ無いのであった!(爆)


主人公め!
名瀬美月様に眼鏡をかけさせて
あ~んなことや、こ~んなことをさせてたなんて!

けしからん!
なんて、けしからんやつ!

…師匠と呼ばせて下さい(←オイw


四話までの間の出来事で
主人公とメインヒロインの間のわだかまりがとけて
フラグが立った感じでしたね~。

なぜだ。
なぜ、名瀬美月様にはフラグが立たんのだ!(爆)

ぱっとみ、ツンデレ、いやサドデレ(名瀬美月)に見えるのに
なんで、主人公は、名瀬美月ではなく
栗山未来を選ぶのか…。
(そういや栗山未来も、ツンデレといえばツンデレだったっけ)

まあ、自分と同じく、異端者として蔑まれ
孤独の中で生きてきた彼女に
自分と近いものを感じたのでしょうね~。
(ただの、眼鏡好き過ぎな変態な可能性もありますがw)

しかし、主人公、暴走すると
異界士三人がかりでも抑えられないんだ…。

未来の制止が効いたのは
愛の力なのか?


名瀬美月にフラグが立つことを
願いつつ、次回を楽しみにしたいと思います。
(↑そんなルート、プロット段階からないが! とか言わないでw)



【京騒戯画(第三話)】


コトの過去の話。

特務からきた女の子と思ったら
主人公(男)の父親の義理の娘(?)とか
妙な因縁がある様子。

あいにく○女には、あんま興味がわかないんで
成長後の活躍を早く見たいぞ!

でも、ようやく、話の本筋が
見えてきた。

一話目が、意味不明だったので
どうしようかと思ってたけど
ようやく、食指が動かないでもないって感じに。

しかし、一話目のよく動くアニメを知ってると
今の動きのあまりない、過去編みせられるのは
微妙に面白くない。

もっと、動きを!(爆)


四話は、鞍馬の過去らしいが
八瀬の過去ならともかく、可愛くない坊主の過去とか
やられても、見る気が出ないのだが…(苦笑)


ひょっとすると、これで
見るのやめる可能性もありますね(←酷っ!



【勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第四話)】


『お前、夢を持ったことがあるか? 俺に言わせればな、夢ってのは、呪いと同じなんだ。
呪いを解くには、夢を叶えなけりゃならない。
でも、途中で挫折した人間はずっと呪われたままなんだ。 俺の苦しみは、お前にはわからない。』

(by 仮面ライダー555)

なんとなく、この作品の主人公って
上記のタイプな気がしますね。
(上の台詞を最初に知ったのは、ハヤテのごとく!の漫画版でしたけど)

多分、想定されるルートは二通り。


なんらかの事件が起きて、新たな魔王君臨。
主人公が、ようやく勇者になって
コンプレックスが解消される。


なんの事件も起きずに平和な毎日。
勇者になれないものの、フィノと結ばれて
めでたしめでたし。


みたいな?


まあ、でも、平和でありながら
魔人狩りが横行して、フィノの危機に
ラウルと愉快な仲間達(←酷っ!w が
立ち上がる。

も、普通にありえる気が。

でも、原作が続いてることを考えると
アニメ版で、フィノとくっつくまでは
やらないだろうな…。


初期は、主人公のライバル、オールAの好感度が
高かったものの、メインヒロインではなくて出番がなく
出番の多いメインヒロインのフィノの好感度が
上がりつつけて、とっぷになってしまいました。

どうしてくれるんだ!(逆ギレ←クレーマー←フィノに退治される←なぜかハッピーにw

フィノに、的確なアドバイスを次々と与える
ラムディミア・ド・アクセィメモール(←名前長っ!


どう見ても、フィノと同じ魔族の子です。
本当にありがとうございました(爆)

名前がやたらに長いのはそのせい?

HPだと年齢不詳だし
魔族ですよね、この子?

後半シリアス展開になったら
真っ先に、犠牲になりそうだが
そんなことはないですよね?


可愛いは正義!

魔人だからって、可愛い子を迫害するものは悪人!


というわけで、真・勇者様ご一行はよ!(え


次回も、いっぱいおっぱい!(楽しみですの意w)



【ミス・モノクローム(第四話)】

人気者はねんどろいどになっている。
つまり、ミス・モノクロームがねんどろいどになれば
人気アイドルに!

結果。

ミス・モノクロームのねんどろいどだけが人気になるが
ミス・モノクローム本人に人気は出なかった。

…どうして、こうなった!(爆)


というか、あんなに可愛くて面白い娘なのに
人気が出ないほうが不思議です。

あの世界では、ミス・モノクロームより可愛いアイドルが
山ほどいるのでしょうか?


ていうか、ミス・モノクロームめちゃ器用で驚いた。
手からのレーザーでモノ作りとか、『翠星のガルガンティア』の
チェインバーっぽかったです(笑)


ハリウッドはともかく
日本って、昔から、ドラえもんとか鉄腕アトムとか
ロボは友達って感じですよね~。


話を戻しますけど、このアニメいろいろ破天荒なので
先の展開が読めなくて、それが面白いです、ハイ。


次回も、どんな斜め上な展開になるか
楽しみです!



以上、【週間アニメ感想 ネタバレ注意! {2013/10/29付}】でした♪

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ

唐突に(自分にとってはいつものことですが)宇宙開発について
いろいろ思ったりしたので、久々に真面目(T×2的に)な記事を
書いてみようかと思った次第。


自分が最初に開設したブログである
諸魚無常(誤字にあらず){ヤフーブログ}、にも
投稿できる内容なので、あっちも
久々に更新できそうで何より。

ヤフーブログは、いつからかデカデカと
広告が表示されるようになってから
更新する気力が削がれまくったが
まあ、それでも、自分の最初の足跡が残ってるブログなんで
生きてる内は、維持・管理したいな~と思っとります。


閑話休題。


さて、本題に戻りますけど
自分(T×2)は、常々、昔から
人類は地球以外の星ぼしに生存圏をのばしていくべきという
持論を唱え続けてきている人間であることは
古くから『諸魚無常(誤字にあらず)』を読んでいる方は
ご存知のことと思います。


月に眠る水(2010/03/31付)
http://khaost2.blog96.fc2.com/blog-entry-390.html#comments


まあ、上の記事は一例ですけど。



この宇宙には、今の人類にとって無限に思えるレベルの
豊富な資源が存在しています。

それらの資源を獲得できれば、どれほど
人類は豊かになれるでしょう?

地球に篭り続ける、という選択も
確かにありますが、その場合
増え続ける人口をどうするのか?
という問題と、地球の資源は有限であり
今この瞬間も、凄い勢いで消費され続けている
という問題を、どうやって解決するのか? という
難題が待ち構えている以上、地球に篭り続けるというのは
賢明な選択とは、自分には思えません。
(どうしても地球に留まる場合、資源の観点から、人口の抑制政策を全ての国で実施する他はないでしょう)

何より、太陽の寿命の関係上
地球に篭り続けるという選択は
人類の自滅、すなわち滅亡と同義。


人類にとって、何が最も重要なことかといえば
種の保存であることは自明の理。

種の保存と繁栄を考えれば、宇宙に進出しないという選択肢は
存在しえないものと自分は考えます。


しかし、現実問題として
地球の資源は有限です。

今の勢いのまま、資源を消費し続けた場合
我々は、地球を脱出できなくなる公算が大きいと
自分は思ってます。

なぜなら、宇宙開発を本格的に行うには
膨大な資源と金と時間が必要になるからです。

正直、自分には火星に人を半永久的に居住させるに必要な
資源でさえ、どれほど多くが必要になるのかと
危惧しており、ひょっとすると、人類は既に
地球を脱出できなくなってるのではないかと
不安を感じるぐらいです。
(まあ、これは悲観的過ぎる憶測ですけど)


地球から、宇宙に資源を運ぶだけでも
現状では、多大な資源とコスト(+時間)を消費していますので。


軌道エレベーターの開発が成功すれば
地球から、大気圏外への物資の移送に関しては
ある程度、問題を解決できますが
それでも、地球の大気圏外から、他の星への
資源の移動に、多大なコストと資源が必要になる以上
地球脱出の為の、タイムリミットは
刻々と迫ってきていると考えた方がよいと思ってます。


木星まで、宇宙開発の手を伸ばすことができれば
ロケットの燃料として、木星のガスを利用することが出来
それによって、その先の星ぼしの開発にも着手することが
出来ると自分はふんでいます。


そして、人類最初の居住に相応しい惑星として
自分は火星を推しています。

理由としては、火星の殖民 wiki』で検索して頂ければ
ウィキペティアに記載があるので、そちらをご覧頂ければ、と思います。


自分は、以前、火星のテラフォーミングをすべきという考えだったのですけど
居住可能な大気を生成しても、火星の重力では
1000年ほどで、消えてしまうと知り
それならば、ドーム上のコロニーを建設するか
火星の地下を開拓して居住スペースを作るかした方が
よいと思うようになりました。

幸い、火星には、氷の形で
地下に水があるとのことですし
地下を掘れば、火星の土地が
人間を守る壁になりますから
ある程度の資源は、火星にて
調達が可能であることから
上記の案は、今の人類の技術レベルでも
十分実現可能だと思っています。
(無論、その為のコストをどうやって捻出するか、という問題に直面することになりますが)


火星における食料生産は
野菜工場などにみられる
土なしでも生育させることのできる技術が
突破口を開いてくれるのではないかと、自分は考えています。
(植物の光合成による、酸素の発生もあわせて行うことになるでしょう)


現在の人類の科学技術レベルで
十分に実現が可能だと、上記のように
自分は思ってますが、しかしながら
宇宙開発における大きな問題は、技術的なものではなく
現在いくつもの国々で別れて
国益が衝突している故に、一致団結できてないことと
初期に莫大な資源と資金を消費するだけの決断が
今の世界の指導者達に可能なのかどうか、という
人類の内輪の問題に尽きると思っています。


ここら辺は、自分がかねてから主張してる通り
全ての国家・全ての宗教・全ての民族、という
人類を分かつ『カテゴリー分け』をなくし
人類を統合することによって、問題を解決することができると
自分は信じております。


地球に居続けても、資源は先細りを続けるだけ。
最終的には、残された資源を巡って
血で血を争うことになることは、火を見るよりも明らか。


しかし、この宇宙には膨大な資源があります。
この太陽系だけでも、開発が進めば
どれほど、人類を豊かにできるでしょうか?

そして、この銀河系の隅々にまで開発の手をのばすことができれば
人類72億を、全て金持ちにして余りある資源を獲得できるでしょう。


どちらの道を選ぶべきかは、賢明な皆様なら分かるはずです。



これこそ、未来に子孫繁栄するために
必要な痛み、初期投資でありましょう。



全ての人が豊かになれば、逆説的ですが
人類は、『物欲』から解放されるかもしれません。

それが、実現できれば、人間の苦しみの内
一つを取り除くことができるでしょう。


そして、全ての人を豊かにすることは
『鬱病』の原因の一つを取り除くことに
繋がるとも、自分は考えています。


この間、NHKでうつ病の原因について
放送がありました。

うつ病の原因は、進化の過程において
太古から存在し、まず始めに、『天敵』の存在があって
次に、『孤独』が
三つ目に、『言葉』が
四つ目に『記憶』がそれぞれ、原因に繋がっていったと
されていました。

そして、最後に、『平等』の崩壊が
人類にうつ病をもたらしたのだという結論でした。

世界のとある部族には、うつ病になる人が存在せず
その原因は、彼らの生活スタイルにあり
彼らは、どんなに空腹でも、獲物を平等に
分け与える、その社会構造が
うつを寄せ付けないのではないか、とのお話でした。


将来、銀河のあまねく星ぼしを開拓した暁には
全ての人が豊かに、が実現し
それが、結果的には、『平等』を人類にもたらすのではないかと
自分は期待しているのでございます。


以上の理由から、自分は例えどんな難題があろうと
人類は宇宙開発を行うべきであると、改めて
全人類に提案するのであります。



全ての人を豊かに。


これだけを書くと、絵空事に思えるかもしれません。



ですが、この宇宙に、今の人類からすれば
無限に思える程の資源があるのは、誰でも
知っていることのはず。



宇宙開発こそ、それを絵空事にしない
人類の『希望』となりうる手段であると
自分は強く確信しています。


どうか、世界の指導者には
目先の問題にとらわれず、人類の未来のために
必要な決断をして頂きたいと、自分は願っております。



以上、【人類における宇宙開発の意義 {2013/10/26付}】でした。

続きを読む »

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : ブログ

tag : 人類 宇宙開発 火星

さっきのアニメ感想に書き忘れたので
別枠で記事を書くことになりました、てへぺろ☆


【勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第三話)】

うん、一話見ただけでわかってた(気がする)
これエロアニメ。 ちぃ覚えた(爆)


今のところ、今期で一番、期待値が高まってるアニメです。

エロいだけじゃなく、ヒロインがどの子も可愛くて
すんばらしいアニメです、ハイ(満面の笑み)


二話までの段階では、主人公のライバルキャラが一番気に入ってたんですけど
段々、魔王の娘の好感度がUPしてきて
今のところ、魔王の娘が一番のお気に入りに。

不遜なところがチャームポイントだと思ってたのですけど
素直な彼女も、う~ん、なかなかのモノですな。


今回は、ヒロインがみなエロい目にあってて
いい目の保養でございました。

大変、おいしゅうございましたが
店長がエロい目にあってなかったのが
少し残念でしたね(ゲス顔


勇しぶは、初期に期待値が高くなかったのですが
それが功を奏し、かつ意外性もあり、今期一番の期待のホープです。

後半にシリアス展開が来ると予想してますけど
シリアスいらね、みたいにならないぐらい
よいシナリオになることを期待したいと思います。
(主人公のライバルと魔王の娘で一悶着、その後、真・勇者ご一行様とも一悶着あるとみた!)


次回も、ほんと楽しみだな~(エロい意味でw)


半分は冗談ですが、半分は本気です(爆)



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第三話)』{2013/10/25付}】でした♪

続きを読む »

テーマ : 勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 勇しぶ

うむむ、アニメ録画しっぱなしなアニメ
どんどん積みあがってきたよ~。
(まあ、いつものことではあるが)

HDD容量が圧迫されてるので、BDにコツコツ移してるけど
今の状態を維持すれば、消しても消しても足りなくなりそう。

だというのに、切ろうとして見ると
なんか切るのが惜しくなってくる。

で、まだ、アニメが積みあがってくる。
すると、見る気が萎える、という悪循環。

ほんと、豊作すぎるのも問題だね。

おまけに、ラノベも積みあがるし、見たいアニメ映画は
放映間近だし。
{うん、まど☆マギなんだ、すま…以下略}

ひょっとすると、今期のアニメ感想飛ばすかもしれないので
どうぞ、あしからずや。
(あとで纏めてという可能性もなくはないけど)


まあ、とりあえず、なんとか消化した
アニメの感想をば!



【キルラキル(第二話~第三話)】


パンツじゃないから恥ずかしくないもん!

もうあれだ、あの衣装は
上記の台詞がぴったりだな、うん(爆)

あ~、もう、切ろう切ろうと思いながら
三話まで見てしまうとは、始めての経験だわ。

絵柄もストーリーも、どれもこれも
今の自分好みではないはずなんだが
あの妙に迫力ある勢いのせいで
切りたいのに切れない。

何かを切らないとならないんだけどな~。
困った困った。

そういえば、後で知りましたけど
このアニメ、グレンラガンのスタッフが作ってるんですってね~。

まあ、当のグレンラガンも録画しっぱなしなわけだけど
なんというか、妙に力が入ってるのはきっと
スタッフが優秀なせいだな、うん。

EDの曲が、ちょっとレトロな感じの
懐かしさを感じないでもない感じなのも
わるくはないんだけど。

一話目でボコボコにされたからどうなるかと思いきや
三話目でもう互角に渡り合うとは、インフレが
激しい作品ですね!
{エロのインフレも激しい気がw でも絵柄が好みじゃない(爆)}

多分、次回からは、四天王の配下あたりと
激突すると予想。

きっと、この先に
『○○がやられたようだな…』
『フフフ、ヤツは四天王の中でも最弱…』
『纏 流子ごときにやられるとは四天王の面汚しよ…』

みたいな展開があると予測してみます(超爆)


あ、予測したからには見ないといけないじゃん。

冬月「積んだな」
ゲンドウ「ああ」


T×2の明日はどっちだ!(笑)



【ミス・モノクローム(第三話)】


パ○ソニックの電池は世界一ぃぃぃいいい!!(爆)

みたいな回でしたね(おわり)


いや、嘘です嘘です。


宇宙人を倒して世界を救っちゃうとか
もはや何のアニメかわからないくなってきましたね。
(↑いや、最初からそんな感じだったようなw)

このアクロバチックな感じが
堪りませんな(笑)
{破天荒ともいうべきか}


掃除機のルーちゃんが、何の説明もなく復活してて
とても好感が持てます(微笑)

ルーちゃんの上に乗って移動してる
ミス・モノクロームを見て
とある魔術の、土御門舞夏を思い出しました。

最近、ロボの上に乗る女の子が流行ってんのかコレ?


四話はまだ見てないですけど
このぶっちゃけっぷり、次回以降も
期待できそうです!(ぐふふw)


【<物語>シリーズ セカンドシーズン(第十六話)】

また総集編。

総集編するなら、もう少し、新シリーズの話を
深く追求してほしかった。

まさか、まだ総集編あったりしないよね?(恐


まあ、でも、偽物語見てから
そんなに時が経ってるわけじゃないのに
懐かしくはありましたね、ハイ。



【ガリレイドンナ(第一話)】


切ろうと思って見たら、切るのを迷ったアニメその二(←酷っ!w

一話見ただけだと、どうもよくわからないんだけど
主要な女の子が可愛くて、切るのが惜しい。

でも、最終的に切るアニメには入りそうかも。

今期は、ほんと、録画してるアニメが再放送含めて多過ぎて
大変です。


そういやいきなり戦闘が始まったのには
面食らったな~。


とりあえず、あと二話ぐらい見て
どうしようか決めようかと思いまする。




とまあ、今回のアニメ感想
こんな感じ。

他にも、録画してるアニメは多いし
『宮河家の空腹』みたいに、録画してなかった
アニメもあるしで、てんてこ舞いですが
まあ、11月中旬ぐらいまでは、多分
アニメ感想書けると思います。

12月は、多分、感想書けないので
1月になってから、纏めて
書くことになるでしょう。



以上、【週間 アニメ感想 ネタバレ注意! {2013/10/25付}】でした!

続きを読む »

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ

『劇場版 空の境界 - 未来福音 -』


注:空の境界未来福音)のネタバレが含まれます。 見てない人は記事を読まないことを推奨します。


中二病の感想でチラッと触れましたけど
今回、中二病と空の境界未来福音)を両方見てきました。

両方見ての感想としては、空の境界未来福音)は
予想以上のボリュームと、素晴らしいストーリーで
劇場にわざわざ足を運んで、ほんとよかった~って感じでしたが
中二病は、後でDVDで見ても、そんなに後悔はしないかもって感じでした。

ですので、どちらを見るかを悩んでる方は
空の境界未来福音)を見ることをお勧めします。

た・だ・し! 未来福音は、原作、もしくは劇場版 空の境界シリーズを全て
見てからでないと、話とか、キャラとか、わかりにくい(未来福音ではほどんど説明なし。 知ってる人向け)
ので、原作や劇場版(もしくは、TVアニメ編集版)を見てない人は
それらを見てから(原作だけでも可)見ることをお勧めします。


それで、未来福音の感想ですけど
いや~、奈須きのこ先生の書くシナリオ力は未だ衰えを見ず、って感じの
素晴らしいアニメ映画でございました。


既に完結してる物語に、付け足すと
蛇足になりそうなものを、全然、そんな感じを受けさせずに
人を感動させるとは。


天才とは、まさにこの人のこと。

TYPE-MOONは健在なのだと、つくづく思わされましたね~。


まあ、これで、月姫リメイクが早く完成すれば
言うことなしですけど(苦笑)


本編は、二編に別れていて、最初は幾つかのキャラの
お話が含まれてて(ここだけでも、ちゃんとボリュームがあるところが凄い)
原作とは過去・現在までぐらいのお話。


二編目は、未来福音本編。
(最初のやつがそこそこのボリュームだったので、こっちは短いのかも、と警戒しましたが杞憂でした)

原作とは、時系列が入り乱れてて
過去・現在・未来で、それぞれお話が展開されるのであります。
(原作読んだのが大分昔だっただめ、どの時系列なのかが分かりずらくはありました。
 なので、原作を覚えてない方は、一度読み直してから見たほうがより楽しめるかもです。
 ポイントは、年月日を覚えること)


最初の方で、出てきた新キャラが
こっちでも、出てきて話が繋がってることを
想起させます。


新キャラ瀬尾静音ですけど、月姫の瀬尾晶に
結構似てる感じ。
(瀬尾晶と違って、コミケには行ってなさそうだけどw)

未来視もそうだけど、自分で別の世界の自分とか
言ってるの見ると、瀬尾晶と次元を超えて繋がってるのか? なんて
思ったりしました。
(でも、瀬尾晶の方はそんな描写はなかった気が…)

性格も似てて、叶わぬ恋に陥るあたりも
彼女らしいというか(苦笑)


なかなか可愛いキャラでしたけど
未来福音の主役は、別のキャラ(爆弾魔)です。


未来福音を通しては、両儀式がなかなか良かったです。
(特に最後で)

どうも、無事に黒桐幹也と結ばれたらしく
娘が出てきてて、あ~、ハッピーエンドにちゃんとなってるな~と
安心(&嬉しさ)を感じたモノです。
(劇場版見た後、しばらくして幹也爆発しろ、と一瞬思いそうになったが、今回はシャレにならないのでやめといたw)

でも、母親を倒してお父さんを取り返すとか言ってるあたり
黒桐家の血筋は、禁断の恋に陥りやすいのかと、クスッとしながら思いましたね~。

最初、女系(妹とか)だけかと思ったんですけど
よくよく考えれば、幹也の恋(?)も
禁断の恋(死にかかった)だったことから考えて
黒桐家は、禁断の恋に陥る呪いでもかかってるのではと
思うに至った次第です。

幹也の父・母にも、幹也並みの恋話があっても
自分は驚きませんですよ、ハイ(笑)


しかし、まさか、両儀式がヤーさんの親玉になるとは…。
実家を継がずに生計を立てる為になったのか
元々実家がゴクトーなのか、気になるところです。


あと、蒼崎橙子さんが見えなかったけど
両儀式達と別れたのかな~なんて思ったり。


お話は凄く感動してウルウルしたけど
ちょっとした疑問は残りましたね~。
(パンフ見ればわかるかな?)


何はともあれ、かなりの名作を劇場で堪能できて
とても満足できました(まる)


空の境界好きは、見ないと後悔するレベルですよ~。
早く、見に行くことをお勧めしときます!



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『劇場版 空の境界 - 未来福音 -』 {2013/10/19付}】でした♪

続きを読む »

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 空の境界 未来福音

【劇場版 中二病だけど恋がしたい!】


小鳥遊六花・零式(←違っ! に会いに行って来ました!(爆)
劇場版のネタバレを含むので、見てない人は
この記事を見ないことをお勧めします。


さて、感想をば!


う~ん、思ってたのと少し違いましたね。
てっきり、アニメ版のハイライト(総集編)を
六花視点、もしくは六花の独り語りが挿入されながら
見られるのかと思いきや、大半がアニメ版の
使いまわし(六花の独り語りなし)だったのは
ちょ~っと残念でしたね。

でも、忘れてたのもいろいろあったんで
懐かしみながら見れた気もします。

一応、最初の方と最後ら辺にオリジナル要素が
入ってはおりましたけど、ボリュームが
そんなにないので、人によって評価が分かれるところだと思います。


あと、六花ミニの歌と踊りは、なかなかウケました(笑)


いや~、しかし、劇場版を見に行ったら
続編公開のお知らせを見るとは…ストライクウィッチーズの感想でも書きましたけど
俺は劇場版を見に行ったと思ったら、続編と新キャラが出ていた…な、なにを言ってるのか
わからね~と思うが、俺も何を言ってるのかわからね~(笑)って感じでしたね。


富樫勇太は、男でしたね~。
六花の為に、おじいちゃんに土下座して頼んで
一人暮らししてもよいとの承諾を得るとは。

けれど、まさか、それが
六花と二人ぐらしになるとは思いませなんだ(笑)

このまま順調に行くかと思いきや
新キャラ登場で、波乱がありそうな気配。


う~ん、あのまま(妄想でしだけど)結婚して
ハイ、めでたし、めでたし、でもよかったと思うんですけどね~。

また、(アニメ版の)後半のシリアスな展開が繰り返さないことを
願うばかりです。


しかし、劇場版パンフが1300円とか
高いとしか思えなかったですね~。

劇場版 空の境界(未来福音)が1000円でしたから
映画の満足度含めて、どちらか見るなら
空の境界(未来福音)の方をお勧めしますね。


こっち(中二病)は、後でDVDとかBDで見ても
そんなに後悔するようなモノではないと思います。
(でも、第二期始まるとき、見てないと?と思うことがあるかも)



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『劇場版中二病だけど恋がしたい!小鳥遊六花・改)』 {2013/10/18付}】でした!

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 劇場版中二病だけど恋がしたい! 小鳥遊六花・改

『ストライク・ザ・ブラッド(第一話~第二話)』


今期のやや期待はずれ枠(←酷っ!w

う~ん、事前のCMでちょっと面白そうと思って
ちゃんとチェックしてたのだけど、いざ見てみたら
どうにも、イマイチ気がのらないというかなんというか。


まず、世界観。

第四真祖とかの吸血鬼設定などがあるんだが
正直、真祖は月姫でお腹一杯な気がする。

あの感動を超えられる吸血鬼モノには
なかなか出会えない印象。
(別のベクトルで突き抜けてたのは、ヘルシング。 あの狂気な世界観がたまらんかった)

ので、今更、真祖がどうのといっても
自分的には、むしろ魅力減。
(設定があっちこっちの作品で使い古されてしまった感がある)


次に、主人公。

世界最強の第四真祖の力を得ている、というところは
まあ、いいとして、イマイチ感情移入しづらい感じ。

具体的にって言われると困るのだが
なんか、イケてないというか、カッコよくない。

遠野志貴や上条当麻などのヒーローが好きな自分からすると
どうにも、この主人公には感情移入できない感じ。
(彼らにあって、この主人公にない『何か』が足りない)


おまけで、メインヒロイン(姫柊雪菜)。

幼少から吸血鬼殺しの機関で育ったというわりには
お腹が鳴ったぐらいで、戦闘意欲がなえるのはどうかと思う。

人を信じやすいのは、美点ではあるんだけど
特務機関で育った割りに素直過ぎる気が。
(そこが、今回の任務に選ばれたポイントだったりして?)

でも、上記を別とすると
メインヒロインとしては、好きになれそうなタイプ。
{でも、やや魅力が弱い。 名瀬美月様と比べると今期のどのアニメヒロインも魅力負けするね(←オイw}


個人的にだけど、ポニテっ娘の暁凪沙がやや気になるかな。


まあ、期待値が高かった分
辛口になったが、そんなに悪い作品でもないと思う。
(単に、T×2的に、吸血鬼が食傷気味になってきてるだけだろう、多分)


とりあえず、もうしばらく視聴してみて
今後感想書くかどうかを決めようと思う。



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『ストライク・ザ・ブラッド(第一話~第二話)』 {2013/10/16付}】でした~。

続きを読む »

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ

【勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第一話~第二話)】


今期のエロ枠アニメ(爆)

いや、タイトルだけだとそんなイメージはなかったんだけど
見てみたら、溢れるおっぱいとパンツ。

ロマンがいっぱいおっぱい(超爆)


出てくる女の子が、どの子も可愛くて
素晴らしい。


ストーリー的には、『はたらく魔王さま!』の逆パターン。


正直、周りにあんなに美少女(巨乳も美乳も勢ぞろい)だらけな時点で
人生の勝ち組な気がしないでもないんですけど(苦笑)


今後、魔王が復活するかどうかで、シナリオが分岐しそう。


今のところ、一番気になるキャラは主人公のライバルの女の子。
ツンデレっぽくてたまりません(胸はもう少し大きければよかったのだが…)


魔王の娘も、尊大な感じが可愛い。
でも、後半になっていくにつれておとなしくなっていきそうなのが
ちょっと惜しいポイント。


ツンデレなあの娘がデレるまで
僕は見るのをやめない!(要は、視聴決定)


しかし、ああ、しかし。
こっちでも一番のお気に入りの娘と主人公はくっつかなさそうなのが
玉に瑕。


今期は、こんなんばっかし(泣


ところで、魔王を倒した真・勇者様ご一行は、今後でてくるんでしょうか?
{勇者含めて美少女揃いを希望します!}



【東京レイヴンズ(第一話)】


少女漫画チックな少年漫画?

一話見ただけだと、あんまり気乗りがしない感じ。
二話目の展開次第では、感想書くのやめるかも。

でも、キャラ的に気になる娘はいて
「大連寺鈴鹿」と「土御門夏目」の二人のヒロインは
好みかも。

しかし、キャラ愛だけで
作風(ストーリーとか)がイマイチだと
他のアニメに目移りしそう。

とりあえず、次回に期待かな。



【キルラキル(第一話)】

なんだかよくわからんが
B級(もしくはC級?)アニメだということだけは
わかったぜ! なアニメ

見て切ろうかと思って見てみたのだが
想像の斜め上を行くお馬鹿アニメっぷり(褒め言葉)に
…どうしよう、これ? って感じに。

絵柄が好みじゃないが、勢いだけは確かに感じる。

蛇崩乃音は、ちょっとだけ好みではあるけど
ん~、多分、次回か次々回で切ると思う。



と、まあ、今回はこんな感じ。


今期は、他にもチェックしてるアニメが多いので
またいくつか感想をアップできるかも?(できないかも?)


ガールズ&&パンツァーは、TV版の最終話までは視聴完了。
と、いっても、最終決戦は別枠のようなので
それを見てから、感想を改めて書こうかと思っとります。


リトバスも発掘完了。
追いつき次第、今期を見たいところですけど
追いつけるかどうか…。


豊作過ぎるのも、大変ですね!(ぜいたくな悩み)


以上、【アニメ感想 ネタバレ注意! 『勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。(第一話~第二話)』+『東京レイヴンズ(第一話)』+『キルラキル(第一話)』 {2013/10/15付}】でした♪

続きを読む »

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ

【京騒戯画(第二話)】

二話目でようやく、世界観とキャラ設定が出てきて
ようやく、どういう世界のどういうキャラ達が何のために
いるのかがわかってきました。

でも、一話目のあの動きまくるアニメーションを見てるせいか
動きがあんまないと、普通のアニメじゃん、とか
思っちゃいますね(←お前は、このアニメに何を求めてるんだ?w)

いや、あのグリングリン動くアニメーションこそが
この『京騒戯画』の個性だと思ってたもので。
(毎回あんなに動いてたら、アニメーターが大変そうですけど)

あれは、絵の中の世界だったんですね~。

そこに、外から闖入者が入り込んだと…。


コトちゃんは、特務部隊の人だったんですね~。
個人的に、明恵とくっついてくれれば
いうことはないんですけど、その場合
絵から外に出るのか、二人一緒に絵の中に住むのかが
気になりますね。

というか、あの絵、いつまで存在していられるのかな?


とりあえず、しばらく視聴続けることにします。



【境界の彼方(第二話)】

名瀬美月様が好き過ぎて、生きるのが辛い(爆)

ああ、なんて魅力的なヒロインなんだ。
此処最近では、一番好みなのに
メインヒロインじゃないなんてあんまりだ!(血涙
{戦場ヶ原様以上の逸材です、ハイw}

ゲーム版でも、いいから
名瀬美月様ルート、はよ!!


と、思ったかどうかはさておき(←さておくのかよっ!w
ストーリーとしては、まあまあ? なアニメ

今のところは、そんなにストーリーというか
世界観に惹きつけられるものはないけど
キャラ愛と、京アニ補正による期待値で
今後も視聴決定。


萌えるのとは違うけど、主人公の母親は
良いキャラしてるな~と思った(超爆)


キャラ愛に関していえば、メインヒロインの
栗山未来は、もう少し魅力を高めてくれないと
作品への没入感が増さないと思う。

他のキャラに魅力負けしてるので
今後に期待したいどころではありますね。


あ、そうそう、前回
『中二病よりは絵柄が普通よりになった気がするので~』
と書きましたけど、別に中二病の絵柄に不満があったわけではなく
単に、いつも同じ絵柄だと飽きそう、っていうお話です。

中二病でも恋がしたい! 自体は好きなアニメなので
誤解なきよう。



【<物語>シリーズ セカンドシーズン(第十五話)】


西尾維新節は健在なり!

見事に予想と期待を裏切ってくれました!!(爆)


やっぱり、『めだかボックス』はジャンプ補正が
かかってたんですね~。

こっちは、無茶ダークだよ(白目


そして、ドス黒いヒロイン爆誕!

偽物語で、ちょっと黒い? なんて思ってた
自分が甘かった。

超・黒い(チェインバー風w


ブラック羽川ならぬ、ブラック撫子。


ツンデレの次のヤンデレの次ぐらいに
黒い娘が好きなT×2大歓喜!(大歓喜は冗談ですけどw
{まあ、黒い娘が好きっていっても、主人公を手に入れるために黒さを発揮する場合という条件は付きますが}


しかし、殺しにきたとか言いつつ
なぜ、怪異殺しの刀で武装することなく
忍に限界まで血を吸わせることもなく
千石撫子の前に立ったのか?


戦場ヶ原の電話は、偶然なのか?
あの取引までが、全て策略の内だったのか?
(あるいは、羽川翼が読んだのか?)

気になることはいくつもありますけど
なでこメデューサの最終話で、ハッピーエンドになることを
期待してますので、次回が楽しみです。
(まだ裏切られるかもしれませんがw)

半年あれば、なんとかなるよね?


今から思えば、月火ちゃんはこの黒さを
感知して、厳しい物言いをしたのかも。
(忍の方は、全てお見通しだったみたいだけど)


と、まあ、感想はこんな感じ。



以上、【アニメ感想 ネタバレ注意! 『京騒戯画(第二話)』+『境界の彼方(第二話)』+『<物語>シリーズセカンドシーズン(第十五話)』 {2013/10/14付}】でした。

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ

アニメ感想、始まるよ~。
(二作品だけだけどなw)


【ミス・モノクローム】

これは、良い。
今期の隠れた名作に、T×2は推薦します!(笑)

ミス・モノクロームのキャラが
凄く可愛くて面白い。

5分アニメと侮るなかれ
短いからこそ、サクッと見れるのも
このアニメの美点。

全財産を失って、コンビニ店員からスタートしたヒロインは
コンビニの仕事をこなしつつ、マネージャにアイドルの仕事を
とってきてもらって、細々と活躍するのでした。

いつか、夢で見た彼女との出会いを目指して。


動力源は、なんと単三電池一個。
どんだけ燃費のいいアンドロイドだよっ! と
思わず、突っ込みを入れたくなりますね♪

今は、貧乏で普段はマンガン電池で稼動してるけど
ちょっと贅沢して、アルカリ電池にしてみたり、なんて
泣かせる話じゃぁ~ございませんか!(むしろ笑え…ゲフンゲフンw)


しかし、なんと、今回は
ミス・モノクロームの唯一の家族
掃除機の形をしたルーちゃんが
あの世に逝ってしまうのでした! よよよ(涙


いや、普通に電池切れじゃね? と思ったんですけど
そういう突っ込みは野暮ってもんさーね(笑)

来週あたり、ひょっこり復活してたら
笑え…いや、感動で涙しそうですよねっ!(爆)


ニコニコ動画やバンダイチャンネルでも見れるらしいので
見ていない方には、お勧めしときます♪


来週も、楽しみだなー(棒読み



【ガールズ&パンツァー】

戦車道は乙女の嗜み。
男に戦車は似合わない…どんな世界観だよっ!(爆)

もう、これだけで視聴決定です。

以前、放送で一話目を見逃して見てなかったけど
これは、なかなか面白い気がしてきましたよ~。

うん、世間で流行るだけのことはありますね。


というか、よく死人が出ませんね。
ペイント弾か? いや、例えペイント弾でも
人に当たったら死ぬよな~。


なんて、冒頭の演習(?)を見て思ったり。


個人的に会長が好みなんで、彼女の活躍を
期待したいどころ。

一話以外は、録画してたので
纏めて全部見るのもいいかもしれませんね~。

どうしよかな~。

なんにせよ、次回以降が楽しみです♪


パンツァー・フォー!



あ、そうそう、ニコニコ動画で
19日に、【「まどか☆マギカ」TV版】
一挙放送するみたいです。

東京MXでも、再放送が始まってますが
これを機会に、貴方も僕と契約して魔法少女になってよ!(爆)

まあ、冗談はおいといて
今日やる、『翠星のガルガンティア』と共に
T×2が推薦する名作アニメなので
見て損はしませんよ!
(責任はとれませんけどねw)


以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『ミス・モノクローム』+『ガールズ&パンツァー』 {2013/10/10付}】でした♪

続きを読む »

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ

さすが、西尾維新先生!
おれたちにできない事を平然とやってのけるッ

そこにシビれる!あこがれるゥ!


みたいな回(爆)


なんというか、俺は絶対他の作家と同じことはしないぜ! って感じが
ビシバシ伝わってくるようです。

斜め上を見ているというか、天邪鬼というか
それでいて、人間が好きな感じがするというか。

天才と言うより、奇才と言うべき?


まあ、予想どころか、時には期待すら裏切るところは
天邪鬼っぽいというか、西尾維新先生らしく
それで、離れるファンもいるようですけど
今のどころは、自分的に許容範囲内ですかね。
(一時的に期待を裏切っても、最後ら辺で帳尻をあわせてくれるし)

オドオドイジイジしてる千石撫子も可愛くて好きだけど
今回登場したワイルドな千石撫子の方が、お兄ちゃんは好みです(超爆)

うん、可愛い撫子ちゃんもいいけど
このワイルドな撫子ちゃんには、ゾクゾクします(←変態だぁ!w


人生と学校生活は終焉を迎えたとか言ってるけど
多分、こんかいの事件が上手く解決できて
学校に戻った暁には、クラスのヒーロー(ヒロイン)になってんじゃなかろうか。

変に自分を押し殺すより、素を晒した方が
好感を持たれ易いというか。


エロ本に大事なお札挟んでるとは、阿良々木さんぱねぇす!(笑)


次回はいよいよ最終回…かな?
ハッピーエンドを期待してます!



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『<物語>シリーズセカンドシーズン(第十四話)』 {2013/10/08付}】でした♪

続きを読む »

テーマ : 〈物語〉シリーズ セカンドシーズン - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ <物語>シリーズセカンドシーズン

ようやく、十月開始アニメをポチポチ見始められてきたので
感想をば。


【ミス・モノクローム】

こいつは面白い悪寒…じゃなかった予感がしてきましたよ!(爆)

5分アニメなのであんまり期待してなかったのですけど
絵が好みで、一応チェックしといてよかったです。

堀江 由衣の声を初音ミク風にしてるのも
いい感じです。

しかし、初っ端から人に騙されて全財産(193億)を失い
路頭に迷って、コンビニ店員からスタートとか
設定がぶっとび過ぎてて、面白い。

いらっしゃーせー(笑)

はたらく魔王さまでもこんな台詞あったような…。


最終回がどうなるか、今から楽しみですね♪


【境界の彼方】


冒頭がぶっ飛んでるアニメ

いきなり、ヒロインに主人公が刺されるとか
なかなか衝撃度がありますな。
(自分は月姫のヒロイン十七分割を経験してるので、そうでもないですけど)

絵柄から、一発で京アニとわかったけど
けいおん以来、なんか絵柄がおんなじ感じなのは
もう、京アニの作風はこれで固定なのかな?
(以前友人がふざけて、おんなじのしか書けないんじゃないか? とか言ってたけど)

でも、中二病よりは
絵柄が普通よりになった気がするので
まあ、問題はない感じですけど。


死なないのは、剣の効果なのかヒロインの能力なのか主人公の能力か? などと
疑問に思ったが、本編の前にCMでネタバレしてましたね。

なんか、毎回、書いてる気がするのだが
CMで本編のネタバレはマジでやめてほしい。

うっかり、CMを飛ばすことを忘れるんですよね~。
それに、場合によって、出だしではなく中盤とか後半に飛ぶので
これまた、先を知ってしまうし。

まあ、どうしようもないか。


閑話休題。


不死身で、痛覚は感じるのに死ねないって
シエル先輩みたいだな~なんて思ったり。

最後ら辺で、不死身じゃなくなるとか
だろうか?


メインヒロインがよく食べるのは
もはや、現代のアニメの伝統のようで
今回のアニメでもバリバリよく食べますな。


最初の頃は、よかったんですけど
最近は、あ~まだよく食べるヒロインか~て感じで
少々、食傷気味。


なんかで、作中のキャラの食事シーンは
生感(共感というべき?)を出して、生き生きと見せる為、みたいな
話を見たことがあった気もするけど、だからといって
どの作品でも、バリバリ食いまくるのを見てると
あきてきますね、ハイ。
(まあ、自分が見る作品がたまたま重なってるだけかもしれませんけど)


まあ、いろいろ書きましたが
京アニだし、面白そうだし
名瀬美月がめちゃ好みなんで
視聴決定です。

惜しむらくは、メインヒロインんじゃないので
名瀬美月と主人公が付き合うことは
なさそうなのが、非常に残念。

残念といえば、メインヒロイン栗山未来が
自分のブログとツイッターで炎上してて
残念な人とかツイートされててウケてしまいましたね~(笑)


アニメのタイトルだけ見て、あんま見る気がしなかったですけど
録画しといてよかったです。

これだから、とりあえず録画はやめられませんな。
(でも、お陰でHDDの容量を圧迫するんですけど)


次回も、面白いことを期待します。



【京騒戯画】

なんだかよくわからんが
凄いということだけはわかったぜ、な
アニメ。

世界観は、八百万っぽいんだけど
作中で、説明がほどんどないので
一話見ただけだと、よくわからんアニメですな。

でも、色彩豊かで、よく動くから
見てていい感じではあるんですけど。
(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』とは真逆)

しかし、それだけだと飽きる
他にも興味をひきつけるものや
シナリオの妙味を見せてくれないと
感想を継続して書くかどうかは微妙。


釘宮さんにしては、いつもと違ったキャラな印象。
(良い意味で)


まあ、今後に期待したいアニメです。
(コトは、ちょと好みだから、その辺も含めて期待したい)




とまあ、感想はこんな感じ。

他にも、いくつか注目してるアニメはありますが
見れて、後一つか二つかな~。

リトバスは、半分しか見てなかったから
今作はみれないんですよね~。
(焼いたBDがどっかいって見つからないし)


最初は、今期はそんなに豊作じゃないかな? なんて思ったけど
普通に豊作だった。

な、なにを言ってるのかわからね~と思うが、俺も何を言ってるのかわからね~(←オイw


まあ、突き抜けたのはない印象(強いて言えば京騒戯画)なので
地味に楽しんでいこうと思っとります。



以上、【2013年10月期アニメ感想 ネタバレ注意! {2013/10/07付}】でした!

続きを読む »

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ

【ロウきゅーぶ! SS(第六話~第十二話)】


最終回まで見ました~。

エンディングとしては、なかなかのモノでは
なかったでしょうか?

まさか、またパンツを返しに行くイベント(第六話)が
あるとは思いませんでしたけどw
(あそこが、ロウきゅーぶ!SSで一番笑えたところかもしれません)

三沢真帆が怪我して退場したとき
この後、テーピングをガチガチに巻いて
「他のみんなには言わないで!」なんて言って
再出場したら、スラムダンクだな~なんて思ったり(爆)
{まあ、あの場面じゃ隠しようがないですけど}

そんな不安?をよそに、再出場で
なんの問題もなく活躍する三沢真帆。

みんなに見えないどころで痛みを我慢しながら
プレイしてたら、もっと熱血スポ根だったのに、なんて
思ったり(超爆)

結果は、僅差でやぶれましたけど
実に、いい勝負でしたね~。
(作中で、小学生のレベルじゃね~とか言ってて、何を今更って感じでしたけどw)

でも、試合後にみんなで泣いてしまったところなんかは
なかなかジーンときましたね。

うん、実にいいスポーツアニメだった!(←アレ? ロリコンアニメじゃなかったっけ?w)


最後ら辺は全員(六年生)中学生に進級してましたけど
これで、見る対象外になるお兄ちゃん達がどれだけいるんだろう?とか
ニヤニヤしながら見ておりました(笑)


原作が続いてるってことは、中学生編もあるってことですよね?

まったく中学生は最高だぜ! な~んて台詞が
そのうち聞けるようになるんだろうか?(爆)


そうじて、第一期より笑えて燃えてうるっとくるような
展開で、そこそこ楽しめました!


第三期も頑張って下さい!(←オイw



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『ロウきゅーぶ! SS(第六話~第十二話)』 {2013/10/04付}』でした♪

続きを読む »

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ

 | ホーム |