dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


艦これやって、幾星霜(大袈裟)

ようやく、4-3を突破できました。
いや~、しんどかった。

何がしんどいかって、戦力的には十二分に突破できそうな海域で
羅針盤娘に嫌われまくって、ボスに辿り着けず
直前で、あっちへほい、こっちへほいされて
もう、フラストレーション貯まりまくって
危うく、艦これをやる気力が全て喪失するところでしたわ~(溜息)

あと、途中、潜水艦がちょこまかとでまくるので
駆逐艦一隻だと倒しきれないし、航空戦艦一隻追加したぐらいでは
あんまり効果がない。

しかし、ボス戦考えると、軽巡とか駆逐艦を二隻以上
入れるのはしんどい。

空母は、ところところ敵正規空母がでてくるせいで
こちらも、正規空母を二隻用意しないと対抗できないから
潜水艦に攻撃できる軽空母を入れることができない。

いや~、あちらを立てればこちらが立たず。
帯に短し襷に長し(意味不明)

羅針盤以外にもフラストレーション貯まる要素一杯で
こんなに、うらめしいと思ったことは初めてかもしれませんね~。

実際、それまでは、戦艦3隻駆逐艦一隻空母2隻の力押しで
突破できてただけに、アレコレ考えながらいじるのは
ちょっと面倒でした。

途中、重巡を入れないと辿り着けないのか? とも思いましたが
そんなことはなかったのは、助かりましたね。

耐久力という面で、戦艦に及ばない重巡では
途中で、レッドカードくらいそうになるのと
潜水艦相手だと無力なので、あんまり連れていきたくなかったんですよね~。

火力だけなら、強化した足柄さんなどは戦艦クラスですけど
それでも、耐久力面での不安がありますし。

後、うちのぜかましちゃん、雷装が84あるけど
昼の魚雷じゃ、敵に一ポイントのダメージとか出て
駄目だこりゃ、酸素魚雷積んでこれでは
昼の戦力としてはまったく期待できない、などと思うしまつ。

雷装値? …知らない子ですね(爆)

まあ、でも、なんというか榛名のときもそう
ぜかましちゃんのときもそうだったのですが
ギリギリのところで、ゲットできたりクリアできたりして
限界スレスレのところで、やる気を失わずにすんでるのは
余程、システムが優秀なのか、運営が優秀なんですかね~。

とりあえず、これで、無駄に資源を消費するのを控えることが
出来そうで何よりです。

夏イベントでは、空母が重要とかで
ちょうど、正規空母がもう一~二隻ほしかった(現在三隻)ので
デイリーを全部、空母レシピでまわしたところ
一隻もこないという、ちょっと前の榛名状態をまだ味わっています。

もう、どうしてくれようかしら…。

それと、徹甲弾も必要になりそうってことで
いつものように46cm三連装砲を回してたら
もう一個出てきたので、二隻につけられそうですが
ウチは外れ率高めなので、これ以上出るかどうか…ってところですねい。

というか、ウチの資源量で夏イベ突破できるんですかね~?
バケツが、4-3クリアで消費が減ったことで、少し為って今
56ぐらいですが、少なくとも、100は必要な予感…。

後、3-2も未クリアですが、駆逐艦オンリーなので
バケツがかなり消耗することを考えると
攻略を見合わせて、夏イベントに資源まわした方がよいかも、ですな~。


まあ、なんにせよ、突破できてよかったです(まる)


+αですが、漫画『とある科学の超電磁砲』の最新刊(10巻)読みました~。

いや~、自分の大好きな、食蜂操祈のデレ顔が見れたのは
よかったですけど、今のところ、上条さんに意識されてなくて
ヒロイン戦線に異常なし状態なのが、個人的には不安でありまする。

とある科学のメインヒロインは御坂美琴ですから
仕方ないといえば仕方ないんですけどね~。

しかし、彼女も、自分の好きな属性
ツンデレだというのに、食蜂操祈の方が好きななのはなんでだろ?


胸か、胸がええんか!?(どこかから、電撃を浴びることになるT×2w)


どう見ても、御坂美琴とくっつきそうですけど
個人的には、食蜂操祈エンドというウルトラCが起きるのを期待して
今後も読み続けたいと思います(プロットの段階からねぇよという声が聞こえた気がするのは無視です無視)


とある魔術の方は、かなり前に、新約6巻ぐらいまで読んでストップ中。

科学の方じゃ、御坂美琴と食蜂操祈ぐらいしかフラグが立ってませんが
とある魔術の方の上条さんは、フラグを立てまくりで

インデックス? 何それ、おいしいの?
姫神 秋沙? …知らない子ですね(超爆)

になってるのが、なんだかな~と。

まあ、とある魔術でも、一押しは食蜂操祈なんですけどね!(笑)

いや~、ヒロインの登場の多さという意味では
『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』も真っ青なレベルですからね~。
上条さんがうらやましすぎです。
(まあ、毎回、死にそうになってますけど)

『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』は、キャラがそろそろ打ち止めしそうですけど
とある魔術の登場キャラは、シナリオがまだまだ続きそうなことを考えても
まだまだ増えまくりそうですからね~。

どこまで増えるか、ギネスに挑戦だ!(意味不明w)


あんまり、続きすぎて、読むのがしんどいんで
そろそろ、ゴールが見えてきてもいいと思うんだ(爆)


と、まあ、+αはこんな感じ。


君も、僕と一緒に、食蜂操祈様を崇める会に
入ろうよ! きっと、幸せになれるよ!(洗脳された目w)


以上、艦これ日記 ~4-3突破! でも資源が激減 orz~ +α {2014/07/29付}】でした♪

続きを読む »

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~ - ジャンル : オンラインゲーム

tag : 艦これ とある魔術 とある科学 とある科学の超電磁砲

ども~、久しぶりの艦これ日記です。

な、なんと、ウチの艦隊に榛名ちゃんが来てくれました!
うう、長かったよ~。

ちなみに、建造でゲットできました。

デイリーの建造を、全て、戦艦レシピで回しまくりましたからね~。

創作の為、艦これの出撃を控えてたので、資源が余り気味だったとはいえ
出るまでに、時間がかかりました。

というか、戦艦自体なかなか出ませんでしたが
なんとか、出てくれてよかったです。

ようやく、第四艦隊が開放され遠征が捗ります。

資源不足で、長期(40時間以上)の任務ができてなかったのですけど
早速、重巡を入れて、遠征に出し無事帰ってまいりました。

次は、80時間達成任務を目標にしたいと思います。


他には、46cm連装砲が一つ出ました!
司令部レベル60で、ようやく一つです。
(ちなみに、旗艦は長門改でした)

これで、主力艦には41cm連装砲が行き渡り始めて
いい感じになってきました。

ちなみに、長門が改になったのと、長門一隻を近代改修したので
41cmが少し余ったおかげですね~。

やっぱり榛名は幸運のマイエンジェル(以下略w

それと、今回ではないんですが、紫電改二も一つ出てたので
可愛い軽空母の、龍驤ちゃんにつけてあげました♪

もっと、沢山出てくれると、他の軽空母ちゃん達にも御裾分けできるんですがね~。
むむ、やはり、レア率高めです。

烈風はかなりほしいんですが、未だに一つも手に入ってないんですよね。
司令部レベルがまだ足りてないんでしょうか…。

後、潜水艦娘がもう何隻かほしいので
どちらにしろ、レベル上げが必要ですな。

戦艦大和もほしいんですが、夏イベント用にとっておくべきか
大型建造するべきかで迷ってます。
(今、各資源12000代で、最大値が15750ですからね~、微妙なところです)

武蔵が建造できるようになったことで
逆に、難易度が上がったのは、個人的には残念でしたけど(超爆)

ケッコンカッコカリなんて、遥か先ですわ~。


まあ、コツコツやっていくしかないんですけどね~。


と、まあ、こんな感じです。



以上、艦これ日記 ~榛名がキター!~{2014/07/27付}】でした!

続きを読む »

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~ - ジャンル : オンラインゲーム

tag : 艦これ 艦隊これくしょん

- 功夫 -

 入門から一ヶ月、ミンレイの修行は続いていた。

 「はいはい、もっと腰を入れて、重心がぶれないようにね~」
 「ハイッ!  ヤッ! ハッ! アッ…イタッ!!」

 次々と繰り出されるミンレイの拳を
バシッバシッと受け止めつつ、甘い拳打は
容赦なくはたき落とし、その時、重心がぶれたら
追撃で、おでこに裏拳を食らわせるリンマオ。

 手加減はしてるようだが、これが、かなり痛い。

 少し涙目になりながらも
拳撃を止めることはない。

 ミンレイの拳を全て捌きながら
ふむ、根性はなかなか、などと
リンマオは思う。

 そして、一日の稽古が終わる。

 「ありがとうございました!」

 弟弟子達が、それぞれ、姉弟子に挨拶して
宿舎に帰っていくなか、リンマオは
ちょっと、気になったことがあったのでミンレイを呼び止める。

 「はい、なんでしょう」
 「あのさ、ちょっと気になったんだけど、あなた
 目上の人と同年以下の人に対する話し方が違うよね?」
 「ちょっと気になったので、理由を教えてほしいんだけど」

 そう、ミンレイは、目上の者に対しては普通に礼儀正しく話すのだが
同年代以下の人間に対しては、男言葉、というより
妙な話し方になるのである。

 そのことで、他の弟子からからかわれることがままあって
それを見たリンマオは、ちょっと気になったのである。

 「見ておられましたか。 恥ずかしいお話ですが…」

 と、ミンレイはわけを話し始めた。


 なんでも、ここに来る前、修行に行き詰ってどうしようもなくなったときに
ふと、尊敬していた父親の真似を始めたというのである。

 自分より強い人の真似をすれば、自分も強くなれるのではないかという
子供ながらの考えからだったのだが、それが癖になってしまったそうだ。

 「でも、目上の人に対しては、普通に話せてるよね? それはどうしてなの?」
 「一度、父の客人の前でも、そういう話し方になったときがありまして」
 「その時、父にこっぴどく叱られ、それで、目上の方には
 以後、ちゃんと話すように気をつけるようになりました」
 「なるほどね~」
 「やっぱり、この話し方、なおしたほうがよいでしょうか?」
 「うん? 別にいいんじゃない? 一種の模倣でしょう?
模倣は武術の基本だしね~」
 「目上の人に対する礼儀を守る限り、問題はないだろうし
それはそれで、ミンレイの個性だしね」
 「…個性なんて言って頂けたのは、初めてです。 ありがとうございます」



 ―半年がたった。

 基礎を一通りやりなおし、いよいよ本格的に
修行が始まる。

 「半年、見てきたけど、どうやら君の課題は気の練り方みたいだね~」
 「気の練り方ですか」
 「そう。 ミンレイ、気とは何?」
 「はい。 気とは、肉体から生成される力の一種です」
 「その通り。 武術において、気の発見は革命に等しくそれまでの概念を覆すことになった」
 「特に、私達女性の武術家にとっては福音だった。 
 何せそれまでは、女性は男性には勝てないとされていたのが
 気の生成量と練り方次第では、女性でも男性を真正面から打ち倒すことが不可能ではなくなった」
 「故に、気の操作法は、武術の中でも特に重要とされているわけ」
 「で、見たところ、ミンレイは気の生成が上手くいってないようなのよね~」
 「なので、今後の方針としては、気の練り方を中心にやってもらおうと思うの」
 「はい、わかりました。 よろしくお願いします」

 「じゃ、そこに立って」
 「はい」

 リンマオは手のひらの指先をミンレイの額に当てると
気を練り始める。

 「口で言うより体感した方が早いわ。 はぁぁぁあ!」

 言うが早いか、リンマオは気の生成と気の流れを
ミンレイに、直接体験させる。

 それは、目に見えない力の流れ。
熱量といってもよい。

 ミンレイは、あまりの力の流れに
驚き、咄嗟に、後ろに下がってしまう。

 しかし、離れた後も、額を通して自分の体に流れ込んだ
力の奔流に、翻弄されていた。

 「こ、これが、本物の気の力」
 「まあ、他人の気は異物みたいなものだから、自分のモノにはできないけど
 それでも、よく練られた気がどんなものか、体験することで気に対する理解も深まるでしょう、多分」
 「…多分?」
 「細かいことを気にしちゃいけません」

 この日から、本格的な「武術」の修行が始まった。



 ――そして、一年がたった。

 懸命に修行を続けるミンレイだったが、残念なことに
まだまだ他の弟子に追いつけていない。

 同年代の弟子の中には、そんなミンレイを落ちこぼれ呼ばわりするものも
いるほどである。


 しかし、姉弟子の見方は違っていた。

 なるほど、確かに、ミンレイの成長スピードは他の弟子達よりも
遅めといえる。

 しかし、少しずつでも成長していることと、成長してないことには
天と地の差がある。


 何より、ミンレイには、同年代の弟子達にはない美点があった。

 一つ、ミンレイは姉弟子のやり方ににまったく不満をもらすことがなかった。

 たまに、弟子の中に真面目に取り組まないものがいると
連帯責任で、修行項目を増やすことがままあり
根性論者なところがある、リンマオだが
ミンレイは、まだ入門して一年しかたってないにも関わらず
一度も不満をもらすこともなく、ただ黙々と課題をこなすことに集中していたのである。


 二つ、目上だけではなく、目下に対しても教えを乞うときは頭を下げることができた。

 これは、他の弟子にはないミンレイの特徴だった。
 自分よりも年下の者に対しても、学ぶものがあると思ったら
ミンレイは頭を下げて教えを乞うのである。

 目上に対しても、目下にたいしても、彼女は礼を失することがなかった。

 同年代の弟子の一部からは、落ちこぼれ扱いされもするミンレイだが
上記のことと、面倒見の良さから、年下の者には
好かれることが多かった。

 大袈裟かもしれないが、彼女には将の才があるのかもしれない、と
リンマオは思うこともあった。


 三つ、これが一番重要なことだが、ミンレイには努力の才がある。

 コツを掴むのが遅めで、それ故に、なかなか皆に追いつけないでいるミンレイだが
人一倍、努力することができ、修行が終わった後も
自主練を怠ることはなかった。

 また、わからないことがあれば、すぐに姉弟子や他の弟子に聞く事を躊躇わず
わからないままに、適当にこなすということがなかった。

 これは、フェイレンという高い目標に追いつくことを目的としているせいもあるのかもしれない。


 等々、美点のあるこの弟子を、リンマオは他の弟子の手前
贔屓することはしなかったが、内心では評価していたのである。


 しかし、ミンレイは、落ちこぼれ扱いされてることも
自分が未だに、皆に追いつけないでいることも自覚し
顔にはなるべく出さないよう努力しながらも、心の中では落ち込んでいた。


 ある日の、修業が終わった夕方。
 ミンレイは、自主練をしていた姉弟子のリンマオに
相談を持ちかけた。

 「自分には武術の才能がないのでしょうか?」
 「武術の才能ねぇ~。 それって、ひょっとして落ちこぼれとか言われてることを気にしてなの?」
 「はい」

 ミンレイは力なく、返事をする。

 「入門してから一年しかたってないのに、才能あるかどうかなんてわからないって。 でも、そうだな…」
 「実は、あたしも、入門したての頃は落ちこぼれなんて言われてた時期があるのよね~」
 「リンマオさんがですか!?」
 「うん、ここに来る前、地元の町の道場で同年代では一番になってね。 
 推薦してもらって、ここに来たのだけど
 最初の頃はみんなについていけなくて、さすがにへこんだわ」
 「そんなことが…」
 「で、そんな自分に落ちこぼれなんて言う奴もいて悔しくて、悔しくてさ。 
 ある日、半年で、あいつらを追い越してやろうと決意して猛特訓よ。 
 そして、今じゃ、師範代候補の一人。 あたしを落ちこぼれと言うやつはいなくなったわ」
 「凄い! …私も、そうなれるでしょうか?」
 「さあ? 自分を信じれない奴は何をやっても無理なんじゃない?」
 「……」
 「そもそも、君が目指してるのは、そんな奴らじゃないでしょ? フェイレンじゃなかったの?」
 「はい、そうです」
 「なら、こんなところで、へこたれてる場合じゃないって。 フェイレンは、今この瞬間も強くなっていってるんだよ?」

 また、無言になるミンレイ。
 俯き加減だが、握った拳に力が入る。

 「初心忘れるべからず。 あなたの目標はまだ生きている? ここで終わりにする?」
 「…いえ、私が間違ってました。 彼女を目指して、これからも頑張りたいと思います」
 「うん、いい表情ね。 他にも弟子がいるから、あなただけを贔屓にするわけにはいかないけど
 合同修行の終わった後の、自主練のときなら、もうちょっとだけミンレイの修行に付き合ってあげる」
 「?! ありがとうございます! どうぞ、よろしくお願いします!」


 ここからの、ミンレイの成長ぶりはめざましいものがあった。

 良い師に巡り合えたのもあろうが、三ヶ月を過ぎる頃には
皆に追いつき、もう一年が過ぎる頃には、リンマオの弟弟子の中で
一番になっていたのである。

 全てにおいて、順調に進んでるかに思えたミンレイであったが
青天の霹靂は、突然、訪れる。


 ――ミンレイの憧れの人、フェイレンが家出をしたのである。

続きを読む »

テーマ : ショートショート - ジャンル : 小説・文学

前回の記事から、二日もたってないのに
記事更新とは、すわ、榛名が来たのか!? と
思われた方もいらっしゃるかもしれませんが
そういう意味では、残念ながら来ておりませぬ(爆)

しかし、な、なんと
建造で、雪風ちゃんが来てくれましたー!

ヒュー♪ ドンドン♪ パフパフー♪

いつもの、デイリー建造で、どうせいつもと同じく
重複するんでしょ? ハイハイ、と、思いながら
ポンポン建造してたら、24分と
表示されて、は!? 潜水艦?
しかし、建造で来る潜水艦娘は全て揃ってるしな~(大型建造のまるゆとかは別)と
思ったものの、ひょっとして、と思い
建造レシピを見たところ、な、なんと
陽炎型(陽炎・不知火・黒潮・雪風)、と、あるではないですか!?
…し、しかし、陽炎・不知火・黒潮(既にお迎え済み)の可能性もあ、あるし、などと
考えながらも、建造終了が待てず、高速建造ボタンをクリックしてみたら
なんということでしょう! 雪風ちゃんが来てくれたではありませんか!

いや~、生きてると良いことあるもんですね~(大袈裟w

ひとしきり、喜んだ後、なぜか天津風のページを見て
え? この娘、ドロップも建造もできんの? と思って
がっくりきたのは、此処だけの秘密です(笑)
{以前も、同じこと書いた気もしますが}

ま、まあ、気を取り直して
これから、雪風ちゃんを育成し
ぜかましちゃんと、ぽいぽい娘と一緒に強化して
3-2の海域を突破できるようにしたいですね。


そうそう、話は変わりますが、アニメでは
「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」を
最新話(15話)まで、見ました。

まあまあ、ですかね~。

見てない間に、てっきり
ポルナレフの名台詞のところまで
やってるのかと思いましたが、意外と進んでませんでしたね。

な、何を言ってるのかわからねーと思うが、ってところが出てくるのを
楽しみに、継続視聴したいと思います。


漫画では、『艦隊これくしょん -艦これ- 4コマコミック 吹雪、がんばります!』を
二巻まで読みました。

WEBで、無料公開されてるものは既に読んでましたが
やっぱり面白いですね。

事実にまつわるネタを上手く絡めてるセンスの良さには脱帽しますが(大袈裟w
それ以上に、フリーザ様の変身ネタがあったのが
個人的には、一番ウケたネタでした(爆)


と、まあ、今回の記事はこんな感じ。


以上、艦これ日記 {2014/07/14付}】でした~♪

続きを読む »

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~ - ジャンル : オンラインゲーム

tag : 艦これ 艦隊これくしょん

榛名ー! 早く、来てくれーー!(クリリン風w


前回の記事から、一週間がたとうとしてるのですが
榛名が来てくれません(苦笑)

そうそう、榛名といえば、「空のキャンバス」の
赤城 榛名が思い出されます。

ポニーテールでツンデレ。

自分のポニテ&ツンデレ好きは彼女が原点かも、とは
何度か書いてますな。

ちなみに、艦これやる前は、長門といえば
「涼宮ハルヒの憂鬱」の長門 有希が真っ先に思い浮かんでたので
ツイッター上で、長門、長門、とイラストタイトルが上がってくるたび
長門 有希を期待して、戦艦長門を見て期待を裏切られる、ということが
何度かあった気がします。

今でも、長門と聞くと、長門 有希だろう~といいたくなったりしますが(爆)

閑話休題。


さて、榛名がこない間に
金剛、霧島、比叡が、それぞれ改になり
ドロップで、金剛×2、霧島、比叡、伊勢、日向、扶桑、山城が
出てまいりました。
(この他にも、いろいろドロップしてますが、全部ウチにいる艦娘という…)

これだけやっても、榛名が出ないのはどうしてなんでしょうか…。

ああ、榛名、君は何故榛名なの…(意味不明)


ふう、まあ、ぜかましちゃんのときみたいに
諦める頃に、出てくるんじゃないかと
思っとります(苦笑)

ちなみに、主砲の開発は失敗しまくりで
弾薬が不足しまくって、しょうがなく
艦載機レシピを回したら、彗星一二型甲が一つか二つ
流星が一つか二つと、彗星が二つか三つ、零戦が複数、偵察機複数
後は、失敗って感じです。

加賀さんだと、なぜか旧式が出やすくなるので
艦載機レシピを回すときは、赤城さんに旗艦になってもらってます。

彗星が余ってきたのですが、空母には全て彗星以上がついてるので
使いどころがありませぬ。

まあ、爆撃機は出るだけマシだと思われ
攻撃機は、流星改がほしいのですが、流星すらなかなかでないという…。

戦闘機は、正規空母は全部、紫電改二になってますが
それ以来、零戦ぐらいしか出てこなくて、軽空母までは
行き渡らないのが、もどかしく感じますね~。

可愛いコンプレックス娘、龍驤にも
早く、紫電改二以上の戦闘機を付けてあげたいですね~。


と、まあ、艦隊これくしょんの近況はこんな感じ。


後、ハヤテ40、41巻をそれぞれ読みました。
(漫画読むのも久しぶりで、ようやく、少しだけ回復できたような気がしないでもありませんな)

個人的には、そろそろ、エンディングに近づいてくれると
いいのですが、これ以上続くと、読むのを諦めるかもしれません。

基本、作品が続きすぎると、追いきれなくなるので。
(ナルトとか、ブリーチとか、ワンピースとか)

以前も何度か書いてますが、「ゼロの使い魔」や「えむえむっ!」みたいに
作品が完結しない恐れもあるので、適度などころで完結してほしい、というのは
ありますね。

終わらなかった物語は、哀しくなるだけですから。

『BASTARD!! -暗黒の破壊神-』とかも、自分が生きてるうちに
完結させてほしい作品ではありますが、どうなるやら。

と、+αは、こんな感じで。


以上、艦これ日記 {2014/07/12付}】でした~。

続きを読む »

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~ - ジャンル : オンラインゲーム

tag : 艦これ 艦隊これくしょん

ぜかまし「わたしはたぶん五人目だと思うから」


お前はぜかましちゃんが来る度にこの台詞を書くのかと小一時間…(以下略)


ども~、T×2デース!
な、なんと、金剛さんもウチの艦隊に来てくれました~。

ぜかましちゃん、四人目が来てすぐたった感じなので
やっぱり、ぜかましちゃんは、幸運のマイエンジェルだぜ!

きっと、自分はぜかましちゃんに好かれてるんだ!(←勘違いw

などと、舞い上がった次第(笑)

これで、あとは榛名ちゃんだけだぜ~! と息巻いていたら
なんと、ぜかましちゃん、五人目が来たという…え? って感じに(苦笑)

当日中に二人目、通算では五人目がくるとか
宇宙の法則でも乱れてるのか? なんて思ったり(爆)

ウチの、ぜかましちゃんの出現率は高めなのでしょうかね~。

まあ、好きなキャラなのでよいですが。


と、とにかく、後一人です!
後一人で、第四艦隊開放、高速戦艦四隻が揃うわけです。


ここまで、比較的、幸運が続いてますが
最後の一人が現れるまで、何日かかるか…。


まあ、あんまり気負わずに
プレイしたいと思います。



以上、艦これ日記 {2014/07/07付}】でした♪

続きを読む »

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~ - ジャンル : オンラインゲーム

tag : 艦隊これくしょん 艦これ

ども~、いつもお馴染みT×2です。

なんとか、「マンガ家さんとアシスタントさんと」を全話見終えることが
できましたので、感想をば!

いや~、久しぶりのまとまったアニメ感想です。
一時は、ブログ村の登録を「アニメ」から「ゲーム」に変更しようか
真剣に悩みましたが、とりあえず、両輪でいけそうです。

閑話休題。

え~、エンディングまで見た感想ですけど
なかなか良い感じになったのではないでしょうか?

個人的には、誰かとくっつくエンディングだったら
ベストですが、原作続いてますしね~
まあ、しょうがないでしょう。

ただ、ドージンワークでは誰ともくっつかなかったので
個人的には、少し不満があるエンドだった思い出が。
(いや、主人公女の子だし、作風が作風だから仕方ないといえばしかないとはいえなくもないのですが)

原作二巻まで、大分前に読んだので記憶があやふやですが
あんなに、ヒロインに明確なフラグ立ちまくりましたっけ?

15分アニメなのもあるせいか、展開が速すぎた気がしないでもないんですけど。

とりあえず、全ヒロイン好きになっちまいました(爆)

一押しは、足須さん(足須沙穂都)で
次点が音砂みはり、その後が、黒井せなちゃんかな~。

この三人の内、誰かとくっついてハッピーエンドになってくれれば
個人的には、満足できそうなんですけど
なんとなく、俺達の漫画道はまだまだ続くぜ…! になりそうなのが
凄く、不安ですね(苦笑)

漫画版で見てたときは、そんなに主人公(愛徒勇気)の変態ぶりは
さすがT×2だ、なんともないぜ! ぐらいだったのが
アニメになったのを見て、見てて恥ずかしくなって突っ込みを入れそうになったのが
意外といえば意外でしたね。
(前回もちょっと書きましたが。 アニメになると迫力が違いますねw)

見てて思ったのは、主人公は凄い変態で、ときどきキモイけど
純粋で凄くいい奴だから、全ヒロイン(編集長以外?)が
好きになるのも無理はないな~と。

漫画版見てるとき、そう思ってたかどうかは覚えてないんですが
主人公大好き風羽りんなちゃんが来た段階で、エンディングは決まった気がするのに
なぜ、すぐにそうならないんだ? と途中、思いながら見てて
そして、納得しました。

コイツ(主人公) どんでもないほどのフラグクラッシャーだと。

あれだけ、フラグが立ちまくってるのに、どのヒロインとも
すぐにくっつかないのは、ある意味、天才といえなくもないですね(笑)
{いや、足須さんは、まだ明確なフラグは立ってない気がするけどw)

特に、音砂みはりとは、ありえへん! なんでこれでくっつかんのやー! って感じに。

いや、最初の頃の音砂みはりは、そこまでフラグが立ってるように
見えなかった気がしますが、作者は、最初からああしようと思って
そうなったのかどうか、少し気になりますね。

しかし、まあ、総じて
主人公の変態ぶりを許せるなら
名作アニメといえなくもない出来栄えかと。
(個人的には、許容範囲内でしたので、名作でした)

た・だ・し! これからのエンディング次第では
評価がガタ落ちする可能性はありますけど。
(特に、誰ともくっつかなかったとかあったら、ちゃぶ台をひっくり返しますよ?)


と、まあ、アニメの感想はこんな感じ。



後、艦これですが、ようやく霧島ちゃんが出てくれました!
これで、後二人で、姉妹が揃います。

しかし、この後、地獄を見ることをT×2は知る由もない…(死亡フラグw)

特に、提督ラブ勢筆頭の、デースちゃんには
是非とも、お会いしたので、どうかウチに来てください
お願いします(ぺこり)

と、まあ、αはこのくらいで。


以上、【アニメ感想 ネタバレ注意! 「マンガ家さんとアシスタントさんと(第一期 全話)」+α {2014/07/04付}】でした♪

続きを読む »

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 艦これ マンガ家さんとアシスタントさんと

『美少女戦士セーラームーン Crystal』が7月5日に
ニコニコとバンダイチャンネルで放送。

見忘れないように備忘録(笑)

以前書いたかもだけど、化物語シリーズの「花物語」は
08/16に一挙放送。

その代わり、コメンタリーやってるのに気づかず
二話しか録画できなかったのは
痛い思い出(爆)

後、5日だったか6日頃に
東京MXで「翠星のガルガンティア」が
再放送されます。

傑作アニメの一つなので、見てない人は
この機会に見ることをお勧めします!


後、艦これ、ですが
比叡ちゃんが来て以来
金剛型がまだ出なくなって
資源を消費しまくってます。

その代わりというか、なんというか
紫電改二と彗星一二型甲二つでてきたので
正規空母の赤城加賀蒼龍にそれぞれつけてあげました。

これで、正規空母の爆撃機だけは最上のモノがつけられたわけですが
個人的には、烈風と流星改が十分な数がほしいところであります。
(烈風は一つも手に入れておりませぬ)

そうそう、ウチの正規空母&軽空母では
とうとう、九七式艦攻と九九式艦爆は
完全に引退されました。
(九六式艦戦は、既に、早い段階で引退済み)

天山がそろってきたのと、彗星があまってきたので
軽空母にも御裾分けした結果です。


ジャム島攻略作戦をしまっくてるんですが
金剛型がこない、というのは上でも述べたことですが
その代わりというか、レア駆逐艦レシピで
なんと、はっちゃんが来てくれました!(爆)

これで、後一隻そろえば、オリョクルしまくって
資源を貯めることができるでしょう。

ああ、早く、次の潜水艦娘に出会いたいものです!
(何故か、イムヤちゃんがドロップしてきたのは此処だけの秘密です←意味不明w)


以上、【備忘録 {2014/07/04付}】でした~。

続きを読む »

tag : アニメ 艦これ

 | ホーム |