dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


- 博徒 -


とうとう、四日が過ぎた。

宿屋の店主は、不思議と何も言ってこなかったが
フェイレンは、出て行くことにした。

行く当てもなかったが、店主に世話になった礼を言うと
彼は首肯だけして奥に引っ込んだ。

しばらく、街道を歩いて行きながら、どうしたものか…と
考えていると、歩いていく先で、喧騒が聞こえてきた。

何事かと思えば、どうやら、ゴロツキ同士の喧嘩らしい。

関わらない方がよさそうだったし
フェイレンもそうしたかったのだが
あろうことか、そこに、見知った顔を見つけた。
あの日、ゴロツキのお頭の後ろにいた手下だった。

おまけに、彼らは、一方的に殴られ蹴られていて
それに、必死に耐え、命乞いさえするモノもいたが
暴力を加えてる方は、面白がるだけで
手心を加える様子がない。

あのままでは、死んでしまいかねない。

正直、あの男達を助ける義理も義務もなかったが
ここで、見て見ぬふりして通りすぎれる程
物わかりのいい大人になれてなかったし、微かにうずく正義感が
邪魔をした。

宿屋を出る時、護身用に持ってきていた槍の柄を握りしめ
一呼吸をおいて、精神を整えると、声を張り上げた。

「やめてください! 彼らは命乞いさえしてるじゃないですか!?」

少女があげた大きな声に、一瞬、場が静まりかえった。

男達は最初、フェイレンが発した声とは思わず
彼女以外の声を上げたと思われる女を捜したが
フェイレン以外には見当たらず、彼女がこちらを
キツい眼差しで見てることに気がつき
小娘が何を考えて声をかけたのか、訝しがった。

「なんだ、てめぇ。 小娘風情がえらく気を張った声を上げるじゃねぇか」
「あなた方は、何の恨みがあってその人達に暴力を振るってるのですか?
すでに命乞いまでしているというのに、暴力をやめない理由はなんなのです?」
「はぁ? おい、こいつ何を言ってるんだ?」
「さぁ? 俺達が何をしようと、お前には関係がないだろうが?」
「人が危うく殺されかかってるのを見て見ぬふりなどできません。 もう一度言います。
暴力をやめてください」

そこまで言って、ようやく、男達は
この小娘が、自分たちを止めようとしていることに気がついた。

何せ、小娘である。

まさか、これほどの数の男達を前に、本気で暴力を止めようとする人間が
それも、小娘にしか見えない子供がいるとは
夢にも思わなかったので、状況を理解するのに時間がかかったのである。

「ん? こいつ槍を持ってやがるぜ」
「…ああ、そうか、こいつか。 ゴロツキを一人で撃退したとかいう武術家の娘ってやつは」

どうやら、この男達は、噂でフェイレンを知っているようだった。

「くっ、くくく。 どんな筋肉女かと思えば、まるで強そうに見えねぇ。 お前らこんな小娘を倒せずに
尻尾を巻いて逃げ出したってのか?」
「ははははっ! こりゃ傑作だ」

男達はひとしきり、嘲笑すると
フェイレンに向き直った。

「武術家の娘かなんか知らんが、この人数に勝てると思ってんのか、てめぇよ~」
「こっちは遊びでやってんじゃねぇんだよ」
「なんなら、あんたがこいつらの代わりになってくれてもいいんだぜ?」

小娘一人に、大の大人が数を頼みに凄みをきかせている姿を目の当たりにして
フェイレンは、心底、気持ち悪いと思った。

「わかりました。 私がお相手すればいいんですよね? かかってきて下さい」

そういうと、彼女は槍を構えた。

男達は、またしても、一瞬彼女が何を言ったのかを理解できず
惚けた顔をしていたが、やがて我にかえると、憤慨した。

「このガキぃ~、なめたことを言ってくれるじゃねぇか…」
「今更、泣いて謝ってもゆるさねぇぞ、おい」

憤懣やるかたないといった様子の男達は
一気に、フェイレンに襲いかかってきた。

いくら、武術の心得があるといっても、男達とフェイレンは
体格差がありすぎる。

見たところ、武術経験者はいないようだが
一対一ならともかく、周囲を囲まれては
フェイレンといえど、勝つことはできない。

彼女は、身を翻すと、走って逃げ始めた。

「…こっ、こいつ! あれだけ、偉そうなこと言ってたくせにいきなり逃げやがったぞ!」
「まちやがれ! ぶち殺してやる!!」

さらに怒りを増幅させた男達は、もの凄い勢いで
彼女を追いかけて、走りだした。

フェイレンは、しばらく走っていくと、適当な狭い路地道に入っていった。

左の曲がり角に入っていった彼女を、おいかけて男達は
路地に殺到する。

頃合いと見ると、フェイレンは身を翻しざまに
槍で一人の男の足を突いた。

もんどりうって、倒れ込む男のせいで
後ろの男達が一瞬つまってしまう。

その隙を見逃さず、今度は、一気に二人の男を倒してしまう。

ようやく、男達は、フェイレンが何故
この狭い路地に逃げ込んだのかを理解するが
時すでに遅し。

彼女は、次々と、槍突きを食らわせて
男達を行動不能に陥れる。

なんとか、逃げて路地を出られた男は四人程だけだった。

「おいおい、嘘だろう。 なんだこれ、どうなってんだ?」
「まだおやりになりますか?」

フェイレンの静かながら、気迫の籠もった声に
男達は戦慄を覚えずにはいられなかった。

また数の上では男達が多かったが
護身用の小剣ぐらいでは、武装したとしても
勝てる気がしなかった。

「くっ、小娘が! 覚えてやがれ!!」

そう捨て台詞を吐くと、男達は背を見せて逃げていった。

「…ふぅ」

少し緊張をといたフェイレンだったが、逃げる男達とは
逆方向から、こちらに歩いてくる集団に気がつき
再び、警戒する。

「助かったぜ」

声をかけてきた男は、先程、殴られていたゴロツキだった。

かなり酷い怪我をしていて、痣があちこちにあり
後ろからやってきた他の男達も似たような状況だった。

「…いったい、何があったというのです? なんで貴方たちはあの男達に殴られていたのですか?」
「世話ねぇ話だ。 あんたにやられて以来、俺達の面目は丸つぶれでな。 これを機会に潰してやろうってやつらが
山ほどいるのさ」
「この界隈、力が全てだからな。 弱みを見せたらご覧の通り、食いつかれるのさ」
「…そんな。 で、でも、それは自業自得じゃないですか。 あなた方が今まで悪いことをしてた因果応報でしょう?」
「ま、そう言われればその通りだがね。 このまま行くと、俺達は明日を生きられない身なのさ」
「なあ、あんた。 昨日、親分が言ったように、用心棒になってくれよ」
「このままじゃ、まじで、俺達はやばいからな。 あんたがいなければ死んじまう」
「な、何を言ってるんです!? なんで、私が貴方たちを助けなければならないんですか!」
「何故って、こうなっちまったのは、そもそもあんたに原因があるんだぜ?」
「あんたが、あんなことをしなければ、俺達は今でも大手を振って街を歩けたんだ。 それが
今は、このざまだ」
「そうだ、そうだ。 あんたのせいだ。 あんたが悪い!」

フェイレンは呆れて物が言えなかった。

男達の言い分はまったくもって、理が通っておらず
彼女を恨むのは筋違いというものだった。 

「ふざけないでください! 私はただ、自分の身を守っただけです!!」
「たしかに、そうかもしれんが、このままじゃ俺達は野垂れ死にだ」
「あんたは、俺達が死んでもいいってのか!?」

言うことが滅茶苦茶である。

あまりに滅茶苦茶過ぎたが、しかし、先程の様子から
男達の言い分がまったくの嘘ではないことも
事実だろう。

このままでは、彼らはいずれ殺される。

自分に非がないのは明らかだが、目の前の人間が悪党だからといって
見捨てられる程、彼女は薄情にはなれなかった。

しかし、いくらなんでも、彼らの言い分は理不尽過ぎる。

悩みながらも、到底、受け入れられない現実に
彼女が悶々としていると、更に、後ろから声がかけられた。

「手下が世話になったようだな」
「!?」

混乱を極めていたフェイレンに、低い声がかけられた。

よく見ると、このゴロツキ達の頭目だった。

「あ、あなたは…」
「ふん。 どうやら、混乱してるようだな。 まあ、ちょっと付き合えや、わるいようにはしねぇからよ」

どう考えても信用できない相手だったが、混乱の極みにあったフェイレンは
しぶしぶ、後についていってしまっていた。


――酒屋

「ここは、俺達が世話してる店の一つだ。 ま、茶でも飲んで一息つきな」
「……」

そうは言っても、毒でも入ってるんじゃないかと
フェイレンは疑わざるをえない。

「同じ茶器から注いだものだぜ? 毒なんて入ってねぇよ」

そう言うと、フェイレンを信用させる為か
茶を飲んで見せた。

しばらく見ていたが、特に様子に変わりがないので
恐る恐る、自分の分を飲んでみる。

「…おいしい」

言った後で、しまった! と思ったが
それを見たゴロツキの頭は、ニヤリと嫌な笑いを浮かべる。

「ふん、良い茶葉を使ってるからな。 当たり前だ」
「……」

この男が一体何を考えて、このようなことをしているのか
意図を探りかねてると、相手は話をきりだした。

「お前は、勘違いをしている」
「?」
「お前は俺達のことをただの悪党だと思ってるようだが、そうじゃねぇ。
この店もそうだ。 俺達が金も人も回してなんとか商売をやっていけてるわけよ」

そう言いながら、手を上げると、店の主人らしき男が近寄ってきた。

「へぇ。 親分にはお世話になっております」
「この店だけじゃねぇ。 俺達は、結構な人間を助けてんだよ。 確かにあんたから見れば
あくどいこともしちゃいる。 いるが、そればかりが俺達の全てじゃねぇってことさ…」
「しかし、お前も見たように、この界隈は弱肉強食だ。 小娘に負けたと噂がたっちまって
今まで睨みをきかせてた俺らの縄張りは、今、やつらみたいな猟犬に食い荒らされようとしてる」
「……」
「確かにあんたは、自分の身を守っただけかもしれねぇ。 しかしな。 そのことによって
俺達と、俺達の縄張りが危機に瀕している。 あのとき、やばいことになる、と言ったな?
つまりは、こういうことだ」
「…だから、私に責任をとれ、と言うのですか?」

どう考えても理不尽な状況ではあったが
彼女は相手の真意を尋ねてみた。

「責任…というのとは違うな。 あんたの言うとおりあんたは、あんたの身を守っただけだ。
それが悪いとはいわねぇ」
「だから、これは、単なる提案なんだよ。 お願いと言ってもいい。 俺達の用心棒になってくれないか?
十分な金は用意する。 住処も用意しよう。 悪い話じゃねぇはずだぜ?」

悪い話じゃないとか言ってはいるが、フェイレンからすれば
第一印象が最悪な相手である。

素直にうんとうなずくわけにはいかないという、拒否感が彼女の首を縦にふらせない。

「ま、あんたも、今日一日いろいろあっただろうからな。 考える時間が必要だろう。
こちらで宿を用意してもいいんだが、それじゃ、あんたは安心できねぇ」

そう言うと、懐から、お金を取り出し
フェイレンの前に置く。

「…受け取れません」
「そうつれないことを言うな。 そもそも、あんたが今や宿すらとれねぇ
文無しなのはわかってるからな」
「……それでも、受け取れません」
「ふ~む、思ったより頭の固いやつだな。 そうだ、さっき、手下が世話になったと言ったな?
これは、助けたお礼ってことで、一つ、納めてくれねぇか?」

そう言うと、男は軽く頭を下げる。
ゴロツキの親分とはいえ、目上のモノに頭を下げられると
育ちのいいフェイレンは、断りにくかった。

彼女は、溜息をつくと、一言告げた。

「わかりました。 このお金だけは、受け取ります」

意識的に「だけ」を強調してみせたのは
なし崩してきに、用心棒まで引き受けさせようとすることを警戒してのことであったが
この男の言うとおり、彼女は文無しである。

こんな物騒な世の中を、宿無しで過ごすのは
さすがに不安が大きかったのもあって、彼女にしてみれば
苦渋の決断だった。

「それでいい。 まあ、しばらく、考えてくれや。 おい、お前ら、この子を送ってやれ」
「その必要はありません。 だけって言ったはずですが?」
「やれやれ、ほんとに頭の固いやつだ。 ま、それでいいってんなら是非もねぇ」

話がついたと見たフェイレンは、お金を懐に入れて立ち上がり
店を去って行った。


――宿

彼女が選んだ宿は、あの朴訥な主人のいる宿であった。
そもそも、彼女が本当に安心できる家には戻れず、他の宿を取るというのも
気が引けて、結局、元いた場所にきた。

さすがに、今度は、財布ごと出すことはなく
お金を取り出して渡した。

「…ふん。 7日分ってとこだな。 前の部屋でいいか?」
「はい。 またお世話になります」

そう告げて、彼女は、元いた部屋に入った。

「寝具は洗ってある。 食事の取り方は忘れてないな?」
「はい、大丈夫です」

フェイレンがそう答えると、朴訥な宿屋の主は
去って行った。

「不思議な人。 何も聞かないでくれるのはありがたいけれど…」

床について、一息つく。

考えなければならないことがいろいろあった気がするが
とにかく疲れていた彼女は、そのまま、横になって眠ってしまっていた…。

続きを読む »

テーマ : 自作連載小説 - ジャンル : 小説・文学

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
え~、例の自作PC、組んでしまいました(爆)

今回も、トラブルがあり、取り付けたDVDドライブを
認識しませんでした(泣)

おそらく、配線か配電のケーブルがずれたかはずれたか、だと。

今回、ビデオカードが、390で3スロット占有タイプだったので
できる限り、大きめのPCケースを買ったのですが
このPCケースが裏配線タイプで、初めてなのもあって
配線にかなり難儀しました(汗

おそらく、配線の一部に無理があって、断線したのではないかと。
蓋をしめるのに、かなり、力を入れて強引に閉じなければなりませんでしたからね~。

裏配線は、見た目がすっきりするので、一部の方には好評なんですが
自分は、もうごりごりです。

まあ、最初から、今回はビデオカードがでかかったり
ケースもでかかったので、難産が予想されてましたが
予想以上でしたね…。

ちなみに、しょうがないので、OSのインストールなどは
外付けのドライブでやりました。

配線で苦労したので、中を開けたくなかったのです(泣

他は、今のところ問題はなさそうですが、FX-8350Radeon390の組み合わせは
熱量がすごいですね。

噂には聞いてましたが…。

春だし、夜はまた涼しいからと、エアコンつけないで
メモリーテストしたら、爆音爆熱で、うは~しまった! ってなりましたよ(汗

テスト中に、電圧が下がるとあれなので、エアコンつけないでやってましたが
排熱で、低温やけどしそうでしたわ…。
(PCの置く場所がないので、かなり近くに複数台おいてる関係で、です)

これからは、エアコンつけないで、プレイするのは厳禁だな~と
思いました(まる)

しかし、AMD構成のハイエンドマシン、手に入れて嬉しかったですね~。

FFベンチだと、インテル+GTX-970構成に及ばないのがアレですが
FF14は、ゲームワークスというNVIDIA最適化されたゲームですから
これはしょうがないです。

ひょっとすると、ビデオメモリー4GBしか使ってないのかもしれませんし
あと、エアコンつけてなかったので、熱でリミッターかかってたのかもしれません。
Radeon390は、ビデオメモリーが8GBあるのです)

まあ、AMDNVIDIA両方を高設定でプレイできる環境が整ったことは
素晴らしい出来事ですけどね~。

これで、自分もアムダーを名乗る資格ができたかも?(←それ以前から名乗ってるしw)

試験もかねて、PSO2のダウンロードして、一日つけっぱなしで
寝ようかと思ったのですが、嬉しい誤算が…。

以前、光回線でも遅いとか言われたゲームのダウンロードですが
改善されたらしく、以前は6時間ぐらいかかったダウンロードが
光回線なおかげもあってか、30分でダウンロードが完了しました!(超爆)

いや~、寝る暇もないほど早かったです(笑)
(そのあと、すぐ寝ましたがw)

早速、試験を兼ねて、今日からバリバリプレイしようかと思っとります(^^♪


以上、【自作PC五台目+α】でした~。

続きを読む »

テーマ : 自作パソコン - ジャンル : コンピュータ

tag : AMD NVIDIA PSO2 FX-8350 Radeon390 アムダー

この度の熊本地震で、被災された皆様に
心よりお見舞い申し上げます。

九州の早い復興をお祈り致します。

恥ずかしいことですが、少額、ながら募金と
楽天ポイントで寄付が可能になってましたので
こちらでも、少額募金をさせて頂きました。

これからも、余裕ができれば、少額募金をしたいと思っております。

被災者でもないのに、あまりに酷い惨状のニュースを見続けて
気が滅入ってダウンしてましたが、しばらく離れるようオススメしていたツイートに
甘えまして、しばらく、休んでいたらなんとか立ち直りました。

もとより、病気の身なので、万全とはほど遠い状態ですが
予定通り、三賢者物語企画の物語前夜外伝の続きを月末までに
書き上げる予定です。

自作PCも、そろそろ、初期不良交換の一ヶ月が過ぎそうなので
なんとか、月末までに、仕上げようかと。

PSO2ですが、予定通り、光回線への切り替えが無事すみましたので
これも、近々プレイ日記を書くつもりでございます。

それと、特価情報ですが、A10-7890Kが現在アマゾンでタイムセール中です。
残り二つとなってますので、現APU最高のモノを欲してる方は
この機会をお見逃しなく。

GF-GTX970-E4GB/OC/SHORT」ですが、現在、NTT-xストアにて
会員限定クーポン使用特価で販売されております。

自分が、確認してる中では最安なので、コイル鳴きは気にしない
性能があれば! という方には、オススメさせて頂きます。


と、更新が滞ってた分、少々雑多な記事になりましたこと
お詫び申し上げます。

ではでは。

続きを読む »

テーマ : ブログ日記 - ジャンル : ブログ

tag : 三賢者物語企画 GF-GTX970-E4GB/OC/SHORT PSO2

すでにお気づきでしょうが、ブログのテンプレートを
変えてみました。

ブログの表示がおかしかったので、すわ、乗っ取りか!? と思い
大急ぎで、パスとテンプレートを変えた次第です。

ブログの人口が減ってるのか、なかなか好みのテンプレートがなくて
難儀しましたが、とりあえず、当分これでいこうかと。

ちょっと、以前より、見づらいかもしれませんが
ご理解の程、よろしくお願いします。

それと、回線速度改善計画進行中。
改善されたら、また、PSO2をプレイしようかと思っとります。

あと、 「GF-GTX970-E4GB/OC/SHORT」ですが
どうもコイル鳴きのひどい個体にあたったようで、キュルキュルなくのには
少し困りました。

970は、コイル鳴きに遭遇しやすいそうですが、こんな個体は初めてですね。
Radeonとか、GTX960では、遭遇しなかったたけに
ちょっとがっくりきました。

まあ、ヘッドホンするか、音鳴らしてれば
気にならないぐらいにはなるのですがね…。

win10は、安定してるときと不安定になるときを繰り返してます。
強制アップデートですから、毎日のように、強制的におみくじを引かされてる気分ですね。

まあ、これはこれで、うちのパソコンの中で
一番の問題児として、経過観察を続けたいと思います。

なんだかんだいって、パソコンいじりが好きですからね。
メインパソコンが不安定だったら、キレると思いますが
まあ、正副予備の予備なんで、傍観者をきどることができるのがメリットですな(笑)

あ、そうそう、コメントのタイトルが表示されるようになりました。

前のテンプレートで唯一気に入らなかった仕様だったので
この点はよかったです。

文字の大きさが変更できないのが残念でしたが。

ブログ村のアイコンは、小説アイコンに変えようかどうか迷ってます。
今期も、アニメ見れてないので。

dアニメストアと、アマゾンプライムで見れるやつ限定にして
TVを見ないことも考えようかと。

まあ、予定は未定ですけれど(爆)


以上、ブログのテンプレートを変えてみました。】でした!

続きを読む »

テーマ : 雑記 - ジャンル : ブログ

tag : ブログ win10

win7を生贄に、Windows10を召喚!!(爆)

と、いうことで、win7win10にアップグレードしてみました。
7870KシステムのGPUドライバーを削除しなくても同じAMDだから
380のGPUを認識するだろうという、いつもの癖が今回はわるいほうに働き
見事に、OSが起動しなくなりました!!(超爆)

いや~、やっぱり適当はよくないですね(白目)

しょうがないので、これをいい機会に、どうせクリーンインストールするなら
せっかくだから、win10を選ぶぜ! …などと思い立ち
win7のアップデート地獄(4~5時間)に耐え、さらに、win10への
アップグレードで、一時間ぐらいかかりましたかね~? いやはや
マイクロソフトに殺意しかわかないので、MSは今からでも遅くないので
win7sp2を出すように! …と、無茶を言ってみたりw

win10を直接クリーンインストールする方法もあるようですが
自分の持ってるセキュリティーソフトがwin10に直接対応してないので
一度win7にインストール→すべて修正パッチを当ててから
セキュリティーソフトを最新にアップデート→その後、win10にアップグレードという
面倒な手順を踏みました。

で、最初の起動は思いのほかあっさりできたんですけれど
その後、再起動しようとしたら固まる症状が発生。

そのたびに、PCのリセットスイッチを押す羽目になるという前途多難な状況で
案の定、その後も、応答停止したり落ちたりで
いや~、win98時代に逆戻りかよっ!? …という突っ込みを入れたくなるレベルの
不安定ぶり。

これが、正副予備の予備マシンだから、このぐらいで済んでるけど
メインPCがこれだと、発狂するんじゃないでしょうか?

誰だよ、こんな未完成OSにGOサインだしたの?
個人でもあれだが、企業だと失われたデータの保証とかするんでしょうかね???

その後、何度かの勝手にアップデート後、少しだけ
安定してきましたが…win7win8.1がいかに安定したOSだったかを
痛感しましたよ(苦笑)

まあ、win7ライセンスを幾つも持っててもしょうがないし
この一本だけはwin10のまま運用するつもりですけれど
できれば、win10 homeでも、pro同様、修正パッチのインストールタイミングを
変えられるようにしてほしいものです。

夏には、大型アップデートがくるそうなんで、win10.1(仮)が
安定したOSになってることを期待したいですね。

AMDAPUGPUの組み合わせは、Mantleですごい性能が上がることがあったようですので
そのMantleをベースにしたという、directx12では、同じ効果を期待したいので
ぜひとも、AMDへの最適化を更に進めてほしいものです。
(FF14とか、なぜか落ちることがあるんで、directx9対応ゲームの安定度も高めてほしいところ)

directx12では、現在、AMDのほうが
NVIDIAより有利みたいなんで、今後の展開が楽しみではありますね。
(まあ、次期GPUが来るまでの優位ですけれど)

今のところ、不安定なんで、もっとwin8.1単体版を買っとけばよかったと思ってますけれど
MSには、win10にしてよかったと思えるサプライズを用意してほしいですね。
(ちなみに、win8.1単体版は売り切れの模様)

以上、【win7をアップグレードしてWndows10にしてみました。 {2016/04/05付}】でした~。

続きを読む »

テーマ : 自作パソコン - ジャンル : コンピュータ

tag : AMD win7 win10 Windows10 7870K APU GPU Mantle win8.1

「GF-GTX970-E4GB/OC/SHORT」が、アマゾンで安くなっております。
額面は、35980円でこれでも安いですが、今なら5%引きになってます。
(現在は入荷待ちですが、入荷すると値段が上がる場合があるので、お気を付けて)

すでに、ツイッターでは、何日も前に書いてますが
まだお気づきでない方もおられるかもしれないので
宣伝をば(爆)

あんまり安かったんで買っちまいましたよ。
一番性能の高いシステムは、AMDRadeon R9 380が刺さってたので
交換すると問題が発生する可能性がありましたが
ま、なんとかなっぺ、と適当にソフトをアンインストールして
適当に、GPUを取り替えて、適当に最新のGPUドライバーを入れたら
普通に動きました(超爆)

昔は、ドライバーの残骸をソフトで消してから入れないと
問題が発生し、クリーンインストールが必要になったりしてましたけど
最近のソフトは、お行儀がいいのか、特に何もしなくても
競合することなく動いて、助かりましたわ~。

Radeon380が余ってるので、7870Kシステムにでもつけようかと思ってますけれど
電源を交換しなければならないのが面倒なのと
せっかく、GPUなしでもそこそこ性能のいいAPUなのに
わざわざGPUをつけるのは、ちょ~っともったいない気がするんですよね~。

まあ、だからといって、予備の予備のCore2 DUOじゃ、性能を引き出すことはできませんので
置き場所も足りないし、そのうち、やらざるを得ないでしょうけど。

新しくメインマシンになる予定のAMD FX 8350システムはRadeon R9 390を搭載する予定で
特価でゲットできたおかげで、生まれて初めて、ハイエンド構成のマシンを
所有できそうです。

まあ、ハイエンドといっても、CPUは2012年ぐらいの古いハイエンドなので
最新のインテルシステムに比べれば性能はかなり劣りますが
AMD好きとしては、CPUもGPUもAMDという、夢のようなマシンが組めそうなことに
少しばかり楽しみを覚えております。

まあ、ミスして、ぶっ壊したら台無しですけれど(爆)

AMD380Xも、最近、玄人志向の製品の値が下がってきましたが
もう少し下がらないと、970との価格差があまりないので
選択しづらいですね~。

最初は、380Xを狙ってましたが、970があまりも急激に値崩れしてきたので
フルスペックTongaを泣く泣く諦めて、NVIDIAシステムを
まだ構築することになっちゃいました…。

将来のFreeSyncのディスプレイ価格が値下がることを見越して
GPUを全て、AMDで統一しようかとも思ったのですが
これにて、計画がおじゃんになってしまいました(苦笑)

NVIDIAが、G-syncをやめて、FreeSyncを採用してくれてたら
ディスプレイで悩む必要もなく、AMDで統一しようとも思わなかったのですけれど…。

しかし、まあ、自分が思ってたより
正副予備+予備マシンが、かなりパワーアップしてしまいそうです。

これに、新たにFXマシンが加われば、マジで5年以上は
最前線で戦えそうですね…。

そうそう、今のところ、970はかなり調子がいいんですが
このGPU、補強のバックプレートがついてないのが
唯一の欠点ですね…。

最近のGPUだと、よくついてるので
パックプレートがないのを見たときは
え~、ってなりました(苦笑)

ご購入の際は、そこら辺も気をつけるといいかも、です。

メインPCが完成した暁には、連邦など!! …ではなくw
また記事書きたいと思います、ハイ。


以上、【特価情報 GF-GTX970-E4GB/OC/SHORTがAmazonでお安くなっております。 {2016/04/03付}】でした!

続きを読む »

テーマ : 自作パソコン - ジャンル : コンピュータ

tag : AMD Radeon R9 380 GTX970 FreeSync Radeon380 380X メインPC

 | ホーム |