dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ、Windows10への無償アップグレート期限が
明日となりました。

ここにきて、MSが更に焦ったのか、マイクロソフトのアカウントに紐つけると
パーツ交換も自由という情報が…。

MS必死だな!(爆)


しかし、AMDのCPU・GPU・APUは、windows10でこそ真価が
発揮されるのです。

ということで、もう一台、無償アップグレートでwin10にしました。

違うんだ! MSに屈した訳じゃないんだ!
AMDを愛してるからなんだ!!(血涙)

「愛ゆえに人は苦しまねばならぬ!! 愛ゆえに人は悲しまねばならぬ!!(by サウザー)」


おそらく、新型XBOXへの性能の高いAPU独占供給と引き換えの
取引があったんだと予想。

以前、MSAMDを買収しようと交渉中という噂がありましたが
おそらく、買収ではなく、XBOXの独占契約の代わりに
AMDのCPU・GPU・APUへのwin10での最適化をして貰った
というところかと。

おかげさまで、ちょっと古いCPU・GPU・APUでも
最新のOSで、パワーアップすることになり
AMDファン大歓喜! と相成りましたw

インテルやNVIDIAでは、味わえない
OSをアップグレートするだけでパワーアップするこの快感!

ありがとうAMD! 愛してるぜ!!(笑)


一時期は、倒産の噂が流れまくる危機的状況から
とうとう、黒字に転換、GPUではNVIDIAに追いつき
CPUでも、まもなく、ZENで追いつく予定という
胸熱展開が来るとは誰が予想できただろうか!

判官贔屓かもしれないが、二番手を応援してきたものだけが
味わえるこの感動!!

ほんと、めでたし、めでたしです…(←まだ終わってないw


まあ、ともかく、PCパーツも交換出来て
かつパワーアップもするので、アムダー
win10にすることをオススメしときますぜ。
(以前は不安定だったが、最近、ようやく安定してきた)

噂では、今度の8月2日のアップデートで
APUが更にパワーアップするとか…。

これは、もう、AMDにするしかないですねっ!(笑)


しかし、こうしてwin10を進めといてなんですが
homeだと、アップデート強制なので、スーパーハッカー
もしくは、MSの中の人が、テロを企てて
アップデートパッチにウイルスを紛れ込ませたら
全世界のPCが一斉にダウンとかありそうですね…。

MSの責任は重大ですわ。


以上、【AMDのCPU・GPU・APUは、windows10でこそ真価が発揮されます!】でした!!

続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : Windows 全般 - ジャンル : コンピュータ

tag : AMD APU Windows10 windows10 win10 MS アムダー PCパーツ

ども~、みなさん、こんばんは~。
当ブログの管理人、T×2(ティー カケル ニ)でございます。

アニメ感想と言いつつ、このアニメ、「刀語」の感想は
何年か前に見終えて書いてるんですけど
dアニメストアに加入してる関係で、まだ、ふと見たくなって
全話見てみました。

いや、ただでさえ、頭がよくないのに
更に、病気で頭が回らないせいとはいえ
気持ちのいいぐらいに、話を忘れてて
新鮮な気持ちで、見れましたね~。

まあ、結末ぐらいは覚えてましたけれど
当時とは、少し違う感想を覚えたような気がするので
過去記事見ずに適当に書きます(爆)

まず、ヒロインの尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督…という
やたらに長い肩書のある、とがめちゃん。

あの当時は、結構好きで、最後に死んじゃってかなり
哀しく、勿体なく、感じたものです。

二回目見て思ったのは、そういえば、とがめって
「スパイラル ~推理の絆~」の、結崎ひよの、に
そっくりだな~と。

見た目とか性格ではなく、立ち位置という意味で。

主人公をいろいろサポートするのに、最後の最後で
実は今までの健気で可愛い姿は、偽り、という事実が明らかになり
主人公に絶望を与える役割を与えられた、女の子、って感じが
マジでそっくりですよね。

放映当時は、西尾維新先生すげぇ~! としか思ってなかった気がしますが
なんとなく、他の作品の影響があるのかも、などと思ったり。

もう一人、主人公、鑢七花について
最後に明らかになる、本当の実力というか
主(マスター)の命令のせいで、真の実力が発揮できてなかった、というあたりは
Fate stay nightのランサーに設定が似ている。

気に入った女を助けられない不幸属性なあたりも…。
(まあ、遠坂は助かってますけれどw)

なん~てことは、再び感動しながら見てて思いました。

その他の感想は、以前書いたものとたぶんおんなじかな~。

西尾維新先生は、読者の期待を裏切ることも辞さないクリエイターであることは
さんざん、書いてきたし、言葉遊びが好きと思われる描写が
化物語シリーズ、全般で見られる、というのも
まあ、当時も思ったこと。

でも、自分の感想の余計な雑味を抜くと、やっぱり希代の奇才だな~と
再び思わされたりしました。

刀語自体は、化物語シリーズの一部ですが、話として
独立してる部分もあるので、初めて見る人にも
おススメできるかも?

そうして、興味が沸いて、物語シリーズに入れば
きっと、西尾維新先生らしい文体が楽しめるはずです♪


以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『刀語』 ~二度目~】でした!

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ 刀語 化物語 西尾維新 結崎ひよの ランサー

ストライク・ザ・ブラッドのアニメの続きが気になりまくったので
ラノベを中古で、ほぼ全巻揃えてしまいました(爆)
(安くなかった奴は、新品で発注)

ストライク・ザ・ブラッドの美少女達が可愛すぎるのが
いけないんじゃ…(震え声)

同じくセールで安く買えそうだったので、東京レイヴンズ聖剣の刀鍛冶
揃えてしまいました(キャー///←キモイw

ああ、余裕がないのに…。


まあ、でも、これで悶々とした夜を過ごす必要はなくなりましたね。
高確率で積むでしょうけれど…(←オイw

はたらく魔王さま!の最新刊も揃えてるんですけれど、また読んでませんしね(苦笑)

なんとか、健康状態を上向きにして完読し
その楽しみ糧に創作に励みたいものです…。

以上、【いろいろライトノベルを揃えてしまいました(笑)】でした♪

続きを読む »

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

tag : ラノベ ライトノベル ストライク・ザ・ブラッド 東京レイヴンズ 聖剣の刀鍛冶



DMM.comでも、50%OFFにて
「三賢者物語 物語前夜ガイド」販売が開始されました。

こちらでも、どうぞ、よろしくお願いします。


世間では、ポケモンGO!一色のようですが
自分は、なぜか、スマホ版艦これのインストールが上手くできなくて
艦これすらスマホではプレイできないという、アホな事態になっております…。

まあ、PC版をコツコツやってるので、艦隊全体のレベルは
かなり向上しております。

金剛四姉妹が全員改二になったのを始め
吹雪ちゃんが改二に、初月ちゃんが改になったりで
戦力がかなり整ってきました。

バケツもめずらしく、260を超えてます。
こんなに、コツコツ艦これプレイできたのは
初めてかもしれませんね~。

資源も、40000台に載せてきて
今度の夏イベントには、今までで最高の状態で
挑めそうです。

まあ、体調は、少しだるさが続いてるので
不安ではありますが…。

とはいえ、前回を上回る難易度とかだと
これでも、全クリは程遠いかな~と。

なんせ、ウチの艦隊で、結婚艦は一人もおりませんからね…。
叢雲サマと結婚したいのに、ヌルゲーマーだから
レベル上げがしんどくて、ヒーヒー言ってますw

香取さんは、練習巡洋艦の仕様が変わってからグングンレベルが上がり
現在、当艦隊の六番目に来ており、このままいけば
レベル99に一番早く辿り着く艦娘になりそうですね…。

まあ、結婚は、鹿島ちゃんとする予定ですが(爆)

みんなと結婚したいけれど、金銭に余裕がないのですよ…(泣)


以上、【DMM.comでも、三賢者物語 物語前夜ガイドが、50%OFFにて、販売されてます♪+α】でした!

続きを読む »

テーマ : 艦隊これくしょん~艦これ~ - ジャンル : オンラインゲーム

tag : 艦これ

表紙画像 01


『三賢者物語 物語前夜ガイド』が、DLsite.comDiGiket.com
50%OFFにて、販売中です!

これを機会に、是非とも、この同人誌を手に入れて見て下さいませ!

続きを読む »

テーマ : 同人活動日記 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : DLsite,com DiGiket.com


ようやく、少し調子がよくなったので
前から、見たかった、ストライク・ザ・ブラッドを全話見れました。

最後に7話見てから、最後まで見るのに
3年ぐらいたってたのに驚きです…(←そんなに積んでる、お前の方が驚きだw

しかし、最終話の暁の帝国ってなんのことかと思ったら
主人公の帝国なんですね…(笑)

その割には、ハーレムじゃないかも?
全員と子供作ってたら面白いんですけどね~。

というか、主人公がモテ過ぎて生き…じゃなくてw
見るのが辛いアニメでした(爆)

あんな可愛い妹に、めちゃ綺麗な母親に、周りも美少女だらけ…。
とある魔術の禁書目録の上条当麻さんより、めちゃ恵まれてて
ラッキースケベだらけどか、ああ、ねた…じゃなかったw
うらやましい主人公でしたね。

ところところ中二病臭すぎるのと、ここからは俺の喧嘩・あたし達の喧嘩ですを
なんども繰り返す必要はあったのかという、ところもあるにはありましたが
作者の好きなモノ全部詰め込んでみました! っていう感じが
なかなか気に入りましたよ。

まさか、タイムスリップまでやるとは思いませんでした(笑)
というか、ドクって、バック・トゥ・ザ・フューチャーかよ! と
突っ込みを入れたくもなりましたが(苦笑)

評価としては、5話まで、主人公がいささかうざい性格だという点が気にならなければ
美少女いっぱいおっぱいな、素晴らしい作品なので、誰にでもオススメできます(超爆)

とある魔術の禁書目録より、パンチラパンモロ、ぽろりもあるよ! という
男子には、夢みたいな作品なんで、特に美少女好きには
絶対、見といた方がいいよ! と、言っておきます(笑)

dアニメストアで一気見もできるので、加入者なら
すぐにでも、見放題です。
(録画BDがどこにいったかわからなくて、dアニメストアで全部みました)

ただ、回線状況によって、途中で止まったり
ブロックノイズが発生したりで、微妙な気持ちになるかもしれませんけれど…。

続きがめちゃ気になったので
中古で全巻揃えるかどうかで迷ってます…。


あと、おまけに、艦これ日記ですが
ちまちま資源とバケツを貯めてます。

今の調子なら、夏イベントまでには、バケツ200程で
挑めそうですね。

ヌルゲーマーなんで、バケツ2000とか貯める猛者には
白目をむくしかありませんです…。


以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『ストライク・ザ・ブラッド(全話)』+α】でした!

続きを読む »

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ ストライク・ザ・ブラッド 艦これ



‐ 人気 ‐

フェイレンが属することになったゴロツキの集団が
義侠を名乗ることにしたという噂はあっという間に
街中に広まった。

おおよその反応は、ゴロツキ達が懸念した通り
どうせ口だけの変化だろう、という感じだったが
この集団にいち早く参加を決める若者が続出したのは
フェイレンにとって驚くことであった。

父親の方針で同年代の友人がいなかった上
付き合いも禁じられていたので、彼女が知る由もなかったのだが
街一番の美少女との評判だった彼女は、男の子達の
人気の的だった。

フェイエンの方針で、彼女に近づく切っ掛けがなかっただけで
彼女の近くに居たかった若者は多かったのである。

完全な下心故の参加ではあったが
少なくない、同志が集まった(とフェイレンは思っている)ということに
彼女は少し、誇らしい気持ちになった。


その後、彼女の集団を潰そうと企む他のゴロツキの集団と縄張り争いを繰り返すうちに
別の集団から、彼女の強さと美しさに惹かれて、一人二人と抜け出してくる者が出てきて
三ヶ月もすると、街で一、二を争う大規模な集団へと変化していったのである。

その間も、フェイレンは義侠の徒としての活動を積極的に行い
また、それに賛同しない者への説得も続け、それを見てきた街の人からの
評判も少しずつ改善してきた。

フェイレンの属する集団の親分、ハオ・マは
実のところ、彼女の人気には注目しており
一見無茶な要求でも、ひょっとするとものになるかもしれない、という
打算があり、失敗すれば、彼女に責任を全て被らせてしまえば
自分達には、まったく損することがなかろうという思惑もあったのだが
事態は、彼の想像を超える方向に変わってきていた。

実際のところ、フェイレンを煙たがる者も少なくなかったのだが
彼女の知らないところで、彼女の信奉者となっていた若者達によって
親衛隊が結成。

彼女の意図に背く者を、物理的に排除することによって
組織の規律や結束を固めようとして
元から居た、ハオ・マ達とぶつかることが少なくなかった。

おまけに、急激な人間の流入を受け入れてきたせいで
ハオ・マ達の方が、組織では少数派になりつつあった。

こうなると、面白くないのは、ハオ・マの部下達であったが
実際、なんとかなってる状況を見て、彼らは不満を隠して
日和見を決め込むことにしていた。


この街、シャンセン地方で比較的大きなタイライは
実のところ、今まで治安がよくなかった。

それというのも、この街の役人が賄賂で私腹を肥やし
街の治安活動なんて、おざなりになっていたせいもある。

ゴロツキの集団が、あっちこっちに散在することになったのも
賄賂を受け取ることで、役人が黙認していたというのが大きい。

それでも、無法地帯にならずに済んでいたのは
ひとえに、フェイレンの父親である、フェイエンとその門下生の
存在が大きかったのである。

ただ、フェイエンは、政治にはあまり興味がなく
それほど熱心に街に関わることもなかった為
彼の縄張りに、ゴロツキ達が近づかないことで争わないという
暗黙の了解の元に保たれていた秩序であった。

そこに、フェイレン達が積極的に治安維持活動を行うことで
最初こそ、集団同士のぶつかり合いが発生していたが
最多の集団がフェイレン達に集約されるにつれ
争いが減り、街の治安もよくなりつつあった。

眉唾物として、彼らを見ていた街の人々も
目に見えて、治安が良くなっていく様子を見て
応援したり、用心棒として雇うなど、彼らの活動を支援する者も
出てきていた。

半年もすると、腰の重い街の有力者の中にもフェイレン達の活動を
評価し、支援を約束する者まで現れるほどであった。

この間、フェイレンは集団の纏め役として
東西南北に動きまわって、さすがに疲れを感じるようになってきていたのだが
彼女を熱烈に支持する若者達の熱気に押される形で
日夜、街の治安維持活動に励んでいた。


そんなある日、たまたま一人で街の見回りをしていたところ
よく見知った顔のゴロツキが一人二人、コソコソと路地裏に入っていくのを
目撃した。

仲間を疑うのは彼女の真意ではないが、集団のなかで
たまに、羽目を外しすぎる者もいるので
もしやと思い、彼らの後をついていくと
華やかな歓楽街に行き着いた。

はて? こんなところで彼らは何をしているのかと気になり
店に入ったとき、彼女は生まれて初めて見るものだらけで
びっくりして、固まっていた。

よく見ると華やかな服と装飾品で着飾った女性達と
男たちが酒を飲みながら語らってるのであった。

それだけでも、よくわからないことだったのだが
彼女を物理的にくらくらさせた一番の要因は
店の中に漂う、濃密な香の匂いである。

甘いような蕩けるような、そんな濃密な匂いにさらされながら
煌びやかな女性達を見ていると、より美しさが際立って見え
この世のものとも思えない感覚を味わっていた。

店の出口で呆然と突っ立っていたフェイレンを見つけ
近づく女性が一人。

「ん? なにこの青臭そうな娘は?」
「よく見たら、なかなか可愛いじゃないか。 ウチで働きたいのかい?」
「…あ、え」

店と女性達の雰囲気に飲まれ、上手くしゃべれないほど混乱してた彼女だったが
救いの主は、意外なところから現れた。

「あ~! フェイレンの姉貴じゃないっすか!?」

その少年は、最近集団に入ってきたヤンという少年だった。
お金に関することには目がなく、計算高い感じがイマイチ好きになれなかったのだが
右も左もわからないこんなところでは、彼の方が頼りになりそうに思えた。

少年の声に、周囲の女性達が興味を惹かれたようで
客そっちのけで、フェイレンの周囲に集まってきた。

危機を脱したと思ったら、さらなる危機に遭遇したような
えも言われぬ状況に目を白黒させていると…。

「おんや、この娘がフェイレンって奴なのかい? 随分と若いねぇ~」
「この子、すっぴんじゃない? 化粧の仕方も知らないのかな~」
「見てよ、この肌。 ああ、若い子っていいわね~、うらやましい」

などと、好き勝手にフェイレンを眺めて、ベタベタ肌に触って評する
綺麗な女性達にちやほやされて、慣れない彼女は
更なる混乱で、何もしゃべれず、なすがままだった。

救いの主かと思えたヤンといえば、そんなフェイレンの姿を
ニヤニヤしながら、眺めるだけである。

どうすればいいのかという混乱の場を
一喝して収める女性が現れた。

「こら! あんたたち!! 仕事をほっぽりだして何を考えてんだい!」
「ひえー、義姐さん怖いー」
「あはは、すみません~」

と、持ち場に戻る女性達。
ヤンといえば、そのまま女性とともに元の席に戻る始末。

「で? フェイレンとやらは、何しにこんなところにきたんだい? 女好きかい?」
「え、あの、その、そ、そういうわけではなくて、ですね、あの…」

などと、もごもご言いながら、何か助けになる人はいないかと
右左を交互に見る小動物みたいな動きをしていた彼女を見て
義姐さんと呼ばれた女性は、笑いをこぼした。

「いや~、なんて、初心な子なんだろうね~。 今時そんなに可愛い仕草ができる子ってそうはいないよ」
「え、え…」

そして、いきなり抱きしめられて、泡を吹きそうになったが
幸い、女性はすぐに彼女を離してくれた。

「で、さっきの質問の続きだけで、何しにきたんだい?」
「え、えと、実は、ま、街の見回りをしててですね…。 見知った人がコソコソと店に入っていくをみて
何だろうと思いまして…」
「そりゃまた、評判通りの出来た子だねぇ~。 あんなもん噂程じゃないと思ってたんだがあんたを見てたら
信じてみたくなったよ。 これも人徳って奴かねぇ~」
「そ、そんな、自分は全然、大したことなくていっぱいいっぱいで…」

などと、まごついてると、またこの女性は呵呵と大笑いした。

「いや~、生娘っていいもんだね。 男がいれあげるのも無理ないわ。 あたしのもんにしたいぐらい」
「え、えー!?」

冗談を本気にしたフェイレンはびっくりして、ずささっと、女性から離れた。
それを見て、女性はまた笑った。

「もう、いちいち可愛い子だね。 とって食ったりしないから、そんなにおびえなさんな~」
「……」

そうはいっても、怖いものを見るようなフェイレンの様子に
いじめたくなる気持ちを抑えて、女性は手招きした。

「怖がらないで、こっちにきなさいな。 いいこと教えてあげるから」
「い、いいこと?」

などと、おっかなびっくりな彼女の手を有無を言わさず掴むと
店の奥に引っ張っていかれてしまった。

「ここは、大人の男と大人の女の語らいの場。 ほんらいあんたのような可愛い子がくるところではないけれど
少しだけ、大人の女性ってものを教えてあげるよ」
「お、大人の女性…ですか?」
「そう。 大人の女性。 あんたも見ただろ、表の華やかな女を?」
「はい。 凄く綺麗でした」
「ははは! 正直な子は好きさ。 女って奴はね、着る服と化粧で化けるのさ」

そういうと、化粧室(フェイレンは知らなかったが)の椅子に彼女を座らせ
問答無用で、彼女の顔に化粧を施していった。

しばらくあと、化粧が終わったらしく、手鏡を渡されたフェイレンは
鏡をのぞき込んで、びっくりした。

「き、綺麗な女の子がいます!」
「ぷっ! なんだこの子は!! ほんとに、今時こんな子いないよほんと、あははは!」

などと爆笑した女性は、思う存分笑い終えると…。

「で、どうだい? 感想は?」
「正直、自分だとは思えません。 生まれて初めて化粧したのですけど、こんなに変わるものなんですか?」
「はぁ~。 あんたの親は化粧一つもさせてくれなかったのかい? 難儀な話だね~」
「そんな家の子なら、そういう反応も不思議じゃないんだろうね~」
「ま、さっきも言ったけど、化粧で女は化けるものさ」

手鏡をまたのぞき込んで、そこに映る綺麗な顔を見て
我がことながら、ドキドキしてしまう。

「今回は、特別に無料(ただ)で教えたけど、次からは客としてきな。 ウチの娘が手ほどきしてくれるだろうさ」
「…その手ほどきを受ければ、自分もあの人達みたいに綺麗になれるのですか?」
「ああ、なれる。 きっとね」

その後、二、三言葉を交わした後
フェイレンは、その場を後にした。

自分のまったく知らなかった世界を知ったみたいで
どぎまぎし、その夜は、興奮して眠りにつけなかったのであった…。

続きを読む »

テーマ : オリジナル小説 - ジャンル : 小説・文学

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。