dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恐怖と勇気がどんなに近くに共存しているかは、

敵に向かって突進する者が一番よく知っているであろう。


(モルゲンシュルテン)


ようやく、『新生ヱヴァンゲリヲン』を見ることが出来ました。
{ちなみにサンクリの帰り(笑) 多分他にもついでに見た人多かったんじゃないかな~と思ったり}

あらかじめこれだけは言わねばならないでしょう、ミサトさんのポニテール姿最高! と(爆)
今回は、葛城ミサトさんのポニテ姿が随所に見られて良かったです、ハイ(幸)

次回もサービスサービスゥ~♪ とか ビール呑んだ後の台詞とか
{結構まねした事があります、ノンアルコールで、ですが (爆)}
久しぶりにミサトさんの声聞けてよかったです。

あくまで、今回の場合、おおよそのストーリーラインは同じでしたが
なんというか、いろんな面が現代風にアレンジされてて良い感じです。

原作はどちらかというと、前半から中盤のノリの良さと、後半の鬱展開を楽しむ部分があったと思いますが
今回は、シンジ君のキャラクターそのものはそれ程変わってないけど、胸が熱くなる展開があったりして
個人的にど真ん中ストライクでした。

アニメの美しさは数段アップしてる感じで、特に使徒ラミエル戦で顕著です。

今回登場した使徒全般に言えることですが、生物である、という側面が
強調される演出だったような気がします。

サキエル戦においては国連軍(?)の兵器の内、大型ミサイルに変更が見られました。
(ここら辺、現代兵器を意識してるのかも)

しかし、テレビで見るのと劇場で見るのではやっぱり迫力に差がありますね~。

サキエル戦からシャムシエル戦までは、大きな変更はないように感じれましたが
ラミエル戦では、演出に変更がありました。

エヴァが狙撃開始するまで、あらゆる地点から集中砲火を続けてたり
ラミエルの攻撃で、山が消し飛んだり(!?) その他でもいろいろ変更が見られます。
(もっとも、話そのものが変わる程ではないんですが)

今回もっとも大きな変更はラミエル戦で見られましたね。

「今一度、日本中のエネルギーと一緒に、私たちの願い、人類の未来
 生き残った全ての生物の命、 あなたに預けるわ」


原作にはなかった、熱血的展開です。
(停電した闇の中で怯えながらも、皆の心が一つに! みたいな)

何度絶望を味わっても、そこから立ち上がってくるモノが大好きな自分にとっては
凄くよかったです。
(ポップ君しかり、平賀才人君しかり)

作品クレジットに、確か東京電力があったと思うんですけど
日本中から電力を引っ張ってくるという演出にリアルさを持たせるために
色々聞いて参考にしたのかな? と思いました。

原作よりも、大規模な作業現場が見られ、それらのシステムをコンタクトして
一カ所に集めるまでの展開は、中々良かったです。

後、友人のボイスレコーダーの演出も(爆)
{というか、シンジ君がテープを聴いてる所が変更無しだったのはグット!(爆)}

この一連の展開には、賛否両論あるかもしれないけど
個人的には、こういう熱い展開が好きなので堪りませんでしたね。

旧世紀エヴァも好きだったけど、新世紀(爆)エヴァも好きになれそうです。

後、綾波レイ

なんとなく、久しぶりに聞く声とあいまって、凄く懐かしい気持ちで見てました。

全ての無口系ヒロインの元祖。(厳密には違うかもしれないけど)

この作品以降、無口系ヒロインが氾濫し、今や何処の作品にも一人は見かける程
強烈な影響を与えたヒロイン。
(この作品発表前までは、無口系ヒロインはこれほど人気はなかった気がします。)

今回はアスカは出てきてないけど、個人的な意味では惣流・アスカ・ラングレー
自分のツンデレの原点なんだな~などと、しみじみ思いながら見てました。

後、この作品の特徴というか、人間が持つ業の深さの演出も
損なわれてはいない点は好ポイント。

これを見て、つくづく自分は人間という存在が好きなんだな~と
改めて思いました。
(その業の深さも含めて)

もう一つ付け加えるなら、第三新東京市の演出です。

原作よりも色々細かく描かれてるのですが、やはりなんと言っても
ミサトさんが、シンジ君を連れて行って見せたシーンでの美しき人工の建物の数々。

下から、ビルが生えてくるという演出もさながら、美しいシーンです。
(あなたが守った街よ、というミサトさんの台詞も大好きです)

総評として、個人的には大満足な展開でした。
(久しぶりに余韻に浸れる感じを味わいました)

続編に期待が高まります(笑)

ちなみに、帰り際、『さよなら』と綾波の台詞を言ったら
『別れ際にさよならなんて、そんな悲しいこと言うなよ』と見事に返してくれた友人に
乾杯!(超爆)

良い友人を持てて幸せです、ハイ(お 【追記】
本編とは直接関係はないけど、心に来た言葉があったのでご紹介を。

<途中省略>

閉じて停滞した現代には技術論ではなく、志を示すことが大切だと思います。

<途中省略>

映像制作者として、改めて気分を一新した現代版のエヴァンゲリオン世界を構築する。
このために古巣のガイナックスではなく自身で制作会社と制作スタジオを立ち上げ、
初心からの再構築としました。
過去にとらわれず、現状に甘えず、進歩ある未来を目指すためです。

原作/総監督 庵野秀明
2006 09/28 晴れの日に 鎌倉にて

劇場で買ったパンフに書いてあった言葉ですが、特に、『志を示すことが大切』というあたりに
強く共感してしまいました。

ヤフーブログでも以前(2007/6/23付記事)、書きましたが

{同じ時、同じ世界に生きるからこそ
 同じ思いを抱く時がある。}

改めて強く思いました。

庵野秀明さんの、今後、益々のご活躍とご多幸をお祈りいたします。

ちなみに、こちらからも見れるようなのでリンク先を書いておきます。
ご興味が湧きましたら、全文を見てみて下さい。

Yahoo! JAPAN - エヴァンゲリオン特集より
http://eva.yahoo.co.jp/gekijou/big_message.html

さらに追記
修正・追記しました。(2007/10/10付)

テーマ : 新劇場版新世紀ヱヴァンゲリヲン・序 - ジャンル : 映画

 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。