dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
―――――そして全ては業火に消える

(帯紙より)


皆様、こんばんは。

何か、昨年末ぐらいの記事にキチンと読み終わったら感想を書くと
書いてたのですが、うっかり忘れてました(汗

これを、書く前に、前回の感想を見直してみたら感想が2巻からでした。
また、三巻飛ばして、4巻からの感想になります。

偶数なのは、何か意味でもあるのか?
などと、無意識に語りかけてみたり(爆)


―――閑話休題。

以下、追記に感想を書いてますので、興味のある方はどうぞ~♪ さて、余談はおきまして、感想です。

初っ端から、衛宮切継の過去の話です。
……子供の頃から既に、過酷な運命にさらされていたのですな。

なんとなく、『切嗣』の名の由来は、嗣ぐ事を切るからなのかな~なんて
ふと、考えたりしました。
(まあ、深読みのしすぎかもしれませんが)

シャーレイが渡したのが、銀のナイフではなく、拳銃(銀の弾入り)なら
切継は、間違える事はなかったんじゃないかな~なんて思ったり。

{指先を、心と切り離して動かす}とかのくだりとか
今までより、今回の巻では虚淵玄さんらしさが、全開だった気がします。

今までは、どちらかというと、原作の雰囲気を生かす感じでしたけど
この巻では、虚淵玄さん独特の世界観を、Fateに融合させているような
そんな気がしたりしました。

セイバーがYAMAHA・V-MAX改{あえて改をつけてみたり(爆)}を
乗り回してるなんて、想像もしませんでしたよ(笑)

まあ、メルセデス・ベンツを乗り回してたのが、伏線になってたのかもしれませんが
騎士王が、馬の代わりに、バイクを乗り回すなんて想像できるものではありません(苦笑)

ダークスーツのセイバーが、モンスターマシンを駆って
街中を走ってるのは、絵になるのでしょうね~。
{でも、うるさそうだな~なんて思ったり(笑)}

今回は、全般的に、人(人類)が背負ってきた『業』について
特に触れられてた気がします。
(切継しかり、舞弥しかり)

さて、次は戦闘シーンをピックアップ。


ライダーVSアーチャー戦


{ ト ・ フ ィ ロ テ ィ モ
『彼方にこそ栄えあり』

――届かぬからこそ挑むのだ。覇道を謳い、覇道を示す。
この背中を見守る臣下のために。}


(Fate/Zero4巻 「煉獄の炎」より)



漢の中の漢、人それを『王』と呼ぶ!!


みたいな感じでした。

ツンデレウェイバー君も、良く頑張った!感動した!!(爆)

実際、彼も最後は漢だったと思います。

今だからネタバレしますが、ドラマCDで生き残ってた事は既に知ってたから
あれだけど、それを知らずに読んでたら、もっと感動できたかもしれませんな。



セイバーVSバーサーカー戦


いやー、騎士が持つ華やかさと哀しさを垣間見た思いです。

でも、神造兵器同士のまともなぶつかり合いを、一度見てみたかったですね~。

バーサーカーとは尋常な果たし合いが出来てたら、今回とは違った
美しい剣戟が繰り広げられたかもしれませんな。



言峰綺礼VS衛宮切嗣


ええ、Fate/Zero本編中でも屈指の戦闘シーンではないでしょうか。

サーヴァント戦が、完全に人の領域を超えた超常の戦いであるなら
彼らの戦いは、まだ、ギリギリ『人』としての限界を超えた所にある分生々しさが段違いです。

戦闘マシーンに自らを特化した衛宮切嗣。
修練の果てに、達人の域に達した漢、言峰綺礼。


これは、一つの、西洋の極み東洋の極みの激突と
言えるのではないかと思ったりしました。

また、代行者が代行者たる由縁もしかと魅せて頂きました。

代行者と呼ばれる人達がこのレベルなら、その上の埋葬機関の人達は
一体、どれくらいのレベルなのかっっっ!!
(まあ、シエル先輩などが良い例かもしれませんけど)

と、まあ、今回はこんな感じでした。
(他にも、見所は沢山ありますので、興味のある方は是非手にとって見て下さい)


絶望の淵から奇跡を叫ぶ強さ。

後に繋がっていく物語の強さを、私はたしかに見せてもらった。


(帯紙より)


以上、『Fate/Zero4巻 感想(ネタバレ 注意!)』でした♪


【追記】
記事の一部を修正しました(2007/01/08付)

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

 

コメント

Fate/Zero、一年遅れで私も読了しました。
感想を一言。

「イスカンダル最高ッッ!!!」

征服王+ヘタレ+ゴルディアスホイール絵を描きたいけど、
難しいだろうな・・・現状の画力ではまるで追い付きません。

どなたか描いてないかな?時期的には丑年だw神牛の蹂躙見たい!

新井戸ヒカルさん、明けましておめでとうございます。

新井戸ヒカルさん、こんばんは(ぺこり)
わざわざ過去記事へもコメントして下さり、ありがとうございます。

> Fate/Zero、一年遅れで私も読了しました。
おお、新井戸ヒカルさんも読み終えましたか。

> 感想を一言。
> 「イスカンダル最高ッッ!!!」

ですよね~♪

漢と書いて『おとこ』と読むに相応しい
気丈夫な豪傑でしたな。

宝具も、凄さを感じさせるモノでした。

残念ながら、宝具同士の相性の問題で
アーチャーには及びませんでしたが、インパクトは
アーチャー以上でしたね~。

> 征服王+ヘタレ+ゴルディアスホイール絵を描きたいけど、
> 難しいだろうな・・・現状の画力ではまるで追い付きません。
その組み合わせもなかなかよさげですよね~。

> どなたか描いてないかな?時期的には丑年だw神牛の蹂躙見たい!
Fate/Zero関連の、アンソロジーコミック等で、いろいろ描かれてます。
興味があれば、いろいろ手にとって見てみてはいかがでしょう?(笑)

なるほど、言われてみれば、牛年に神牛ですな!
なかなか、縁起の良い組み合わせかも、ですな!!

それでは、新井戸ヒカルさん、改めまして本年もどうぞよろしくお願いします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。