dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


フェイレン(AMAZAKI)



フェイレンの章


 そよ風が木の葉を揺らしている。
 それを気持ちよさげに眺める、一人の女性がいた。

 名をフェイレンという。

 大木の枝に抱かれるように、の上で寝転びながら
彼女は、を感じていた。

 自然はいい。

 自然はこうも『自由』で溢れてるというのに、どうして人は妙な決まり事を作って
進んで『不自由』になろうとするのかわからないなぁ~、と、彼女は思う。

 そんな事を考えながら、少し物憂げな表情で、その綺麗な睫毛を揺らす。

 そんな木陰の隙間から空を見つめてた彼女の思案の時間を、一つの声が
終わりを告げる。


「おおーい、フェイレン。 またお前に挑戦者だとよ!」


 そんな声を掛けてきた悪友のヤンを一瞥し、やれやれなどと呟きながら
ひらりと地面に降り立つ。

 その流麗な動きと、チャイナドレスのスリットから見える美しい脚線美に
見とれているヤンに、彼女は気やすく声をかける。


「どう、今度のは強そう?」
「んにゃ、先々週来たヤツの方が強そうだったぜ」
「ふ~ん」


 などと、雑談を交わしながら、ロンシェン広場に足を運んだ。 


 ロンシェンの広場には、今日も大勢の人だかりが出来ていた。
 見物人のお目当ては、もちろん、フェイレンである。

 凄腕の槍使い、フェイレンの名は今や有名である。

 故に彼女に挑もうとする挑戦者が、ちょくちょく来るので
この町の名物になっている。

 試合の日は、ちょっとしたお祭り状態で露店が並ぶ程だ。

 フェイレンとの対戦を望むモノは、予約金を払い、指定された日に
この町に来る必要がある。

 最初の頃は、誰も彼も挑戦しようとしていたので、段々と対戦の為に支払う予約金を
高くしていった結果、最近は挑戦者がかなり減少してはいる。

 しかし、それでも彼女の腕前を見ようとやってくる観光客は多い。

 フェイレンは己の身を賭け、挑戦者は金を賭ける。
彼女にとっては趣味と実益を兼ねたモノだ。


「噂通りの美人じゃねぇか! こりゃ腕が鳴るぜ!!」
「あら、どうも」


 フェイレンはウィンクをして魅せ、余裕を見せた。

 彼女に挑戦してくる人間には二つのタイプがある。

 一つは、腕に覚えがあり、彼女の噂を聞きつけ
腕試しをしてみようという硬派な武術家

 そして、もう一つは、目の前の男のようにフェイレン色香に血迷い挑戦してくる
少し腕に覚えのあるタイプだ。


 双方、得物を構える。
 
 互いに槍を構えた時から、既に試合は始まっている。
 男は、裂帛の気合いを持ってフェイレンの間合いに踏み込む!

 それを見越していたのか、フェイレンは相手よりさらに速く、疾風の如く踏み込むと
相手の得物を払い、そのまま反転した槍の石突で胴に一撃を食らわせる。

 攻守を一手で行う達人の技である。

 衝撃と痛みで、くの字になった男の背後にフェイレンが回り込む。


「ハッ!」
「ぐえっ?!」

 
 足を払われ、情けない声を出しもんどり打ってひっくり返った男は、フェイレンの顔を見上げる格好に
なっている。

 たちまち、拍手喝采がフェイレンを包んだ。

 戦意を失った対戦相手の表情を見て取ったフェイレンが、手を差し伸べ、微笑みながら大丈夫? と問うと
倒れていた男は赤面し、ああ、すまねぇ、と言うのが精一杯であった。


「はいはい、見物料はこっちだ!掛け金はそこで支払いをしているぜ」


 仕切り屋のヤンが、ほくほくした表情で本日の見物料と掛け金を回収する。


「じゃ、後よろしくね~」


 細かな雑事はヤンに任せて、フェイレンは颯爽と広場を後にした。


 
 その夜、果たし合いを終えたフェイレンは、お気に入りの美少女イェンと夜を共にしていた。
 部屋には甘ったるい香が焚かれ、ベットの上で二人はじゃれ合っている。


「そういえば、近々、風撃槍の主選定が行われるそうですけど、お姉様は行かないんですか?」
「ああ、そういえば、そんなのがあったっけ~。めんどいから行くつもりないけど」
「ふふ、良いんですかぁ~?噂じゃ、もし見事選ばれた槍主には第三皇女様との婚姻が約束されてるとか」
「え、ほんと?」


 第三皇女といば、その可愛さはこの国で随一との噂だ。

 何度募集しても、中々、槍主に認められる強者が現れないことに業を煮やした皇帝
愛娘との婚姻を約束する事で、より多くの武術家を集めようとしたのであった。

 美少女好きフェイレンにとって、それは非常に心惹かれるモノである。


「う~ん、行ってみよっかな?」
「あー、私を差し置いて、浮気者ぉ~」


 ぽかぽかと叩いくるモノの、その仕草からは、あまり本気さは感じられない。

 というのも、気まぐれな彼女は、特定の一人に拘る事がないことを知っているからである。

 可愛らしい怒り方をする子猫を宥めながら、どうしよっかなぁ~などと
呑気に思うフェイレンであった。


―――次章に続く。 【後書き】
月末公開予定で、前から告知していた三賢者物語のもう一キャラ『フェイレン(仮)』
公開開始しました。

第二章までは、しばらく間が空くと思いますが、筋道は出来てるので
終章まで、一ヶ月程で終わると思います。

メイナとは、まったく違う世界で、また新たなキャラクターの物語を
楽しんで頂ければ幸いです。

【追記】
本編に一部追記、そして、後書きを加えました(2008/01/27付)

本編を修正・追記してみました(2008/01/28付)

現在、当ブログでは『三賢者物語企画』を推進中です。
詳しくは、右側のカテゴリーにある『三賢者物語企画』をクリックしてみて下さい。

さらに本文を修正しました(2008/01/28付)

タイトル、及び、本編を修正しました(2008/01/29付)


【さらに追記】
AMAZAKIさんから頂いた挿絵イラストをアップします。
これにあわせて、本文を修正致しました(2008/04/05付)


本文を一部修正しました(2008/09/22付)

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

 

コメント

フェイレンってとっても「イイオンナ」な感じがします(*゚ー゚)
強くて美人なんて、最高っ!ヽ(〃▽〃 )ノ

今後も、更新をまったり待ってますv

ココンさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

ココンさん、こんばんは(ペコリ)

フェイレンのコンセプトは、『強くてイイオンナ』です(笑)

こちらの意図した通りに伝わったようで
凄く嬉しいですね。

>今後も、更新をまったり待ってますv
ありがとうございます。
感想コメントは凄く励みになります。

これからも、徐々に明らかになっていく『三賢者物語』の世界を
お楽しみ頂ければ、幸いです。

どもー。

風を感じるフェイレンさん、闘うフェイレンさん。
読み返さなくてもわかりやすく、イメージがすっと頭の中に浮かんできて面白かったです。
頭の中でフェイレンさんが動いてるのです。

シナリオを書いている方なら、なければいけない要素なのかも知れませんが
文章を書くのが苦手な私は憧れてしまいますよ♪

しかし「お気に入りの美少女イェンと夜を共にしていた。」の部分では思わず読み返してしまいました。

「美少女好きだったのかぁ~!!」

・・・ナイスです♪(おい

千 朝薙さん、ご訪問&コメントありがとうございます♪

朝薙さん、こんばんは(ペコリ)

感想コメントありがとうございます!

凄く嬉しいし、次ももっと頑張ってみよう!って
気になれます(笑)

>フェイレンさんが動いてるのです。
はい、今回は、今までより動きや情感を伝えられる表現を
書けるよう努力してみました。

まだまだ、手探りな感じですが
そう感じて頂けたなら、凄く嬉しいですよ~♪

>文章を書くのが苦手な私は憧れてしまいますよ♪
暖かいコメント、ありがとうございます!

これからも、もう少し上手い表現で書けるように
努力してみますね♪

>・・・ナイスです♪(おい
どうも、ありがとうございます。

自分的に、(多分)初めて色っぽいシーンに
挑戦してみました。
{色っぽさが足りてないですが(汗}

ちなみに、彼女の好みは

美少女>>美女>美少年だったりします。
{あれ?男性は??(超爆)}

これからも、『三賢者物語』を楽しんで頂けるよう
出来る限り精進していきますので、どうぞ、よろしくお願いします。

コメントを追記・修正しました(2008/01/29付)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |