dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏コミサークルカット


皆様、こんばんは(ペコリ)
本日は、三賢者物語企画関連のお知らせです。

今度の夏コミには、既に申し込んでおります。
今回のサークルカットは、AMAZAKI氏にお願いさせて頂きました。

この場をお借りして、お礼を。
どうも、ありがとうございました。

○ターウォーズのOPっぽい感じという、アバウトな指定を
見事に実現してくれました事、感謝しております。


また、此処で一つお知らせがございます。
今まで、三賢者物語企画にご協力頂いていた、萌黄さんですが
元々は、昨年の12月までは何とか、という形でご協力頂いておりました。

そこを、こちらのお願いを聞き入れてくださり、ご協力を継続して下さっておりましたが
一月末をもって、最後のご協力と相成りました。

萌黄さん、今までのご協力、心より感謝致します。
どうも、ありがとうございました。


此に関連して、新たに絵師さんを募集する必要性がありますが
今は、とりあえず、フェイレン物語前夜を書くことに集中したのち
改めて、再検討したいと思います。 さて、自分は過去記事(2008/02/23付)『創作と育成。』において
子育て創作活動における共通点を書いております。
(今回は、此に関連した記事です)


とは、資格でなるものではありませんように
クリエイターもまた、資格でなるモノではないと思います。

自らの意思で、作品を世に出すことを決意し
なんらかの形で、その意思を示したその瞬間から
クリエイターとしての人生が始まるのだと思います。

それは、どのような経緯があれ、子が産まれたその瞬間から
親となることと、同義でありましょう。


作品を生み出す(子を産む)権利と、作品を創り上げる(子育ての)義務
表裏一体のモノ。

一度、生み出した以上、その作品(子)に対する責任が生じるのは
当然の道理


例え、その作品が自分の思うようなモノにならなかったとしても
それを子として考えた場合、果たして、見捨ててよいモノなのでしょうか?

自分は、違うと思います。

どのような経緯であれ、自らが生み出したモノを祝福
その『生』を真っ当する事ができるよう、育てる義務が
クリエイター(親)にはあると思います。

そして、それこそが、クリエイター(親)を目指すモノが
最低限備えてなければならない仁義だと、自分は考えています。

とどのつまり、自分の作品に愛情を持ち
完成するまで、如何なる事があろうと、愛情を注ぎ続ける事が
できてこそクリエイターなのだと思います。


人生とは、なかなか思うようにはいかぬもの。
されど、どのような困難があろうとも、自らの作品を守り抜くことも
また、クリエイター(親)としての道なのではないでしょうか。

そして、それこそが、『商品』『作品』に対する在り方の違いなのだと信じています。


消費される事を前提につくられ、如何に多くの売り上げを上げるかを
考えて作られるのが、商品ならば。

クリエイターの愛情(情熱)を前提につくられ、如何に末永く、多くの人に愛される存在になりうるかを
世に問うモノが、作品であると自分は考えます。


自分はまだ未熟なれど、如何なる事があっても、どんなに時間がかかろうとも
この命ある限り、『三賢者物語』を完成させる事を目指して、生き抜く所存であります。

そして、そういう姿勢こそが、『人生』というモノである気がします。

どうか、これからも、末永く『三賢者物語』とお付き合いして頂ける事を願いながら
この記事を、締め括りたいと思います。

此処まで読んで頂き、どうもありがとうございました。


【追記】

より多くの人に、『三賢者物語』を目にして頂きたいとの思いもあって
ブログ村のバナーを設置してみました。

何からしら、当ブログの記事の中で、心に響くモノがある時や
『三賢者物語』を応援する気持ちなどがありましたら
クリックをどうぞ、よろしくお願いします。

記事に、ブログ村のバナーを付けてみました。
記事を一部修正しました(2008/03/06付)

テンプレートに付けたので、記事中のバナーをはずしました(2008/03/06付)

記事をさらに修正・追記しました(2008/03/06付)

この記事に拍手を頂きました。
どうも、ありがとうございました(2008/03/07付)

テーマ : ゲーム製作 関連 - ジャンル : ゲーム

 

コメント

こんばんわ。
こちらでもサークルカットの挿絵貼っていただけて、こちらこそありがとうございました('∇'v)

三賢者物語・ブログ版ストーリーも超応援してます!フェイレンの姉御かっこいいッス!


あとうちの方でもこちらに乗じて、以前のサークルカットをさっそく貼らせていただきました。お暇な時にでもご確認下さい(^-^)

AMAZAKIさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

AMAZAKIさん、こんばんは(ペコリ)

>サークルカット
こちらこそ、要望を聞き入れてくださり
ありがとうございました。

>超応援
応援、どうも、ありがとうございます。
AMAZAKI氏から応援頂けると、心強いです。

>フェイレン
かっこいい、と書いて頂き、ありがとうございます。
自分の創作キャラが褒められると、ほんと
嬉しいです。

>以前のサークルカット
確認させて頂きました。

以前も、そして今度も、AMAZAKIさんには
お世話になりました。

心より感謝致しております。

これからも、どうぞ、よろしくお願いします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。