dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の意欲をかき立てることができない人たちは、

ほかの才能がいかに感嘆すべきものであろうと、

凡庸に甘んじるしかない。


(アンドリュー・カーネギー )


不景気だなんだで、世の中、右向いても左向いても
暗い話ばかり。

アメリカじゃぁ、バラク・オバマが、格好いい台詞と
実行力で国民を魅了しているのに、うちの日本ときたら…と
思ってはいませんか?

友人と、酒場で愚痴り合うのも、それはそれでいいかもしれませんが
どうせなら、自分達で、国を世界を変えようとは思いませんか?

政治家任せで、国や、世界で起きていることは
遠い世界で起きてることだと思ってやしませんか?


ですが、思い出して頂きたい。
国民主権であると。

自分達の行動如何で、世界は変えられるモノのはずです。


今の世界、私たちの住む、この社会は
人を幸福にする社会なのでしょうか?

世界の何処かでは、貧しい上に、たゆまぬ争いで餓死する人達が沢山いて
さて、平和で豊かな日本国は、といえば
これまた、餓死する人がいて、凍死する人がいて
年間自殺者が毎年三万人を越す、というのが現状だったりします。

貧富の差とか、資本主義の問題点とか、重要なのは
そこじゃないと思います。

重要なのは、この世界の何処を見渡しても
全ての人が幸福に暮らせる世界になっていないということ。

何千年という歴史の中で、争いは絶えず、国も宗教も民族主義も
全人類を幸福にするに至らなかったのは、歴史が証明している通りだと思います。


だから、変えなければならない。
全ての人が幸福に生きる事のできないこの世界を
それを動かしているシステムを、変革しなければならないと、自分は思います。


バラク・オバマは、優秀な指導者として、アメリカの景気悪化を立て直せるかもしれません。

ですが、彼の立場が、一国の大統領である以上
『全人類の幸福』より、『アメリカ国民』の幸福を優先するであろうことも
歴史が証明している事実。


国や、宗教や、民族では
『全人類』を幸福にすることはできない。

今までの、歴史と同じやり方では
まさに、『歴史は繰り返す』のですから。


私たちが、本当に、皆で幸福になる社会(システム)を
創ろうとするならば、人を救うところか、争いの火種にもなっている
『国・宗教・民族』から、自らを解放し、全ての人が独立した一個人としての
権利と義務を、持つべきではないでしょうか?


人類の、人類による、人類の為の世界。


『分ければ対立し、合すれば和する』

故に、『全人類の幸福』を本気で考えるなら、今の社会を分け隔てる
システムを変えなければならないと思います。

{人類を救えるのは、人類を信じるモノだけ}

この世界に、民族がある前に、国がある前に、宗教がある前に
我らは『人』だった。

たった、この事実を認識するだけでいいのです。
現在、皆が信じてるモノを捨てる必要もありません。


ただ、どこの国の人間である前に、どこの民族である前に、どこの宗教人である前に
まず、『人』であることを自覚し、『全人類』の為に、自分が出来ることを
すればいいのです。



その為に、必要なのは、全ての人間が
あらゆるカテゴリー分け(国・宗教・民族等)から
独立すること。

自分の運命を、決して、人以外の何かに委ねないこと。

自分達の人生を、誰か(何かに)に動かされるのではなく
自分達で切り開いていく為の、完全なる『自由』を勝ち取ること。

人を救うのは、『人』であって、それ以外の何かでは
決してない。

私たちを救えるのは、私たち自身なのですから。


その大義を実現する為にこそ、自分は生きてきて
自分が進めている全ての企画は、それを実現する為にこそ
限りない価値を持つモノとなるでしょう。


今、皆様のご協力の下に、進めている
『ギネス企画』も、また、その道を造るために
生み出されたモノ。


人種、宗教、国境の壁を越え
多くの絵師達が、協力し
一つの作品を作り出すことで
あらゆるカテゴリー分けを超えて
我らは皆、同じ人間であると、そう思える瞬間を実現することを願い
今なお、この企画は、実現に向けて進行中です。


バラク・オバマは、アメリカ国民に対して、『Yes We Can!』と言い
見事に大統領になってみせました。

ですが、彼らも人なら、我らも人。

彼らに出来た事が、我らにできないはずがないんじゃありませんか?


彼らは、『アメリカ』を変革してみせた。


なら、私たちは、『世界』を変えてみせませんか?

その第一歩である、『ギネス企画』を、私たちの手で実現しましょう!


この企画の実現は、終わりではなく、始まりなのです。

人類が、人類として、幸福に生きるための世界を
生み出すための、始まりにすぎないのです。

ですが、皆様のご協力がなければ、この新しく生まれた芽は
始まる前にその生を終えてしまうかもしれません。

どうか、皆様の『可能性』を、示して頂きたい。
私にではなく、この混沌たる世界へ。


それは、いずれ、全ての人達の『希望』となり
いずれ、世界を変える礎になると、自分は信じています。



ギネス企画へのご協力、どうぞ、よろしくお願いします!! 【追記】

この記事の一部に、以前『世界を救わんと志す者達へ』というタイトルで書いたモノを
少し言葉を変えて掲載しております。

いつの日か、『全人類の幸福』が実現しますよう願い
ここに改めて、自らの意思を示します。

誤字等を修正しました(2009/03/16付)

この記事と、過去記事、『メインPCの調子がおかしくなりました(汗』(2009/03/16付)へ
それぞれ、拍手クリック等頂きました。

拍手クリック等、誠にありがとうございます。


なお、過去記事、、『メインPCの調子がおかしくなりました(汗』(2009/03/16付)へのクリックが
多いので、ひょっとしたら、返信してないコメントがあるかも?と思い
クリックしてみましたが、特に問題はないようです。

上記に書いた通り、確認の為にクリックした分、一クリックは
自分で押したクリックですので、実数は一を引いた数になります。

ご理解の程をよろしくお願いします。
(2009/03/16付)


この記事に、新たに拍手クリックを頂きました。
拍手クリック、どうも、ありがとうございます。
(2009/03/16付)


この記事と、過去記事、『メインPCの調子がおかしくなりました(汗』
{『みんなでギネスに挑んでみないか? 企画』へのお手伝い&参加者予定者様が、50名に達しました(2009/03/11付)}
へそれぞれ、新たに、拍手クリックを頂きました。

とても、励みになります。
拍手クリック、誠にありがとうございます!

皆様の拍手クリックも糧として、これからも企画実現に向けて
頑張って行く所存です。
(2009/03/16付)


今宵も新たに、当記事に拍手クリックを頂きました。
拍手クリック、どうも、ありがとうございます。
(2009/03/17付)


この記事に、さらなる拍手クリックを賜りました。
どうも、ありがとうございます。
(2009/03/20付)


本文に貼ってあった、youtubeへのリンクを
削除しました。
(2012/07/19付)

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

 

コメント

飛翔

なにか、胸を打たれるような内容です。
社会に対する思い。人に対する思い。そして、ギネス企画に対する思い。
この全てが複雑に絡み合い、文字という媒体を通してではありますが、Tx2さんの熱い心情が伝わってくるようです。

この記事によって社会に対する。人に対する。企画に対する。新たな一歩が踏み出せることを切に願います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

alomaさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

alomaさん、こんばんは(ぺこり)

自分なりに熱意を持って、今まで自分が持ちつつけてきた
考えを取り入れて、記事にしてみました。

ですので、少なからず、自分の想いがalomaさんに伝わったようで
凄く嬉しいです。

自分の最終目標は、『全人類の救済』
これだと宗教っぽいので、『全人類の幸福』の方が
共感を得られる気がしますね。

自分が生きてる内でなくても良いのです。
将来、いつの日か、全ての人が幸福に生きられる世界が
あれば。

その為に、自分は一つの礎を築こうとしております。

このギネス企画が、その礎になってくれれば
企画した者として、これほどの喜びはありません。

これからも、この企画の実現の為に、精一杯
できることをやってみる所存です。

どうか、これからも、よろしくお願い申し上げます。

管理人のみ閲覧さん、ご訪問&コメントありがとうございます。

管理人のみ閲覧さん、こんばんは(ぺこり)

『全人類の幸福』の実現は、何年も持ち続けてきた
自分の究極の目標なのです。

自分なりにどうすれば、それを実現できるかを
考え続け、そして、文章として初めて
公開したのが、『世界を救わんと志す者達へ』でした。

国、宗教、民族等から、完全に独立した存在なら
なんの偏見もなく、万人を愛せる人になれるのではないか?
という想いがありました。

そして、ただ文章にするだけではなく
それを実現するために、自ら企画したモノの一つが
今回推進中の、ギネス企画なのです。

絵の持つ『可能性』に着目し、全ての人類の共感を得られる
礎になりうるかもしれない、という想いがありました。

国、宗教、民族によらない
全ての人類が共感できる『何か』

それは、全ての人類は、同じ『人間』である
ということ。

自分は『全人類の幸福』なる社会実現の為に
これからも、カテゴリー分けからの独立を提唱していくつもりです。

>『全人類の幸福』への 第一歩になれるよう祈っています。

ありがとうございます。

皆様の想い、祈りも糧として、『全人類の幸福』実現の為
自分にできうる限りのことを、やっていくつもりです。

管理人のみ閲覧さん、これからも、どうぞよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

久し振りにコメントさせていただきます。竜羅です。

>政治家任せで、国や、世界で起きていることは
>遠い世界で起きてることだと思ってやしませんか?
確かにその通りですね。例えば選挙に行かないで政治に文句言う資格はないと思いますし、白紙票でも立派な主張ですしね。
ただ日本の場合はマスコミ、というかマスゴミがネガティブに報道しすぎな面もあると思うのですが…(苦笑)。
それからオバマ氏も大統領になって間もないのでまだまだこれからだと思うのですよ。
決して悪く言うつもりはないのですがみんな今の時点で褒めすぎかなぁという気もするといいますか…^^;
なんかまとまってなくてすみません。

それから今まで諸事情で様子見していました「ギネス企画」ですがよろしければ私もお手伝いさせていただきたいと思います。
試作本の方も参加表明させていただきます。
それではよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧さん、ご訪問&コメントありがとうございます。

管理人のみ閲覧さん、こんばんは(ぺこり)

自分が思うに、無力感や挫折を経験しない人間など
滅多にいないと思います。

そうした場合、自己卑下や自己否定に陥りがちなのも
また、人の持つ弱さではないかと思います。

しかし、光あれば影有り。
その逆もまた、然り。

そこから、這い上がり立ち上がることができる強さを持てたモノが
夢を実現する、『可能性』を手にするのだと、自分は信じています。

自分も、無力感に苛まされ、自己卑下に陥ってたこともありました。

ですが、自分に何ができるか、ではなく
自分が何を為したいか? を基準に生きるようになってからは
少なくとも、目標を見失うことはなくなりました。

過去の挫折から、自分には何もできないと思うことは
自らの『可能性』を閉ざす行為です。

夢を実現できる人とは、とどのつまり
できるかどうか、ではなく、やるかどうかであり
自分の未来に対する覚悟をもって、やることを選択したモノなのではないでしょうか?

多くの人達は、善意から、未踏の道を歩むよりも
彼らも歩んできた道を勧めます。

しかし、もし、その道を選択して幸福になることができなければ
その『想い』は、何処に向かうのでしょうか?

後悔するような生き方をしたくないなら、自分の心に忠実であるべきだと
自分は思います。

親や友人や知り合いの助言は、一考する価値のあるものだと思いますが
それでも最後の選択と、その選択によって得られる結果に対する責任は
自分自身の信条に従い行った方が、成功しようが失敗しようが
悔いの残らない生き方になると、自分は思っています。

何にせよ、どの道を行くかは、貴方自身が決めること。

自分にできることは、只、貴方が選択した道が
幸福に繋がることを祈るのみ、です。

グットラック!(幸運を!)


【追記】
誤字等を修正しました。
(2009/03/17付)

竜羅さん、ご訪問&コメントありがとうございます。

竜羅さん、こんばんは(ぺこり)
こちらこそ、ご無沙汰しておりました。

久しぶりのコメント、嬉しく思います。

>例えば選挙に行かないで政治に~
自分があの文章で伝えたかったのは、そういう一般論的な話ではなく
少々過激な意味を持つモノです。

もっとも、暴力はさらなる暴力をよぶだけなのは
歴史が証明してる事実ですので、あくまで、非暴力な意味での話ですが。

個人的な信条としては、偉大なる先人の一人、マハトマ・ガンジーにならい
全ての活動の基本を、非暴力・不服従としております。

また、お互いが理解し合う為には
『愛と許し』が、重要ではないかとも
考えています。

今の社会のシステムは、つぎはぎだらけで、根本的な解決にはならないどころか
むしろ、問題を助長してる気がします。
(対症療法では、もはや限界でしょう)

ですので、それなら、いっそう一から新たに組み直した方が
まともな社会(システム)が出来上がると、自分は考えております。

もっとも、急激な変化は、反動も大きく
大きな混乱をもたらしかねないので
段階的な変化を基本し、自分はこれからも根気強く
カテゴリー分けからの独立を提唱していくつもりです。

それと、オバマ氏に関しては、今までの
『国』というシステムの典型例として
書いてみただけのこと。

『国』というシステムでは、どのような優秀な指導者でも
全人類の幸福を実現することは難しいのではないか?
と、歴史を鑑みるに思う故、一つの例として書いてみました。


>~試作本の方も参加表明させていただきます。

ギネス企画への参加&試験本への参加表明、誠にありがとうございます。

実は、現在、テンプレートを設置しておりまして
お手数ですが、よろしければ、そちらへのご記入もして下さると幸いに存じます。
(わかりやすく設置できてなくて、すみませんです)

アドレスは、以下の通りです。

『みんなでギネスに挑んでみないか? 企画』テンプレート
http://my.formman.com/form/pc/HL3tfrjxRybPb1Me/

記入が確認でき次第、記載させて頂きますので
どうぞ、よろしくお願いします。


【追記】
誤解を与えそうな表現がありましたので
修正・削除し
もう少し、真意を伝えるため、追記を行いました。

誤解を与えるような、表現になってしまい
失礼致しました。

善意とは、押しつけるモノではなく
示すモノ、という自分の信条に
変わりはありません。
(2009/03/17付)

こんばんは。

こんばんは。竜羅です。
先ほどテンプレートに記入して参りました。
テンプレートの事は知っていたのですが
一応、コメントでも伝えた方がいいと思ってしまいました。
手間を取らせてしまってすみませんでした。

そして政治関連のコメントで的外れな事を書いてしまったのに
熱意のこもった返答をありがとうございました。
私もマハトマ・ガンジーが掲げた「非暴力・不服従」の信条は素晴らしいと思います。

それでは失礼しました。

テンプレート記入へのご協力、誠にありがとうございました。

竜羅さん、こんばんは(ぺこり)
テンプレート記入へのご協力、誠にありがとうございます。

記載内容を確認できましたので、このコメント後
FC2ブログ,FC2WIKIのそれぞれに記載をさせて頂きます。

>テンプレートの事は知っていたのですが
>一応、コメントでも伝えた方がいいと思ってしまいました。

いえいえ、格別のご配慮、心より感謝致します。

こちらこそ、お手数をおかけしまして、すみませんでした。

>政治関連のコメントで~
こちらこそ、まだまだ未熟者故に、真意を伝えきることが
できず、すみませんでした。

では、改めて、竜羅さんの『ギネス企画』への参加を
心より歓迎致します。

これからも、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。