dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


真の志とは、この二度とない人生をどのように生きたら、真にこの世に生れてきた

甲斐があるかということを考えて、心中につねに忘れぬということでしょう。

ですから結局最後は、「世のため人のために」という所がなくては、真の意味で志とは

言いがたいのです。



(森信三)


今まで何回か、たけしの日本教育白書を見て思うのですが
ほんと、良い番組ですね。

再放送は無理でも、DVDで発売してほしいぐらいです。

毎回、途中で見始めるので、他にどんなに良い内容があったのか
気になってしまいますね。


今回の番組では、所ジョージさんの作文と、ビートたけしさんの作文
そして、ビートたけしさんと、94歳のおばあちゃん加藤寿賀さんの対談
特に、印象に残りました。


所ジョージさんの作文では、ゴミの分別についての記述があり
ゴミを減らそうだったのに、いつのまにか分別すればいい、ということになってるという
指摘が、とても印象に残りました。

地産地消という考えに近いモノもあり、凄く興味深かったです。

その部分を録画できなかったので記憶があいまいなのですが
リサイクルすればよい、ではなく、モノを大事にする、という考え方は
凄く素敵だと思います。

科学技術と商業の発展は、人類にとって、多くの利益をもたらすものかもしれないけど
そこまで必要か? を考える必要はあると思います。

自分で何度も使える容器を用意して、飲みたい時にはそれを使う、ということをすれば
ビン・カン・ペットボトルをわざわざリサイクルするまでもなく使えて
ゴミの量を減らせると思います。

家電も、新しいモノを買うのではなく、今あるモノを修理し続けて使う、ようなことをすれば
ゴミを減らせると思います。

修理するより、買う方が安いという
大量生産・大量消費な社会構造を
変えることができれば、モノを大事に使うということも
みんな気軽にできるようになるのでは、と思いました。


その点で、モノを大事にする、という主張を述べた所ジョージさんには
共感できる面がありました。


ビートたけしさんと、94歳のおばあちゃん加藤寿賀さんの対談では
世のため人の為にやらなければならない、という加藤寿賀さんの言葉に
共感しました。

自分も、世のため人の為に何かをしたいと志を抱き続けてきたからこそ
ギネス企画を思い付き、実行に移すことができました。

残念ながら、自分は無名故に、まだまだ先は長いと思いますが
出来れば、この企画を成功させ、世のため人の為になることを実現できれば
幸せなことだと、そう思っております。


ビートたけしさんの作文では、『それは言わない約束』という言葉について
考えを述べられており、これに対しても、共感してしまいました。


主義・主張を述べるのは、現代においては
日本でも常識になってる感がありますが
あまり過激な主張を述べるようなことをせず
黙して背中で語る美学、みたいなモノがあっても良いとは
自分も想います。


どちらかに偏ることなく、中道をいければ理想ですよね。


ネット時代になり、幅広い知識を吸収することができる時代になったかと思えば
自分に合ってる情報だけを見て、視野搾取になりがちな部分があることは
いろんな所で指摘されていることのようですが、そうならないように気をつけたいですね。

視野搾取に陥り、過激な行動をする集団は、世界と社会の脅威になりうると思います。


一つの価値観だけに囚われず、いろんな価値観に触れ
いろんな国々を見て回りながら
人は皆違う、十人十色で、その違いがそれぞれの『個性』であり
それぞれの国の『文化』であると知る。

そして、他者の価値観、多国の文化に敬意を払うのは
人道に沿うモノであり、世界平和へ繋がる
尊い考えであると思います。


貴方も『人』ならば、他者も『人』


いかなる国、宗教、民族に分かれてしまっていても
皆、同じ、『人間』であることを認識していきたいものですね。


だからこそ、他者の文化、多国の文化を否定するのは
同じ『人間』である、自分自身をも否定する行為なのだということを知らなければならないし
それを知るためには、ネットの情報を鵜呑みにすることなく
いろんな国へ旅をし、自分の五感で、いろんな人と文化に触れることが
結果的に、世界平和に繋がるのだと、自分は考えております。


ギネス企画が、いろんな人の価値観に触れる、良い機会になることを願いながら
これからも、自分に出来る限りの範囲で、推進して参りたいと
番組をみて思いました。



以上、たけしの日本教育白書 ~ニッポン人の忘れ物~ 感想(2009/11/23付)』でした。 過去記事、『おそらく、今年(2007年)最後の更新です。』(2007/12/30付)
『三賢者物語 フェイレン物語前夜 第二章 』(2008/02/04付)
『ブログの不具合。』(2008/02/06付)
『三賢者物語 フェイレン物語前夜 第三章』(2008/02/17付)

それぞれ、拍手クリックを頂きました。

拍手クリック、心より感謝致します。
(2009/11/23付)


本文に、修正&追記を加えました。
(2009/11/23付)


過去記事、『秋葉原に行ってきました。』(2007/06/12付)
拍手クリックを頂きました。

拍手クリック、ありがとうございます。
(2009/11/25付)


過去記事、『シナリオ 第一章。』(2007/04/22付)と
『カウンターが5000を超えました。(いつも、ご訪問ありがとうございます 』(2007/12/20付)

それぞれ拍手クリックを頂きました。

拍手クリック、誠にありがとうございます。
(2009/11/26付)


この記事と、過去記事、『ゼロの使い魔 ライトノベル版 五巻感想』
それぞれ、拍手クリックを頂きました。

拍手クリック、心より感謝致します。
(2009/11/27付)


過去記事、『ゼロの使い魔 ライトノベル版 五巻感想』(2007/03/15付)
新たに拍手クリックを頂きました。

拍手クリック、どうも、ありがとうございます。
(2009/11/27付)


この記事と、過去記事、『ゼロの使い魔 ライトノベル版 三巻感想』(2007/03/01付)
『日記(というか雑記)』(2007/11/18付)
『涼宮ハルヒの約束、ゲットです!(他、雑記)』(2007/12/27付)

それぞれ拍手クリックを頂きました。

拍手クリック、心より感謝致します。
(2009/11/29付)

テーマ : TV番組 - ジャンル : テレビ・ラジオ

tag : たけしの日本教育白書

 

コメント

最近の商品のほとんどがリサイクルマーク付き。

売りだす段階から捨てられ、再利用される事前提ですね。

飲食の仕事に携わっている人間としてももっと「もったいない」の気持ちを持ちたいものです。

カズさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

カズさん、こんばんは(ぺこり)

リサイクルすることそのものは、わるくはないと思いますが
とにかく新商品を出し続け、資源を消費し続けなければ
もたない社会構造は、なにかおかしいんじゃない?と
自分は番組を見て思いました。

そもそも、この地球上の資源は有限なのに
大量生産・大量消費を続けていたらいつかは
資源が底をついてしまう。

そうなってしまえば、残された資源を巡って争いがおこるのは
火を見るよりも明らかですから、そういった先のない
システムを変革し、将来にわたって存続可能な
社会システムを築くことをしなければ、未来は明るくない気がします。

なかなか自分の考え方に合わない意見に耳を傾けるのは億劫になりがちですが、やはり相手の意見を聞かないと議論は出来ませんものね。
ネット等、ついつい自分に合った情報のみ抽出しがちですが、視野を狭めない為にも、他の意見を見聞きすることは忘れないよう心がけたいですね(^^)

物を大事にしない風潮は私も気になります。
私は旧いクルマを修理しながら乗っていますが、新車登録から13年を経過したクルマって、税金が割り増しになるのです。
物を大事にすることは悪なのかと、やるせない気持ちになります。
それでも私は「物を大事にすることは決して間違っていない」と、そう信じてます。

とはいえ、モノが売れないと経済が成り立たない…なんとも、難しい世の中ですね;;

HapiBeatさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

HapiBeatさん、こんばんは(ぺこり)

>なかなか自分の考え方に合わない意見に耳を傾けるのは億劫になりがちですが、
やはり相手の意見を聞かないと議論は出来ませんものね。

そうですね、自分とは違った意見を持つ人と接すると
見えてなかったモノが見えてくる可能性があると
思います。

議論のための議論にならない限りは、双方意見を述べ合うということも
時には大切なのかもしれません。


>ネット等、ついつい自分に合った情報のみ抽出しがちですが、視野を狭めない為にも、他の意見を見聞きすることは忘れないよう心がけたいですね(^^)

はい、いろいろな意見を見聞きした上で
自分なりの意見を示すことは、大事なことだと思います。

バランスの良い食事が、健康をもたらすように
偏見を持たない姿勢が、健全なる精神を養うのではないかと
思っております。


>それでも私は「物を大事にすることは決して間違っていない」と、そう信じてます。

HapiBeatさんの意見は、間違ってないと思いますよ。

車を製造する時の環境負荷を考えれば、今まで乗ってきた車を
大切にする方が、結果的に環境負荷は少ないのではないかと思います。

>とはいえ、モノが売れないと経済が成り立たない…なんとも、難しい世の中ですね;;

モノを製造するのではなく、修理することをビジネスにすれば
大量生産・大量消費な社会構造を変えることができるのではないかと
考えています。

壊れたら新しいパーツを、ではなく、最初から修理して使うことを前提に
物作りをすれば、資源を節約することができますし
結果的に環境負荷を減らせると思います。

今までの考え方に囚われない発想で
社会のしくみを変えていければ、もっと多くの人を
幸福にすることができるのではないかと、自分は考えております。

力ある人達には、後に続く者達が希望を持てる未来を
創造して頂きたいモノですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧さん、ご訪問&コメントありがとうございます。

管理人のみ閲覧さん、こんばんは(ぺこり)

人は十人十色。

自然が多様性に満ちていればこそ、健全であるように
人間も様々な意見を持った人がいてこそ、健全な社会を形成できるのではないかと
自分は考えております。

今回、管理人のみ閲覧さんが述べたことは、自分にとっては
違った視点で、新鮮な感じがしました。

車について、自分は詳しくは知りませんので
どちらが良いのかは判断がつきませんが
缶・ビン・ペットボトルにおいては、リサイクルするより
自分で容器を持って行って、必要な分だけを買う、というのが
環境負荷が低いと考えております。

自分は車だけに限定したつもりはありません。

衣料や鞄なども、修理して使えば
資源の節約と、環境負荷を減らせるのではないでしょうか?

残念ながら、今の社会は、そういうシステム整備がなってないと思う故
出来る限り長く使えるモノを生産し、それを修理して
半永久的に活用できるシステムを創造する必要があるのではないかと
自分は考えております。

>「科学」

誤解があるようなので、補足しますが
自分は科学技術の発展を、否定するつもりはありません。

ただ、まず、何より『人ありき』な、自分からすると
人間の幸福に、必ずしも繋がってない、歪な発展の仕方には
警鐘をならしたいと思ったまでです。

以前も何処かで述べましたが、『刀には鞘が必要』だ、ということです。

もう一つ、誤解のないように書いておきますが
自分は『人』の可能性を信じてますし
ギネス企画も、その『可能性』の一つです。

管理人のみ閲覧さんが引用した台詞を借りて、自分風に言い換えるならば
『人が生み出した問題を、人によって解決できるという可能性をなぜ信じられないのか』
と、ということです。

自分の場合、全てにおいて、まず『人』ありきなのです。
何故ならば、私も『人間』ならば、貴方も『人間』なのですから。

これが、自分の考えです。


貴方の主張に一理あると思う故、それに応える形で
自分も主張させて頂きました。

熱いコメントをありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧さん、ご訪問&コメントありがとうございます。

管理人のみ閲覧さん、こんばんは(ぺこり)

『科学』に対して、管理人のみ閲覧さんは
並々ならぬ思い入れがあるのですな。

残念ながら、自分は科学に対して、そこまで強い思い入れが
あるわけではないので、管理人のみ閲覧さんが満足いくような
返答は出来なさそうです。

ただ、自分が述べた『人ありき』について、補足した方が良さそうだと思いましたので
書いておきますが、自分の書いた人ありきとは『人道』のことです。

人として生まれ、人として生きるにあたって守るべき
『義』のことです。

前回書いた、『刀には鞘が必要』と述べたのは
刀(科学等)には、それを制御するべき鞘(心)が
備わっていなければ、危険だと述べたわけです。

その点で、管理人のみ閲覧さんが今回のコメントで述べた
『科学への無理解』ということとは、少し共通したモノが
あったように思います。

もっとも、自分は、『人ありき』なので
科学への理解を深める前に、まず、良き人を
育てるのが社会のためだと思っておりますが。
{鞘(義)を持ってこそ、安全に刀を帯刀できましょう}


それと、>所ジョージ様が指摘したリサイクルの話
については、所ジョージさんに直接お聞きになられないかぎり
その発言の真意については、わからないと思います。

ですので、どうしても気になるようでしたら、直接
所ジョージさんに問うことをお勧めします。
(推測でモノを言っても、しょうがいないと思うので)


多分、このコメントでは、満足行く解答になっていないと思いますが
ご容赦くださいませ。


それでは、改めて。

コメントして頂き、ありがとうございました。


【追記】

コメントを、修正&追記しました。
(2009/12/07付)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |