dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー





夢は信じるところから始めないといけないのよ。

そうでないと叶うものも叶わなくなるからね。


(『涼宮ハルヒの消失』 by 涼宮ハルヒ)


この間、劇場版涼宮ハルヒの消失
劇場版『Fate / stay night - UNLIMITED BLADE WORKS』
観てきたので、少し感想を書いてみます。
(ちょっとしたネタバレを含みますので、注意して下さいね)

まず、劇場版涼宮ハルヒの消失ですが、いや~凄かったです。

何が凄いっていうと、何もかもが凄かった、としか
いいようがないんですけど(笑)

京アニ恐るべし! でした。

というか、原作を読んだのがだいぶ前だったので
はっきり覚えていたわけではないんですけど
おおよそ原作通り、というか、原作以上かも、と
唸らせるものがあった気がしますね~。

涼宮ハルヒの動き、素晴らしかったですし
文芸部員の長門有希、可愛かったです♪
(無論、団長の可愛さも、かなりのものでした)

世界が変わって、驚愕した表情のキョンとかよかったし
それほど、出番があるわけではなかったけど
谷口の表情、動きは面白かったですね~。

ちょっと細部が思い出せないんですが、BGMもよかった気がしましたし
団長のロングポニーテール姿が拝見できて嬉しく思いました♪

それと、血飛沫に舞う、朝倉凉子も素敵でしたね~。
(朝倉凉子というキャラクターを、よく表現しているという意味で)

上映時間も、丁度良いというか、原作の流れを余すことなく
2時間42分に収めているところも、凄かったです。

予算が十分にあると、これだけのことができるのかと
劇場版Fateと比べて、思っちゃいました。


まあ、大雑把に纏めると、涼宮ハルヒシリーズのファンなら
見ないともったいないし、ファンじゃなくても
アニメファンなら、見るだけの価値のある、素晴らしい作品でした。

見るかどうか迷ってる方は、是非、見に行くことを
お勧めします♪
(見ないことを後悔することはあっても、見て後悔することはないと思います)


以上、『劇場版 涼宮ハルヒの消失』感想でした!


【追記】には、劇場版 Fateの感想を書いてみます。


 

注:原作含む、ネタバレのオンパレードなので
 原作やってない人は、原作をプレイしてから見た方が良いと思います。}



実は、見た順からいうと、劇場版Fateを見た後に
劇場版涼宮ハルヒの消失を見たのですが、比べてみて
思ったことは、劇場版Fateは、原作の雰囲気を生かすには
上映時間が、全然、足りてない、ということでしたね。
(誤解のないように書いときますが、両作品とも、大好きな作品です)

劇場版Fateの場合、シーンを省略し過ぎてたりして
ちょっと残念というか、もったいないなぁ~と
思う場面が、多々、ありましたね~。

それと、アニメ版のFateを見たときから思ってたことですけど
原作での宝具の迫力が、生かせてないというか
迫力不足な感じが、凄くしました。
(でもアニメ版よりは、かなり改善してるとは思いました)

特に、アサシンのサーヴァントの必殺技
燕返しが、只の三連撃になっちゃってたりしたのは
残念でしたね。
(原作の燕返しは、多重次元屈折現象によって、三撃を『同時』に繰り出す技です)

とはいえ、面白くなかった訳ではなく、もう少し迫力を出すように工夫したり
上映時間を延ばすことで、一つのシーンを、十分に表現できるようにしたら
もっと名作になったのに~、という思いからの、少し辛口コメントなんですけどね~。


序盤での藤ねえの動きは面白かったし、桜は可愛かったし(出番、ちょっぴりだけですけどw)
遠坂凛ルートなだけあって、凛様は、とても可愛くて素敵でしたね~♪

ワカメは、小物っぷりが上がってて良かったし
ランサーは、かっこいい兄貴してましたし。

戦闘シーンも、アーチャーVSキャスター戦のキャスターは
なかなかいい感じでした。
(その前の、バーサーカーVSセイバー&アーチャー戦も良かったです)

その後の、アーチャーVSアサシンのシーン、原作でも
あまり触れられてなかったけど、個人的には
ちゃんと、魅せてほしかったシーンでしたね。

アーチャーが裏切った後の、遠坂凛と衛宮士郎の
ロマンチックなシーンでは、シーンを短くしすぎて
凛様の、魔術師として強くあろうとはしているけど
でも実は年頃の女の子的な、繊細な心の揺れ動く感じとかが
表現し切れてなくて、ちょっと物足りなかったです。


バーサーカーVSギルガメッシュ戦は、イリヤ残して
バーサーカーが消えちゃうのは、個人的には、残念でしたね。

原作では、ギルガメッシュに敗北して死んでしまいながらも
イリヤの為に、肉体だけは、現世にとどめるという
なかなか泣けるシーンだったと思うんですけど。

アーチャーVSランサー戦は、残念ながら、原作と比べて
かなり迫力不足だったシーンの一つでした。

原作の『突き穿つ死翔の槍』は、確か、対城宝具で
とてつもない破壊力を持ってる必殺技で
原作では、それを防ぐ為に、展開される『熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)』の
七つの守り(その一つ、一つが城壁に匹敵する)を突破寸前まで追い込んだと
思うんですけど、この両宝具のぶつかり合いが、迫力不足な上
シーンも短くて、パッと見、大した宝具戦には見えなかったのは
ほんとに、残念です。

原作でも一、二を争う、迫力のある宝具同士のぶつかり合いだったと思うので
他のシーンを削っても、この戦いは削らないでほしかったですね~。

後は、無限の剣製ですけど、展開自体は良かったと思うんですが(それでももう少し迫力をだしてほしかったですが)
その宝具というか、固有結界の持つ、特性を表現し切れていないのは
これまた、残念でしたね~。

その前の、キャスターVS遠坂凛は、もう少し迫力をだしてほしかった部分はあれど
なかなか良い感じでしたが、葛木宗一郎VS士郎は、葛木宗一郎の暗殺拳『蛇』の特性を
アニメで表現できてないのは、これまた残念でした。


さて、このルートのメインテーマともいえる、士郎VSアーチャー戦ですが
さすがに、キチンと描かれてる感じで、なかなか良かったです。
(それでも、もう少し、シーンを長くして貰いたかった気はしますが)


その後の、士郎VSギルガメッシュ戦は、最初の方はいい感じ(でも、ちょっと原作のイメージとは違う感じ)
でしたが、無限の剣製(アンリミテッド・ブレイドワークス)展開後の、戦闘シーンが
これまた、無限の剣製の特性を生かしてなくて、只の剣戟になってるのは
残念でした。


セイバーVSアサシン戦は、上で書いた、アサシンの必殺技
秘剣 燕返しの特性が表現できてないこと以外は
そんなにわるいものではなかったですね。
(欲を言えば、勝敗が決した後の間を、もう少しとってほしかった気がします)


エンディング付近のアーチャーと遠坂凛のお別れシーンは
もう少し情感豊かに描いてほしかったですが
まあ、いい感じだったと思います。


原作が凄く好きな作品なので、その作品の雰囲気を生かし切れてない感じが
とてももどかしいというか、残念だったので
それ故に、『残念』という言葉がやたらにでちゃってますが
一つの作品として見た場合は、それなりに楽しめたというか
劇場に見に行く価値はある、と思えるだけのモノはあったと思います。


Fateファンなら、見る価値はあると思いますが
原作、もしくは、アニメ版や漫画版を見てない人には
お勧めできない、といった感じでしょうか。
(熱烈なファンには、少し物足りないかもしれません)


二つの作品について、いろいろと書きましたけど、個人的にはどっちも楽しめたので
見に行って良かったです(笑)



以上、劇場版涼宮ハルヒの消失』と劇場版『Fate / stay night - UNLIMITED BLADE WORKS』を観てきました♪(2010/02/16付)』でした♪




【さらに追記】 

この記事に、拍手クリック&拍手コメントを頂きました。
拍手クリック&拍手コメントして下さり、ありがとうございます。

拍手コメントへの返信は、お礼機能を使ってやっておりますので
ご覧になりたい場合は、再度、拍手クリックをお願い致します。
(2010/02/17付)


過去記事、 『ブログ名の由来(2010/01/27付)』へ、拍手クリックを頂きました。
拍手クリック、誠にありがとうございます。
(2010/02/18付)

テーマ : 涼宮ハルヒの憂鬱関連 - ジャンル : アニメ・コミック

tag : 涼宮ハルヒの消失 劇場版涼宮ハルヒの消失 劇場版 劇場版Fate 涼宮ハルヒシリーズ

 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧さん、ご訪問&コメントありがとうございます。

管理人のみ閲覧さん、初めまして。

ご訪問&コメント、そして、こちらのブログに
リンクもして頂けたようで、ありがとうございます。

さて、相互リンクについて、述べさせて頂きますと
まず、当ブログと、交流があることが
一つの目安となります。

次に、話題がある程度合うか、あるいは
当ブログで推進している企画への参加者様か
なども、判断材料になっております。

残念ながら、管理人のみ閲覧さんは、以上の条件に
該当しておりませんので、管理人のみ閲覧さんとの相互リンクを
お受けすることができません。

ですので、ご理解の程、よろしくお願い致します。

「消失」は良かった!

ハルヒのポニテは販促なまでに似合っていたw

長門さんのファンとしても、ハルヒという作品全体の支持者としても、良い映画でした

後半に出てきた朝倉怖かった、血が、ねw

カズさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

カズさん、こんばんは(ぺこり)

劇場版の消失、凄く良かったですよね~。

ハルヒ好きな自分でも、十分に楽しめましたし
長門好きなら、もっと、楽しめるのではないでしょうか?(笑)

>ハルヒのポニテは販促なまでに似合っていたw
キョンが萌えるだけのことはありますな(爆)

>長門さんのファンとしても、ハルヒという作品全体の支持者としても、良い映画でした

そうですね、名作と呼ぶに相応しい出来映えでした。

>後半に出てきた朝倉怖かった、血が、ねw

血飛沫の中で、笑顔で語りかける朝倉さんは
なんともいえない狂気を纏っていて、素敵でした。

朝倉さんは、ああでなければ。

でも、『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』の朝倉さんも
面白可愛くて素敵です(笑)

ううむ、やはりFateはそういう感想になりますよね。
自分もそんな感じです。
ポイントをアーチャーVS士郎に絞っても、他をあれだけカットすると違和感を感じちゃいますね。

ハルヒは原作通りと聞いて見たくなりましたっ。
というのもほとんど話を知らないのでw
まさにこれを期に、ということでしょうか。

Ayumuさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

Ayumuさん、こんばんは(ぺこり)

>ううむ、やはりFateはそういう感想になりますよね。
>自分もそんな感じです。


Ayumuさんも似た感じの感想になりましたか。

ええ、やはりというか、見る前から
この上映時間で大丈夫なのか? という不安がありましたが
あたってしまいましたね~。

ただ、思ったよりは、出来映えはわるくはないなぁ~と
思えたのはよかったです。

>ポイントをアーチャーVS士郎に絞っても、他をあれだけカットすると違和感を感じちゃいますね。

まあ、そこがメインなので、あそこをあれ以上削ってたら
どうしようもなかったのですけど、それはなかったので
幸いではありましたね。

ただ、ブログ記事でも書きましたが、他の戦闘シーンにも
同じぐらい時間と力を入れてほしかったです。

>ハルヒは原作通りと聞いて見たくなりましたっ。
>というのもほとんど話を知らないのでw
>まさにこれを期に、ということでしょうか。

消失は傑作といってもいい出来映えなので、話の大筋や
キャラ設定を知ってる方なら、是非、見ることをお勧めしますよ。

原作を読んでないなら、漫画版の6巻あたりまでみておけば
かなり楽しめるかと思います。

劇場版Fateも、あれくらい予算と時間をかけて作れば
凄いモノになったんじゃないかと、思わずには
おられませんでした。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |