dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


一般公開中

青年よ大志を抱け。

金や独りよがりの功績のためでなく、

人が名声と呼ぶあのはかないもののためでなく、

人がそなえなければならないものを身につけるために

大志を抱け。


(クラーク博士)


さて、本日よりシナリオの一般公開を14日の夜までの間で
公開します。

現在は四章まで公開中です。

おおよそ、二週間に一度ぐらいのペースで新章を更新してます。

途中は、加筆・修正+アイデア出し期間って
感じになってますね。

参加メンバーが増えてくれば、更新ペースも
上がってくると思いますが、基本的には無理のないペースで
やっていってます。

歩みはゆっくりでも、完全に止まらない限り
いつかは、ゴールにたどり着けると信じています。

険しい山に登るためには、最初からゆっくりと歩くことが

必要である。


(シェークスピア)


参加者は、こちらの新章公開を待たずに、先を書いて
公開しても良いし、過去のシナリオを改変する事も出来ます。

設定部分だけの参加でも構いませんし、そこら辺は
皆さんの御自由に、出来る範囲で協力頂ければ幸いです。

今のところ、シナリオを書いて頂ける方を募集してますが
経験有り、無しは問いません。

何かしら、世のため人のためにやってみようという
ある方を募集しています。

何千ものろうそくも、一本の、ろうそくより火を得る。

ろうそくの命が短くなることはない。

幸福も共有して損なわれることはない。


(ブッタ)


一端参加したからといって、継続的にやらなけばならない
というのはありませんので、その時々で余裕のある時だけ
参加頂いても構いません。

参加希望の方は、ヤフーブログの過去の記事
2007/4/13~2007/4/21までの記事を参照した上で
コメント、もしくはメールフォームから御連絡くださいませ。

以下、公開中の『全は一にして、一は全なる計画』のアドレスです。

ウィキ名。
One for all, All for one Project.

アドレスは
http://wiki.livedoor.jp/khaost2/d/FrontPage


有志の皆様の参加を、お待ちしております。
 

コメント

前回の記事の「クリック募金」ブログパーツをT×2さんのページから経由して調べ、自分のページにも貼らせていただきました。
一応通り道としてT×2さんのページを使うことになったのでご一報です。

わざわざ、お知らせ頂きありがとう
ございます(ペコリ)

カズさんのそういう筋を通そうとする姿勢は
美徳だと思います。

こんな感じで、クリック募金の輪が
広がるのは良いことだと考えてます。

願わくばこの活動によって
より多くの人が他者へのいたわりを
持ってくれることを願います。

{その訓練とは、簡単なことである。
例えば、友達がころぶ。
ああ痛かったろうな、と
感じる気持ちを、そのつど
自分の中でつくりあげて
いきさえすればよい。}

{この根っこの感情が、自己の中でしっか
り根付いていけば他民族へのいたわりと
いう気持ちもわき出てくる。}

{君たちさえ、そういう自己をつくっていけ
ば、二十一世紀は人類が仲よしで暮らせ
る時代になるのにちがいない。}

『二十一世紀に生きる君たちへ』より

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |