dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【お知らせ】

まずはお知らせです。

以前から告知してる通り
二月中旬から6~7週間程
活動をお休みします。

この記事の投稿後
ギネス企画関連の記事をブロ友のみ公開に変更し
一足先に休止に入ります。

それ以外のブログでの活動は、八日深夜までの予定ですが
ひょっとしたら、更新できずに休止に入ることもありえますので
その場合は、この記事が最後の記事になります。

『三賢者物語 物語前夜 ~ミンレイとフェイレン~』第三章は
四月頃に掲載予定です。 


以上が、お知らせになります。


では、(おそらくこれが最後で、次回は四月を予定)アニメ感想をどぞ~。



【中二病でも恋がしたい! 戀 (第四話~第五話)】


第四話では、丹生谷 森夏が生徒会長に立候補。

なんで生徒会長? と思いましたが
本人の話を聞いてると、単に飽きっぽいだけな気もしましたね。

七宮 智音と出会って、どうなるかと思いきや
二人は知り合いだったことが判明。

いやはや、中二病界隈(?)は
世界が狭いのか、いろいろ繋がりが
あったんですな~。

そこで、明らかになるモリサマーの過去。
1216才、マジパネェっス!(笑)

それに反応した凸守 早苗。
え? そこ反応しちゃうの? って感じがしなくもないですけど
モリサマーと理解したら、態度が豹変。

丹生谷でなくても、素直で可愛いと思える感じで
これはこれで可愛いんですけど、今までの経緯から
なんとなく物足りなさを感じましたが…杞憂でしたな!(爆)

原稿を作成している段階で既に危険な匂いがプンプンしてましたが
改良したとか述べたときには、キターって感じ(笑)

期待にもれず、モリサマーの過去を
盛大にお披露目してくれて
爆笑ものでしたな。

うん、モリサマー、よくぞあんなことがあっても
変わらずに学校に行けるあたり、肝が太いのかも。


まあ、実際のところ、六花達の奇行に付き合ってる時点で
少なくとも、同級生には既にバレてたのでは? と思わなくもないですけど。


なんにせよ、いつもの六花達に戻ってくれて逆にホッとしたような気がします。


飽きっぽい丹生谷のことだから、生徒会長になった後の方が大変で
多分、途中で、辞めたくなる気がするので
ならなくて正解だったと、個人的には思いました(まる)


第五話は同好会が増えて、あわや、廃部の危機!? の巻。


どうなるかと思いきや、まさか昼寝の方に突破口を見出すとは
五月七日くみん先輩、伊達に寝てたわけじゃないんですね…(笑)

立ったまま寝るとか、のび太君以上の逸材やで!(爆)

というか、丹生谷がフライトアテンダント(?)のコスプレしてることに
誰も触れてないのがシュールというかウケましたね。
(いつものこととしてみんなスルーしてるくらい、コスプレしてるんだな~と思ったり)


昼寝の為に、前日徹夜するのはいいアイデアだと思いましたけど
七宮 智音と二人で仲良くゲームしたり歌ったりで
おい、勇太、お前六花になんて言ったかもう忘れたのか? と
言いたくなるレベル。

どうも、七宮もスキンシップ具合を見ると
脈はありそうですな。

きたれ! 恋の波乱!!(超爆)


そして会場に現れる、昼寝のライバル達。

なんか名前からして、眠そうなんだけど
親御さん、娘がそんな名前でいいのか?(←手遅れですw

中二病発動で、なんか面白いことになってきたな~と思ったら
単なる夢オチだったぽい…う~ん、おしい。

まあ、それなりに楽しめた回でした。


あ、そうそう、OPに富樫 勇太がいないことに
今更ながら気づいて、ヤローがいないのは結構なことだが
主人公なんだから登場してもよかったんじゃない? なんて思ったり。

まあ、美少女は正義! ってことで(爆)



『<物語>シリーズ セカンドシーズン (第二十話~第二十六話)』

ようやく最終話まで見終わりました。

恋物語。
以前、偽物語(アニメ)の頃に、既に原作のネタバレCM流してたので
戦場ヶ原 ひたぎが、貝木 泥舟に依頼をするってのは
事前に知っていましたけど、まさか、千石 撫子のことだったとは…。

意外にもその依頼を受ける貝木 泥舟。

う~ん、神原 駿河ってそんなに重要なキャラだったんですね~。
(臥煙伊豆湖さんも彼女と接点をもとうとしてましたし)

依頼を受ける前の、待ち合わせのときに
おもちゃの面白眼鏡をかける戦場ヶ原が
アロハシャツ(沖縄のシャツ)を着る貝木を
見て噴いた場面で、両キャラが面白くてウケてました。


その後、どうなるかと思いきや
意外とやる気を出して、現地調査に励む貝木 泥舟。


そこで明かされる千石 撫子の抱えてた闇。


そういえば、子供が「いい子」でいるために
どれだけの努力をしているのか大人は知らない、とかなんとか
どっかで見たことありましたね。

なるほど、撫子も、そんな感じだったんですね~。


可愛がり過ぎるのも問題有り。
阿良々木暦君、有罪ですw(判決:貝木 泥舟)


しかし、300万出されても依頼を辞めないのは
正直、驚きました。
(後半で、そこら辺が語られるのですけど)

そのお金を、千石が奉られてる神社に
バカスカ投入する貝木。

一万円を最初に投入したときの千石の反応も面白かったけど
二万円を投入したときの千石の反応といったら…!

あかん、千石が出迎えてくれる社なら
大金を投入しかねんわ(爆)
{いや、でも万札はハードル高過ぎというか、無理ですw}


それにしても、化物語シリーズのミスド推しは異常。
(原作でも、あんなにミスド推しだったんですかね~?)

顔を赤らめ、涙目で貝木にお礼を言う
戦場ヶ原 ひたぎ。

う~ん、阿良々木君が殺されそうなときの電話でのやり取りは
なかなかさまになってましたが、本人は結構ギリギリだったんですね~。


貝木と千石のやり取り見てて、これは…上手くいくのか? って感じでしたけど
いやはや、まさか、あんなになるとは。

もの凄っい悪が、たまにいいことすると
いい人に見える、ってヤツかな~などと思いながら
なかなかいいどころもあんじゃんって感じ。
(斧乃木余接との直前の話の段階では、またそこまでではなかったのだけど)

さすが、『そこに本物になろうという意思があるだけ、偽物の方が本物よりも本物だ。』と
言うだけのことはありましたな。

一瞬、失敗して街終わった…状態になるかと思いましたけど
まさか、そこから、阿良々木君ばりの説得をかますとは
いやはや、貝木さんすげぇ~ですわ。
(アレも演技なら、大したものと褒めてしまえるレベルです)


騙してなんとかするかと思いきや、ヒーローばりに
敵さんまで助けてしまうとか、ほんと、大した男です。

しかし、そこは因果応報。


かつて騙した中学生に、後ろから凶器で殴られて死亡とか
せっかくのハッピーエンドの予感が、少し後味のわるいエンディングになりましたな。


ますます、最後のボスっぽい暗躍をする
忍野扇。

う~ん、臥煙伊豆湖さんも見通せない力、やはりクラヤミなんですかね~。
(美少女に変身とか、阿良々木君にあわせたのでしょうかね~)

なんか、阿良々木君達の望まない方向に物事を進行させようとしてる
気がして、次の物語が実に気になりますな。


是非、終物語もアニメ化して欲しい物です!



あ、アニメ公式HPのキャラ紹介の神原 駿河の髪型
本編でやっていてくれたら、惚れてたかも、です(爆)



以上、アニメ感想 ネタバレ注意! 『中二病でも恋がしたい! 戀 (第四話~第五話)』+『<物語>シリーズ セカンドシーズン (第二十一話~第二十六話)』+お知らせ {2014/02/07付}】でした♪ 【追記】

タグを追加しました。
(2014/02/07付)

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ

 

コメント

中二病今期ははじけてますねぇw
森夏の毎回の演劇部衣装(偽マーク付き)は視聴者サービスと取って良いのでしょうか?
モリサマーが本物とわかった時の凸ちゃんの変わり様ときたらもうw
でも凸ちゃん頭いいからもしかして演説のときのあれはわざとだったのでは?とか思ってしまった。

西尾先生は本当に(良い意味で)裏切りが上手いなぁ
戦場ヶ原の話かと思えば貝木と撫子の話だし
貝木ちょっといいやつな展開になってたしで裏切られっぱなしでした。
撫子が隠してた趣味が・・・・・w
マンガとか描ける子だったのですねぇ。
恥ずかしがらずに公開できる日がくるとよいですねぇ。
貝木のラストは良い奴になってた分残念にすら思えました。
西尾作品は本当に裏切ってくれます。

カズさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

カズさん、コメントありがとうございます。

> 中二病今期ははじけてますねぇw
> 森夏の毎回の演劇部衣装(偽マーク付き)は視聴者サービスと取って良いのでしょうか?
> モリサマーが本物とわかった時の凸ちゃんの変わり様ときたらもうw
> でも凸ちゃん頭いいからもしかして演説のときのあれはわざとだったのでは?とか思ってしまった。

いい感じですよね、中二病。

【14年1月期アニメ、どれを観る? 結果発表 1位は「中二病 戀」(by AV Watch)】なだけは
ありますな。

あの衣装、多分演劇部の衣装かな~などと思いましたが
視聴者サービスにまではいきあたりませんでした。

なるほど、言われてみればそんな気がします。

見た目は可愛いですもんね。
(いや、ちょい腹黒なところも、自分は好きですけどw)

凸守 早苗ちゃんの変わりぶりは
なかなか面白かったですな。


> 西尾先生は本当に(良い意味で)裏切りが上手いなぁ
> 戦場ヶ原の話かと思えば貝木と撫子の話だし
> 貝木ちょっといいやつな展開になってたしで裏切られっぱなしでした。
> 撫子が隠してた趣味が・・・・・w
> マンガとか描ける子だったのですねぇ。
> 恥ずかしがらずに公開できる日がくるとよいですねぇ。
> 貝木のラストは良い奴になってた分残念にすら思えました。
> 西尾作品は本当に裏切ってくれます。

そういえば、ひたぎエンドとか言いつつ
戦場ヶ原 ひたぎと阿良々木暦は、あんまり目立ってなかったですな。

OPが、80年代のアニメっぽかったのは
笑っちゃいましたが(爆)

貝木がちょっといいやつになってたのは
球磨川 禊っぽい展開でしたな。

ほんと、西尾維新先生は先の展開を読ませてはくれませんな。

撫子が隠してた趣味は
可愛らしいものでしたね。

闇とかいうから、もっとドス黒い展開かと
思ってましたが(笑)
{それにしても、貝木驚き過ぎでしょう}

美少女漫画家として、デビューするといいと思うよ!(超爆)

貝木のラストはねぇ~。

まあ、ある意味、西尾維新先生らしいとも思える
少し後味のわるいエンドでした。

西尾維新先生には、これからも良い意味で予想を裏切りつつ
いい物語を展開してほしいものですな。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。