dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


以前の記事で、情報が足りてなかった部分があったので
補足をば。

メモリーですけど、基本、二枚一組で使うのが一般的なので
4GB×2、もしくは、8GB×2で、購入することをオススメします。
(メーカーも同じものである必要があります)

これは、デュアルチャンネルという、二枚同時にアクセスすることで
帯域を向上させるというシステムの為です。
(単に、2枚組の方が性能が上がる、という理解でも可)

それと、自作初心者が一番つまづきやすいのは
マザボに、電源スイッチとリセットスイッチを取り付けること、ですね。

マザボによっては、少しわかりづらいので
自作初心者だと、ここで躓きがちです。
(自分も、一度挫折したことがありました)

逆に、ここが上手くできるようになると、自作するのに
怖いものはありません。

後、自作に関する書物では
『自作PCバイブル2015』という本が、インテル、AMD両方の自作の仕方が載っていて
わかりやすかったので、オススメさせて頂きます。
(インテルのみですが、DVDに動画でやり方が載っているようです)

さて、本題に入る前の余談(+α)ですが(←今までのは、余談だったのかよ!w)
7870Kを購入した動機の一つに、カスタムメイド3D2が
動作するかも、という淡い期待も、ありました。


カスタムメイド3D2とは?


説明しよう!

カスタムメイド3D2とは、KISSというエロゲーメーカー(ブランド)から発売された
3Dゲームである!!

このエロゲーの注目ポイントは、おそらくエロゲー史上
もっとも、必須動作スペックが高いことである。

以下、メーカーページから、抜粋する。

CPU Core i5 (4Core) 2.5Ghz 以上
メモリ 必須:3GB以上(32bitOS)/推奨:8GB以上
ビデオカード 必須:DirectX 11 対応GPU(GeForce GTX 400 シリーズ以上 or Radeon HD 6000 シリーズ以上)
推奨:GeForce GTX 500 シリーズ以上のミドルレンジ〜ハイエンドクラス
解像度 必須:HD(1280×720)以上 32bitカラー/推奨:フルHD(1920×1080)以上 32bitカラー


と、上記のように、ハイスペックが求められ
これで売れるんかい? という心配をよそに
Getchuでは、常に予約ランキングトップを誇り
発売後も、まだランキングに残っているという
好評ぶりであった!

なぜ、こんなことを知っているかというと
T×2が、特典目当てに、予約して購入したからである!!(爆)

彼曰く
「と、特典の中で、エキゾチックダンサーが一番エロ可愛かったから…(震え声)」
とのこと(笑)

なお、発売日にギガパッチが公開されたことも
話題になったようである。


と、なんかのアニメのごとく解説が入りましたが(笑)
上記の通り、要求スペックが高くて、条件に合うのが
自分の環境だと、メインマシンしかなかったので
7870Kでも動けば、予備環境が手に入るな~なんて思ったのも
このAPUを買った切っ掛けなのは、ここだけの秘密です(←公開してるやんけw

そのうち、動作させてみようかと思ってますが
積んでるゲーム(エロゲー含む)が多すぎて、優先順位的に
すぐにやる気がおきませんので、そのうち(いつとは言ってないw)
レビューでも、しようかと。

なお、この記事への拍手クリックが20クリックを超えたら
三日以内にレビューします。
(あくまで、起動するかどうかのチェックです。 プレイするのはかなり先になりそうなんで、期待しすぎないように)

まあ、こんな場末なブログにそんなことありえないでしょうけど、あはは(乾いた笑い声)

優先順位が低い理由の一つに、前作も手に入れてるので
まず、前作クリアしてから、やろうと思ってるせいもあります。

前作は、派生品が多くて、インストールするだけでも
一仕事になりそうですけど。

ちなみに、派生品は、中古で、120円から200円ぐらいで
手に入れましたが、新品だと高すぎるので
興味のある人は、中古で手に入れることをオススメします。
(DLsiteで、以前半額キャンペーンしてましたが、派生品は半額キャンペーンでも2000円以上してました)

と、本題の前の余談が、クソ長くなりましたが(超爆)

ここからが、本題です。

前回までの記事では、組み立てに関して詳しく書いてなかったのですが
同じ環境で、組みたいと思ってる人もいるかもしれませんので
参考までに、手順を書いときます。

と、その前に、PCパーツ構成を。

CPU(APU):A10 7870K
マザーボード:A88XM-E45 V2
メモリー:8GB(4GB×2)
GPU:APUに内蔵
電源:KRPW-L4-400W/A
ケース:IW-EM048
DVDドライブ:安いやつで、評判がいいやつ。 
自分の場合は1780円だったか、1980円ぐらいだった)

これで、足りてるかな?
まあ、いいや、次に作業手順です。


まず、服を脱ぎます(←オイw

下着姿の方が、静電気が発生しにくいんですよ。
さすがに、誰も見てなくても、裸になるのは抵抗がありますしね。

ちなみに、下着は、綿製品の方が静電気が起きにくくて
好ましいです。
(百均とかで売ってる下着だと、100%ポリエステル生地だったりしますからね~)

作業場は、ホコリの少ない環境が望ましいです。
(例えば風呂場とか)

自作に必要なパーツは、自分が組んだ環境だと
CPU(APU)・マザーボード・メモリー・HDD・ケース・SATAケーブル・電源、になります。
(CPUクーラーは、リテール品を使います。 グリスは塗ってあるので、グリスを買う必要はございません)

まず、ケースを箱からだして
次に、電源を箱からだして、ケースに取り付けます。

その後、DVDドライブを取り付けますが、取り付け場所に
プラスチック製の蓋があるので、これをケースの内側から外に押し出します。
(1つ分だけ、開ければいいです。 いくつもあけて、埋まらないと、ホコリが入るので)

この時、ちょっと、力が必要なので
手袋をしてやると、いいかもです。

自分の場合、まごついたときに、手を少し切ったので
手袋は、その防止の為です。

とりあえず、ケースは、上記のままおいといて
次に、マザーボードを箱から取り出し
その箱の上に、静電気防止袋をおいて、その上にマザボを置きます。
(静電気防止袋は、マザボを入れてある袋です)

このマザーボードに、APUを取り付けるので
7870Kを箱から、慎重に出してください。
(裏側に、剣山のごとく、ピンが沢山起立してますので、このピンを決して曲げないように!)

なお、ピン曲げ防止の為、この時は、手袋を外して
素手で持ってください。

手袋してると、繊維が引っかかったりして、予期せぬ事故の元ですし
すべる可能性もあるからです。

なお、APUを持つ前に、ケースに手を触れてください。
(静電気を逃す為です)

いよいよ、とりつけですが、取り付け方法は
上の方で、オススメしといた自作の本に記入してあります。

これ買いたくないんだけど、という方は
APU取り付け、で、ネット上で検索して
youtubeとかに、取り付け動画とか公開されてたりするので
それを見ればわかるかと。

無事、APUを取り付けたら、そのままにしといてください。

自分は、CPUクーラーも取り付けてから、ケースに取り付けましたが
あとで、HDDと干渉して、無理やり入れる羽目になりましたので…。

次に、APUを取り付けたマザーボードを、ケースに取り付けるのですが
このケース、上から下に、そのままでは入りません。
(これで、最初、少し驚きました。 大きいケースだとこんなことなかったので)

右斜に傾けて、ペイ(DVDドライブとか、HDDを取り付ける場所)に、当たらないよう
気をつけて、右斜に入れてください。

あ、その前に、ケースにバックパネルを取り付けておいて下さい。
(バックパネルは、マザーボードに標準で付いてます)

で、右斜に入ったら、ゆっくり左斜めも傾けて
その後、バックパネルに位置を合わせて
並行にして、ケースに置いてください。

そして、マザボをネジで取り付けるんですが
このケースは、スペーサーを取り付けずに
直接、ケースの盛り上がり部分に取り付けるタイプですので
直付です。

バックパネルに合わせて、ネジを止める各箇所のネジ穴が全て見えるようにしてから
(ネジ穴が全部見えるためには、バックパネルに、マザボを押し付ける必要があります)
まず、一つ目のネジを取り付けます。
{このケースに付属のネジは、少なくて、ピッタリぐらいしかないので、失くさないように。
心配なら、PC用の、ネジを集めたパッケージが売ってるので、それを予め買っといて下さい}

一つ目のネジを取り付けたら、仮の固定ができるので
マザボを、バックパネルに押し付けてる必要がなくなります。

で、あとは、順繰りにネジを取り付けたら
完了です。

固定が完了したら、ケースから、電源スイッチとかリセットスイッチのケーブルが出てるので
これを、マザボに取り付けて下さい。
(マザボ取り付け時に、電源ケーブルや、上記の各種ケーブルがマザボの裏に入って取り出せなくならないように
注意してください)

取り付け方法は、マザボの簡易マニュアルに載ってます。

昔は、マザボに、カラーでわかりやすく取り付け場所が彩られてましたが(GIGABYTE製マザー)
このマザーボードは黒一色の為、わかりにくいので、注意して見るようにしてください。

ちなみに、電源とリセットスイッチは、+-を考える必要がないので
位置さえあってれば、問題ないです。

電源ランプとか、HDDアクセスランプは、+-の方向が合ってる必要があります。
ちなみに、このケースのケーブルだと、白が-だったと思います。
(あまり自信がないので、マザボの簡易説明書を読むように)

ココらへんが、最大の難関ですが、頑張って下さい。

ちなみに、普通は、この後、スピーカー(マザボ専用。 一般的な音がなるスピーカーではない)ケーブルもつけるんですが
説明書に、載ってなかったので、自分は取り付けてません。

これは、取り付け必須ではありませんが、ケース側の全面USBを使えるようにするため
ケースから伸びてる、USB3.0ケーブルとUSB2.0ケールを取り付けておいて下さい。
(USB3.0の方は、わかりやすいですが、USB2.0の方は、少しわかりづらいかもしれません)

これからを見事クリアしたら、次は、電源ケーブルを取り付けて下さい。
(自作本に書いてありますが、ネット上を検索しても、やり方が書いてあるサイトが見つかると思います)

これは、そんなに難しくないですが、キチンと取り付け出来てるかどうか
確認しておいて下さい。

次に、HDDを取り付けます。

このケースだと、HDDのしたに、電源ケーブルがあって
少し押し付ける感じにしながら、3.5インチベイに差し込む必要がございます。

この時、反対側も、ネジで止める必要があるんですが
とりあえず、片側だけ、ネジ止めして下さい。
(DVDドライブも、片側だけでいいです)

取り付け終わったら、CPUクーラーを取り付けて下さい。
やり方は、自作本に載ってますが、ウェブ上の検索でも
いけるはずです。

CPUファンの電源コネクターを、マザボ上の規定の差し込み部に
取り付けるのも忘れずに。

取り付けたら、次に、電源ケーブルの残りで
DVDドライブとHDDに差し込みます。

後は、SATAケーブルを差し込むんですが、上記と順序が逆でもイケる気がします。

SATAケーブルは、まず、DVDドライブとHDDに差し込んだ後に
マザボに、差し込みます。

SATAの差し込み口は、確か、6つ程あったはずですが
差し込みやすいところで、構いません。

以上で、とりあえず、完了です。

蓋をしめて、ケースを縦向きにして
反対側の蓋を開けて下さい。

HDDとDVDドライブが片側だけ止めてたので
これで、もう片側に、ネジを取り付けます。

完了をしたら、蓋をしめて
蓋をネジで、ケースに止めます。

以上で、自作PCの完成です。

お疲れ様でした。
(しかし、あと、ちょっと続くんじゃよ…)

後は、電源に、電源ケーブル(電源が入ってた箱に入ってます)を取り付け
キーボード・マウスを取り付けて、モニターとマザボ側の映像出力端子を
ケーブルで結んで下さい。

VGA・DVI・HDMIの三系統ありますが、どれで接続しても構いません。
複数同時でなければ、大丈夫です。
(PCモニターなら問題ないと思いますが、TVを使う場合は、HDMIだとBIOSが映らないことがあるようです)

なお、DVI出力の場合、先にモニターの電源が入ってないと
PCの電源スイッチを入れても、映らないことがあるらしいので
注意して下さい。

無事、BIOS画面が起動したら、とりあえず
問題がないということです。
{なんか、英語で、注意がでることがありますが、よくみると、何のボタン(キーボード)を押せばいいのかわかるはずです}

次に、OSのインストールですが、自作本か
ネット上に、方法が載ってるので、プリントするなりして
読みながら、作業して下さい。
(見ながらなら、かなり簡単です)

無事、OSのインストールが完了したら、次にマザボのドライバーのインストールです。
マザボにインストールCD(黒い紙ケースに)が入ってるので、これをDVDドライブに入れて
インストールします。
(要らないソフトとかも、一緒に入ってるので、インストールするときにチェックを外すといいですが
めんどいなら、全部、インストールして下さい)

これで、必要なドライバーは、全部入りましたが
APUの性能を、十分に発揮する為には
AMDのサイトから、Catalyst15..7.1をインストールして下さい。

ウィンドウズに付属のメモリ診断や、各種ベンチマークソフトが完走したら
問題がないとみて、いいでしょう。

おめでとうございます。
これで、世界で貴方だけのオリジナルPCが出来上がりました。


後は、快適な、PCライフをお過ごし下さい。


と、まあ、画像なしなんで
見づらいどころが多々あるかと思いますが
お役に立てましたら、幸いです。

自分としても、備忘録にはなりましたし。


以上、自作PCのススメ+α {2015/08/26付}】でした。



【追伸】

記事で、作業手順において、抜けてたところがあるので
追記します。

全てのパーツの接続後に、ケースファンのコネクターが残ってると思うので
これを、マザボのシステムファン(SYSとか書かれるはず)のところに、接続すると
前面ファンと、後面ファンが動きます。

ほんとは、電源から直接出力した方がいい気がしますが
このケースについてるファンコネクタは、電源から直接取るタイプのものじゃないので
仕方なく、って感じですね。

後、ケース内のケーブルがゴチャゴチャしてると思うので
ケーブルタイとかで、ケーブルを束ねておいて下さい。

その際、CPUファンや、メモリーにケーブルが干渉しないように
して下さい。

以上が、追伸の内容になります。
(2015/09/01付) 【追記】

本文に、追記を加えました。
(2015/08/26付)

この記事に、拍手クリックを頂きました。
拍手クリック、どうも、ありがとうございます。
(2015/08/27付)

記事に、追伸を加えました。
(2015/09/01付)

テーマ : 自作パソコン - ジャンル : コンピュータ

tag : 自作PC

 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |