dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
経済的に成功するためには、経済合理的でなくてはならない。
国家は神聖なものでも、崇拝や愛情の対象でもなく、人生を最適設計するための道具だ。


(by 橘 玲)

この本は、実用書の類ですが
読み物としても面白く、改訂版である本書の原点を読んで
大層面白く、為になるな~なんて思っていた気がします。

久々に、検索で、橘 玲の書籍を検索したところ
改訂版が出ていることに気づき
早速、取り寄せました。

筆者の慧眼の凄さというべきか、当時から
今でも、通用する考え方、橘 玲の哲学というのは
この記事の一番上に掲載した言葉で示されてる気がします。

「得する生活」(by 橘 玲)での、世界最大の宗教はお金という
独自の視点は、自分の考え方にも少なからず影響を与えてます。

ちなみに、上記は拝金主義のことではなく、そもそも価値のないタダの紙に
紙幣という価値があるのは、人々がその紙切れがお金であると信じてるから、という
身も蓋もない、しかし、厳然たる事実を述べてるわけです。

ここから、国や宗教、民族主義というのは、紙幣と同じく
人々があると信じてる幻想に過ぎず、そんなものは
宇宙誕生以来存在などしておらず、人々がこれらがタダの虚像であり
そんなものは、この世に存在しないと思うだけで
霧散してしまう、有象無象であるということに自分は気付きました。

愛国教育も、宗教指導も、民族主義教育も
結局は、これらの虚像を人々に信じさせるための
洗脳装置に過ぎない。

なんで、そんな洗脳が行われているかといえば
それに人々が気がついてしまうと、国家・宗教・民族主義者に都合が悪いから。

カルト教団の洗脳は、問題とされるのに
国家・宗教・民族主義者の洗脳教育は、問題にされない
実に、おかしな世界が、今の世の真実。

と、まあ、こんな考えに至ったのも
愛国・愛社(会社)精神に毒されず、冷徹な目で
世を俯瞰してる橘 玲の視点を
彼の書籍を通して学べたからです。

誤解のないように書いときますが
橘玲は、あくまで、経済合理的にモノを考えることで
人は、経済的独立を獲得できると述べてるだけで
国家・宗教・民族主義者に対する批判はしてません。

氏は、あくまで冷静に、この社会に存在する
「歪み」から、利益を得る手段を述べてるだけです。

とはいえ、自分も感銘を受けた氏の考え方は
この歪な社会に生きる人々にとって、必要不可欠なものではないかと
自分は思っております。

自分が本書をオススメするのは
実用書としてのメリットだけではなく
社会に対する考え方を再考させるよい読み物だと感じてるからです。

自分などでは、とても、氏の考え方を全て理解し
簡潔に述べるのは難しいので、一番上に記した本書の言葉に何かを感じた方は
是非、書店で、本書を手にとって読んでほしいと
自分は、思ってる次第です。


以上、【本感想 ネタバレ注意! 『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 2015』 {2015/10/04付}】でした。 【追記】

本文の一部を修正&追記しました。
(2015/10/04付)

この記事に、拍手クリックを頂きました。
拍手クリック、どうも、ありがとうございます。
(2015/10/04付)

新たに、この記事に、拍手クリックを頂きました。
拍手クリック、感謝致します。
(2015/10/05付)

更に、新たに、この記事に、拍手クリックを頂きました。
拍手クリック、有難く存じます。
(2015/10/06付)

また新たに、この記事に、拍手クリックを頂きました。
拍手クリック、お礼を申し上げます。
(2015/10/08付)

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

tag : 橘玲

 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。