dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


ん~、期待し過ぎてたせいか、まあまあぐらいの
評価ですかね~。

アンツィオの、アンチョビって、ビジュアルは
ガールズ&パンツァーの中で、一番好きなんですよね~。

本編中に登場するキャラクターの中で
一番、ビジュアルが好みだったのに、本編ではちょっとしか
出番がなくて、がっかりした記憶が。

そのアンチョビが活躍するっていうんだから
基本的に、OVAには、手を出さない自分が
中古とはいえ、BDを買うまでに、楽しみにしていたのですが
まあ、自分の悪い癖というか、期待値を上げすぎて
がっかりすることがよくあるんですわ。

もっとも、自分のそういう性質は知ってますから
なるべく、期待値を上げないように、冷静になったり
他に意識を向けるわけですが、その点は功を奏していて
がっかりではなく、まあまあ、の評価に落ち着いたわけです。

具体的には、アンツィオは弱くないぞ~という歌の通りの展開を期待したのですが
思ったより、強くなかったという。

まあ、ヒロイン達の力量のせいではなく、単純に戦車の質が違いすぎたせいでは
あるんですけどね~。

というか、ほどんど全員、アホの子という
いや~、前代未聞の女子校生の描き方には
逆に、好感が持てたのですけれど。

アホの子とか、好きだから!(by 木村先生風w)

ザクとは違うのだよ、ザクとは。
この場合は、むしろ、弱い・・・(以下略)

あと、ツインテで強気な女の子は、最近の作品だと高確率で
ツンデレという法則があるので、アンチョビもツンデレかな? と思いましたけど
なんか、気のいい女の子というか漢とまではいかないけど、気風のいい美少女で
意外でしたが、これはこれで好みではありました。

まあ、期待値が高すぎただけで、BD買ってこれかよという落差がなければ
普通に、面白いという評価だったかと思われます。

{ちなみに、ガールズ&パンツァーは感動した名作ですけれど
キャラに対する、思い入れという点では、それほど強い思いを抱くキャラが
いなかった、希有な作品でした。
(しいて言うなら、西住殿ですけれどw)}


あ、でも、BDならではの綺麗な画質と
アニメにはめずらしく、4.1chサウンドだったのは
なかなか迫力があっていいと思いました。

日本のアニメは、世界に誇れるメディア芸術文化だと思ってますが
多ちゃんねるサウンドという点ではイマイチで、新劇場版エヴァでさえ
6.1chサウンドで、他のアニメは劇場版でも2chサウンド(せいぜい、2.1chぐらい?)という
ハリウッド映画が軒並み、BDだと7.1chサラウンドなのに比べると
力が入ってない点は、個人的に、残念に思うところではあるのですけれど。

それと、なにげに、本編では触れられてない
キャラの生活模様とか、描いてるのは
意外性もあって、興味深かったのですけど
個人的には、30分、全部
迫力の戦闘シーンにしてほしかったかな~などと思ったり。

アンチョビのビジュアルがめちゃ好みだっただけに
もう少し、彼女の活躍が見たかったな~と
自分は、思ったのでありました。

あ、そうそう、戦闘後に
西住みほに、スキンシップをとるアンチョビは
なんというか、素敵というか、かっこよくて
親愛の情が感じられて、よかった点でした。
(頬をなんども寄せるのは、イタリア流なんですかね? 見てて、トキメキましたw)


総じて、やや辛口評価となりましたが
レンタルとかで、安くみてたら、もう少し評価が
甘くなってたかもしれません。

いや、自分がそうであるだけで
大多数のガールズ&パンツァーのファン達には
普通に楽しめる、名作だと思いますけども。


さて、これで、いよいよ劇場版を残すのみとなり
否が応にも、期待が高まるってものですね!(←懲りない奴めw

今度の劇場版は、オールスター総出演の
総力戦になる模様ですから、今から
とてもとても、楽しみなのですよ。

友人と一緒に見に行く予定ですから
なおさら、当日が楽しみですね~。


そうそう、自分、この間まで勘違いしてました。

本編での数々の激戦は、世界中の強豪と
戦ったシーンだとばかり思ってましたが
全部、日本の領土内だということを知ったときの
微妙な残念さを忘れることはできませんw

おまけに、あのダージリンが、イギリス人ではなく
日本人と知ったときの、カルチャーショックときたら…
いや、思わず、笑いが込み上げましたが(笑)

というか、なんで、日本人の髪が金髪なんだよ。
ハーフという設定か? がっかりだよ!!(爆)


…いや、別に、そこまでがっかりはしてないですけど
なんとなく、言ってみたかっただけです。

むしゃくしゃしてやった。
反省はしてない(超爆)


さて、劇場版はきっと期待を裏切らない出来映えであることを
期待しつつ、今回は此にて。


P・S

ネタバレ回避の為、劇場版公開後、しばらくは
ツイッターをやらないつもりです。

なんか、用事がある方は、メール等で
ご連絡下さいませ。


以上、ガールズ&パンツァー ~ これが本当のアンツィオ戦です! ~ {2015/11/10付}】でした。 【追記】

この記事に、拍手クリックを頂きました。
拍手クリック、どうも、ありがとうございます。
(2015/11/20付)

タイトルの日付を修正しました。
(2015/11/21付)

新たに、この記事に、拍手クリックを頂きました。
拍手クリック、感謝致します。
(2015/11/21付)

テーマ : ガールズ&パンツァー - ジャンル : アニメ・コミック

tag : アニメ ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!

 

コメント

試合後の会食シーンとか楽しげでいいな、と思っています。

カエサル&カルパッチョの関係も好きです。
アンチョビちゃんかわいいっす。

アンチョビ戦はおそらく唯一無傷走行不能無しで勝った試合だったかと。

CV33(小さい戦車)がいい味出してて可愛かったです。

一番好きなのはプラウダ校のカチューシャですけどねww

カズさん、ご訪問&コメントありがとうございます。

カズさん、コメントありがとうございます。

> 試合後の会食シーンとか楽しげでいいな、と思っています。

いいですよね。
陽気なアンツィオ高校生の特徴がよく表れてたと思います。


> カエサル&カルパッチョの関係も好きです。
> アンチョビちゃんかわいいっす。

カエサルの意外な一面(爆)

アンチョビの可愛さは、素晴らしいです。
可愛いのに、気風もいいのがまた素晴らしい。


> アンチョビ戦はおそらく唯一無傷走行不能無しで勝った試合だったかと。

まあ、アンツィオ高校が貧乏で
良い戦車が少なかったのが、一因だったかと。


> CV33(小さい戦車)がいい味出してて可愛かったです。

軽快な戦車もいいものでしたね。
(ドリフトかます戦車も、他にないかとw)

機銃が、まさしく歯が立ってないのが
ちょっと、哀しい感じでしたがw


> 一番好きなのはプラウダ校のカチューシャですけどねww

安定のロリ好きですね。
自分は、OVA含めれば、アンチョビ。

漫画も含むなら、一番好きなのは
中須賀 エミですね。

今晩は、T×2さん。Aiuto!と申します。

な、なんだってー、あのダージリンが日本人だったとは...

いつも落ち着いて紅茶を飲みながら、「こんな格言ご存知?」が口癖の高飛車キャラがなかなか堂に入っていて、いかにもイギリス人っぽい味を出しているなと思っていたのでしたが、それが実は単なるイギリスかぶれの日本人だったとはなぁ...。

でもまぁ、それを聞いてあまりがっかりしなかったのは、ダージリンが痛い子というよりも残念美人系の変な子という感じがして、そこにギャップ萌えを感じたのかも?(でも個人的な好みで言えば、やはり秋山殿なのですけどね。一時期は、秋山殿の解説による"よくわかる陸上自衛隊"DVDをヘビーローテーションしていましたっけ。)

自分もアンチョビのキャラはもっと思い込みの強いツンデレ系の弾けたキャラだと思っていたのですが、実際は、面倒見が良くて情の熱い姉さんキャラだったのでちょっと意外でした。でも、このキャラの方がこのOVA作品の内容にはあっていたような気がしました。

このOVAも含めて、ガルパンはストーリー展開で観せるというよりもキャラクター重視の作品だったような気がします。実際1クールの作品でここまで多くのキャラが登場する作品はあまりありませんよね。その割にはそれぞれのキャラがよく立っていて記憶に残っているところはやっぱり水島監督の手腕によるものなのかもしれませんよね。ただ、キャラが多すぎて特定のキャラに入れ込むことができるようなストーリーを尺の都合で用意できなかったのは致し方がなかったことなのかもしれませんね。

ただ、今度の劇場版は、キャッチコピーからして、TV版ではなかったような熱いストーリーを持った話が展開するかもしれないので、かなり期待しています。自分も、今から劇場版を観に映画館へ出かけるところです。落ち着いて見たいので、自分はレイトショーで見るつもりです。

長文投稿申し訳ありませんでした。

Aiuto!さん、ご訪問&コメントありがとうございます。

Aiuto!さん、コメントありがとうございます。

> 今晩は、T×2さん。Aiuto!と申します。

こんばんは、Aiuto!さん。
こちらでは、初めまして。

いつも、ご訪問&足跡を残して頂き
有り難く存じておりました。


> な、なんだってー、あのダージリンが日本人だったとは...
>
> いつも落ち着いて紅茶を飲みながら、「こんな格言ご存知?」が口癖の高飛車キャラがなかなか堂に入っていて、いかにもイギリス人っぽい味を出しているなと思っていたのでしたが、それが実は単なるイギリスかぶれの日本人だったとはなぁ...。
>
> でもまぁ、それを聞いてあまりがっかりしなかったのは、ダージリンが痛い子というよりも残念美人系の変な子という感じがして、そこにギャップ萌えを感じたのかも?(でも個人的な好みで言えば、やはり秋山殿なのですけどね。一時期は、秋山殿の解説による"よくわかる陸上自衛隊"DVDをヘビーローテーションしていましたっけ。)

そうなんですよね、自分も、最初知ったときはびっくりしましたよ。

今の今まで、ちょっと変なイギリス人だと思ってたら
普通の日本人だったとわかったときは、え~ってなりました(苦笑)

残念美人というのは、言い得て妙ですね~。
ただ、自分的には、不思議系お嬢さん、って感じではありますけれど。


Aiuto!さんの一番は、秋山殿ですか~。

確かに、忠犬ハチ公よろしく、西住みほを常にサポートしようとする姿が
しっぽを振ってる子犬のようで、可愛いですよね~。

かと思えば、危険地帯にも、西住殿の為なら
ためらないなく、飛び込んでいく、勇敢さも見せる。

まるで、よく訓練された柴犬を見ているような気分になりますな。


まあ、自分は、王道ツンデレの中須賀 エミが
一番好きなのですけれども(爆)

> 自分もアンチョビのキャラはもっと思い込みの強いツンデレ系の弾けたキャラだと思っていたのですが、実際は、面倒見が良くて情の熱い姉さんキャラだったのでちょっと意外でした。でも、このキャラの方がこのOVA作品の内容にはあっていたような気がしました。

おお、Aiuto!さんもOVAを見る前はツンデレという印象でしたか。
やはり、近年のツインテール=ツンデレの図式が一般化してましたからね~。

姉御肌の気風のお姉ちゃんキャラだったのですが、がっかりはせず
むしろ、こういうのもありかも、と思わされる
気持ちのいいキャラでしたな。

多分、視聴者にツンデレと思わせて、実は違うという
ギャップが、制作側の狙いだった気がします。

> このOVAも含めて、ガルパンはストーリー展開で観せるというよりもキャラクター重視の作品だったような気がします。実際1クールの作品でここまで多くのキャラが登場する作品はあまりありませんよね。その割にはそれぞれのキャラがよく立っていて記憶に残っているところはやっぱり水島監督の手腕によるものなのかもしれませんよね。ただ、キャラが多すぎて特定のキャラに入れ込むことができるようなストーリーを尺の都合で用意できなかったのは致し方がなかったことなのかもしれませんね。

そうですね、一クールとは言わず、二クールは
やってほしかったですね。

どうしても、一人当たりの密度が薄くなり
それが、本編での一番の思い入れを持てなかった要因かもしれません。

まあ、漫画版で、ようやく一番のお気に入りキャラが見つかりましたけれど。


> ただ、今度の劇場版は、キャッチコピーからして、TV版ではなかったような熱いストーリーを持った話が展開するかもしれないので、かなり期待しています。自分も、今から劇場版を観に映画館へ出かけるところです。落ち着いて見たいので、自分はレイトショーで見るつもりです。

そうですね~、なんとなく大規模な戦車戦が中心のストーリーで
オールスターVS強敵って感じになりそうなので
否が応にも、期待が高まるってものです。

レイトシューで、よい時間を過ごせるといいですね♪


> 長文投稿申し訳ありませんでした。

いえいえ、自分も、長文気味な人間なので
全然、問題ありません。

これからも、何かあれば、お気軽にコメント下さいませ。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |