dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生を恐れてはいけない。

人生は生きるに値すると信じなさい。

その思いが、事実を作り出す手助けとなろう。


(ウィリアム・ジェームズ)

底なしにヌケてる才人君は、まあいつもの事です。
ルイズ嬢が可愛いのも、天地開闢以来の真理です(お

しかし今回、少し感動したのは、なんとギーシュ!

彼を見てると、ダイの大冒険のポップ君に似てる気がしてきました。

最初はヘタレ。
でも、成長すると共にパーティーのムードメーカーにっ!
とまでは、いってるかどうかは別として(苦笑)

では、恒例のお気に入りシーンをいくつかピックアップ!

見たい方は追記をクリック! 注:ゼロの使い魔のネタバレが大量に含まれてる恐れがあります。

使用上のご注意(?)を読んで、かつゼロ使い魔ライトノベル版も読んでから

見ることを、猛烈に推奨します!(爆)





はう、才人来ません。


短くとも何か来るモノがあった気がしました(爆)


「こっちにずっといたらどうだ?」


「へ?」

<途中省略>

「なんというかね……<途中省略>もしルイズに放り出されるような

ことがあったら、ぼくの領地に来ればいい。きみ一人ぐらい、養ってやるぜ」



ま、まさかギーシュにまでフラグが立つなんて……才人君、恐ろしい子!(爆)
などと、上のコメントだけ、を見れば誤解する可能性も……ないか(笑)



「ミスタ・グラモン?」


<途中省略>


「婦女子や友を見捨てては騎士の恥。 かといって異端審問で果てるは

部門の名折れ。となれば杖で、白黒つけねばなりますまい。」




ギーシュは臆した風もなく、薔薇の造花を、"ハルケギニア最強の一つ"と名高い

空中装甲騎士団に突きつけた。




「グラモン伯爵家四男ギーシュ。謹んでお相手仕る。」




そんなギーシュの姿を見て、隣にいたマルコルヌが叫ぶ。




「水精霊騎士隊! 杖とれぇええええええええええッ! 隊長に続けッ!」



ギ、ギーシュっ!
こんなに立派になって!!

僕は君はやれば出来る子だと信じていたよ(ほんとかよっ!)

えー、12巻中、個人的にもっとも熱い展開だったと思うシーンです。

才人君とティファニアのピンチに、見栄もあったとはいえ
思わず、助け船を出した後に、少し煩悶してからの台詞。

その台詞の後の、マルコルヌもかなり熱いぜっ!(笑)

これ以外のシーンでも、ティファニアとかタバサが出てるシーンでも
好きなシーンはいっぱいありますが、とりあえず今回はこれだけ。

ゼロの使い魔好き君は、チェキラーです!(超爆)

以上、『ゼロの使い魔12巻感想』でした♪

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。