dff_jp クリック募金


Blog translation.(ブログ翻訳)


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Moon Phases

CURRENT MOON


カテゴリー


最近の記事


プロフィール

T×2

Author:T×2
諸魚無常(誤字にあらず)IN FC2へ、ようこそ♪
表示されてるキャラは、『皆集萌え』にいた頃のメディン
『シズお嬢様』です♪
(現在は、当ブログの看板娘、という設定にしております)
当ブログはリンクフリーですので、お気軽にどうぞ~。


最近のコメント


三賢者物語 物語前夜ガイド DLsiteアフィリンク

三賢者物語 物語前夜ガイド


月別アーカイブ


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター


忍者カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ ブログ名:◆ あめ のち ゆき  ◆

■ ブログ名:燈利天のごはん屋さん

■ ブログ名:あさみやの落書き部屋

■ ブログ名:たなぎねこ

■ ブログ名:Aiuto!の穴

■ ブログ名:~ケルズの書~

■ ブログ名:チハノヂ有リ。

■ ブログ名:CLT日記

■ ブログ名:とどのつまりはマイペース

■ ブログ名:Lucy game [一般人のゲーム日記]

■ ブログ名:ハナアノレキ

■ ブログ名:還壌祈請-キジョウキセイ-

■ ブログ名:私の好きなこと♪

■ ブログ名:Magical×Little不定期日誌

■ ブログ名:Magical-Magnetic Studio

■ ブログ名:音楽を肴に一日一枚生活

■ ブログ名:アタルヴァ・ヴェーダ

■ ブログ名:絵日記(?)っぽい雑記

■ ブログ名:A*ttic

表現規制反対!ブログパーツ


にほんブログ村バナー


- 乱心 -


フェイレンが家出をしたという噂はまたとなく広まり
それが真実であることもまた、すぐに知れ渡った。

ミンレイは、最初、姉弟子から聞かされたとき
それを信じられないでいた。

すぐに飛び出して、道場をあちこち探しても、当然のごとくおらず
街に駆け出して、日が暮れるまで探し歩いても、そもそも彼女の居る場所を知らない
ミンレイには、見つけられるはずもなかったのだ。


彼女は、何か大きな穴が自分の中に生じた気がしていた。

フェイレンは、彼女の目指すべき頂であり、理想であった。
彼女の演武を見たからこそ、この道場に一人で住み込み、修業をすることを決意した。

ときたま、空いた時間に彼女を見ることが
唯一の楽しみだった。

彼女が真摯に修練する姿を見ていると胸がときめき
いつか、自分でもあのようになれるかもしれないと
そう思わせる何かをフェイレンは持っていた。

師の方針から、彼女と交流することはできなかったが
遠くから見ることができるだけでも、厳しい修業に耐えれる心の支えになっていた。


――その支え、ミンレイにとっての支柱たるフェイレンがいなくなった。

動揺した。
不安だった。
認められなかった。

実際のところ、フェイレンがいなくなっただけなのだ。
それ以外、何も変わったことはない。


ミンレイ同様、フェイレンに憧れ彼女を目指して修業を続けていた子達は
落胆はしたものの、数日もしないうちに、日常に戻っていった。

しかし、ミンレイだけは、心の動揺が収まらず
修業に身が入らず、姉弟子の叱責も、どこか遠いところから聞こえてくるようだった。


一か月を過ぎる頃になっても、彼女はフェイレンが去ったという事実を受け入れられず
かといって行方も知れず、彼女にできることといえば、ただただフェイレンが
道場に戻ってきてくれることを願い続ける他なかった。

そんな中、またも、信じられない話を
それも、フェイレンの父たる、フェイエンから聞かされることになる。

フェイレンを破門とし、従兄弟で兄弟子のフェイヤンを
後継者とすると発表したのである。


当初、彼女は、師が何を言ってるのかわからなかった。

自分の父は、厳しいところもあったが、そこには確かに彼女を思いやる
優しさも感じられる人であった。

彼女にとって、父とは、無条件に自分を愛してくれる存在だった。

だからこそ、信じられなかった。
勝手に家出をしたからといって、破門を決める親がいるなど
夢にも思わなかった。


だが、現実は無情であった。

フェイエンなりの愛情というものは、あったのかもしれないが
少なくとも、ミンレイからは、娘を突き放した物言いに聞こえた。

ミンレイは、そのことに衝撃を受けながらも、自分以上に
このことを深刻に考えて傷つくだろうフェイレンを想い、泣いた。


あまりにも深く傷つき、さすがに、修業もできなくなり
宿舎で寝て過ごすことになっても
頭に浮かぶのは、フェイレン、フェイレンのことだけだった。


――父たる、フェイエンに破門された以上、フェイレンはこの道場に戻ってはこないだろう。


それがわかるぐらいには、成長していた。
しかし、まだ未熟なその心は、救いを求めて彷徨い続けていた…。 【後書きもどき】

後書きもどきを書き忘れて、後になって追記してます
どうも、T×2です。

父に捨てられたフェイレン、そのことに彼女は大きく傷つき
死人のようになってましたが、彼女を慕うミンレイも
また、彼女を想い、心を痛めてしまっていたのです。

今回は、ミンレイサイドから、あの当時
彼女が何を思い、どうしていたのかが
語られています。

とうとう寝込んでしまいながらも、一日中、フェイレンを想いながら
過ごしていく彼女に救いはあるのかを含めて
再び会うことになるまでの経緯が、ミンレイサイドから
描かれることになります。

書く前から、この物語は、今まで自分が書いた中では
一番長くなると、そう思ってましたが、あるいはそれ以上に
長い物語になるのかもしれません。

文章量が変動してて安定してませんが
どうか、最後まで、お付き合い下さり
応援して下さることを、心より願っております。

では、また、次回。
三賢者物語に至る話を…。


【追記】

本文を修正&追記しました。
(2016/08/31付)

更に、本文を、修正&追記しました。
(2016/08/31付)

この記事に、拍手クリックを頂きました。
拍手クリック、どうも、ありがとうございます。
(2016/09/01付)

新たに、この記事に、拍手クリックを頂きました。
拍手クリック、感謝致します。
(2016/09/17付)

テーマ : オリジナル小説 - ジャンル : 小説・文学

 

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 

 | ホーム |